医療関連

コメントへの返信に代えて~統合失調症と診断されたら~

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

:


丁寧なコメントで、メールアドレスも書いてくださった名無しさんへ

コメントありがとうございます。

メールへの返信をご希望されていますが、加害側の介入が酷いため、非公開の伝達手段は使わないようにしています。(ブログやtwitterでも加害側の介入はありますが、複数の方が読まれるほうが介入に気付きやすいため、少しは安全であると考えています。)

非公開希望ということですのでコメントの文章をそのまま写さず、簡略化して「質問」と「答え」としてここに書くことにしました。

ご希望通りではありませんが、御了解くださいませ。m(__)m

また、以下に書きますことは、あくまでも私個人の意見であり、これが100%正解かどうかはわからないということも、お断りしておきますね。今の段階では正しいと考えていることであっても、私の無知から間違う場合もありますので、参考意見としてお考えください。

質問①

一度、精神科医に「統合失調症」と診断されてしまうと診断名を変えてもらうことはできないか。


答:

はっきりしたことは、私にはわかりません。ただ言える事は、もし、医師が加害者なら絶対に変えないでしょう。また、加害者でなくても金儲けが好きな医師ならやはり変えないでしょう。稀にまっとうな医師もおられますので、そういう方ならまじめに考えて診断してくださると思います。ただし、頭や性格の良し悪しとは関係なく、テク犯に使われている技術についての知識がない場合、正確な判断ができないため、被害者の訴えは病気であると診断されることがほとんどだと思います。

そういう理由で、セカンドオピニオンも悲しい結果になると考えられます。

参考として、内海聡医師の本を紹介します。
現在は内科医でおられる内海医師は元精神科医でした。目から鱗の内容です。

https://www.amazon.co.jp/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E3%81%AF%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%82%82%E3%80%81%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E6%94%BE%E9%A1%8C-%E5%86%85%E6%B5%B7-%E8%81%A1/dp/4883205541


質問②

精神科医に一度統合失調症と診断名をつけられた被害者は、警察に訴えても被害内容を信じてもらえない可能性があるのではないか?


答:

被害者によって意見は分かれますが、まず、私は警察へは行きません。過去に何度も行ったことがありますが、すべて無駄でした。壊された実物と事実を記した被害届も、受理どころか読んでさえいただけませんでした。自転車カバーに焼け焦げを作られた時も、警官は私の写真を撮っていきました。普通はそのようなことはしませんので、その警官は加害者であったということです。

全ての警官が悪いのではないと今でも考えていますが、この犯罪を取り締まろうとした警官がいたという話は聞いたことがありません。
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークでは何年もの間各省庁に陳情してきたのにもかかわらず、無しの礫でした。警察にも多くの被害者が訴えてきましたが、警察全体を動かすことはできていません。
個々に警察に訴えても解決してはくれません。

ただ、効果があったと仰る被害者仲間もおられますので、これは対応する警官の性格や、加害側の方針によって違いがでてくるのではないかと思います。
私が直接聞いた被害者仲間の経験では、心臓を攻撃されて殺されると感じ、近くの交番に駆け込んで訴えた後、行く度に被害が軽減されていったということでした。ですのでその方は警察に行った方が良いとのお考えです。ただしその方は遠隔からの攻撃ができる技術資料を持参して理解を促していったという努力もされています。

質問③

就職活動中なのですが、もし統合失調症と診断された事が周囲にバレたら就職出来ないのではないか?


答:

医師には守秘義務がありますので、病名が周囲に知られるということは基本的にはないはずですが、もし本当に病気であったとしても、病気は犯罪ではありませんので、気にしなくて良いと思います。
集スト・テク犯被害者が就職するのは病名いかんにかかわらす、大変難しいと思います。たとえ就職できたとしても、毎日相当辛い思いをすることになると思います。ですので仕事を続けておられる方は少ないのではないでしょうか。

被害者で仕事を続けている方を心底尊敬しますが、もし頑張りすぎて心身ともにボロボロになって自殺するようではいけませんので、仕事は諦めて、生活保護を受ける道もあります。

もし、田舎暮らしが嫌でなければ自給自足をする道もあるかと思います。
私自身そういう暮らしがしたいと願っています。
作物を育てるのは楽ではないですが、楽しみも大きく、自然の中で生きるのは癒されます。
西日本でしたら気候も温暖で、作物も育てやすいです。

日本には限界集落が多く、中には二人しか住んでいない所や完全に捨てられた所もあるそうですので、有志の方達が共同してやってみるのも良いと思います。

被害者仲間が村を作るのも良いのではないかと考えています。


この犯罪によって理不尽に人生を壊される状況を変えたいなら、行動するしかありません。

集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪を実在するものとして世間に認めてもらうために周知活動があります。

街頭宣伝、チラシ配布、署名集め、ポスティング、議員さんへの訴え、マスコミへの訴え、裁判、等、色々な方法

があります。多くの被害者仲間が実行しているのはブログやtwitterでの周知活動です。

最も有効なのは、議員さん達を動かすことです。特に、国会議員は法律を作ることができますので、この犯罪が
国にとっても大変危険であることを理解していただくことが重要で、そのためには直接の訴え以外に多くの署名がものを言います。心底まじめな議員さんなら、一度理解したら動いてくださるでしょうし、まじめではない議員さんでも、有権者の動向は気になりますので、署名が大変役に立つのです。

私は13年前に被害者であると自覚させられ、散々な思いをしてきましたが、被害者としてはっきり言えることは、ま黙って耐えているだけでは被害が酷くなるだけで、その先にまっているのは孤立、そして自殺、であるということです。

それから逃れたいなら周知活動をするしかありません。
周知活動をしたら攻撃されなくなるのではありませんが、周知活動をすると色々な点で良い効果がでてきます。

特に街頭宣伝は、多くの方にこの犯罪の事実を知っていただくことにより、加害側が犯罪しづらくなります。
そのほかに、以下のような効果があります。

*被害者仲間といっしょに頑張ることで信頼関係を結ぶことができる。

*有益な情報を得ることができる。(防御方法、犯罪撲滅の展望等)

*自分に自信を持てるようになる。

*絶望を希望に変えることができる。

*希望を持てる事で攻撃に対して多少強くなれる。

という効果があり、私は今までそれを実感してきました。

被害者仲間の中には
「偽被害者がいるから一緒にやるのは嫌だ。」
と言う方がおられますが、無視すればよいことですし、主催者側としても初めから見抜くことは難しいので、完全に偽物を除外することはできないと思います。大切なのは、まず、街宣に参加すること、何回か参加するうちに気の合う被害者仲間もわかってきますので、気長に人間関係を結ぶのが良いと思います。そして、被害者は誰も自分を守る術がないので、当然他の被害者仲間を助けることもできません。そのことを肝に銘じて、一緒に頑張って行くなら、きっとこの犯罪を撲滅できると思います。

もし撲滅できないなら世界はNWO=新奴隷制社会になり、邪悪な支配層は内部崩壊していき、やがては人類は滅びることになるでしょうから、この犯罪の撲滅は、被害者だけではなく、すべての人にとって重要です。

集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は壮絶な人生を強要されていますので、生きているだけでも立派であると思います。けれども、もし、体力が許すなら、多少の無理をしてでも周知活動を頑張る必要があります。その効果が大きいのは、街宣に参加する時攻撃が酷くなることによっても明らかです。(個人差があるようです。)

私は街宣をするようになってから、性格が徐々に変わりました。
人前に出るのが嫌いで、演説など考えられなかった私でしたが、右翼の街宣車がバスを連ねて大音響で脅してきた時、驚きながらも反って嬉しさを感じたほどです。それだけ効果がある証拠ですからね。
(私は元々臆病な性格でしたし、今でも強くはありませんが、少しずつ変わることはできるようです。)

自由を取り戻すために、一緒に、がんばりましょう!

関東地方では定期的に街宣していますし、北陸でも頻繁に行われています。北九州でも5月末か6月に小倉街宣をする予定です。


左にあるリンク集で次のブログ名をクリックしてください。

「集団ストーカー犯罪ウォッチング」

「目覚めよ!日本 国家権力による集団ストーカー.テクノロジー犯罪と戦う!」

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


同じ被害を被っておられるASKAさんの心にしみる歌、FUKUOKAをどうぞ。
ASKAさん、頑張っていらっしゃいます(^^♪


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (6)

恐ろしい向精神薬ジプレキサ

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


今回は、昨日ちょっと言及した抗精神薬がどんなものなのかを知っていただきたいと思います。ジプレキサは統合失調症の薬として使われています。

内海聡医師のFBより

https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/454818011268624

ーーー引用はじめーーー


典型的な向精神薬の一つジプレキサの添付文書より抜粋。

重要な基本的注意

(1) 本剤の投与により、著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の致命的な経過をたどることがあるので、本剤投与中は、血糖値の測定や口渇、多飲、多尿、頻尿等の観察を十分に行うこと。特に、高血糖、肥満等の糖尿病の危険因子を有する患者では、血糖値が上昇し、代謝状態を急激に悪化させるおそれがある。

(2) 低血糖があらわれることがあるので、本剤投与中は、脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状に注意するとともに、血糖値の測定等の観察を十分に行うこと。

(3) 本剤の投与に際し、あらかじめ上記(1)及び(2)の副作用が発現する場合があることを、患者及びその家族に十分に説明し、高血糖症状(口渇、多飲、多尿、頻尿等)、低血糖症状(脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等)に注意し、
このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中断し、医師の診察を受けるよう、指導すること。

(4) 双極性障害におけるうつ症状を有する患者に本剤を投与する場合、以下の点に注意すること。

1) 大うつ病性障害等の精神疾患(双極性障害におけるうつ症状を含む)を有する患者への抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。[「その他の注意」の項参照]

2) うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期並びに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること。

3) 不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏等があらわれることが報告されている。また、因果関係は明らかではないが、これらの症状・行動を来した症例において、基礎疾患の悪化又は自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されている。患者の状態及び病態の変化を注意深く観察するとともに、これらの症状の増悪が観察された場合には、服薬量を増量せ
ず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行うこと。

4) 自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめること。

5) 家族等に自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性等の行動の変化及び基礎疾患悪化があらわれるリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導すること。

(5) 本剤の投与により体重増加を来すことがあるので、肥満に注意し、肥満の徴候があらわれた場合は、食事療法、運動療法等の適切な処置を行うこと。

(6) 治療初期に、めまい、頻脈、起立性低血圧等があらわれることがある。心・血管疾患(心筋梗塞あるいは心筋虚血の既往、心不全、伝導異常等)、脳血管疾患及び低血圧が起こりやすい状態(脱水、血液量減少、血圧降下剤投与による治療等)が認められる場合には注意すること。

(7) 本剤は制吐作用を有するため、他の薬剤に基づく中毒、腸閉塞、脳腫瘍等による嘔吐症状を不顕在化することがあるので注意すること。

(8) 抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態等の危険因子を有する患者に投与する場合には注意(9) 傾眠、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には高所での作業あるいは自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。

重大な副作用

1) 高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡:高血糖があらわれ、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡から死亡に至るなどの致命的な経過をたどることがあるので、血糖値の測定や、口渇、多飲、多尿、頻尿等の観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、インスリン製剤の投与を行うなど、適切な処置を行うこと。

2) 低血糖:低血糖があらわれることがあるので、脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状が認められた場合には、投与を中止し適切な処置を行うこと。

3)悪性症候群(Syndrome malin):無動緘黙、強度の筋強剛、脈拍及び血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、水分補給、体冷却等の全身管理とともに、適切な処置を行うこと。本症発症時には、血清CK(CPK)の上昇や白血球の増加がみられることが多い。また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下に注意すること。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡した例が報告されている。

4)肝機能障害、黄疸:AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

5) 痙攣:痙攣(強直間代性、部分発作、ミオクロヌス発作等)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

6) 遅発性ジスキネジア:長期投与により、不随意運動(特に口周部)があらわれ、投与中止後も持続することがある。

7)横紋筋融解症:横紋筋融解症があらわれることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意すること。

8) 麻痺性イレウス:腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

9) 無顆粒球症、白血球減少:無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

10)肺塞栓症、深部静脈血栓症:抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

その他の注意

(1)本剤による治療中、原因不明の突然死が報告されている

(略)

―――引用終わりーーー

いかがですか?

ただただ、驚くほかありません。

こういう物を薬と言えるんでしょうか?

精神病など自分には関係ないと思っている方がほとんどだと推測しますが、それは現実をご存知ないからです。

健康な人が精神病患者にされるのは簡単です。

特に近年はうつ病患者が激増し、統合失調症などと、訳の分からない病気まで作られているのです。

世界的に見て日本の精神科医療がどんなに異常であるか、ご覧ください。

厚生労働省の参考資料

「精神科医療の現状」

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000046405.pdf#search='%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%97%85+%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%AF%94%E8%BC%83'

精神病床数、日本がずーっと一番多く、平均在院日数も日本がとび抜けて一位です。

集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は元々心身ともに健康な人達ですが、保護入院という名の強制入院をさせられ、薬漬けにされ、運が良くても2~3か月は退院できません。運が悪ければ、もっと長く入院させられます。その間、病院も製薬会社も儲かるという仕組みです。

また、テク犯被害者でない人でも、医師の言うとおりに薬を飲んでいると、やがて取り返しのつかないことになります。向精神薬は覚せい剤と成分がほぼ同じなので(内海聡医師)、まじめに飲み続けて死んでしまう方もいらっしゃいます。

けれども、医師や製薬会社は儲かればよいので、
「患者が死のうと知ったこっちゃない」
というわけです。

その辺の事情を、ご自身が精神科医として働いていた経験から知ることになり、精力的に告発されている内海聡医師が大変わかり易く書かれた本があります。

自分は関係ないと思っている方には特に読んでいただきたい本です。

「精神科は今日も、やりたい放題」

https://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E3%81%AF%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%82%82+%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E6%94%BE%E9%A1%8C&tag=yahhyd-22&index=stripbooks&jp-ad-ap=0&hvadid=138022539723&hvdev=c&ref=pd_sl_3hk1210ym_e

pencilリンクが貼れませんでしたm(__)m

内海医師の講演です。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

周知活動情報

budアインさん

2016年09月25日 千葉県柏街宣報告!

http://sshu369.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

budfranさん

9月29日(木)渋谷街宣を終えて。

http://canon888.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

budリラックスさん主催 金沢街宣 報告

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

pencilリラックスさんのブログのリンクは簡単に貼れないことが多いです。アクセスされることを加害側が嫌がっているということでしょう。それならなおさら、是非ご訪問ください(^^♪

budanasuiさん主催

第10回anasui街宣

日時 10/9(日)13:00~

場所 新宿駅南口

http://usagi45.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

budリラックスさん主催 金沢街宣

2016年10月11日 12時~15時
    金沢市香林坊アトリオ前
目覚めよ日本!国家権力犯罪!公安!創価!統一!情報を元にヘイト演説!

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

budpatentcomさん主催

第13回勉強会 マインド・コントロール


10月29日、土曜日、午後2時から午後4時(9月17日に日時追加)


マインド・コントロールにより他人を操るしくみの解説であり、

他人を操って、集団ストーカーを起こしたり、

交通事故を誘発するしくみになります。

http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14459597.html

pencilここにご紹介した活動以外にも各地で周知活動が行われていると思います。どうぞお知らせくださいm(__)m



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (0)

知らないで使っていると

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

日本で売られている抗菌石鹸等が実は効果がほとんどないばかりか有害であることがわかりました。

トリクロサン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%B3

ーーー引用はじめーーー

殺菌効果について

2013年アメリカ合衆国では、トリクロサン含有の製品は40年も前から市販され、2,000種以上もの石鹸の他に、歯磨き粉や掃除用洗剤、プラスチック製品や化粧品などにも使用されている。

動物研究では、トリクロサンが甲状腺や女性ホルモンのエストロゲン、男性ホルモンのテストステロンなどに影響を与える可能性や、一般的な抗生物質に対する薬剤耐性を強化してしまう可能性が指摘されている[1]。2016年

しかしアメリカ食品医薬品局(FDA)は、2016年9月2日に、トリクロサンやトリクロカルバン (Triclocarban) など19種類の殺菌剤を含有する抗菌石鹸は、通常の石鹸と比べて優れた殺菌効果があるとは言えない上、免疫系に打撃を与えるリスクがあることを発表した。

ーーー引用終わりーーー

良いと信じて購入、使用していた方は多いと思います。
「商品として売られているのだから安心」、と、疑わずに私達は使っていますが、実は健康に良くないものは色々あるようです。
「遺伝子組み換えでない」と表示されている食品も、実はそうではない物もあると、聞いたことがあります。

私は若かった頃、薬用ではありませんでしたが、石鹸で毎日体を洗っていました。それなのに皮膚科へ行くことになり、不思議がっていたら、医師に
「毎日石鹸で洗っていると、良い菌まで洗い流してしまうから、使わないように。」
と言われ、その後は背中と手足にしか使わなくなりました。その結果、問題がなくなりました。

また、歯磨きの練りについても、フッ素がはいっているので月に2回くらいしか使いません。歯ブラシには何もつけずにマッサージをしています。

(テク犯被害者にされてからは皮膚の問題は頻繁ですが、それは攻撃の結果です。)


フッ素

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E7%B4%A0#.E6.80.A7.E8.B3.AA

―――引用はじめーーー

性質

単体は通常、二原子分子の F2 として存在する。常温常圧では淡黄褐色で特有の臭い(塩素のようとも、きな臭いとも称される)をもつ気体。非常に強い酸化作用があり、猛毒。

―――引用終わりーーー


いったい、厚生労働省は今まで何をしていたんでしょうかね?
国民の命を守るのが仕事でしょう?

そういえば、向精神薬も厚生労働省の許可のもとに売られているんですよね。
一部の人には知られている、恐ろしい「ジプレキサ」等。
(この薬については次回記載します。)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

周知活動情報

budアインさん

2016年09月25日 千葉県柏街宣報告!

http://sshu369.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

budfranさん

9月29日(木)渋谷街宣を終えて。

http://canon888.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

budリラックスさん主催 金沢街宣 報告

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

pencilリラックスさんのブログのリンクは簡単に貼れないことが多いです。アクセスされることを加害側が嫌がっているということでしょう。それならなおさら、是非ご訪問ください(^^♪

budanasuiさん主催

第10回anasui街宣

日時 10/9(日)13:00~

場所 新宿駅南口

http://usagi45.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

budリラックスさん主催 金沢街宣

2016年10月11日 12時~15時
    金沢市香林坊アトリオ前
目覚めよ日本!国家権力犯罪!公安!創価!統一!情報を元にヘイト演説!

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

budpatentcomさん主催

第13回勉強会 マインド・コントロール


10月29日、土曜日、午後2時から午後4時(9月17日に日時追加)


マインド・コントロールにより他人を操るしくみの解説であり、

他人を操って、集団ストーカーを起こしたり、

交通事故を誘発するしくみになります。

http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14459597.html

pencilここにご紹介した活動以外にも各地で周知活動が行われていると思います。どうぞお知らせくださいm(__)m


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (6)

癌について知っていただきたい事

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

被害者仲間のcresnさんのご家族が医師に「末期癌でいつ死んでもおかしくない。抗がん剤治療が必要だ」と言われたそうです。でもご本人は体調悪くなく食欲もあるとのことで、テク犯側の工作である可能性が高いと思われます。

ただ、もし、本当に癌であったとしても、抗がん剤や放射線治療は非常に悪いと主張する方々がおられますので、たまたま近くの病院の医師に言われたことよりも、長年研究してきた方の結果を見ておく必要がありそうです。

世界的に有名な阿保徹先生は、「89,90(歳)、になれば癌の5つや10はあるのが普通」だとおっしゃっています。

阿保先生のお話をどうぞお聴きください。

阿保徹オフィシャルサイト

http://toru-abo.com/


安保徹先生『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』



クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。けれども、表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。
左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (6)

精神病入院施設の酷さ

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

精神医療関連の酷さは元精神科医の内海聡先生が精力的に周知活動されていますが、まだまだ一般に知られていないように思います。

今日、次のような記事を目にしましたので、ご紹介します。是非、お読みください。


ーーー引用はじめーーー


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20121018/Weeklyjn_2619.html
(リンクが貼れませんでしたm(__)m )


福島原発事故置き去り50人死亡 双葉病院精神病入院患者その後の生活 〜ノンフィクション作家・織田淳太郎〜(1)

週刊実話 2012年10月18日 21時00分 (2012年10月19日 20時34分 更新)


 「過失がないのに謝れない」
 福島第一原発事故の混乱で、50人の寝たきり高齢者が死亡した精神科病院『双葉病院』。9月30日、いわき市で同病院の鈴木市郎院長が遺族ら124人に対して、病院側が行った事故の調査結果を初めて報告した。その中で同院長は、県や自衛隊などの連携不足による救出の遅れが多数の死者を出した要因で、「病院側に過失はなかった」と強調。「家族が病院側に安否を問い合わせるべきだ」とも発言し、遺族の神経を逆なでした。
 冒頭の発言は、遺族側から謝罪を求められた際、鈴木院長の口から飛び出したものだが、「誠意がまったくない」と途中退席する遺族が相次ぐなど、説明会は紛糾のうちに終わっている。

 それにしても、保身と責任のたらい回しに躍起になる病院責任者。その姿に違和感を覚えるのは、果たして私だけなのか。
 同病院には4遺体を1カ月近くも院内放置してきた“罪科”もある。その遺族の「主治医の説明を聞きたい」という切なる要望も、いまだ叶えられてはいない。こうした責任を棚上げにし、同病院は「患者置き去り」と発表した県に対し、「風評被害を受けた」と調査を要請。それが「誤発表」であることを県に認めさせ、謝罪させてもいる。

 では−−と、改めて問う。50人が死亡したことに関して、同病院には鈴木院長の主張通り、本当にいかなる責任もなかったのか。
 奇しくも私は、『なぜ日本は、精神科病院の数が世界一なのか』(宝島社新書)を上梓したばかりである。全世界185万床(推定)の5分の1、約35万床もの病床を有する日本の精神医療。脱収容化が進む先進国の中にあって、元々は精神障害者の隔離収容目的で作られたこの精神科病床が、日本で今なお削減されずにいるのも、経営優先の民間の精神科病院が病床全体の9割を保有しているからに他ならない。
 そして、そのあり余る病床を埋めるべく、夥しい数の「入院加療の必要のない」長期入院者が生産され、さらに彼らの死や退院によって空いたベッドに、入院ではなくケアが必要な認知症高齢者を収容する。
 彼らは「社会的入院者」と呼ばれ、その数全国で15~20万人にも上るが、認知症高齢者に関して言えば、そこにあるのは、残存能力を引き出すリハビリ的な介護ではない。むしろ「寝かせきり」にされ、廃用症候群と化した哀れな姿である。

―――引用終わりーーー


これは特殊な例ではありません。日本のあちこちで今日も同じような境遇に落とされた方達が沢山いらっしゃいます。
イタリアのように精神病の入院施設をなくしていきたいと思います。是非、周知にご協力ください。


。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

「非公開でお願いします」のさわさんへ

コメントありがとうございます。

監視や尾行が怖いというのはよくわかりますが、慣れれば気にならなくなります。無視できるように早くなるといいですね。彼らはほとんどの場合暴力をふるいません。証拠に残るようなことは極力さけています。ですので、怖がらないで下さい。

どうにも大変なのはテクノロジー犯罪ですので、集団ストーカー被害だけと感じていらっしゃるなら気持ちの持ちようでだいぶ楽になります。とはいえ、孤立は避けてください。

関東地方は被害者が最も多い地域です。

また、たくさんの被害者仲間がブログやtwitterで拡散されています。

被害者仲間と出会えれば元気がでます。

是非街宣にご参加ください。


。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


街宣のお知らせ


*12月3日(木) 東京・新宿街宣

テクノロジー犯罪・集団ストーカー撲滅のための街宣活動を行います

日時:2015/12/03 10:00 集合、10:15開始

場所:JR新宿駅南口

http://rainbow2306.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/20151203-02c4.html …

新宿南口街宣

日時;12/13(日)13:00~

場所;新宿駅南口

http://usagi45.blog.fc2.com/

。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。けれども、表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。
左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪について知りたい方は「さくらんぼの実る頃―テクノロジー犯罪被害者の日記~」を、
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。
ご覧ください。

| | コメント (0)