加害関連情報

非公開コメントへの返信(メールへの加害側の介入)

2018/03/03 17:01、 2018/03/03 17:35に非公開コメントくださった方へ

コメントありがとうございます。


>やはり被害者の方に距離をおかれたのは、自分に非があったのだと


どうも離間工作されているように思います。
加害側は、あなたが連絡を取られていたその被害者仲間との仲を裂きたいんでしょうね。

加害側は被害者それぞれの性格をよく把握していて、最も効果的な離間工作を仕掛けてきます。
あなたがご自分に非があると仰るということは、加害側がそう思わせるようにしかけたということでしょう。あなたは謙遜な方なんだと思います。
あなたが離間工作されているということは、あちらもあなたからのメールが改竄されているのかもしれません。と加害側は巧妙にしかけますので、ほとんどの被害者がひっかかってしまうのではないでしょうか。

私がメールなどでの個人的なやり取りをしなくなった原因がそれなんです。
さんざん離間工作をやられて、もうこれ以上傷つけたくも傷つけられたくもない、と思ったのです。

私の名前で「死ね!」というメールを送られたこともありました。逆にある被害者仲間のお名前で冷たいメールが届いたこともありました。その時にはショックを受けましたが、しばらく時間をおいていたら、やはり巧妙に仕掛けられた離間工作だと気づきました。その方と直接お会いしたことでそのことが確信できました。

加害側が被害者に対して徹底しているのは孤立化です。これは海外でも多くの被害者仲間が注意するようにと発言されています。

電気が関わっている物はすべて加害側の介入可能のようです。
時計も、PCも、電話も洗濯機もすべて。電気信号で動いている私達の脳も、そういうことですよね。

:

引き続き、

2018/03/09 15:29に個人情報を書いてくださいましたが、

毎回「個人情報をコメントに書かないで下さい」と、記事の下方に書いているのは、私がほかの方の個人情報をもらさなくても、加害側はすべて把握しているのですから、私の名前であなたの個人情報を他言することは大いにあることなのです。離間工作に使われたら、あなたも私も困ってしまいますよね。

せっかく、私を信頼して書いてくださったのに申し訳ありませんが、くださった住所入りのコメントは削除させていただきました。

身の危険を感じておられるのでしたら無理のないことですし、お気持ちは良くわかりますが、私には娘がいて、ふたりとも熱被害のため遠出が簡単ではありません、その上、経済的にギリギリで暮らしていますので、交通費も出せないのです。何かあっても確認に伺うことができません。

現に、安否確認したい被害者仲間が5人おられますが、遠くて実行できていないのです。それも直接お会いしたことのある方は一人だけですので、加害側の工作の恐れもあり、なかなか難しいところです。

どうか、近くに助け合える被害者仲間を探してください。

もし、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの会員になっていらっしゃるなら見つけやすいかと思います。毎月定例会があると思います。NPOでは会員の住所お名前などを保管していると思いますので、何かの時には役だつはずです。

私は会員だった時、定例会で隣市の方と知り合えて、とても嬉しかったですし、私に何かあった時には娘を面倒みてくださるとまで言っていただけました。被害初期の頃にそういう方と知り合えたことは本当に幸運でした。

あなたも、是非、近くでそういう被害者仲間を探してください。やはりお勧めは街宣参加です。何度も一緒に頑張ることで、信頼関係も生まれます。

あなたが信頼し直接助け合える被害者仲間とめぐり会うことができますように祈っております。



人権 ブログランキングへ

多くの方にJeanさんのファンになっていただきたくて、再掲です(^^♪

SORA



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

テクノロジー犯罪人体実験の目的

アポロ計画に協力したコダック社社長補佐監アーノルト・ダグラス氏の次のような発言があります。(動画の下)

ドキュメンタリー歴史 人類は月へ行っていない 宇宙の放射線に人は絶えられない


37分36秒~

ーーー引用はじめ(一部要約)ーーー

ポール・ジェイコブズはサンフランシスコに住んでいた腕利きの探偵だった。私はアポロ疑惑実証計画のためワシントンの地質調査局の局長に会ってくれと頼んだ。月の石は本物かどうか、聞くように。

彼は帰って来て、アポロ計画は嘘であり、地位の高い人達がそれを隠していると言った。

彼とその妻はその後90日以内にで亡くなった。

また、宇宙飛行士のジェームズ・B・アーウィンは真実を告げようとした3日後に心臓発作で亡くなった。

―――引用終わりーーー

権力にとって都合の悪い人達はこのように殺されるということを、関係者達は知っています。

癌や心臓発作は病気であって、その結果死ぬのは自然な事だと思っている方は、まだまだ多いのでしょうか?

テクノロジー犯罪人体実験の結果を利用して多くの人達が毎日殺されていると推測されます。

その数はどれほどか、私にははかり知れませんが、私の知人にも二人、病気に見せかけて殺された方がおられます。一人は有能でお元気な弁護士さん、一人は心優しい女性活動家、でした。

また、瞬殺されないまでも、病気にされていると疑われている方は何人もおられます。私の狭い人間関係のうちでさえ、思い当たる方が大勢おられるので、日本全国にはいったいどれくらいの犠牲者が存在するのでしょうか?

多くの不自然な死亡例(注1)はそれを物語っているように思えます。

テクノロジ―犯罪人体実験の目的は、NWO(新奴隷制世界)を作るための試行と考えられます。ですので、この犯罪が全人類の問題であることを、99%の側の私達が知らなければ、人類は滅亡の道へ進んで行くでしょう。

人類滅亡が絵空事ではないことを、テク犯被害者は実感しています。

もしこのままNWO(新奴隷制社会)構築が進めば、人類の99%は奴隷状態に置かれることになります。

NWOのサイコパスどもは邪悪で欲の塊ですので、やがて支配層は内部分裂で破滅するでしょう。

その時、奴隷状態にされていた庶民がどうなるかはわかりません。

最悪、人類滅亡する可能性もあるのです。

昔の階級闘争は、被支配階級が立ち上がって支配階級を倒しましたが、NWO完成後の世界で、それが可能かどうかはわかりません。ハイテク装置、埋め込みチップ、AI,等が存在する世界で、果たして人類は生き残れるのでしょうか?

欲のために多くの庶民を痛めつけ、虐殺し、地球をここまで汚してしまったサイコパス共の力を無力化しない限り、人類の生き残る術はないでしょうし、地球の生き物たちも、ますます生きにくくなるでしょう。

時間があまりないように思います。

あと何十年か、数年か。もしかしたら来年か、今年か?

わからないのです。

でも、阻止することはできます。

99%の側がテクノロジー犯罪の存在を知り、法整備をすることでサイコパス共を無力化すれば良いのです。

それでテクノロジー犯罪被害者達は、周知活動に頑張っているのです。

テクノロジー犯罪被害者の未来は全人類の未来でもあります。

*注1: 死因不明死体 警察庁HP

http://www8.cao.go.jp/kyuumei/investigative/20121116/siryou2.pdf#search=%27%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%BA%81+%E6%AD%BB%E5%9B%A0%E4%B8%8D%E6%98%8E%E6%AD%BB%E4%BD%93%27

平成14年・・・125,000体 から 平成23年・・・173、000体 と徐々に増えています。犯罪性のあるものは減少しているのに、全体が増えているのです。(WHOでは死因不明の場合半数を自殺としています。)テクノロジー犯罪被害者が死ぬ時歯自殺誘導される場合が多く、また、もし自殺でない場合でも、心筋梗塞や脳梗塞、癌、その他さまざまな病気を作り出せますので、法的規制がない現在、加害側にとってはほぼ無敵状態です。


人権 ブログランキングへ

::

ジョーン・バエズJoan Baez/勝利を我らにWe Shall Overcome



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (2)

人体実験は他人事ではないということ

最近、私達一般庶民は色々重要な事実を知らされていないということを実感することが多くなりました。

テクノロジー犯罪についての報道を、マスコミは知っていながら無視し続けているという事実にも呆れていますが、まず、権力がそれをさせないのだということを、知る必要があります。

次の動画はそれを教えてくれています。

ドキュメンタリー歴史 人類は月へ行っていない 宇宙の放射線に人は絶えられない


米国のアポロ計画で、人類が月に着陸した時には世界は沸き立ちました。
其の後、大阪の万博会場には月から持ち帰ったといわれる石が展示され、一番の人気であったと当時のテレビは報道しました。私はその時のことを覚えています。

その当時、ほとんどの一般の人達は米国が世界初の偉業を成し遂げたと称賛し、疑う人はいなかったと思います。
つまり、それだけ、科学的知識を、私達一般人は持っていないということなのです。
そのことを頭に置いて、世間のさまざまな出来事や報道を考える必要があります。

何しろ、日本の報道自由度は世界で72番目となっています。

広島・長崎の核実験はマンハッタン計画の一部で、多くの民間犠牲者をだしました。

この計画の犠牲になったのは日本人だけではなかったという事実をご存知でしょうか?

すでに30年以上前に、「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」(*注1)という本が出版された時、ネバダの核実験場での様子がラジオで報道されたのを私は聴いていました。

次の動画に出て来る米国兵士を使った人体実験は、その当時のことを言っているのだと思います。
人体実験の被験者にされた兵士は25万人に上ったそうです。

ーーー動画から引用はじめーーー

25分15秒~

様々な放射線を使った人体実験を行った兵士は 放射能に対する防御を一切身に着けない状態で核実験直後の爆心地へ向かっていくよう命令されました。

ーーー引用終わりーーー

他の資料で読んだものには、兵士が逃げないように柵の中に入れられていた、という記述もありました。

マンハッタン計画には、プルトニウムを直接体内に注射する「プルトニウム人体実験」(*注2)というものもありました。被験者は公立病院に入院中の患者でした。

:
「プルトニウム人体実験」は、「人体実験などはヒトラーのような狂気がするもの」だという認識の方には是非、読んでいただきたい本です。

それまで性善説に立っていた私は、この本によって、人間には心底冷酷で卑劣な者達がいるのだという事実を知りました。他人の痛みを感じないサイコパスは確実に存在して、世界中で猛威を振るっています。

その、サイコパス共が今も行っている人体実験に、テクノロジー犯罪があります。

テクノロジー犯罪は日本の私達被害者がそう呼んでいる、最先端の科学技術を使った人体実験です。
海外ではelectronic harassment と呼ばれています。

テクノロジー犯罪人体実験は、マンハッタン計画、MKウルトラ、その他に続く権力による人体実験です。

その権力は、一国内だけでなく、世界的に力を及ぼすことのできる存在で、今のところサイコパスの大ボスについてははっきり知られていないようです。

ただ、米国では内部告発が進んでいて、ハイテク装置を開発したロバート・ダンカン博士はテクノロジー犯罪を暴露なさっています。


テクノロジー犯罪の被害者も一般庶民から選ばれていますので、サイコパスどもにとって、人体実験の対象は誰でも良いということがわかります。

人体実験が完了した後はどうなるか?

99%の庶民がNWO(新奴隷制社会)の被支配者となるのです。


そういうことですから。テクノロジー犯罪は自覚ある被害者だけの問題ではないことがわかります。

次回は、テクノロジー犯罪人体実験の目的について書く予定です。


注1:

「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%8B-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%BA%83%E7%80%AC-%E9%9A%86/dp/4167425017


注2:

プルトニウム人体実験
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB%E2%80%95%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0%E4%BA%BA%E4%BD%93%E5%AE%9F%E9%A8%93-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC-%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/4093894515



人権 ブログランキングへ

Jeanさん(^^♪



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (6)

イトトンボ氏は誠実な対応をしてください。

「人権」ランキングに登録していますが、先ほど見ましたら、9ポイントでした。
以前からポイントの操作があるとはわかっていましたが、ここまでするかという思いです。

元々は300ポインド台で、一時あまり更新できなかった頃に落ちたのは当然ですが、それでも今よりポイントは高かったのです。

アクセス数が多い時に急激に減るというのは不自然で、やはり加害側の介入を思わないわけにはいきません。

ランキングが大事な理由は、被害者でない方がランキングを見て訪問してくださるのは順位が高い方が有利だからです。
それを加害側は承知しているため、このような操作をするのでしょう。つまり、急激にポイントが減ったのは、私の書いた記事が加害側にとって都合の悪い内容だった、ということなのだと理解しています。
12月25日

以上は25日に書きましたが、続きを書こうとすると書きたくなくなるマインドコントロールをうけているようです。
なぜそう思うかと言うと、12月16日以降、イトトンボ氏とのやり取りを書く予定でいたのですが、今まで書けないでいるからです。体がきつい時に書けないのは自然だとしても、少々の不調なら書けないはずがないからです。特にイトトンボ氏のブログには故意と考えられる事実に反する記述があるため、それをはっきりさせる必要があり、書きたい気持ちが強かったのです。
12月27日

さて、10月29日の街宣時についてのイトトンボ氏のブログ記事についてのやりとりは、12月16日のポスティングの日に一緒に確認するつもりでいましたが、当日イトトンボ氏は現れませんでした。
そのため、イトトンボ氏の記述が誤りであるということを一緒に確認することができず、とても残念です。

確認するのが最も簡単な記述について、私は当日現地に立ってみました。すると、イトトンボ氏の記述は嘘であると改めてはっきりしたのです。そのことが明らかにされると困るのでイトトンボさんは現れなかったのでしょう。
また、他の記述についても嘘があり、手書きの個人情報についても、返すとあったのに反故にされました。とても残念です。

そういう次第ですので、イトトンボ氏を被害者仲間とは認めることができなくなりました。

以下、イトトンボ氏のブログ記事とコメントのやりとりを掲載します。
加害側が被害者に対してどのような攻撃(信用失墜の罠)を仕掛けるかの参考になると思います。

ーーーイトトンボ氏のブログより引用はじめーーー

「加害側の罠」についての解答。
https://ameblo.jp/006itotonbo/entry-12326220881.html

NEW!2017-11-06 23:28:00

テーマ: ブログ
「集団ストーカー被害者サニナ327のブログ」
3ー27.cocologーnifty.com/blog/

(略)

サニナさんは1時15分前には集合場所におられた、との事で僕もその時間にその場所にいれば、サニナさんに気付くはず、との事ですが、実は、1時15分前よりもっと前にも集合場所の所で確認してました。

サニナさんはメガフォンを積んだカートのそばにおられたとの事ですが、僕は携帯会社のテントの向い側のシーモールの入口の左側に立っていました。サニナさんから見れば入口の右側になります。

そして、あとサニナさんに会うのですが、その時サニナさんのカートは車道側の奥の方に置いてありました。

そして、僕が立っていた前には携帯電話会社のテントがあり、その右側にもテントがあり、テントの前にはのぼりが数本立っていて、携帯電話会社の人も数人立っていました。

僕は、のぼりは携帯電話会社の、のぼりの様に立っているものと思っていたので、鉄柱に磁石ではられていた、のぼりに気が付きませんでした。

ちょうど僕が立っていた所からサニナさんがいた所は、死角になっていたという事だと思います。

僕がもう少しフェリー乗り場の方まで行っていたら、サニナさんに気付く事が出来たと思います。

他の被害者さんは1時すぎに来られたとの事ですから、1時15分前には他の被害者さんに気付く事はあり得ず、僕が被害者さん達に気付いたのは、上の広場から下の歩道を見た時です。1時20分すぎです。

仮に、1時15分前に他の被害者さんが来られていたら、気付いたと思います。なぜなら、2度目流れた日に、僕は被害者さんらしき女の人に声を掛けているからです。

1時15分前にサニナさんや他の被害者さんに気付けなかったので、すぐに上の広場に移り、ベンチに座っていました。そして街宣があるのか無いのか不安になり、サニナさんのブログのコメント欄にコメントを書きました。

そしてしばらく返事を待ちましたが、返事が無かったので、ベンチから歩道が有る方に行って下を見ると被害者さんらしき人達を、その時初めて見ました。その時の時間が1時20分すぎです。

もう1つ、白紙委任状の事ですが、僕はそもそも白紙委任状、その物自体、知りませんし、又、被害者さんから住所氏名、電話番号が書かれた紙は、今現在持っていますし、それを何かに使う気もありません。

太陽さんからサニナさんのブログについて電話を貰いましたので、その他の被害者さん達に電話を掛けましたが繋がりませんでした。

繋がれば、住所、氏名、電話番号が書かれた紙をすぐにお返しします。太陽さんは、近々会えそうなので、その時にお返しします。

っているからです。

本当に必要な事は、街宣やポスティングをする中に偽被害者がいたとしても、本当の被害者さんに会う事の大切さ、重要さを感じているからです。


:


1 サニナのコメント

無題

イトトンボさん、お返事ありがとうございます。

白紙委任状の件、安心しました(^^♪


ただ、今回また、おかしなことがひとつでてきました。これに対するお返事をお願いできますか?


>僕が被害者さん達に気付いたのは、上の広場から下の歩道を見た時です。1時20分すぎです。

1時になってもどなたもいらっしゃいませんでしたので、その後私はマイクを持って演説し始めました。その時に遮る物のない上の広場にいらしたイトトンボさんに、どうしてマイクの声が聞こえなかったのでしょうか? 私の持っているメガフォンは2.5㎞まで届くタイプのものですよ。
そして、私はいつも街宣の開始時にマイクであいさつします。

「~(その地域名)の皆さん、私達は集団ストーカー被害者の会ネットワークです。しばらくの間お騒がせしますが、どうぞよろしくお願い致します。」

この言葉から始まります。今回もそうでした。これが聴こえませんでしたか?

テク犯被害者は皆さんいろいろな攻撃・妨害をされていますので、街宣参加予定の方が来られなくても私は驚きません。過去にも一人で街宣したことがありますし、自転車街宣は始めから一人でします。

繰り返しますが、私は1時過ぎにはマイクで演説を始めています。どうしてそれがイトトンボさんに聞こえなかったのでしょうか?

サニナ

2017-11-07 04:50:52


2 イトトンボ氏の返信

Re:無題

>サニナさん、コメントありがとうございます。
1時に2㎞500まで声がとどくマイクで街宣の挨拶をしたのに、どうして上の広場で聞こえなかったか?という事ですが・・・

お答えします。
僕が1時20分すぎに上の広場から下に降りた時サニナさんは他の被害者さんと話しをされていました。その時はマイクは使われていませんでした。
そのあと、僕等被害者で話していた時、サニナさんは街宣が終わるまでの間、1回マイクを使われていました。
すぐ横でサニナさんは話されていたけれど、僕には「マイクで話されているなあ」、と思ったぐらいの事でした。
どうゆう事かと言えば、横に居れば分かる、程度の音の大きさだったです。
あのマイクの音の大きさなら、マイクを使われていた所から距離がある、上の広場の奥のベンチには、聞こえないと思います。聞こえなかったとしても、なんら不思議はない、と思います。

白紙委任状に関する事ですが、被害者さんから住所氏名電話番号を書いた紙を太陽さんも、もらったから、「自分もその紙を返さないといけないなあ」と電話で昨日、話されていました。
太陽さんに、住所氏名電話番号を書かれた紙を本人に返す事を連絡されたでしょうか?
太陽さん以外の被害者さん達は、住所氏名電話番号を書いた紙を交換したかどうか僕は見てなかったので分かりませんが、もしサニナさんは見られたなら、電話で連絡されたでしょうか?
昨日、サニナさんに電話しましたが、電源を切っているか、電波が繋がらない場所に居るか、というアナウンスだったので、サニナさんから僕へ電話を掛けて欲しいと思います。

イトトンボ

2017-11-07 08:30:36


ーーー引用終わりーーー

以上、イトトンボ氏のブログに掲載されています。

私のコメントに対するお返事にたいして、事実と異なる部分が幾つもありましたが、このようなやり取りよりも直に会ってお互いに街宣現場を見ながら確認するほうが良いと考え、次のコメントを送信しました。

コメント

イトトンボさん

ちょっとびっくりするお返事ですが、まぁ、事実は直接現地でお互いに確認して理解できるでしょう。

12月16日のポスティングで同じ場所でお会いしましょうね。

11月13日15時17分頃

けれども、このコメントはイトトンボ氏のブログには表示されませんでした。

(このコメントが残っているのは、ワードに保存しているからです。)

街宣の時に約束した12月16日のポスティング日、イトトンボ氏は現れませんでした。

白紙委任状に使われる恐れのある手書きの個人情報を返してもらったという話はほかの方から聞いていません。

このままだと、イトトンボ氏を偽被害者というだけでなく、被害者を貶める加害者であると断定しなければならなくなります。

もし、否定なさるなら、早急に手書きの個人情報を皆さんにお返しください。



人権 ブログランキングへ

この若者の素晴らしいダンス!!!

One of The Most Inspiring Videos...Keep Smiling Where-ever You Are....!!!


https://www.dailymotion.com/video/x2t1255



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは10月1日22時から公開性に戻しました。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (2)

加害側の罠

(「加害側の罠」は下方にあります)

2017/11/04 13:13, と 2017/11/04 14:53 に非公開希望のコメントくださった方々へ

コメントありがとうございます。

はい。次回お会いできるのを楽しみにしております。
集ストされながらお仕事をされている方も次回参加予定ですので、お二人にとって とても良いことだと思います(^^♪ 

ポスティングは下関ですが、避けたい場所などありましたらお知らせください。
(下関は地元ではありませんので前もって調べておく必要があります。)

:よろしくお願い致しますm(__)m


3日の街宣についてイトトンボさんが書かれていますので、まず、ご覧ください。

イトトンボさんのブログ
https://ameblo.jp/006itotonbo/entry-12325534765.html


ーーー引用はじめーーー


イトトンボ集団ストーカー被害者のブログ

それは、ある日突然にターゲットに対して、集団ストーカーが実行される。ターゲットのすべてを調べあげた後に、実行される。


はじめての街宣・下関


NEW!2017-11-04 16:21:00


昨日、はじめて街宣に行って来ました。
1回目2回目と流れ、3回目は「あるやろう」、と思いながら開始時間の15分前には集合場所に行きました。

ん~?。それらしい人がいない。


街宣が無くても懇親会は、やる、との事だったので日が射してる上の広場で待つ事にしました。


主催者の方のブログにコメントするも音沙汰無し。あるのか無いのか、とうなのか?と思いながら上から下の通路を覗くと、いました~!それらしき人々。


――――引用終わりーーーー

事実と違う部分がありますので、指摘しておきたいと思います。

この犯罪の被害者にされてから、小さなことだからと放置しておいたら良くない結果になることを学びました。

私は普段、明らかに偽被害者だと思っても、他言しないようにしています。
それは、断言できない場合は言うべきではないという考えからですし、もし、断言できたとしても、その人がマインドコントロールされている可能性もあるからです。

6年前に一度ある偽被害者について事実を公表してから、自分が徹底的に主張していく性格ではないことに気が付きました。今でも、自分の主張が正しかったと思いますし、それを証明しようとすればできるだけの根拠があります。けれども、元々の性格か、それとも加害側にマインドコントロールされて面倒になっているのか、はっきりしませんが、実行していません。他のことなどから考え合わせると、多分後者だと思います。

それでも、今回はほかの被害者仲間にも関係していることですのではっきりさせるべきと考えました。

以下はその事についてです。


:イトトンボさんへ

先日はお疲れ様でした。

昨日公開されたブログを拝見しましたら、15分前に現地に行かれたとのこと。
私も15分前には現地におりました。
メガフォンを積んだカートのそばに。

当日イベントをしていたauの責任者の方と話をしていたのです。
お互いに警察の許可書を見せて、挨拶をしていました。

そこで私はイトトンボさんを見かけていません。


皆さんが集まったのは1時を過ぎていましたが、皆さんの集まったのをご覧になったということは、私が15分前にいたのも同じ場所でしたので、本当にご覧になっていたのであれば気が付いたと思いますよ。

また、帰宅してから見ましたら、ブログへのコメントは12時57分でした。

その時刻に私は現場にいましたし、開始時刻前には街宣の準備中ですので、ブログをみることはありません。

どうしてイトトンボさんは、私が現場にいないということにしたかったのでしょうか?

懇親会でご自分の名刺を皆さんに渡して、皆さんの個人情報も受け取られていましたが、名前と住所の手書きは白紙委任状として悪用されることがあります。

私はうっかりしていましたので、見過ごしていましたが、次回、ポスティングの時に皆さんからお渡しした個人情報の書かれた紙をお返しください。

もしそれができないのであれば、イトトンボさんは加害者と言われても仕方ないですよ。
イトトンボさんもご存知なく、あのようになさったのでしたら、なおさら、加害者に悪用される恐れがあるので、ご本人にお返しください。また、捨てたというのは言い訳になりません。本当の被害者であったら被害者仲間の手書きの物を捨てるはずがないからです。

あなたが潔白であることをそうすることで証明してください。
イトトンボさんが感じの良い方ですので、このようなことを書きました。もし、偽被害者だと断定していたら、無視するところです。


なお、郵送はしないでください。紛失ということが無きにしも非ずです。
あくまでも、直接ご本人にお返しくださるようお願いします。

「加害側の罠」

加害側の罠はいろいろありますが、今回は①に関連することを書きます。

①白紙委任状

②離間工作

a. 電話

b, メール 手紙

c. ブログ、ツイッター

d, 偽被害者の工作
 

白紙委任状

白紙委任状に関しては、印鑑証明添付で法的に受任者が書く内容が有効となるようですが、手書きの住所氏名だけでも有効な場合があると聞いたことがあります。

もし加害側が被害者を騙して白紙委任状を取った場合、どう利用するかは、私にはわかりませんが、いずれにしても、気持ちの良いものではありません。

テク犯被害者は、特に、注意したほうが良いですね。



人権 ブログランキングへ

:

今回公開したかった街宣の音声記録ですが、まだ、公開できていませんm(__)m
今日も駄目でしたら、次回更新時に、今回使った街宣原稿を公開したいと思います。



pencil

コメントは10月1日22時から公開性に戻しました。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (6)

サイコパス

神経学者の中村信子博士が

「日本人の1%がサイコパスです。」

と発言されています。

サイコパスとは、他人の痛みを自分の痛みとして感じられない人。他人はどうなっても関心のない人、だそうです。

それは脳に原因があるので、そういう人は外科医のような、感情移入してはいけない仕事につけば良い、患者に同情して手術を失敗するようなことがないから、ということでした。

それを聞いて、私はテクノロジー犯罪の加害者を思いました。

加害者の多くはサイコパスなのかも知れません。

特に、絶大な権力を持っているボス達の多くはサイコパスなんでしょうね。

小池百合子氏が代表の「希望の党」の背後に何があるのかも気になります。

昨日、youtubeでこんな動画↓が目に留まりました。

恐ろしい緊急事態法についてです。

緊急事態法が発令されると、基本的人権も財産保有権も、表現の自由もなくなり、国会も司法も力を失い、内閣がすべてを掌握する事態になるそうです。



クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

加害関連情報 | | コメント (4)

集団(組織)ストーカー犯罪への協力依頼にご注意!

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪 と呼ばれている犯罪は、大変理解が難しい犯罪です。それというのも、常識では考えられない方法で被害者を追い詰め、常識では考えられない悪事を働いているためです。その上、被害者は、なぜ自分が被害者にされているのかさえわからず、加害者の顔さえ見たことがない場合もあり、中には自分が精神的におかしくなったのかと思い、精神科に行くばあいもあります。

自覚ある被害者にされる人は普通の人です。共通しているのは、せいぜい、心身共に健康である、という事くらいで、様々な背景から選ばれています。

今回は、普通に働いている方が、加害組織に加担させられそうになった経験を投稿してくださったものをご紹介します。

何でもない、被害者との摩擦もない人が、このような形で犯罪に加担させられていることが、実際に経験した方の暴露により明らかになりました。


https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bouhan/1294834237/

―――引用はじめーーー


http://baku sai.com/thr_res/acode=8/ctgid=104/bid=119/tid=2742732/tp=1/rw=1/
NO.2742732 2013/07/28 16:27

コンビニ店員だけど、警察官に変な依頼された。

これから帰宅って時に、急に店長が、警察から仕事の依頼が来たから手伝えって言うから仕事内容聞いたら、女の顔写真見せられた。
あっ、この人常連で話したことあるけど、気さくな人だったなーと考えてたら、
店長が、レジ前に来たら、俺と一緒にその女性の前でニヤニヤするぞって言うから、それ本当に警察の依頼なのか聞いたら、
[匿名さん]

#1 2013/07/28 16:38

いいから黙ってあの人の指示に黙って従えとかいって、店長が店の外を指差したんだか、そこには高級車に乗ってるおっさんが一人、どうやらこの人が警察官らしい。
そして、例の女性が入店して会計の時に、よし、やるぞって言われ店長は指示通りニヤニヤしたんだけど、俺はやらなかった。その女性はすごい不快そうだった。


[匿名さん]

#2 2013/07/28 17:00

女性が店から出た後、おっさんが、店に入ってきて、お疲れ様ですと店長と笑顔で会話。そして店長に何でやらなかったんだ?と聞かれたから、
馬鹿馬鹿しいからです。と答えたら、店長が、お前明日から来るなだって(笑)頭にきたんで説教無視して帰宅しようとしたら。
その警官のおっさんがこれは安心安全の為なんですとかいいだした。だが、それも無視して帰った。
馬鹿か?こいつら?ただの嫌がらせじゃないのか?こんな依頼されておかしいと自分で考える脳も無いのか?てゆーか、こんな下らない事を今、
色んな人にやらせてるらしいな警察は。税金泥棒過ぎるだろこいつら。何が安心安全だよ(笑)ただの村八部だろこれ。
明日から来るなって、こっちから願い下げだわ


[匿名さん]
652 : 備えあれば憂い名無し[] 投稿日:2016/08/16(火) 00:35:51.30 ID:y4vTb5+l.net [3/4回]
388 : 名無しピーポ君 2016/08/16(火) 00:24:22.96
あと同じサイトの同じスレにこんな書き込みもある

#4 2013/07/28 17:45
>>0
それ私も知ってる。
店内のお客さんの中にもマークするように指示を受けて入店してくる客もいるんだよ。
カモフラージュの為に買い物もするんですよと言ってたけど、よく考えたら、これって税金だよね。
[匿名さん]

#20 2013/07/28 19:01
防犯活動じゃないの?

ニヤニヤはした事ないけど、俺の場合、非行に走らないように見守るので協力して下さいと依頼されたことあるなぁ。
あるご近所が外出したら連絡するので、ご近所が通過するのを確認したら思いっきりドアを閉めてくださいと。
[匿名さん]

#21 2013/07/28 19:14
4です。
そういえば、そのお客さんを装ったパトロールの人が、警察官の人に、ある人が入店したら、店内で、
大きな声で読売ジャイアンツの話をしてと依頼された事があったと話してた。指示通りに話すと、その入店した客が、びっくりしてたらしい。
[匿名さん]

#27 2013/07/28 21:53
>>0
学生ボランティアやってました。深夜担当の時に、コンビニで待機して、ある人が来たら、コンビニの入口を塞ぐように警察官(警部補)に頼まれたことがありました。
その日同じ担当の人と「こんなの防犯じゃなくてただの嫌がらせだろ」とやってて情けなくなりました。
[匿名さん]

#45 2013/07/29 00:13
警察の人に、地域防犯活動に協力して下さいと、写真みせられて、写真の人間がこれから近くを通過するので演技で構いませんので
わざとらしいクシャミをして下さいと頼まれたことあるよ。ちなみに私は、某運輸会社で働いている落ちこぼれ社員です。
[匿名さん]

#50 2013/07/29 00:40
防犯活動でライトやブレーキランプ改造した車を運転してる者だけど、これってやばいのかな?
[匿名さん]
653 : 備えあれば憂い名無し[] 投稿日:2016/08/16(火) 00:37:26.58 ID:y4vTb5+l.net [4/4回]
389 : 名無しピーポ君 2016/08/16(火) 00:27:02.52
もうこれ、協力させられた人達が、いつ自分がやった協力内容を喋り出して、警察のやってるやりすぎ防パトの実態が露見してもおかしくない状態だわw
2013年の時点でこの調子なんだから、更に協力させられた人の数が増えた三年後の今であれば、こんな形で協力内容を話す予備軍は数万単位、数十万単位でいるだろう


―――引用終わりーーー


誰かから理由もなくニヤニヤされたり、付きまとわれたり、個人的な情報をほのめかされたり、といったことが、時々なら、そのうち忘れてしまう類のものです。けれども、これが毎日、何度も繰り返されるとしたら、どうでしょう?行く先々でニヤニヤされたとしたら?それが毎日続くとしたら?

普通の神経なら、まいってしまうでしょう。
平気でいられる人が、果たして存在するでしょうか?

被害者の中には、常識では考えられない事柄に、自分がおかしくなったのかと、精神科を受診する人もおります。そうなると、加害側の思う壺です。
なぜなら、集団(組織)ストーカー犯罪は、テクノロジー犯罪のために存在するからです。
テクノロジー犯罪は、自覚ある被害者を人体実験するためのものです。そのため、加害組織は被害者を、何がなんでも精神病院へ送り込もうとします。精神病患者のレッテルを貼ってしまえば、被害者が何をい言っても世間に信じてもらえないからです。
そうして、加害組織は被害者をどうどうと人体実験し続けることができるのです。

加害組織にとって、その事は大変重要であるということは、精神科へ行かない被害者を、何が何でも精神病院へ入院させようとすることでわかります。周りの人に薦められても行かない場合、被害者の家族に

「もしこのままなら取り返しのつかないことになりますよ」

と言って脅します。

統合失調症という病名を着せて、家族を騙し、家族は被害者を騙し、入院させます。

「一度専門家に見てもらって異常がないとはっきりすれば、安心じゃないの?」

という言葉で病院へつれていくのです。

長くなりましたので、続きは次回に。

思うようにいかない毎日、同じように苦しんでいる方達へ、次の歌を贈ります。

私の大好きなナターシャ・グジーさんの

「アヴェ・マリア」

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (4)

ASKAさんファンの皆さまへ②~精神病医療関連~

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

ASKAさんファンの皆さま、このブログへようこそ!


前回の更新から何日もたってしまいました。申し訳ありません。

前回の記事をUPした後から、体調が悪くなり、ブログを書こうとするとますます辛い状態になり、更新できませんでした。今も続いていますので、きちんとしたものは書けそうにありません。

それで、他のブログを紹介させていただきます。

米国の集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者で、裁判に勝訴したジェームス・ウォルバートさんについての記事を書いてくださっているウォーカーさんのブログをご覧ください。

「ウォーカーのブログ」
http://ameblo.jp/walker-memo/entry-12209968965.html

また、日本では戸崎貴裕さんが勝訴されています。


「AGSAS]
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

~ 疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装、国家茶番劇劇団システム情報サイト ~
http://antigangstalking.join-us.jp/

精神病医療関係はこちらです。


以前に確認した時とは記事が追加などされて裁判の記録が今、見つかりませんでしたが、次の記事を読んでいただけるとわかり易いかと思います。


「国家犯罪としての医療保護入院制度、その証明」
http://antigangstalking.join-us.jp/doc/AGSAS_Step_01.pdf

精神病医療の問題点を突くブログは

「精神科医の犯罪を問う」
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55

内海聡医師のツイッターは

内海 聡 (@touyoui)

講演動画は
https://www.youtube.com/watch?v=cKcfFwIOFh8

時間のある方は次も参考にどうぞ。

1時間14分40秒あたりから量子医学のお話がでてきます。
これはテクノロジー犯罪にも関連しています。

この犯罪は性善説では理解しにくい犯罪です。

特に日本人は「本当に悪い人などいない」と思っている方が多いので、ますます理解しにくくなります。

人間には悪魔のように悪い人がいるということを世界的規模で理解するために役に立った本があります。

「エコノミック・ヒットマン」
ジョン・パーキンス著

:https://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3&tag=yahhyd-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=57662888866&hvdev=c&ref=pd_sl_1kuzasq2hy_b


2007年出版ですので古本屋で500円くらいで買えました。
内容は今の世界経済=支配構造を知る」ために大変役に立ちました。

一見全然別の問題のように見えても、ASKAさんの被害は世界的規模で見て行かないと統合失調症ということになってしまうと思います。

ASKAさんの被害は、調べて行くとNWO構築に行きつくのです。
そこまで理解するとこの犯罪が全人類の問題であることがわかります。

その事に気が付いたappleさんのブログです。
http://ameblo.jp/apple07171970/entry-12229134106.html


そのきっかけとなったベガさんのブログは

http://ameblo.jp/vega521/entry-12229367213.html

ASKAさんが統合失調症ではないこととその理由については次回書きたいと思います。

今回の最後にアインシュタイン博士の言葉を引用します。

「常識とは、18歳までに作られた偏見である」

最後までお読みくださってありがとうございます(^^♪ 


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


Itsumo Nando Demo [ いつも何度でも ] - performed by Erutan (katethegreat19)


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (0)