被害者仲間

2019年2月 8日 (金)

明日お会いする予定のSさんへ

Sさん、その後お元気でいらっしゃいますか?

ショートメールをしてありますが、念のため、ここに書きますね。

明日9日午後1時、小倉駅南口ペデストリアンデッキの少年たちの像のそばでお待ちします。

普通、個人的な約束事は書かないものですが、ブログですと、私達以外の方もご覧になれますので、改ざんされる可能性が低いのではないかと思って書いています。

どちらにしても、すべて加害側には筒抜けですので、隠しても意味ないですしね。

明日お会いできるのを楽しみにしています。

サニナ


:

すみません💦
ショートメールをくださっていたんですね。

明日、よろしくお願い致しますm(__)m

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

一昨日連絡くださったSさんへ

一昨日お電話くださったSさんへ

ご連絡ありがとうございました。

2月のどれかの土曜日にお会いしましょうと決めましたが、小倉での街宣はしないことになりましたので、2月を待たなくても26日以降の午後でしたら大丈夫です。

もし私の家まで来ていただけるならその方が良いのですが、小倉から電車とバスを乗り継ぐ時間がかかり、大変ですね。

日時はこちらが合わせますので、ご希望をお知らせください。

また、私は表情操作をやられていますので、お会いしている時私の本心とは違う嫌な表情を作られる恐れがいつでもあります。どうぞ、ご承知おきくださいませ。

加害側はどういうふうにしたら離間の効果があがるかをとてもよく承知ています。マインドコントロールは言うまでもありませんが、表情操作も相当効果があるのです。私はそれで今まで嫌と言うほど人間関係を壊されてきました。

当日は何かお役に立てる資料などを用意できたらと考えています。

コメントをお待ちしています。
コメントができないようでしたら電話でもショートメールでも構いません。
こちらからもやってみますが、加害側の妨害があるかもしれませんので、つながるまでやってみますね。

では、お返事お待ちしています。

:

久しぶりに阿保徹先生のお話をどうぞ。


安保徹先生『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』ワールドフォーラム2011年10月連携企画 「統合医学医師の会公開講演会」

https://www.youtube.com/watch?v=bH6aqnR5WIM



人権 ブログランキングへ

:

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は[目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾 ! 打倒監視国家!」「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ掲示)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

ウォーカーさんのブログが消されました

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者にとって大変有益なブログが3つ消されました。

被害者にとって有益ということは、被害者でない方達=人類、にとって有益ということなので、加害側にとって都合の悪いブログだったということになります。

ウォーカーさんはそのことをご存知だったようで、ブログに、「保存しておいてください」と書いておられます。

私はとりあえず、特許の部分は保存しておきましたが、重要な内容の記事が沢山あったため、後でまた作業しようと思っているうちに、とうとう消されてしまいました。

ウォーカーさんご自身が再掲してもすぐに消されてしまう可能性があるので、保存してある方は是非、公開してくださるようお願い致します。

私が保存してある記事は特許の部分です。

ブログの下書きに保存しておいた情報が削除されていなかったので、印刷し、日記帳に貼り付けましたが、このブログをUPした後手書きで写すつもりです。

今回の特許情報は重要ですので、皆様、拡散をよろしくお願い致しますm(___)m

このように重要な情報を公開し続けてくださったウォーカーさんは御自信に危険が近づいていると感じておられますし、私も心配しております。

そのため、先日の広島街宣に参加されたと知り、とても嬉しかったのです。
複数の被害者仲間がウォーカーさんに会われたのですから、危険は大分減ったと思います。

彼の住所を複数の被害者仲間が知ることにより、何かの時には駆け付ける事ができるため、加害側もやりづらくなったでしょう。

過去には多くの被害者仲間が暗殺されてきたと、私は感じています。
暗殺される条件のひとつとして、ブログに有益な情報を公開している、ということがあり、ウォーカーさんへの気がかりでしたが、街宣で複数の被害者仲間が会われたので、少し安心できます。


pencil以下はウォーカーさんのブログ記事3回分ですが、一挙に公開します。
大変長いですが、特許の部分だけでも保存、拡散をお願い致します。


ーーーウォーカーさんのブログより引用はじめーーー


ウォーカーのブログ
  
世界の真実と、集団ストーカー情報をお届けします!
引用・転載はご自由に♪

• ブログトップ
• 記事一覧
• 画像一覧

• 【動画資料】集団ストーカーの証明シリーズ!
• memo
思考盗聴・テクノロジー犯罪に関する 特許 
2017-08-01 14:14:13
テーマ:
集団ストーカー



電磁波技術を用いた「マインドコントロール」に関連するアメリカの特許の一部


(それぞれの特許の詳しい内容については、http://www.google.com/patentsで特許番号を入れてgoogle検索ボタンを押して、確認してください。)


特許番号 -- 特許取得日 -- 特許の内容

US3893450 --- 8 Jul 1975 -- 脳波を検測する手法および装置

US3951134 -- 20 Apr 1976 -- 脳波を遠隔で監視・改変する装置および手法

US5123899 -- 23 Jun 1992 -- 意識を改変する手法とシステム

US5159703 -- 27 Oct 1992 -- サイレントサブリミナルプレゼンシステム

US5270800 -- 14 Dec 1993 -- サブリミナルメッセージ生成器

US5507291 -- 16 Apr 1996 -- 人の感情的な状態についての情報を遠隔で確定するための手法および関連する装置

US5818649 --- 6 Oct 1998 -- 電磁的エネルギーを指向する手法および装置

US5935054 -- 10 Aug 1999 -- 対象者の神経を磁気で刺激し感覚的反応をおこす

US6011991 --- 4 Jan 2000 -- 脳波の分析や脳の活動の使用を含む通信システムおよび手法

US6017302 -- 25 Jan 2000 -- 神経系統のサブリミナル聴覚的操作

US6377436-B1-- 23 Apr 2002 -- レーザーで生成されたプラズマビーム導波管を用いたマイクロ波の送信

US7440931 -- 21 Oct 2008 -- 思考体系を分析する手法及び装置

(引用終わり)

特許番号を入力すると、実際に特許の詳細が見れました♪
日本語翻訳機能もついているので、ぜひやってみてください!

日本の特許検索

日本の特許に関する詳細は、こちらのサイトで検索できます。
公開番号を入力して照会ボタンを押すだけです。

特許・実用新案番号照会
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/tokujitsu/tkbs/TKBS_GM101_Top.action


下のサイトには、様々なテクノロジー犯罪に関する特許情報・番号が乗っています。
暇な方は、特許番号を見つけて調べてみてください♪

テレパシー通信;目次;転載希望

東芝の特許と実名内部告発資料

テレパシー装置の主要部分の東芝特許
テレパシー装置の主要部分について、
東芝が特許を申請していることが判明しました。

特許出願番号: 特願2006-18634
公開番号: 特開2007-195779
発明の名称: 脳内神経活動検出装置、それを用いた脳機能診断装置及び
思考映像表示装置


特許出願日: 2006年1月27日

出願公開日: 2007年(平成19年)8月9日

出願審査請求日: 2007年2月27日

出願放棄日: 2010年2月17日


東芝の発明は、別個の観点からは、壁透過レーダーの一種であり、
レーダーのターゲットが人間の頭部に設定されており、
人間の頭部の位置、移動速度などが自動的に追跡できます。

東芝の発明は、従来のテレパシー装置を改良しています。

※詳細は引用元の記事をお読みください。
※Ctrl + Cで公開番号をコピーして、Ctrl + Vで上記の特許・実用新案番号照会の検索画面に張り付けるとすぐ調べられます。Ctrlボタンは大体キーボードの一番左下にあります。


実名内部告発者によると、国内家電メーカーはすでに思考盗聴機を秘匿に運用している

私は下記の内部告発について半信半疑でしたが、思考盗聴に繋がる特許が存在し、告発者が実名である事から真実の可能性があると今では考えています。

ただし、私は東芝の技術が突出しているとは思いません、私は東芝も巨大な集団ストーカーシステムに関わる企業の一つにすぎないと思います。
元台湾陸軍中佐アラン・ユー氏によるとDARPAは前身の『ARPA』の時代から思考盗聴システム開発のスポンサーだったそうです。

• 思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その1
• 思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その2
• 思考盗聴機 東芝元社員の告発文章あとがき

資料:電子ハラスメント その4 思考盗聴


記事を書きながら思い出したこと

ブレジンスキーが提唱する「テクネトロニック(Technetoronic)」と集団ストーカー
悪魔の地球支配21ヶ条

第4条
マインドコントロールやブレジンスキーが提唱する「テクネトロニック(Technetoronic)」によって、人間を管理、コントロールする手段を確立する。

※テクネトロニック=高度電子工学
※悪魔の地球支配21ヶ条の全文を読みたい方はこちらの記事をどうぞ


ビルダーバーグ会議というイルミナティの年次総会があります。
ちなみに、今年の会議はもう終わりました。

ビルダーバーグ会議 2017 絶賛開催中! 6月1日~4日 米バージニア州シャンティリー

ビルダーバーグ会議出席経験のあるIT企業には何故かテクノロジー犯罪と結びつく技術と関わる会社が多いです。イーロン・マスク氏もその1人でしょう。


イーロン・マスク「脳とAIの接続」目指す新企業Neuralink設立。人の能力をAIで強化する技術を開発へ

ちなみに、日本にも来てたみたいです(笑)

Elon Musk@elonmusk
Noodles in Shinjuku http://t.co/MWztTqByuA
2014年09月07日 23:07

何故、テクノロジー犯罪や思考盗聴を行うのか?
理由は簡単です、人間管理と情報収集です。
情報を制する者が世界を制するのです。

脳波を解析すればパスワードやPINコードを盗み出すことが可能(米研究)

この記事は表の情報です、裏では思考盗聴技術は完全に完成しており、人間を遠隔でラジコンの様に操作することも可能です。

集団ストーカー加害勢力の皆さん、集団ストーカーシステム・テクノロジー犯罪の存在を全否定して、被害者を精神異常者に仕立て上げるのは無理な時代に入ってきています。被害者以外の方も被害者の記事を拡散してくれ始めています。

amaちゃんだ@tokaiama
米NSA(国会安全保障局)の内部告発者、元言語スペシャリストのカレン・スチュアートさんが、ストーカー車(先行車)による後方の車に対するDEW(指向性エネルギー兵器)照射攻撃の場面を、iPhoneのカメラでとらえる https://t.co/qEwI4sIP7i
2017年08月01日 05:49

テクノロジー犯罪・集団ストーカー被害者は先端科学技術の実験台にされている

最近、リリー波というものを知りました。
【衝撃】アメリカ政府は「リリー波」を使って国民を遠隔洗脳していた! ディスプレイを通して脳の水分子を操作、感情・記憶を改変!

私は集団ストーカーシステムには、新しい人類管理技術や新テクノロジーの実験の側面があると仮説しています。無実な一般市民で人体実験を行わないでください。

人類科学力はすでに一線を超え始めています。
ドラえもんの秘密道具も、少しずつ実現化されています(笑)

ドラえもんのひみつ道具実現する富士ゼロックスの「四次元ポケットPROJECT」 第2弾は「望遠メガフォン」

集団ストーカー・テクノロジー犯罪を宇宙人がやっているという説は大嘘ですが、人類の隠された科学技術が宇宙人レベルになっているのは真実です。人類は、科学技術に見合った理性を身に着ける必要があります。
最後に、テクノロジー犯罪に結びつく特許はまだまだあります https://ameblo.jp/walker-memo/entry-12297726662.html
yぉーカーのブログ


思考盗聴システムが実在することを証明する!
2018-07-15 00:52:41
テーマ:
ブログ
遠隔から思考を読み取る技術は、実在します!



画像引用元:カリフォルニア大学が思考の読み取り機をテスト

思考盗聴技術は特許になっています。この時点で、すでに証明になっています。
思考盗聴・テクノロジー犯罪に関する 特許

非一般ニュースはアカウント凍結@kininaru2014111
脳波辞書を搭載したニューロ・コンピュータを使って、 脳波信号から思考を音節単位で解読。出願人:NTT  特開平2-232783号  発明の名称 「脳波トポグラフィーによる音節認識装置」https://t.co/fJZTWaRKLC https://t.co/dOWTcij3ch
2016年07月23日 19:51


集団ストーカー被害者は、日常的な組織的監視によるビッグデータの収集および分析、盗聴・盗撮、ネット上の情報収集(ハッキング含む)などの攻撃を受けています。さらに一部の被害者は、実際に思考盗聴の被害に会っています。

問題をややこしくしているのは、アナログ的な情報収集だけで、思考盗聴被害のない被害者が存在することです。(集団ストーカーシステムは、被害者同士で情報を共有できない様に、個々の被害内容にかなりバラつきがあります。例えば私は、音声送信の被害はありません)

ですが、集団ストーカー被害者のかなりの割合が、思考盗聴システムの人体実験台にされているのは、まぎれもない事実なのです。一般読者さんに知って頂きたいのは、思考盗聴技術は実在し、多くの日本人に対して、すでに使用されているということです。

※思考盗聴技術を調べると、DARPA、CIA、NSA、一部の研究施設・大学(スタンフォード研究所など)が浮かび上がってきます。思考盗聴技術の管理は、基本的に軍、諜報機関、秘密結社が行っています。部分的に大企業や大学、宗教組織が関与しています。

元台湾陸軍中佐アラン・ユー氏による「EMRマインド・マシン」についての報告 その1
証拠第1:1970年代サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙(南華早報)に「アメリカのメリーランド大学は他人の思考を読む事の出来る思考リーディング・マシンを発明した」という記事が出た。この発明の当初の目的とは、警察が大きな交通事故の調査をする際の補助であった。つまり、交通事故で重症を負い、昏睡状態、植物人間になった人に対して使用し、事故の発生状況を調べるというものである。CIAはいち早くこの発明を聞きつけ、特許を買い取った。

(略)

 75年、スタンフォード・リサーチ研究所で、開発間もないマインド・リーディング・マシンのテストが行なわれた。このマシンにはコンピューターが使われ、コンピューターは単語量には制限があるが、安静にしている人の思考を認識することができる。脳波は単語一つ一つに対し、それぞれ違ったパターンを示す。この際、単語は大声で声に出しても、黙って思う(思考)だけでも、どちらでも良いが、この脳波パターン(EEG)の違いが発見されたことが、このテクノロジー開発に貢献した。(ウォルター・ボワート:オペレーション・マインド・コントロール、1978、ページ268)

(略)

 ところで、私は最近『Zapping of America(アメリカの急襲)』(著者、ポール・ブローダー)という本に載っていた貴重な情報を目にした。それは76年6月22日のナショナル・エンクワイア誌に載った内部情報であった。それによると、アドヴァンス・リサーチ・プロジェクト・エージェンシーは73年以来、脳の磁気波を解読することにより〃遠隔から思考を読む〃事のできるマシン開発プログラムのスポンサーであるという。このプログラムに参加する科学者は、「自分の研究の最終目標は脳全体のコントロールである」と公言している。

※アドヴァンス・リサーチ・プロジェクト・エージェンシーは、DARPAの前身『ARPA』です。
※スタンフォード研究所は、地理上も、歴史的にもシリコンバレーの中心に位置しています。スタンフォードはCIAと同じく、ダヴィストック人間関係研究所に繋がっています。

補足:21世紀初頭に「人々のライフログを収集する」計画が軍によって進められていた

「NSA 機密マインド・コントロール作戦」
NSAは信号諜報は遠隔的な神経の監視(RNM)及び電子的な手段による脳の結合(EBL)のためにEMFによる脳刺激を利用する。EMFによる脳刺激は1950年代初期に実施されたMKウルトラ計画以降に開発された。

秘密マインドコントロール計画
1974年までに、スタンフォード研究所が、磁気脳造影装置上の被験者の種種の脳波を相関し、特定 の命令群により、心を読み取ることができるコンピュータシステム[80]を開発して いる。思考読み取りコンピュータの概念はすでに空想科学ではない。

※日本の企業や大学でも、思考盗聴器の研究が進められています。

集団ストーカーの被害に会っていない方も、思考盗聴に関して情報を発信しています。
「思考盗聴」がどんな仕掛けで実現されるのかを解説w。そして人工知能が生身の肉体を手に入れる時が近づいている。 update12

コメント:多くの被害者さんが、思考盗聴の技術を真剣に研究しています。一般読者さんに、思考盗聴システムが実在しており、無実な一般市民に対して使われていることを知ってもらえれば嬉しいです♪



悠@yuu2_aletheia
世界的なテクノロジー犯罪に関与しているのは、DARPA,CIA,NSA,ダヴィストック人間関係研究所クラスの、軍・諜報機関・シンクタンクだろう。その下請けを、カルト宗教がしているのだろう。
2018年07月14日 23:16

悠@yuu2_aletheia
思考盗聴システムは存在しない。 指向性エネルギー兵器は存在しない。 人工地震兵器は存在しない。 気象兵器は存在しない。 音声送信は存在しない。 肉体の遠隔操作技術は存在しない。 これらを主張する人間は、統合失調症である。 ↑こ… https://t.co/py8bSIYFns
2018年07月14日 19:35

悠@yuu2_aletheia
フェイスブックが「頭脳直結テキスト入力」を開発中 思考の内容を直にテキスト化、埋め込み手術は不要 https://t.co/2ZFgwGsDwF こういうのも、違法な人体実験により半世紀前には存在していた裏の技術を、そろそろ表に出そうとしているだけ。
2018年07月14日 19:42

悠@yuu2_aletheia
脳から思考を読む技術で「閉じ込め症候群」患者とのコミュニケーションを実現 https://t.co/ges6fCQGLx
2018年07月14日 19:46


Targeted Individuals in JAPAN@TI_in_JAPAN
@yuu2_aletheia #テクノロジー犯罪 #集団ストーカー AI(人工知能)を利用した技術進歩は新しい発明を生み出します。 頭の中でつぶやいた「内言」を顔の筋肉から読み取って会話できるシステムをMITが開発 - GI… https://t.co/9GpM9G99EJ
2018年07月14日 20:53

悠@yuu2_aletheia
「考えるだけ」でロボットアームを自在に操る女性がステルス戦闘機F-35を飛ばすことにも成功 https://t.co/GKlPcYsIki いずれ、脳波で動かせるスマート家電、スマートハウスが現れて、スマート家電を通して居住者の脳波を収集する時代が来るかもねw
2018年07月14日 21:19

ウォーカー@walker_memo2
集団ストーカーを否定する人の中に、一般人を集団ストーカーするはずがない、利益がないという方がいます。 ただ、私は永続的に植民地化したい敵対国家の市民をランダムで数千~数万人程度長期間にわたり、拷問、観察、思考盗聴することは、支配者にとって最重要な情報だと考えます。
2017年05月14日 21:16

WIRED.jp@wired_jp
【NEW】「第6の戦場」:ネットの次は、人間の脳が戦いの場になる http://t.co/4gWTr9ab #wired_jp
2012年12月13日 20:15

https://ameblo.jp/a-lethe-ia/entry-12390819350.html

人類の独立/生まれてくるに値する世界を子どもたちに残そう
2018-11-25 13:51:40
テーマ:
小冊子
人類の独立

「集団ストーカー」と呼ばれる名もなきシステムを調べていく内に、このシステムの最終目的は、永続的な人類支配だとわかりました。

同時にこのシステムは、人類の支配原則を学ぶのに、最高の教材だと気付きました。このシステムは、権力者の本音がむき出しになっています。

少数の人間が多くの集団を支配する方法は、古代より共通しています。両建て支配を始めとした、支配プログラムを把握して、それに対抗するプログラムを開発し、永続的なものにすることが、人類の独立に繋がります。

集団ストーカーシステムには、あらゆる間接支配プログラムが利用されています。日本の独立や、人類の独立に興味がある方は、ぜひこのシステムについて研究してみてください。


理想を目指す意識と、自発的行動が世界を変える

集団ストーカー犯罪の被害者になって痛感しているのは、愛や祈りだけでは世界は平和にならないという現実です。
集団ストーカーシステム(高度電子工学と、心理学の悪用を伴う、植民地拡大プログラム)の存在を無視しながら、世界平和を語ることは、いじめを容認しながら、愛と友情を語る学校と同じで、根本的な問題解決を伴わない自己満足にすぎません。

他の人間をお金の入った肉の塊ぐらいにしか考えておらず、平気で生命と財産を奪うことを日常としている狂人集団がこの世に存在します。彼らは、一般市民に紛れ平然と暮らしています。

一般の読者に知って頂きたいのは、自由というものは、市民が長い間権力者と戦い続けてようやく手に入れたという事実です。
市民が弱者であれば、権力者はそれを平気で奪います。

人類の独立を考えた時、何より必要なのは、個人の自発的思考と、自発的行動であり、市民同士のつながりであり、自立した生活基盤であり、最低限の自己防衛システムです。

総体としての人類独立には、個人の人生の独立、その集積が必要なのです。
人類の平和を語る人が最も行うべきことは、実は自分自身の人生の独立であり、自らと大切にする人たちの平和の実現なのです。

この世に罪があるとすれば、それは自分の人生を他者に委ね、思考や行動を放棄する…この行為こそが、人類独立の最大の敵です。まずは、自分自身の人生を独立させ、余裕が出来たら、世の中に起きている様々な問題の解決に、力を使ってください。

そして、集団ストーカーシステムに関心のある方がおられましたら、ぜひこの問題解決のために、知恵と力を貸してください。このシステムの解明と解決は、必ず未来のすべての人類のためになります。


生まれてくるに値する世界を子どもたちに残そう

生まれながら、集団ストーカーシステムのターゲットになっている人がいます。赤子の頃から、指向性エネルギー兵器で攻撃され、脳を科学的にプログラムされ、町内や学校ではいじめらています。

この世に生まれてきたことを、権力者によって否定されながら生きるしかない人生があります。そういった人々に思いをはせた時、とてもつらい気持ちになります。

全ての人々が、生まれてきてよかったと笑顔でいえる、そんな世界を地上に作る必要があります。いや、取り戻す必要があります。どんな形で生まれた生命であれ、そこに意味はあり、否定されるべきではないのです。

人間には、理想を実現させるだけの力があります。
そのためにも、人類を不幸せにする奴隷制度、植民地システム、秘密警察ネットワーク、それらの応用である集団ストーカーシステムを、共に解明・追求し、停止に追い込みましょう。

過去と現在は違います。現在の隠された科学を利用すれば、人類は植民地など所有せずとも豊かな人生を送れます。

今まさに、人間の種としての器が試されています。この世に生贄など必要ありません。美しい自然と調和した安定的な世界を作りだし、科学やエネルギーも、必要なものに必要なだけ使い、他の動植物や人々を傷つけない様にするべきです。

動植物に対する態度は、必ず人間に対する態度に関わってきます。不必要な薬品の開発のために、動物実験を行うことは止めにしましょう。
利益のための非道な動物実験は、大規模な人体実験の種子を内包しています。逆に、動植物に対する優しいまなざしは、弱い立場の人間への態度にも繋がります。

いつの世も、子どもたちは世界を映す鏡です。
すべての子どもたちが生まれてきてよかったといえる、そんな世界を築くためにも、集団ストーカーシステムを終わらせましょう。そのために必要なのは世論です。

本小冊子を読み、集団ストーカーシステムに興味を持った方がおられましたら、他の人々にもこの犯罪を教えてください。
これは、すべての集団ストーカー被害者からの心からのお願いです。






資料

人類の独立について
https://ameblo.jp/walker-memo/entry-12303112423.html


・小冊子 もくじ


https://ameblo.jp/a-lethe-ia/entry-12410585264.html

ーーー引用終わりーーー

:



人権 ブログランキングへ


pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

被害初期の方へ

集団ストーカーテクのロジ―犯罪の初期被害者の方は、とても辛い状況におられると思います。

そんな中、周知活動の重要さを理解し、頑張っておられる方もいらっしゃり、嬉しくもあり、尊敬もしております。

でも、そういう被害者仲間に対する加害側の攻撃は、始めはきつくなるだろうと思います。

周知活動を止めさせたいがため、いろいろと嫌がらせが激化するか、ハイテク攻撃がはっきりしてくる場合もあると思います。

でも、活動をしてもしなくても、攻撃はあり、反って、おとなしくやられるがまま、我慢を続けている方が危険であると、経験から私は実感しています。

加害側の言うなりになっていると、人生は益々辛く、屈辱に満ちたものになるでしょう。そして、散々あざ笑い、あとは利用価値がないと加害側が判断すると、被害者は自殺誘導で殺されます。

ボロボロにされた被害者の死が、他人から同じように見えたとしても、どのように生きたかで、真実はまったく違ったものになります。

心身共にボロボロになって死んだとしても、

加害側に抗って、被害者仲間と一緒に闘って死ぬか、

諦めてただ我慢だけの人生を生きるか・・・。

選択肢は自分にあります。

私自身は平凡な、いてもいなくてもあまり影響力のないただの人ですが、それでも、死ぬ時は、自分の生き方を肯定できる状態で死にたいと願っています。

だからと言って、毎日が思うようにはいきませんが、ストレスを発散させながら、

「できる時にはできることをする」。

死ぬ時に100点を自分に上げる事は出来なくても、できれば80点、せめて50点はつけてあげられるように生きて行きたい、と思っています。

私が日常で満足できる状態なのは、洗濯と食事作りくらいなもので、家の中も外も、情けない状態です。

ゴミ出しが思うようにできないことも多く、小さな庭は荒れ放題、家の中の整理整頓も悲惨です。

防御を優先せざるをえず、自分の好みの環境には程遠い状態です。

:

それでも、

お皿を洗う時に手が痛まない幸せ、

洗濯機を壊されていない幸せ、

ブログを更新できた時の幸せ、

何よりも、被害者仲間のご活躍を知った時の嬉しさは、どんなに励みになっていることでしょうか!

私も頑張らなくちゃ、という気持ちにあらためてさせてくださる被害者仲間達にどんなに感謝しているか知れません。

長年コツコツ活動してくださっている被害者仲間たち、

被害初期なのに精力的に活動してくださっている被害者仲間達、

皆さんに、どんなに感謝していることでしょうか!

被害初期の仲間には、特に辛い状況にある方もいらっしゃるでしょう。

でも、この世に変化しないものはありません。

すべて変化するのです。

愛情も変化します。

深まっていくのです。

私達人類は、愛情を深めて、この恐ろしい、理不尽な世界を素晴らしい世界にできる可能性を秘めています。

そうできた時こそ、

加害組織の悪魔達は真っ赤に(真っ青に?)なって悔しがるか、

もしかしたら、良い人にうまれかわれるかも、ですね。(^^♪

今回の記事は、最近連絡をくださった被害者仲間のことを思いながら書きました。

新しい被害に辛い思いをされているあなたが、お元気になれますように。

先日は私の体調が悪く、途中で休まざるを得なかったので、申し訳なく思っています。

これからメッセージにメルアドを送りますので、何かありましたらそちらにどうぞ。

ご注意として、私はメールの改ざんを頻繁にやられますので、そうなっても問題が起きないために、印刷してお持ちください。次回お会いできる時に確認できますように。それまでは変な内容があっても(酷いものも微妙なものもあります)そのままうのみにしないようにお願い致します。

(12月14日)


年末年始の街宣情報です。

リラックスさんのブログをご覧ください。

[目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!]
http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-368.html



人権 ブログランキングへ

:

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

非公開コメントへの返信(修復不可能な傷・続)

2018/12/04 5:10に非公開コメントくださった方へ

コメントありがとうございます。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者にされて苦しまない人はいないと思います。

ただ、攻撃にはいろいろあって、軽めでも自殺してしまう方もいるし、本当に死にそうな攻撃を受けていても、頑張って周知活動をしている方もおられます。

私が軽め、というのは、たとえば顔にブツブツを作られる、という攻撃です。

ただ、私から見て軽めと思っても、その方にとっては生きていられないほど辛い場合もあるのです。

ですので、一概には言えませんし、受け取り方も様々だと思います。

あなたの心の傷がどういうものか、詳しくはわかりせんが、

私も、高校生の時、授業中に一度、叫んだことがあります。

今考えると明らかにテク犯によるものでしたが、その時の私には自然に出てきた声のような気がしました。

そんな具合だったので、先生も級友たちも変な目で私を見ていました。

私の被害は小学生の時からでしたので、思いだしたらきりがないほど辛いことの連続でした。特に長い間この辛さの正体がわからなかったので、生きるのは大変でした。

それを思うと、テク犯の被害者であるとはっきりわかっている今のほうが、ある意味では精神的に楽なのです。

その上、最近はしっかりした情報を発信してくださる被害者仲間や内部告発者、博士達のお陰で、希望がみえてきました。

そして、最近は多くの被害者仲間が周知活動に参加されています。

特に目覚ましいのはポスティングと掲示です。

どんなにか、嬉しいことでしょうか!

目の前が真っ暗になっていた15年前と比べると、雲泥の差です。

あなたは、自分が周知活動に参加すると仲間に迷惑をかけると心配されているんですね。

でも、私達被害者は皆、多かれ少なかれ、他人に迷惑をかけないでは生きていられないのです。

私自身、被害者仲間に迷惑をかけたことが何度もありますし、逆のこともありました。

ですので、大事なのはお互いに理解し合い、許し合うことなんだと思います。

テク犯被害者は、常識では考えられない攻撃に、辛い人生を生きています。

でも、被害者にされなかったら出会うこともなかった方達と出会え、共感し、同じ目標に向かって歩いていける、そういう幸せもあるのです。

そして、私達の活動は、全人類を幸せに導く活動でもあります。

なぜかと言えば、この犯罪は、このままいくと人類を滅ぼすと考えられるからです。

もし、この犯罪の側=NWO構築を目論んでいる側が勝てば、やがて人類は滅びるでしょう。

ですので、私達の周知活動は、私達だけでなく、人類を救う活動でもあるのです。

この犯罪の目的が何なのかを理解できれば、それが妄想ではないことがわかります。

無理強いはしませんし、同じ被害者とは言え、思想も背景も体調も思いも様々ですので、周知活動は自分から望んでするものです。

けれども、はっきり言える事は、周知活動をする事によって得られるものは大きいということです。

ですので、できれば被害者仲間全員が参加してほしいと願っているのです。

行動なしには何も得られません。

昔、英語の先生がおっしゃいました。

NO PAIN, NO GAIN

(痛みなし、得るものなし)⇒(努力なしには成功しない).

とはいえ、

無理をしすぎないように、

一緒に頑張りましょうね(^^♪


1月5日広島街宣

[目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!]
http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


ーーー引用はじめーーー


来年1月5日(土曜日)
広島街宣!!参加自由!弁士飛び入りOK!


時間は昼12時位から2時間で未定ですが12時か13時からです。

その後懇親会

『集団ストーカー一般説明会、相談会』
18時~20時
広島オフィスセンター
〒732-0805 広島市南区東荒神町3-35
ホームページ:https://www.intelligent-hotel.co.jp/oc/
map.gif
20170131_1803259.jpg
appearance.jpg

―――引用終わりーーー


詳細はリラックスさんのブログへどうぞ。

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


*リラックスさんは大阪や東京でも度々街宣されています。

 情報はリラックスさんのブログへどうぞ。


人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (2)

2018年12月 3日 (月)

コメントへの返信(修復不可能な傷)

2018/12/03 7:16に非公開コメントくださった方へ
コメントありがとうございます。

>修復不可能な傷

というのは具体的にどういうものなのでしょうか?

心の傷のことだとは思いますが、あまり否定的に考えないで下さい。

私はテク犯被害者にされてから思うようになったのですが、人間の体は本当に頑張って傷を修復してくれるのです。それと同じように心の傷も、頑張って修復してくれます。やり直しが何度でもできるように・・・というか、人生はやり直しの連続なのではないかと思います。

どうぞ諦めないでください。

私達集ストテク犯被害者は同じ苦しみを強要されている運命共同体です。

一緒に生きる事を選んでください。

一度は周知活動に参加しようとされたじゃないですか?

一歩踏み出してくださることを、心から願っています。



人権 ブログランキングへ

辛い時に慰めてくれる歌はいくつもありますが、私の大好きな歌です。

この歌が、あなたの心を癒し、励ましてくれますように。

♪つばめ

Los Caballeros - La Golondrina

https://youtu.be/fqUeAwMXAFA


上で出ない場合は次の文字で検索してくださいm(__)m

「Mariachi Los Caballeros Croatia ~ LA GOLONDRINA • Zagreb, 2008 」

①南の国を離れて ツバメはそよ風とともに

今年も我が町を目指して飛んで来た

苦しみ悩みを乗り越えた姿

おおツバメ ラゴロンドリーナ

涙を風に投げ捨て 雄々しく 飛び回れ


②南の歌をつぶやき ツバメは今日も窓に舞う

小さな我が町に 花咲く春が来た

ちらつく影さえ 懐かしい姿

おおツバメ ラゴロンドリーナ

翼に夢を描いて 優しく 飛び回れ


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (1)

2018年11月28日 (水)

悲しんでいるあなたへ

2018/11/25 2:41に非公開希望でコメントくださった方へ

ブログを開かなかったため、お返事が遅くなってしまいました。
大変な内容なので、すぐにお返事できなかったこと申し訳なく思いますm(__)m


大切な方を亡くされたのですね。
どんなにか辛い思いでいらっしゃるのかと思うと、なんといってよいのか言葉がありません。

その方のご冥福をお祈りいたします。

内容についてまず、はっきり申しますが、
あなたはその事に関して何も責任がありません。

その方のために一心に祈っておられたことだけで、その方は救われたはずです。
どうか、ご自分を責めずに、お気持ちを楽にしてください。
あなたはできることを精一杯なさったのですから。

あなたがお元気になられる事を、心から願っています。


人権 ブログランキングへ


pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

のぶりんさん、ご連絡ください

のぶりんさん、はじめまして。

リラックスさんからご紹介がありましたので、ご連絡をお待ちしておりますが、今のところ届いていません。

コメントくださっても加害側の妨害で届かない場合もありますので、その場合はリラックスさんへご連絡お願いします。

1月5日の広島街宣に私も参加したいと思いますので、その時にお会いできると嬉しいです。

よろしくお願い致します。m(__)m

:

クリスマスローズさんへ


1月5日の広島街宣、九州からも数名参加予定です。

私も参加できると思いますので、よろしくお願い致しますm(__)m

お会いできるのを楽しみにしております。

11月17日の博多ポスティングは無事終了しました。

報告はコスモスさんのブログをご覧ください。

「コスモスのブログ」
https://ameblo.jp/puba33213/entry-12419876824.html



1月5日広島街宣

[目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!]
http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


ーーー引用はじめーーー


来年1月5日(土曜日)
広島街宣!!参加自由!弁士飛び入りOK!


時間は昼12時位から2時間で未定ですが12時か13時からです。

その後懇親会

『集団ストーカー一般説明会、相談会』
18時~20時
広島オフィスセンター
〒732-0805 広島市南区東荒神町3-35
ホームページ:https://www.intelligent-hotel.co.jp/oc/
map.gif
20170131_1803259.jpg
appearance.jpg

―――引用終わりーーー


詳細はリラックスさんのブログへどうぞ。

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


*リラックスさんは大阪や東京でも度々街宣されています。

 情報はリラックスさんのブログへどうぞ。


人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (0)

2018年10月23日 (火)

腹が立ったら

(記事はこの後にあります)


10月27日小倉街宣のお知らせ


主催:集団ストーカー犯罪被害者の会ネットワーク

日時:10月27日(土) 午後1時~

場所:小倉駅南口ペデストリアンデッキ

詳しくは「10月27日小倉街宣します」をご覧ください。 

http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/a.html

2018/09/25 2:51に非公開でコメントをくださった方へ

うっかり返信が遅くなってしまいました。
大変申し訳ありませんでした。m(___)m

其の後どうされているでしょうか?
心配しています。
1行でも良いですので、コメントくださいね。

夜中に末端加害者を追いかけるのは危ないとわかっていらっしゃるようですが、本当に、危ないです。くれぐれも誘導に乗らないようにしてくださいね。

私達被害者はいつも絶え間のな嫌がらせを受けていますので、ストレスが溜まっていますし、その上に怒りの誘導をされたら抗うのがとても大変です。

加害者達に対する憎しみでいっぱいになって当たり前、…とは思いますが、そういう状態はとても危険で、犯罪に利用される恐れがあり、それは加害側にとって都合の良い状態なのです。

憎しみは良い結果を生み出しません。

この犯罪の大ボス達は悪魔のような輩です。悪魔は人間同士が憎しみ合い、殺し合い、不幸になることを望んでいます。
だからこそ、私達被害者は憎しみを克服し、助け合って生きて行くことが重要になってきます。そうすることが悪魔達を歯噛みさせるのです。

私自身、毎日のように腹を立てています。
けれども、同時に、末端加害者達を気の毒にも思っています。

異常な熱攻撃や繰り返される下痢攻撃に腹が立ってしまう時に、私は心の中で加害者に言います。


「いったい、あんたたちは何のために生まれて来たの?

いったい、何のために生きているのか?

他人を傷つけるだけの人生って、何?」

そうして私は気付くのです。

テク犯被害者にされている私の人生は、末端加害者よりはましな人生だな、って。

私達被害者は、少なくとも他人を傷つけようなどという発想がないし、傷つけられるだけの毎日を生きています。

こんな自由の無い人生を生きるのは幸せではありません。

けれども、少なくとも自分を否定しないで済む。

自分がまっとうな人間であることを、誰よりも自分がわかっているし、自分を肯定できる事は幸せな事です。

そして、最後の時が来た時、後悔に歯噛みをしないで済むことは、幸せなことではないでしょうか?

テク犯被害者は、思うような人生を送れない、

自分の理想を実現するのはほとんど不可能のように思える。

でも、

少なくとも私は他人を傷つけることで利益を得たりしなかった。

恰好悪くても一生懸命生きてきた。

と思いながら永遠の眠りを喜んで受け入れるつもりです。


人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

非公開希望コメントの被害者仲間へ

コメント欄に返信を書き始めましたが、目に入り易いように、記事として公開します。

2018/09/21 19:34に非公開コメントくださった方へ

コメントありがとうございます。

読みながら息がとまりました。
しばらくコメントがなかったので、攻撃が激しくなったのかと心配していたのですが、まさかそんなひどい状態とは思いませんでした。

どんなに辛いかと思うと、何を書いていいのかわかりません。
防御方法が知りたいです。

私に考えられるのは、両手を布でぐるぐる巻きにする事くらいです。
怒りの誘導は強力ですので、抑えるのにありったけの持てる力を総動員しなければならないでしょう。
私は怒りの誘導を頻繁にやられた時に、いつもいる居間の壁に何枚も
「怒りは加害!」
「大声⇒病院」
「怒りは敵の思ウツボ」
と大きく書いた紙を貼りつけました。どこを向いていても目に入るように。

今手が離せないため、少ししてから私の経験をひとつ書きたいと思います。あなたの状況と同じではありませんが、少しでも参考にしていただけたらと思います。

取り急ぎ、UPします。

なかなか時間が取れず、遅くなってしまいました。

以前にも書いた事のある内容ですが、参考になるかも知れませんので書いてみますね。

15年前、私は精神病院に入院させられました。

理由は

「統合失調症で自傷他害の恐れあり」

ということだったようです。

「ようです」というのは、保護入院という名の強制入院は、「自傷他害の恐れあり」が条件だと、後で知ったからで

す。けれどもそれは事実無根でした。

なので、看護助手さんに

「あなたはどうして2か月も入院しているの?いったいどこが悪いの?1週間で退院すると思っていたのに。」

と言われたくらいです。

退院する1週間前にはいろいろな事が起きました。

その一つ、忘れられないのは、悪夢を見せられたその内容です。

薄暗い夕暮れ時、昔風の納屋のような片隅に向かって後ろ向きでしゃがんでいる少年がいました。

私はすさまじい憎しみと殺意でその子の背後1,5メートルに立っていて、右手にはナイフを持っていました。

殺意を抑えるために私は全身全霊を使い、そのため体はギシギシと震えていました。

それがしばらく続いた後、ふっと楽になると同時に目が覚めました。 

全身に汗をかいていました。

文章にすると単純ですが、その夢の間、とても恐ろしい思いをしました。

その少年は見たこともない子で、なぜそんな所に後ろ向きにしゃがんでいたのか、なぜ私がその子に殺したいほ

どの憎しみを抱いていたのか、理由は全くわかりません。ただ単にものすごい憎しみを感じてナイフで刺したいと

思っていたのです。

今はその夢がテクノロジー犯罪加害装置によって挿入された人口夢であり、同時にマインドコントロールされて

ものすごい怒りと憎しみの感情操作をされていたのだとわかります。それだけの科学技術があるとわかってい

るからです。

実際、社会で私はナイフを持って誰かを殺そうとしたことはありません。

普通、人は簡単に誰かを傷つけたり殺したりできるものではないと思います。だから戦争から帰ってきて精神を病

んでしまう方が多いのでしょう。

加害側は私達自覚ある被害者を人体実験に利用しています。

退院をまじかにそのような人口夢を見せてきたのは、たぶん、退院してからの私に対する実験の内容を決めるの

に必要なものだったのだと、私は考えています。

精神病院へ入れるためには耐えがたいほどの痛み攻撃等をしてきます。

私が精神病院へ入れられた頃、全く周知活動をしていませんでした。

もしその頃、幸運にもどなたか街宣をしている方と知り合って一緒に街宣をしていたとしたら、私は入院させら

れずに済んだのではないかと思います。なぜかと言えば、入院しなければならないほど精神を病んでいる人が

原稿を書き、演説をできるはずがないからです。そういう人を精神病院へ無理やり入れるには無理があると思

いますね。

なので、今、私があなたの立場なら、街宣に参加するよう頑張ると思います。

演説はたった数行でも良いのです。

上手にしなくても良いのです。

反って立て板に水のようでない方が良いとさえ思います。

もし不安なら、両手を布でぐるぐる巻きにして外出します。

それが包帯だったら、不便があっても助けてくれる人が現れます。

(私は右脚をやけどして松葉杖をついていた時、次から次へと助けてくれる方が現れました。)

自分のことも娘への攻撃も防ぐことのできない身としては、残念ながらこの程度のことしか書けません。

あなたの参考に少しでもなれたら、嬉しいです。

加害側は私達自覚ある被害者が、攻撃に対してどう対処していくのかを見ているので、何もしないでただ耐え

ているだけなら、やがて自殺誘導され、殺される、と私は考えます。

行動を起こして、現状突破してくださるよう願っています。



人権 ブログランキングへ


pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (1)

より以前の記事一覧