« 開き直りが必要 | トップページ | ご無事と知って嬉しいコメント »

2021年1月17日 (日)

希望への道を

2021-01-16 14:48:51に非公開コメントをくださった方へ

前回の続きを書いたものの、もしあなたを傷つけてしまうような内容になっていないかと下書きのままにしていましたら、また、コメントくださったんですね。私のお返事が遅くなって申し訳ありません。(下書き分は先ほど公開しました)

とても切羽詰まったお気持ちでいらっしゃることがわかりますが、外に出るとそれほど辛いのでしたら、しばらく家の中にいたら良いのではないでしょうか?

買い物が必要なら宅配を利用してください。

生協なら週に一度宅配してくれますし、スーパーでも、宅配してくれるところがあります。

 

~~~~~

 

Zさんはとても繊細な方だと推測していますが、そういう方にとって集スト犯罪はとても過酷です。

できるだけ気持ちが休まる方法を探してください。

 

~~~~~

私が直接お会いできれば良いんですが、遠くて無理ですし、同県に私の知り合いがおられますが、その方も余裕がありませんので、おねがいすることはできないんです。

コメントのなかで言及されていた方に連絡してみてはいかがでしょうか?その方のブログをご存知ですね?

私から連絡することは可能ですが、Zさんについてお住いの県しかわかっていない状態では、どうすることもできませんので、何度でも、ご自分でやってみてください。

 

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークにはZさんのお住いの県にも被害者が数名おられますので、問い合わせてみるのも良いと思います。

 

~~~~~

 

加害者の姿がZさんを威嚇してくるなら、それを見ないようにできませんか?私は外出する時、人の顔を見ません。見なければ、加害者の目つきも薄ら笑いもないのと同じになります。また、ほのめかしが辛いならイヤーホーンで音楽を聴いていたらよいですよ。

 

そもそも、集スト被害者は悪人ではないから被害者にされているのですし、加害側は性格の悪い人間か、カルト宗教を妄信しているおバカが末端加害者として動いているのですから、無視するのが一番です。加害者どもに自分のことをわかってほしいなどと思う必要はありません。妄信者には何を言っても無駄です。自分の頭で考えられない人に対して期待できるものはありません。

 

また、確かなことはわかりませんが、被害者仲間の中には警察も加担していると発言している方もおられるくらい、警察は当てにはなりません。

私の知っている被害者仲間には、外出するたびにパトカーに付きまとわれていた方がいるくらいです。

私の場合はひどくなかったですが、一時は一度の外出で3台くらいパトカーが出現した頃もありました。

 

警察組織全体が加害団体なのか、それとも警察組織の中に加害者がいるのか、私にはわかりませんが、被害者の周りにパトカーが出現する頻度

が高すぎる、というのは確かです。街宣の時にもすぐそばで大音量でトカーが急発進していったこともあります。(小倉駅)

 

少なくとも、警察は集スト被害者を助けてくれません。

名誉回復の助けもしてくれません。

本当の加害者を取り締まってもくれません。

現段階では被害届を受理してくれるようになりましたし、相談に対して真摯に聞いてくださる警察官もおられますが、そこ止まりです。

 

集スト加害者を取り締まる法律がないため、警察は動きません。

 

~~~~~

 

この犯罪は、誰かに助けてもらえるようなものではありません。

 

Zさんの場合はまだ、マシだと思ってください。

ご家族も被害の自覚がおありですので、Zさんは孤立していません。ご家族といっしょに愚痴を言い合い、助け合うことができるではありませんか。

 

~~~~~

 

この犯罪の被害者にされたら、誰でも一度や二度は死にたくなるはずです。

それくらい、理不尽で卑劣で冷酷な犯罪です。屈辱感も強く味わされますよね。

特にテクノロジー犯罪で痛めつけられている被害者仲間は大勢いて、良く、皆さん頑張っていらっしゃると思いますよ。

 

~~~~~

 

私もテク犯被害が酷いですが、熱攻撃のほかにいろいろあり、睡眠妨害も酷くなっています。

今、被害記録を見てみましたら、1月1日からベッドで眠れたのは1月15日午後2時25分~6時20分の4時間のみです。さすがに自分でもびっくりしましたが、最近の私の睡眠はほとんどが椅子の上です。椅子で座ったまま居眠りしています。

もしこの状態が被害初期で起きたなら、きっと心身ともに息も絶え絶えの状態になっただろうと思います。

でも、ありがたいことに、今私は悲観していません。体はきつくても、なんとか生活できていますし、絶望していません。もちろん、いつも明るく居られはしませんが、体へのいろいろなテク犯攻撃に辟易しながらも、なんとか生きています。

 

~~~~~

 

Zさん、被害者仲間は皆、とても辛い思いで生きているのです。

自分の被害をほとんど語らずに周知活動を頑張っている方も、この犯罪撲滅のために持てる自己資金を投げ出して研究や周知活動に使っている方も、遠方まで気力・体力・労力・資金もギリギリまで使っている方もおられます。

 

被害者は特に経済的に追い詰められますので、大変な状況の中で皆、がんばっているのです。

Zさん、私達と一緒にがんばりましょう!

一緒に闘う中で希望が見えてきます。

 

「希望は 思考と行動の継続にある」ウォーカーさんの言葉

|

« 開き直りが必要 | トップページ | ご無事と知って嬉しいコメント »

コメント

1月27日に非公開希望コメントをくださった方へ


あなたが会社勤めをされていた時、助けを求められて答えてあげられたほど、あなたは思いやりのある方なんですね。ですので

>「自分の足りない部分を他人との繋がりで補う力」が、やっぱり必要な時もあるのではないかと。

と思われるのはもっともだと思います。

それで、ご自身が大変な時に他人に助けを求めるのも自然であると思います。


ただ、以前に書きましたように、私の知り合いで信頼できる方があなたの県内におられますが、ご家族全員が被害者で、お一人は死にそうになったこともあるくらい、テク犯被害が酷いので、他の方を助ける余裕はないと思います。
ですので、私からの紹介は諦めてください。


あなたは心身共に限界がきているとのことですが、具体的にテク犯被害はありますか?集スト被害については具体的に書いてくださいましたが、テク犯のほうはどうでしょうか?


車を運転している時に加害者どもが嫌がらせをしてくることや、ヘリのホバリング、などは繊細な方にとって耐えがたいものであっても、対処することにより、軽減します。

①手帳に日時、場所、車の前後に設置したビデオで撮影開始 と書く
②撮影開始
③途中で消されたら手帳に日時・場所とともに書く
④車に設置するビデオのほかに手で持てるビデオで撮影する。

兎に角頻繁にメモを取ることが重要です。
電気で動くものは消される恐れが常にありますが、手書きのメモは遠隔からけすことができませんので。

あなたのお住いの県の県警本部に被害者仲間と一緒に訪問したことがありますが、まったく役に立ちませんでしたし、その後何年も経ちますが、どなたかが訪問したという情報はありませんので、期待しないほうが良いと思います。

自分で自分の実を守る、という決意をしてください。

テク犯はとても対処が難しいですが、集スト被害は軽減可能です。

私もかつては毎日泣いていました。
私の場合は集スト攻撃とテク犯攻撃が同時にやられたため、嫌がらせ加害者を無視することができませんでした。
とても辛かったですが、今同じ状況になったら、もうおとなしくはしていない、同じことをされたら証拠をとって後悔させるぞ!と思っていますので、加害側にとって都合の悪くなりそうなことは(証拠をとられそうなこと)もう、しかけてきません。

以前ヘリからのビームを写した動画は保存しておいて消されましたが、今なら即、公開しますよ。


あなたも、そうしてみてください。
危ないほどに車で接近されたら、それを公開してください。

かつての私のように、誰かの助けを求め、それが叶わずに泣いているなら、敵はもっともっと攻撃を強めてきます。

私はかつてはキリスト教徒でしたので、いくつもの教会に行って助けを求めました。交番にも行きました。議員事務所にも3か所行きました。でも、収穫ゼロであったばかりか、ある教会の牧師と警官は加害者でした。

私が警察に訴えることをあまりお勧めしないのはそのためです。
そして、加害者はあらゆる組織に存在します。多分、9割くらいの割合だろうと推測しています。


毎日泣いていた私が立ち上がれたのは、被害者仲間と周知活動のお陰です。
多くの被害者仲間が、周知活動を続けることによって、この犯罪に立ち向かう勇気を獲得しています。
あなたも決意してください。

周知チラシは通販で購入できます。「チラシ 印刷」でいくつかできてきます。(私は去年ラクスルでA4チラシ両面カラー、5000枚で約1万円で購入しました。)
チラシのダウンロードは「ベガのブログ」の管理人さんがわかりやすい場所に公開されています。

ポスティングは一人でもできますし、実際、一人でやっている方は各地におられます。、
緊張するのははじめだけです。慣れてくるとなんでもなくなりますし、良い運動になります。

この犯罪は世界的なもので、人類の未来にかかわる犯罪です。自分は人類の未来のためにポスティングしているんだ、というくらいの自信をもって周知活動をしていきましょうね。(^^♪

自分で動かなければ、誰も助けてくれません。
頼りになる被害者仲間は一緒に周知活動をする中で巡り会うことができます。

投稿: サニナ | 2021年1月30日 (土) 08時27分

1月27日に非公開コメントをくださった方は13日にも非公開コメントをくださっていますね。

失礼致しました。

そのコメントには「胃と背中が痛くて食べられない」とありますので、(少なくとも胃の痛みは集ストの嫌がらせによるストレスによるものもあるとは思いますが)背中の痛みはテク犯攻撃によるものだと思われます。

食べられないほどの傷みは辛いですね。

私も背中の痛みは常にありますし、強烈に痛むときもあり、常に同じ種類のビームというわけではないようで、対処法もいろいろ試しています。

数日前からの痛みに対してはダンロップの「雪枕」の外側を使っています。それを背中の痛む部分のあたりにある服にネオジウム磁石で止めています。数日間はそれで大分痛みが軽減されましたが、今はまた、痛みが強くなっています。ですので、違う種類のビームに代わったか、ビームの角度を変えたのでしょう。

電磁波による攻撃には磁石が効くようです。私が使っている磁石はネオジウムで、強力です。2cm直径の円形で、2週間くらい前に通販で買ったのは10個入り800円位でした。

超音波による攻撃には磁石は効きません。
AGSASではカムルーンシートによる具体的な対処法が書かれていますので試してみると良いと思いますが、私には効きませんでした。アクリル板が効くという方もおられます。

アルミ箔は攻撃ビームによって簡単に穴が開くため、確認するには良いですが、防御としては薄すぎます。私はガスコンロ用のアルミを使っています。これで痛みが軽減したこともあります。最近はあまり使いませんが、娘の就寝時に19枚使って上からの攻撃に対処しています。これが効果があると知ったのは、娘の皮膚のこんがり焼けていた色が元にもどってきたからです。すっかり元通りではないのは、起きている時も照射されているためですのでそれはしかたありません。

テク犯による痛みはいろいろありますので、これ! といえません。特に私などは知識が不足していますので、あまりお役にたてなくて申し訳ないです。

失敗例としては、鉄板を買ったことです。非常に重いため、扱いが難しく、お勧めしません。

胃と背中が痛いと痛みで疲れてしまいますので、大変と思います。それでも、食べないでいるともっと大変になりますので、少しずつでも食べてください。私はご飯に牛乳をいれて温め、牛乳がゆにして食べることが多いです。何も入れないと食べやすいです。少し物足りなければ梅入りのふりかけをかけます。

また、何か思いだしたらその都度書いていきますね。

元気を出してください!

投稿: サニナ | 2021年1月30日 (土) 16時12分

2021-02-08 14:59:05に非公開希望コメントをくださった方へ

コメントありがとうございます。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークへ連絡ができなくされているとのこと、これは珍しくないだろうと思います。
私自身、何年も前のことですが、連絡がつかなくなって結果、会費が払えなくなって会員でなくなってしまいました。

そういう時は何度やってみてもできなくされますので、それでもどうしても連絡をとりたいならば、直接定例会に行って見るのが良いと思います。
定例会の日時はHPで告知されます。

会場に行くまでの辛さを考えると行きたくなくなるかも知れませんが、一度だけ覚悟して電車に乗ってみてはいかがでしょうか?先の見えない状態で耐えているより、一度だけ踏ん張って定例会に行って見れば、被害者仲間が大勢いて、きっと、気の合う人と知り合えるでしょうし、もしかしたらお住いの近くの方と知り合えるかも知れません。

私の場合は前もって連絡して行ったのですが、被害者仲間とあえて、どんなに安堵したか、感謝したか、今でもはっきり覚えています。電車の中での集ストとテク犯攻撃は酷かったですが、それよりも被害者仲間に会えた喜びは、代えられないものでした。


胃と背中の痛みについてですが、
私の場合、常にやられていて、時々酷くなるのでいろいろためしていました。最近、前と背中にポリエチレンシート(「雪枕」の外側)ほぼをネオジウム磁石で止めています。痛みが軽くなっています。また、頭へのゾワゾワした気持ちの悪い攻撃も、同じシートを髪留め用の長いゴムで止めることでほぼ消えます。これは軽いので気に入っています。

私は被害初期に、酷い攻撃に対して鉄板が良いかと思って買い、失敗しています。テク犯攻撃に対しては、ポリエチレンが効くことがあり、また、発砲スチロールは電解を遮断しますので、攻撃の種類によっては効くだろうと推測しています。

また、集スト加害者・加担者に対しては、怒りより軽蔑、それよりも憐み、の感情を抱くようになると気持ちが大分楽になります。末端加害者は、加害組織に利用されている存在で、大きくみれば彼らもまた、被害者であるからです。彼らはたぶん、わかっていないでしょうけれど、どちらにしても大切な人生を無駄にし、生きれば生きるほど自分の魂を汚していくのです。他人の人生を壊していくなら、生きている意味がないですね。だから、哀れに思うべき存在なのです。

投稿: サニナ | 2021年2月 9日 (火) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 開き直りが必要 | トップページ | ご無事と知って嬉しいコメント »