« 集スト被害者が情報を得る必要があること | トップページ | 希望への道を »

2021年1月17日 (日)

開き直りが必要

人間関係でなにか誤解をされた時、Zさんは「話せばわかってもらえる」という考え方をされているでしょうか?

 

私はそういう考えでした。

「渡る世間に鬼はなし」だから

「人を見たら泥棒と思え」などというのは間違っている

と思っていたのです。

 

心底悪い人間はいない、と思っていたので、集団スト―カー犯罪の被害者にされた時、信じられない思いでした。

いったい、私がどんな悪いことをしたというのだ? 周りの人間に次から次へと嫌がらせをされなければならないほどの悪いことを、いったい、何をしたというのだ?

と悩みました。

 

けれども、その考えは的外れでした。

この犯罪組織は、悪人を被害者に選びません。

心身共に健康な人を被害者に選ぶのです。

それは、心身の人体実験が、テクノロジー犯罪の目的で、集団スト―カー犯罪はそれを補完するためのものだからです。

 

実際、今まで出会った被害者仲間は心優しい、どちらかというと控えめな方が多かったのです

 

それで私は気付きました。

加害側は、被害者が善人であることを知っていて誹謗中傷をばら撒いている、そして、末端加害者にそのように信じさせて世間をも騙している、ということを。

周囲の人達から酷い誤解をされたら悲しくて悔しくて、何とか誤解を解きたいと思うのは当然です。

でも、その願いは簡単には叶えられないこともわかりました。なぜなら、敵は圧倒的に多数であり、自分の家族や友人までも丸め込んでしまったからです。

敵は大変狡猾で、卑劣で、冷酷です。

とうてい 太刀打ちできません。

 

特にテクノロジー犯罪機器で攻撃してくるのですから、お手上げ状態です。

 

それで私は、開き直りました。

トイレにはいると、

「見える、見える」

と脳内送信があります。それを無視していると、

「恥ずかしくないんか?」

と言ってくるので、

「私は外にいるのではない、家の中で普通にトイレに入っているのだから、恥ずかしくない。恥ずかしいのはあなたたちでしょう?勝手に他人の家の中を覗き込んでいるのだから。恥を知りなさい!」

と言ったら、その後その手の送信がなくなりました。

 

私は何も悪いことをしていない。

悪いのは加害者だ。

たとえハイテクで巧妙に何をやられても、私は悪くはないのだから、小さくなることはない。

 

加害側は図々しいので、何も悪くない被害者を悪人のようにしたてあげ、誹謗中傷をばら撒き、末端加害者・加担者が被害者を非難するようなこともやります。本当に、ずうずうしいことこの上ない連中です。

そんな連中がZさんのことをどう思おうが、気にする必要はありません。

 

「わかってもらいたい.」という思いは捨てましょう。

話しても無駄だからです。

加害者にわかってもらう必要はありません。

必要なのは、加害者以外の99%の側にこの犯罪の存在と実態を理解していただくことで、周知が進めば必ず、この犯罪を撲滅することができます。

私達被害者の行くべき道はただ一つ、助けを求めるのではなく、犯罪撲滅のための周知活動を続け、法律で禁止するよう議員さん達に働きかけることです。

 

 

私達は恥ずべきことは何もない。

胸を張っていきましょう!

 

 

|

« 集スト被害者が情報を得る必要があること | トップページ | 希望への道を »

コメント

サニナさんのブログに勇気をもらっています。サニナさんは被害者にとって希望の星です。感謝しています。私の被害は15年で人や車での付き纏いや嫌がらせと電磁波攻撃(点滅)での体の痛みと睡眠妨害です。加害者については、皆、考え方は違うと思いますが、私はカルト宗教(北朝鮮人が多いと聞きます)、朝鮮人や中国人だと思っています。家の周りは朝鮮人が多いようですし、付き纏ってきた70前後の男が私に向かって中国語で何か話していました。勿論、無視して別の場所に移動しましたが。何とか被害者の方の大きな集まりで(合法的に)反撃したいものです。周りの家や近くの交番も加害者です。頑張りましょう!

投稿: ラベ | 2021年1月20日 (水) 15時48分

ラベさん、コメントありがとうございます。

「希望の星」と書いてくださいましたが、とても恥ずかしいです。💦 私はそんなたいそうな人間ではないことを、自分でわかっているからです。

被害者仲間から「希望の星」と思われている方はほかにいらして、その行動力はものすごいものがあります。私もその方々を尊敬しております。お名前を書かなくても多くの被害者仲間が「ああ、あの方だな」と思われるでしょう。そういう被害者仲間が、ありがたいことに数名存在しています。


また、近年は周知活動にいろいろな形で頑張ってくださっている被害者仲間が多くなり、本当に嬉しい状況になってきました。とっても励まされています。


さて、加害組織と末端加害者についてですが、おっしゃるとおり、考え方はいろいろのようですね。
犯罪組織がひた隠しにしていることから、私達被害者は推測するしかないためですが、攻撃にハイテク機器を使っていることから、犯罪組織は相当の資金をもっていること、世界中で公的権力(*注)を使って行われていると考えられることから、世界的権力であると推測できます。

*注;たとえば私はメキシコのカンクン空港でセキュリティから加害されました。米国の被害者は、国の設備のグエンタワーから攻撃されています。また、日本の被害者は国の緊急車両や自衛隊のヘリからの嫌がらせが大変多いです。ヘリが自宅の上でホバリングする、という被害もあります。

末端加害者は、報酬を得て加害してくる者と、カルト宗教の信者が多いようです。

この犯罪は世界的に起きているものですので、「~国の人間が」というのは的外れかと思います。

ちなみに、日本人の中には朝鮮半島の人は目が吊り上がっていると言う方がおられますが、逆のことを言われている、ということもあって、中国人は朝鮮人や日本人を、朝鮮人は中国人や日本人を、日本人は中国人と朝鮮人を、「目が吊り上がっている」と言っているという記事を読んだことがあります。

実際、私は複数の韓国人や中国人と会ったことがありますが、直に会話するまで私は彼らを日本人と思っていました。私達はとてもよく似ています。どの国にも「目の吊り上がった人」は存在しますので、見た目だけで何国人なのか判断することは難しいと考えます。

この犯罪組織は世界的なもので、中国にも韓国にも被害者は存在します。そのことをしっかり認識して、敵の分断工作に乗らないようにしたいと思います。

周知活動、がんばりましょうね!

投稿: サニナ | 2021年1月21日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 集スト被害者が情報を得る必要があること | トップページ | 希望への道を »