« あなたは何も悪くない(被害者仲間からの非公開コメントへの返信) | トップページ | 警察に訴えても助けてもらえない被害者 »

2020年12月 4日 (金)

コメントへの返信、とりあえず

「あなたは何も悪くない」

に対してのコメントをいただきました。

非公開希望と書いてありませんでしたが、ちょっと気になるので勝手ながら非公開にさせていただきますね。

 

Zさんへ

 

コメントいただけてとっても嬉しいです。

あなたが私を「命の恩人」だと思ってくださっているなんて、驚きました。私は大したこともしていないし、お互い被害者同士、励ましあえる仲間と思っているので、ちょっとこそばゆい感じです。

数日間このブログを開きませんでしたので、返信が遅くなってしまいました。

その上、今また頭が朦朧として考えることが難しくなっていますので、申し訳ありませんが、とりあえず今日はここまでとしますね。

後日また、続きをここにかきますので、少しお待ちください。

 

~~~~~

 

Zさん、何日も経ってしまいました。申し訳ありません。m(__)m

 

家が近かったら、と何度も思ったことがあります。

そうしたら、いつでもZさんが大変な時にお会いできるし、一緒に周知活動ができるのでお互いに良いと思ったからです。

ただ、Zさんの場合ご家族がいらっしゃるので、少なくとも体調の悪い時には安心できると思っています。テクノロジー犯罪についての理解がなくてもZさんを大切に思ってくださるご家族がいて本当に良かったと思います。

 

 

私のことを加害者と思ったことはない、と書いてくださいましたが、私はそれを疑いません。

前回、zさんが私に向かって「加害者」と言ったと書いたのも、事実で、私はそれをじかにこの耳で聞いています。

 

え?

 

と思われましたか?

テクノロジー犯罪は不可能と思われることもできるのだということを思い出してください。

 

 

「加害者」発言に関して、2つの推測ができます。

 

①Zさんは私に「加害者」と言った。⇒その事実を加害側がZさんの記憶から消した。

②Zさんは私に「加害者」と言わなかった。⇒加害側が私に嘘の情報を送り付けた。(記憶の上書き)注:1

 

注1:利根川博士による研究 ; 利根川進MIT教授、「ニセの記憶」をマウスで再現 | ハフポスト LIFE (huffingtonpost.jp)

 

①と②のいずれにしてもありうることで、その点についてZさんも私も責任はありません。

加害側が勝手に被害者の脳を操作することは、加害側の犯罪であって、被害者に責任はありませんよね。

ですので、もし、今後、加害側がZさんに、辛い記憶を送り付けてきても、無視してくださいね。

重要なのは、Zさんも私も被害者であり、お互いに認め合う関係にある、という事実です。

 

ずっと以前あなたに言ったことがありますが、覚えていますか?

「あなたは私にとって、ずっと年下の妹のように思える」と。

 

だからこそ、メールの改ざんや加害者発言のような離間工作がされたのですね。

でも、そんなことがあっても、私達はずっと一緒に行きましょうね!

 

あなたに対して注文するとしたら、ただひとつ、

あなた自身の価値をしっかり認めてほしい、

ということです。あなたはとっても性格の良い、優しい人なんですから。そして、頑張り屋さんでもありますね。(^^♪

 

いつもあなたのことを心配している被害者仲間がいることを、忘れないでくださいね。

 

2020年12月12日

|

« あなたは何も悪くない(被害者仲間からの非公開コメントへの返信) | トップページ | 警察に訴えても助けてもらえない被害者 »

コメント

いつもサニナさんのブログに励まされています。僕にとっても命の恩人です。

投稿: みみ | 2020年12月14日 (月) 12時44分

みみさん、コメントありがとうございます。

すごい励ましです。

ブログランキングも貼れなくなって久しいですし、コピペもできないことが多くて使い勝手が悪くなりましたし、あまり更新もできていないため、「長崎だより」だけにしようかと思ったりしていましたが、続けることにしますね。

みみさんのような方が読んでくださるなら、こんなつたないブログでも止めずに更新していきたいと思います。

言葉の威力はすごいものがありますね!
とっても励まされました。
ありがとうございます。

投稿: サニナ | 2020年12月17日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あなたは何も悪くない(被害者仲間からの非公開コメントへの返信) | トップページ | 警察に訴えても助けてもらえない被害者 »