« 精神病院へ入れられないために | トップページ | 今朝メールをくださった被害者仲間へ »

2020年9月20日 (日)

自転車で体当たりされた時のこと

集団スト―カー犯罪の被害者仲間が、加害者の自転車に体当たりされるかも知れないという怖い思いをされているとのツイートがありました。

それで私の体験をツイートしようとしましたが、できませんでしたので、ブログに書いてみようと思います。もしかしたら何かの参考になるかも知れませんので。

 

娘も私も自転車に乗っていて加害者に自転車で体当たりされたことが数回あります。

3か月ほど前にも横道の路地から突然ぶつけられ、転倒しました。自転車に乗れなくなりはしたものの、幸い,脚を少し痛めただけで済みました。

とこらが、加害者は私に対して文句を言ってきたのです。

それで抗議すると謝らないどころかあまりにも横柄で

「警察を呼ぶよ!」

等と大声で威嚇したので

「ええ、呼んでください!どちらが悪いかはっきりさせましょう!」

と言うと、急に態度を変えました。そしてわけのわからない言い訳をして一向に謝ろうとしないので、

「悪いのはあなたなんだから、謝りなさい!謝ったら今回は許してあげるから。」

と3度言い、加害者はやっと謝りました。

「はい。それでいいわ。じゃあね。」

すると加害者は意外そうな顔をしました。

多分、加害者はカルト宗教の信者か、あるいは私が悪い人間であるから懲らしめてやれと言われてそれを鵜呑みにして体当たりをしてきたのだと推測しています。自分からぶつかってきて警察を呼ぶなどと言うのは、普通では考えられないからです。

これが集団スト―カー犯罪の加害者や加担者のやっていることの一つです。

 

その件で私が強気に出られたのは、完全に加害者に非があり、あまりにも図々しかったために、遠慮の入る余地がなかったことです。そして、ボイスレコーダーを付けていたため、一部始終が録音されていました。

その後自転車で体当たりされることはありませんが、もし同じようなことが起こったら、今度は容赦しません。これは犯罪だからです。

|

« 精神病院へ入れられないために | トップページ | 今朝メールをくださった被害者仲間へ »

コメント

いつも拝見して勇気をいただいています。私の被害は13年目です。自転車での加害行為許せませんね。お怪我は大丈夫でしょうか。どうぞお気をつけて下さいね。私も同じような被害に遭っています。スーパーマーケットで何度も体当たりされてからは、常に周囲を気にしながら歩いています。傍から見たら私が挙動不審者に見えると思います。車を運転中にも何度も事故を装って殺されそうになりました。全て近所の人間なので名前も住所も顔も分かっています。今は電磁波攻撃で加害行為を受けています。お互いに頑張りましょう。

投稿: ラベ | 2020年9月20日 (日) 20時26分

ラベさん、コメントありがとうございます。

被害歴13年は長いですね。
ラベさんの加害者は近所で名前も顔もわかっているのに体当たりしてくるなど、ずいぶん図々しいと思います。

カルト信者が加害してくる場合、自分の危険も顧ずに正面から体当たりしてくるのでそれなりの対処が必要と思います。

車には前後を写すカメラを付けると良いと思います。


私の経験では、お店にいる間、プラカードを首から前後にかけたとき、加害者がまったく寄って来なくなりました。びっくりするほどの反応でした。
プラカードにはマーカーで大きく「私は集団スト―カー犯罪の被害者です。私に近寄る人は加害者です。」と書いてありました。

始めは恥ずかしいと思うでしょうけれど、これは大変効果がありましたので、お勧めです。

また、他人の目が気になる場合は、人の目を見ないでください。斜め下を見ると良いです。
加害者は、被害者が反応するのが嬉しいので、こちらが加害者に無関心であるとがっかりします。(そういう表情を実際見たことがあります。おもしろかったですよ。(^^♪)


自覚ある被害者になってから17年経ちましたが、それでわかったのは、加害側の目的は被害者を殺すことではありません。反って助けることさえありました。

気をつけなければならないのは、加害側の言いなりにならないことです。言いなりになることは死を意味します。

一人で耐えていると自殺誘導されることがありますので、もしラべさんが被害者仲間と交流がないなら、是非、複数の被害者仲間と知り合うようにしてくださいね。
周知活動をしている人達と一緒に行動してください。いろいろな情報も得られますし、元気もでます。

この犯罪の被害者にされる人はおとなしい人が多いのです。ですので、ご自分が孤独が好きであったとしても、是非、交流してくださいね。

かくいう私も元々は孤独が好きでしたが、大分性格が変わりました。ガンガン痛めつけられ、侮辱され、貶められて、周知活動に立ち上がってから、性格が変わった、というか,がんばって変えてきたように思います。

今でも私は一人で山の中に住みたいという願いが強いですが、熱攻撃を受けている娘と私には就寝時に保冷してくれる人が必要なので、私一人で山の中に住むなどできないのです。娘は山暮らしが嫌いなので。

ラベさんもきっと、いろいろと自由を制限されているここと思います。
こんな非人間的な犯罪は一刻も早く撲滅しなければなりませんね。
お互いに、がんばりましょうね。\(^o^)/
コメント、またお待ちしています。

投稿: サニナ | 2020年9月21日 (月) 04時05分

2度目の書き込みです。ネットでジャーナリストの大沼安史さんが亡くなった事を知りました。電磁波加害で殺害されたのですね。残念でなりません。許せません。サニナさんのブログで大沼さんの事を知り、わずかですが寄付をさせていただきました。私も同じ被害を受けていますので。加害組織や加害外国人を知りたいです。洗脳された反日日本人もいると思いますが。今年(2020)の4月だと思いますが、北朝鮮の金正恩が死んだそうです。ジャーナリストの篠原常一郎氏がYOUTUBEで話しています。

投稿: ラベ | 2020年9月27日 (日) 11時27分

ラベさん、コメントありがとうございます。

大沼安史さんの死は私達テク犯被害者にとって大変辛いことでした。残された奥様はどんなに悲しい思いをされていることでしょうか。それでも、がんばっておられる様子が、ツイッターで伺うことができます。
ラベさんのご寄付は奥様への励ましになったと思います。


北朝鮮は独裁国家ですので、わけのわからない国ですね。

ただ、テク犯のある現代は、一見民主主義国と思われる国々でも秘密裏に何が行われているか、危険ということでは表に現れているか裏で行われているかの違いだけかも知れません。大沼安史さんの死はそのことを物語っています。

大沼さんの場合は原発反対の立場で本を何冊も出されていてその影響力が大きかったため、それを削ぐためにテク犯被害者の自覚をさせられたのだと推測しています。テク犯がまだ世に知られていないため、被害を訴えることは統合失調症ということにされ、発言の信ぴょう性に疑問をもたれるからです。
また、テク犯知識のある人達に対しては、権力に逆らうと苦しむことになるという脅しの意味もあったでしょう。
非常に卑劣なやり方です。そもそもテクノロジー犯罪は前代未聞の卑劣な犯罪ですので、加害者加担者達は生まれてこないほうが良かったのだと言えますね。

投稿: サニナ | 2020年9月27日 (日) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 精神病院へ入れられないために | トップページ | 今朝メールをくださった被害者仲間へ »