« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

ひきこもりの被害者仲間へ

集団スト―カー被害が酷いと引きこもりになるのは当然のことで、多くの被害者が初めはそうなるのではないかと思います。

ただ、集スト被害はテクノロジー犯罪被害と違って心の持ちようで多少軽減可能です。

付きまといをする加害者に対してはさりげなく携帯電話で風景を撮ってみてください。加害者・加担者は自分の顔を撮られていると思うとサッと(笑)逃げます。

また、お店で買い物中につきまとう連中は無視しましょう。
確実に効果があるのは段ボールか固い紙に「私は集団スト―カー犯罪の被害者です。(私に近寄る人間は加害者です)」等マーカーで大きく書いて首から前後に下げることです。私はこれをやってからあからさまな付きまといがなくなりました。

 
集スト被害者はおとなしい方が多いので、ただ黙って耐えている傾向にありますが、それだと益々辛い状況に追い込まれます。始めは抵抗があるとは思いますが、思い切ってやってみてくださいね。その際、他人の目は無視してください。まっすぐ前を向いて、視線は下方45度のあたりに向けていると加害者の顔を見ずに済みます。
加害者は被害者が苦しんでいる顔を見るのが楽しいので、無視されるのが残念なようです。連中のいやらしい顔をわざわざ見ることはありません。
私は以前、連中のいやらしい、意地の悪いニタニタ笑いを散々見せられてきましたが、そんなのを見ても良いことはひとつもありませんので、無視するにかぎります。

私達集スト被害者は、善人だから被害者にされたのです。なので堂々と外出してください。
買い物はあらかじめメモをしておき、できるだけ短時間に済ませると良いと思います。
また、破損された商品はさわらないこと、大きい荷物は持っていかないこと、他店で買ったものを持って入店する場合は、袋の口にテープでレシートを止めておくこと、買い物袋はレジの人に見えるように口を開けて置き、何も入っていないことをわからせること、(その動作だけで十分で、かつて私がやったように「何もはいっていませんので確認してください」と言う必要はありません。レジの人は忙しいので迷惑になります。)

レジで支払いを済ませた後に、集スト周知チラシを手渡すことを毎回すると効果があります。バッグの中には常にチラシを入れておくと良いです。

同時に、店長さんを呼んでもらい、受けている被害について簡単に説明し、ご協力くださるようにお願いすると良いです。何も知らずに加担させられている場合は、その後被害者に対して態度を変えて、店ごとの加害加担はしなくなる場合があります。店長地震が加害者の場合はなかなか難しいですが、そんな時にはお店の外でメガフォンで街宣をすると効果があります。私をこれをやって驚くほどの効果を上げた経験があります。

加害側がいかに周知されるのを嫌がっているか、驚くほどです。

 

最後に、

ちょっと冷たい言い方をしますが、引きこもりになれるのはある意味で恵まれているということを認識してください。

餓死するつもりでない限り、食料補給のために外出しなければならないですが、買い物をしてくれる、さらには調理をしてくれる家族がいるということは、恵まれている、と言えるのです。

一人暮らしの人や誰かを面倒見なければならない立場の人にとって、外出は絶対必要で、辛くてボロボロになっていても、ひきこもっていることはできません。

でも、どういう立場にいたとしても、集スト被害は辛いので、おとなしい自分を変える必要がありますね。

この犯罪は、誰かに頼りたくても誰も助けてくれません・・・・・…助けたくても助けることができないのです。

被害者でいたくないならこの犯罪を撲滅する以外ありません。

そのためには周知活動が不可欠で、多くの方にこの犯罪の恐ろしさを知っていただき、大きな声を国会に届け、禁止する法律をつくることです。

今では多くの被害者仲間が周知活動に立ち上がっていて、大変良いチラシも作られています。

 

ベガのブログベガのブログ

https://ameblo.jp/vega521/entry-12326491044.html

 

さあ!初めの一歩を歩き始めましょう\(^o^)/

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

今朝メールをくださった被害者仲間へ

今朝はメールをありがとうございました。

あなたと私には加害側の離間工作があって、メールのやり取りをしていても頓珍漢な返信があったりして、あなたが何を言いたいのかがわからなくなることがあります。きっと、私からのメールもそうなんでしょうね。

先ほどのメールもそうでした。

 

宗教にすがることができ、それがあなたの心に平安を与えてくれるのなら、そしてそれが反社会的な団体でないのなら良いことだと思います。たとえ被害がなくならないとしても、他の信者さんと助け合える関係を築いていけたら良いと思います。

以前、私に紹介してくださった信者さん二人がおられる団体なんですね?カルトでなければ良いと思います。

私は宗教にすがるつもりがないので、もう、あの方たちとはお会いしませんが。

 

それよりも、しばらく前からあなたの体調が悪くなり、同時に精神的に大変になっているのではないかと心配しています。

私はスマホを扱えないため、(画面がちょっとのことで動くので嫌いなのです)PCのほうにメールをくださるようにメルアドをお知らせしても、こちらには届きませんでしたし、ブログのコメント欄にも届きませんでした。ツイッターのDMへと書いて送信した後はあなたからのスマホメールがない状態です。

 

スマホは娘が私の代わりに操作していますので、実際、面倒なのです。

もし、どれも駄目なら配達記録で手紙を送ってくださいませんか?

配達記録は書留ほど高くはなく、郵便局で簡単にできます。

 

直筆なら、加害側も改ざんがむずかしいでしょうし、書きたいことを沢山書けますので、是非、そうしてくださいね。

近いうちにまた会いましょう(^^♪

あなたの話をいっぱい聞いてあげたいし、私も去年の「加害者」と言われた時の誤解を、なぜあなたがそう思うようになったのか、メールの改ざんについて具体的に話したいと思います。

私達テク犯被害者は、メールや電話への介入やなりすまし以外にも、マインドコントロールをされることがある、ということを、具体的にお話しますね。私は今まで何度もやられてきましたが、あなたもたぶん、そうだろうと推測しています。そのことについて、しっかり認識しているかどうかは大変重要なのです。

近いうちに時間を作ってゆっくりお話ししましょうね。

体力が許せば私の家に遊びにきてください。

もし無理なら、私の方からあなたの家の近くまで出向きます。

では、お返事お待ちしていますね。(^^♪

| | コメント (2)

2020年9月20日 (日)

自転車で体当たりされた時のこと

集団スト―カー犯罪の被害者仲間が、加害者の自転車に体当たりされるかも知れないという怖い思いをされているとのツイートがありました。

それで私の体験をツイートしようとしましたが、できませんでしたので、ブログに書いてみようと思います。もしかしたら何かの参考になるかも知れませんので。

 

娘も私も自転車に乗っていて加害者に自転車で体当たりされたことが数回あります。

3か月ほど前にも横道の路地から突然ぶつけられ、転倒しました。自転車に乗れなくなりはしたものの、幸い,脚を少し痛めただけで済みました。

とこらが、加害者は私に対して文句を言ってきたのです。

それで抗議すると謝らないどころかあまりにも横柄で

「警察を呼ぶよ!」

等と大声で威嚇したので

「ええ、呼んでください!どちらが悪いかはっきりさせましょう!」

と言うと、急に態度を変えました。そしてわけのわからない言い訳をして一向に謝ろうとしないので、

「悪いのはあなたなんだから、謝りなさい!謝ったら今回は許してあげるから。」

と3度言い、加害者はやっと謝りました。

「はい。それでいいわ。じゃあね。」

すると加害者は意外そうな顔をしました。

多分、加害者はカルト宗教の信者か、あるいは私が悪い人間であるから懲らしめてやれと言われてそれを鵜呑みにして体当たりをしてきたのだと推測しています。自分からぶつかってきて警察を呼ぶなどと言うのは、普通では考えられないからです。

これが集団スト―カー犯罪の加害者や加担者のやっていることの一つです。

 

その件で私が強気に出られたのは、完全に加害者に非があり、あまりにも図々しかったために、遠慮の入る余地がなかったことです。そして、ボイスレコーダーを付けていたため、一部始終が録音されていました。

その後自転車で体当たりされることはありませんが、もし同じようなことが起こったら、今度は容赦しません。これは犯罪だからです。

| | コメント (4)

2020年9月10日 (木)

精神病院へ入れられないために

集団スト―カー・テクノロジー犯罪被害者は高い確率で精神病院へ強制入院させられています。

 

Jeanさんのブログにその時の恐ろしい体験が書かれていますので、元記事へ行ってお読みください。

ここでは精神病院へ入院させられないための心掛けを抜粋してご紹介します。

 

ーーー転載始めーーー

 

LLRS「薬の話・精神科での出来事」

http://killslowkill.blogspot.com/2017/06/blog-post.html?m=1

 

(略)

いくつかの病院に入院したことがあるのですが、上記の病院は集団ストーカー関係なくても危ないと有名な病院で資本も大きそうな病院で、そういう病院ほど集団ストーカーを主導している組織との関わり、利害関係、癒着などが多いのでしょう。他のどちらかというと医者の家族経営といったような精神病院では、特に酷い集団ストーカーはなく悪評流布による軽い病院苛め程度で済み、思考盗聴の悪用もとくになかったようでした。

集団ストーカー被害者の中には、どうしても苦しみのあまり精神科に通うことになる方もおられると思いますが、有名な私立の精神病院だけは絶対に行かないほうがいいと思います。普通に通院だけでも患者苛めがあるので、まだましだと思われるのは小さなクリニックや、公立の医療センターです。そして、入院だけはなるべく防ぎきらないと、本当に危ないです。入院は基本的に任意入院でないと病院を選べず、入院工作されたときはだいたい集団ストーカーにとって都合のいい病院に運ばれてしまいます。必ずではありませんが、病院内で集団ストーカーは起こり得て、下手したら苦痛のあまり退院できないということもあり得ます。また、医者の診断をかわすことができなければ、メジャートランキライザー漬けにされてしまい、神経が再起不能になるリスクもあります。医者によっては薬のリクエストが効くこともあるので、薬の予備知識もあった方がいいかもしれません。音声送信や幻聴の訴えだけは何が何でも言わないように。幻聴申告で即、メジャートランキライザーで入院及びその期間長期化の危険性。院内集団ストーカーが起こってしまうと、被害者にとっては地獄であったり人生の終わりになってしまう可能性もあるので、普段の素行も加害側の挑発に反応しすぎたりせず、絶対に入院工作についてはなるべく早く察知してかわし切るという、警戒心が必要です。

 

―――転載終わりーーー

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »