« 被害者仲間の短編小説・・・胸に迫った言葉 | トップページ | テクのロジー犯罪被害・・・感情が動かない »

2020年7月12日 (日)

小池誠博士のブログをご覧ください

小池誠博士のブログからの一部転載です。

 

―――転載始めーーー

マイクロ波聴覚効果及びその関連(旧題 自衛隊の犯罪を斬る)

https://ameblo.jp/patent123/entry-12610252181.html?frm_src=favoritemail

騒音訴訟

さて、来週、7月15日、水曜日に東京都内のとある法律事務所で法律相談を予定しているのですが、基本的には、この騒音訴訟と同様の構造を想定しています。即ち、国が電波兵器から電波ビームを照射して、マイクロ波聴覚効果により、声や音などを強制的に聞かせているので、このような騒音被害に対して、差止を請求するとともに、損害賠償を求めるということになります。

 

軍用機が飛行場を離着陸するときには、軍用機を運行する何らかの事情があるのに対して、国が電波兵器を使って秘密裡に声や音を聴かせる事情は全くないので、差し止めも損害賠償も容認されると想定しています。

 

国は、精神医学に依拠して反論することも想定されますが、精神医学関係者は、電波、電磁波、兵器に関する知見が全くなく、迷信、虚偽、疑似科学に基づいて、デタラメを述べているのに過ぎません。

 

ーーー転載終わりーーー

 

科学者の小池誠博士が訴訟を起こされるということに、大変ありがたく、期待が膨らみます。

とうとう日本でも、こういう時が来たんですね。!!!

|

« 被害者仲間の短編小説・・・胸に迫った言葉 | トップページ | テクのロジー犯罪被害・・・感情が動かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被害者仲間の短編小説・・・胸に迫った言葉 | トップページ | テクのロジー犯罪被害・・・感情が動かない »