« テクノロジー犯罪への対応策(肉離れ) | トップページ | ナターシャ・グジーの哀愁に満ちた歌声 »

2020年5月 4日 (月)

テクノロジー犯罪への対処法(腰痛)

テクノロジー犯罪の加害に対しては私達被害者は無力である場合が多いですが、それでも、なす術が全くないというわけではなく、多少の効果が期待できることもあります。

今回は腰痛に対して私の経験を書いてみたいと思います。

 

私は25歳の時、起床時に突然ぎっくり腰になりました。

特別腰に負担の来る仕事などしていませんでしたので、相当びっくりしました。

痛みで動けず、それから3日ほど寝ていました。

何も原因が見当たりませんでしたので、今思えばそれはテクノロジー犯罪の加害であったとわかりますが、その当時はそんな犯罪があるなどとは夢にも思いませんでしたので、ただ不思議な思いでいました。

その後も、ぎっくり腰になったり痛みで動けない状態になったりしたことがありましたが、普通の腰痛対処法で痛みがかなり軽減されました。

加害側がその加害をずっと続けなかったのは、自然の痛みの場合、効果的な対処法が確立されているため、その方法を続けているのに全く効果がなかったとしたら、それは不自然だからです。加害側はこの犯罪の存在を世間に知られたくないため、加害の手を緩めざるをえません。

ですので、テク犯被害者の自覚のある方でも、諦めずに対処法を実行すると良いと思います。

 

私が実際やってみて効果があったのは、ストレッチ&ダンベル体操とヨガです。

前者は公民館で週2回やっていて、それに3か月ほど通って痛みが消えました。

それから2~3年経った頃、また腰痛が始まったので、今度はビデオを買ってきてヨガを毎日やりました。2か月くらいで大分楽になりました。

 

その後、ダンベル体操が良いと聞き、家で本を見ながら始めました。これも大変効果がありました。ダンベル体操は大変良い運動で、無理なく体の筋肉をつくり、体が強くなるにつれ、気持ちまで元気にしてくれます。

テク犯被害者であることを自覚した後、またダンベルを始めました。ところが、3日目に右腕に変な痛みが来て、続けられなくなったのです。

加害側としてはダンベルをさせたくなかったと見えて、その後腕の痛みが去った後2度ほどためしてみましたが、やはり同じ結果になりました。

それでダンベルは体に良いとわかっていても、できない状態です。

今はストレッチとヨガを少しやっています。

 

ただ、最近の腰痛はきつくてそれだけでは痛みがなくなりません。

それで今は断熱シートをおなかに巻いています。シートと体に隙間がないようにすると効果があります。

 

テクノロジー犯罪被害者と自覚した当時は、磁石が効きましたが、最近は全く効かないため、超音波か何かほかのビームによるものと考えています。この攻撃は何年も前、外反母趾と手の指に対してやられたのと同じ種類のようで、外反母趾のほうは痛みが去った後骨が変形していました。手の指は相当太くなりました。

 

超音波が原因の場合、カムルーンシートがビームを遮断するとの情報があります。

通販で取り寄せてみましたが、効果がなかったのは、加害ビームが超音波ではないためなのか、加害側がカムルーンシートをほかの物と取り換えてしまったかのどちらかだと思っています。

一昨日断熱シートを腰に巻き始めたときには効果があったのですが、加害側はビームの強度を強めてきたようで、今、腰痛がぶりかえしています。

 

すでに私の腰は変形していますが、ストレッチとヨガを継続することにより、最悪の結果にならないようにしたいと思っています。

 

私と同じような思いをされている方で、ご近所にヨガやダンベルができる施設などがあったら参加されると良いと思います。

どこにでもきっと、集スト加害者はいることでしょうが、無視できる範囲なら、継続し、加害ビームを弱めさせることができるのではないでしょうか。

たとえ失敗しても、諦めないことが肝心と思います。

一緒にがんばりましょう!

|

« テクノロジー犯罪への対応策(肉離れ) | トップページ | ナターシャ・グジーの哀愁に満ちた歌声 »

コメント

たくさんの人が被害に遭ってるんですけど、ほとんどの人が気づいて無いだけなんですよね。かくいう私も自分の身に起こってきた異常がマイクロ波照射によるものだと確信したのは15年程前、他の気づいてらっしゃる被害者の方々の訴えとの一致、マイクロ波で起こる病気が記されているHPや研究論文を見たことがきっかけなんですが、サニナさんと同じく、酷い腰痛で手術も経験しました。腰痛がひどくなる攻撃は動けないので大変ですよね。被害に遭われた時の辛さがよくわかります。
マイクロ波で起こる異常の1つとして、筋収縮に異常が出るとはっきり書かれてる論文がありまして、ビーム技術の事を知ると、かつて経験した肩が何週間も上がらなかったこと、会社の同僚が突然、腰痛で会社を休んだ時のこと、たまに見てたネットで動画を上げてる発信者の知り合いが腰痛で倒れた話をしていたこと、自分の家族が肩が上がらないと悩んでいた時のこと・・・自分を含め、おそらくそういう突然の異常に苦しんでいた人たちも被害に遭っていたのではないかと疑うようになりました。
人に危害や不幸を与えて悦にひたるような腐った人間が社会の裏側でのうのうと生きているなんて信じられないですよね。

投稿: 統合失調症診断済み被害者 | 2020年5月 7日 (木) 09時30分

統合失調症診断済み被害者さん、コメントありがとうございます。

手術までされたんですね!さぞお辛かったことと思います。

私も骨が変形してきていますので、いつかは手術ということになるかもしれませんが、入院は嫌ですね。

自覚ある被害者にされると、自覚のない被害者についても気付くようになりますね。
問題は、もし、教えてあげても理解されないことです。理解されるためには、明らかにおかしいとわかるような点について具体的に指摘することですが、それでも理解できない場合が多いかも知れません。

私の元夫は、頭髪が天使の輪のような形にきれいな白髪になっていましたが、それを鏡で見せてあげてもどうにもなりませんでした。自覚のない被害者で頑固に他人の言葉を理解しようとしない場合はマインドコントロールされているように思います。

それでも、少数ではあると思いますが、被害者でなくてもテク犯を理解できる方もおられますので、根気強く周知活動を続けていくことが肝心と思っています。

疲れますので、気晴らしをしながら、一緒にがんばりましょうね(^^♪

投稿: サニナ | 2020年5月 8日 (金) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テクノロジー犯罪への対応策(肉離れ) | トップページ | ナターシャ・グジーの哀愁に満ちた歌声 »