« 「 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」 | トップページ | 今、私達が立たされている位置 »

2020年5月31日 (日)

若い頃のエコ体験を少し(^^♪

ずいぶん昔のことで、その上その後の暮らしが怒涛のようだったので(集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者にされたため)詳しいことは忘れてしまいましたが、大変気分の良い暮らしを体験したことがありますので、ご紹介しますね。

 

基本的には、お金に左右されない暮らし。
ある国の山岳地帯に住む部族は、豚をペットのように飼っていて、(たぶん冠婚葬祭の時)年に1~2回ほど、特別の時だけ丸焼きして村の皆で一緒に食べます。

作物も作りますが、種は自分で採取して植えますし、必要な分以上は作りません。

水は近くの沢から汲んできて、鍋は洗剤なしで大変きれいに洗って陽に干します。洋服は洗いませんが、臭くありません。体は自然の小さな滝で洗います。

トイレは、病気が発生しないように地下に相当深く掘り、臭くありません。紙ではなく、やわらかい木の葉で拭きます。

その地域の人達はめったに肉を食べませんし、食べ物の種類も少なくイモ類が主食です。ビタミンは、普通人間の体内では作れないそうですが、この地域の人達の腸は他地域の人達にはないビタミンを作り出すことができるとのことです。

そういえば、日本人の研究者で果物ばかり何年も食べている方の体は、普通の人が作れない酵素か何かを作れるようになったとおっしゃっていました。https://profile.ameba.jp/ameba/fruit-mizuki/
「マツ子の知らない世界」2回目の出演の時

 

人間の体だけではなく、ある京都の家の糠漬けは数百年前からのもので、普通にはない酵素が発生しているということも聞きました。

 

私達人類は、もう恐ろしいほどの地球破壊をしてきたのですから、このへんで立ち止まって考えるべきですよね。

「今だけ金だけ自分だけ」のサイコパスどもの好き勝手を許していると、取り返しがつかない地球になってしまいます。

お金の要らない暮らしがどんなに気分の良いものかを、多くの方に知っていただきたいと願っています。

|

« 「 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」 | トップページ | 今、私達が立たされている位置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」 | トップページ | 今、私達が立たされている位置 »