« パラメトリックスピーカーと統合失調症 | トップページ | 警察のトップは内閣総理大臣です »

2020年1月23日 (木)

道路使用許可申請料を無料にするには

街頭宣伝をする際、警察に道路使用許可を申請すると、たいてい申請手数料を払わされます。

「払わされる」と書いたのは、税金の二重取りだと思うからです。

私達日本国民はすでに、様々な形での税金を払っています。

警察は国の組織ですので、税金で運営されています。それなのに、また、払わなければならないというのは、納得しかねます。

それでも、道路使用許可証をもっていれば、難癖をつけられることはないと考えて、毎回2400円(自治体によって料金は変わります)払っていました。

 

ところが、払わなくても良い方法があるのです。

それは、

「防犯」目的の街宣

なら支払い免除されるのです!

警察の担当窓口の担当官は良い人もいれば横柄な人もいます。

横柄な人は問答無用で料金を取り立てます。

皆様、これからは道路使用許可申請手数料は払わないで、その分チラシ購入などに充てましょう\(^o^)/

 

 

|

« パラメトリックスピーカーと統合失調症 | トップページ | 警察のトップは内閣総理大臣です »

コメント

ブログ更新お疲れ様です。
街頭宣伝頑張ってください。
防犯目的なら無料なんですね。
できればmmsさんのホームページのURLを教えてもらえないでしょうか。
保存しておいたんですが分からなくなってしまいました。

投稿: MOHIBU | 2020年2月11日 (火) 06時10分

MOHIBUさん、コメントありがとうございます。

はい。防犯目的なら無料です。
ただ、担当官によっては高圧的に「払うのが当然」という態度の方もいますので、その時には小倉警察の例を出すと良いかもしれません。
道路使用許可については各都道府県の管轄ですが、大きな違いはないと思います。たとえば、下関警察では「署名活動をしなければ無料」と言われました。


mmsさんのブログは

「テクノロジー情報&勉強会」

https://ameblo.jp/benkyokai1/

です。

投稿: サニナ | 2020年2月15日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パラメトリックスピーカーと統合失調症 | トップページ | 警察のトップは内閣総理大臣です »