« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月24日 (火)

「脳への電気的刺激で意識をスイッチのようにオン・オフできることが判明」

(アメブロ「長崎だより」での掲載がまたもやできませんでしたので、こちらに掲載します。)

 

この記事が発表されたのは5年以上前ですが、テクのロジー犯罪組織はもっとずっと前に発見していただろうと私は推測しています。

 

ーーー転載始めーーー

Gigazine 
https://gigazine.net/news/20140710-on-off-switch-brain/

2014年07月10日 13時00分
サイエンス
脳への電気的刺激で意識をスイッチのようにオン・オフできることが判明

 

脳に電気ショックを与えることで「目覚まし」として活用したり、記憶力と注意力アップ&痛みの除去が可能であることがわかっていますが、新たに脳の前障に電気ショックを加えた途端に、まるでスイッチのように意識を失わせたり戻したりできることが判明しました。

Consciousness on-off switch discovered deep in brain - life - 02 July 2014 - New Scientist
http://www.newscientist.com/article/mg22329762.700-consciousness-onoff-switch-discovered-deep-in-brain.html


科学者たちは1世紀以上にわたって、電気刺激によって脳の個々のエリアの機能を一時的に切り替えたり停止させる研究を行っていますが、意識の操作に関してはいまだ成功していませんでした。DNAの二重らせんの発見者フランシス・クリック氏は、「脳から意識が発生するメカニズム」に関する研究に取り組んでおり、脳の深部に位置する「前障」と呼ばれる部分が脳の意識活動にとって最も重要であるという研究結果を示しています。

そんな脳の意識に関する研究において、ジョージ・ワシントン大学のMohamad Koubeissi氏の研究チームが、前障に電気刺激を与えることで意識のスイッチを切り替えられることに成功したと発表しています。

(略)


この実験によってKoubeissi氏は「前障が意識活動のトリガーとなる重要な役割を担っていることを示唆しています。多くの脳構造およびネットワークで形成された複雑なプロセスを経ている『意識』ですが、我々はイグニッションキーを見つけたかもしれません」と話しています。通常、意識の状態を判別するためには「覚醒・睡眠」「昏睡・植物状態または知覚麻痺」のどの状態であるかを見ていますが、今回の研究では、女性は「覚醒状態」にあったことが興味深いポイントであること。


Koubeissi氏は「単一の研究事例ですが、人が選択的に意識を切り替える時に何が起こっているのか、というメカニズムの解明に有益な結果です」と話し、長年科学者と哲学者を悩ませてきた「意識の発生」という問題に一歩近づくことができたとのことです。

 

ーーー転載終わりーーー

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

大晦日小倉街宣

小倉街宣します\(^o^)/
2019年12月07日(土) 00時03分12秒
テーマ:ブログ

12月と1月はリラックスさんがものすごい勢いで街宣されます。
リラックスさんのブログ「目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!」
をご覧ください。
http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-428.html



12月30日は福岡街宣で、博多駅頭で行われる予定です。
大晦日は小倉街宣で、どちらにもリラックスさんが中心となって行われます。

小倉街宣は、警察に道路使用許可申請のため、すでに何度も使用しているものをコピーするだけでよいため、集団スト―カー被害者の会ネットワークの名で申請しました。
でも、実際はリラックスさん主催です。リラックスさんの「街宣募集」がなかったら、大晦日に街宣はなかったでしょう。



大晦日小倉街宣のお知らせ

主催:集団スト―カー被害者の会ネットワーク

日時:12月31日 昼12時~

場所::小倉駅南口ペデストリアンデッキ

目印はメガフォンとのぼり旗

参加希望の方はコメント欄にご連絡ください。


大晦日は大変忙しくせわしないですが、この1年を明るく締めくくるために、どうぞ奮ってご参加くださいね。\(^o^)/

| | コメント (1)

2019年12月 5日 (木)

うなだれている被害者仲間へ

2019-11-26 13:45:32に非公開コメントをくださった方へ

 

コメントありがとうございます。

心配しておりました。

 

テク犯攻撃が酷く、精神的にも大変な状態とのことで、とても辛いことと思います。

ご家族の理解がないのが一番精神的には辛いかも知れませんね。

私も被害初期には辛い思いをしました。家族に理解してもらえないことを悟ってからはできるだけ関わらないようにしてきました。その方が精神的に楽だからです。

テク犯の技術資料を読んでもらおうとしても、読まないように加害側に仕向けられます。読んでも理解できないようにもしてきます。

その結果、いつまでたっても理解できないのです。

 

私は被害者仲間と会えるようになってから元気になりました。

街宣をし始めると希望がもてるようになりました。

周知活動をしたからといって被害がなくなるわけではありませんが、希望は生きる力になります。

 

大変でも、なんとかして被害者仲間と会ってみてはいかがでしょうか?

特に長年活動を続けている被害者仲間にお会いすることをお勧めします。

そういう被害者仲間は希望を持っているはずです。

希望を持てないと街宣やポスティングを続けることができません。

 

人生をめちゃくちゃにされている私達集団スト―カー・テクノロジー犯罪の被害者は、希望を捨てたらい

生きていくことができません。そして、希望は、行動するなかで生まれてくるものです。

 

酷いテク犯攻撃を受けているウォーカーさんの言葉を贈ります。

 

「希望は、思考と行動の継続にある。」

 

 

| | コメント (9)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »