« すでに1960年には始まっていたマイクロ波悪用使用 | トップページ | ゲノム編集食品について »

2019年10月21日 (月)

あんこさんへ

あんこさんからいただいたコメントへの返信が長くなりそうなのと、他の方にも参考になるかもしれませんので、私の考えを書いてみますね。

アメブロのほうで公開できませんでしたので、こちらで公開します。

 

公開できない理由が次のようでした。

 

―――転載始めーーー

保存ができませんでした。
下記のエラー内容をご確認ください。
記事内容がHTMLタグ含め半角40000文字を超えています。

ーーー転載終わりーーー

 

 

では、あんこさんのブログからです。


―――転載始めーーー

あの写真のような色がそのまま出てくるわけではなく、シャンプーや食器洗剤や洗濯洗剤のすすぎの時に、あのような色が出ます。
水自体は透明な水なんです。

そしてあのような色になるのは私の時だけです。

硫黄臭い時もあります。髪もトリートメントをつけている時からギシギシです。目に少しでもお湯がついたら、しみて開けられない時もあります。

ーーー転載終わりーーー


「水が透明だから安全」ということはありませんが、あんこさんの時だけ変化するというのは、あんこさんの時だけ加害工作があるということだと思います。

テクノロジー犯罪の技術が使われている可能性が高いですよね。

私の娘、葵のことを書いてみます。
何年か前のことですが、葵は髪を洗った後、ギシギシすると言いました。
「きちんとシャンプーとリンスしたのに」、ということでしたので、私はマインドコントロールと記憶の消去を疑ったのです。
それで、その日以来、葵が最後にお湯ですすぎをする前に私を呼ぶように言って、私が確認した後お風呂から出るようにしました。すると、ギシギシはなくなりました。(最近は私が確認するだけで大丈夫になりましたが、その当時は私自身も感覚操作されると思い、デジカメでシャワーを写していました。)

また、最近のこと、私の尾骶骨のあたりの皮膚がガサガサになったので不思議に思いながらも薬をつけていました。ところが、良い薬なのに、その部分にだけ効かず、薬を塗らないと皮膚がベタベタしてきました。もしや、と思って漂白剤をさっさと使って空にしました。すると、そのあとからは皮膚のベタベタがなくなったのです。

漂白剤は皮膚を溶かしますので、気が付いたのですが、そのベタベタには漂白剤特有の臭いがありませんでした。このことから、匂いの感覚操作もやられていたと思います。

テクノロジー犯罪のとてもやっかいなところ(加害側にとってはとても有利な事)は、人間の五感を遠隔操作できることで、嗅覚も視覚も聴覚も味覚も感覚も、第六感も信用できない、ということです。
自分の感覚を信用できないのは、本当に腹の立つことですが、このことを認識していないと、加害側に翻弄されます。

そのようなことから、私の推測では、
あんこさんも、もしかしたら遠隔操作されて、黒っぽい色の何かを入れさせられているのかもしれません。マインドコントロールされているとき、痛くも痒くもないし、その行為の記憶を消されるということは、何もなかったこととすっかり同じになります。

 

>水質調査も7回しましたが問題に出来るような結果は出ませんでした。


可能性は二つで、
本当に問題ないか、調査する人が嘘を言っているのか、その人自身が捜査されているのかわかりません。
自分で検査できる薬品か何かあるといいですよね。私はとっても欲しいです。


>でも私がお風呂に入ったり食器を洗ったり洗濯をすると必ず下の階の水道メーターの扉を開ける音がします。1日に何回もです。


水が危険であると精神的にまいらせる仕掛けのように思います。
もし、薬品を混入させるなら、1回で済みますよね。
実際に音をさせているか、あんこさんだけに音を送信しているか、どちらにしても圧迫ですね。


>出てくるのは透明な水なのと私以外の時は変な色にならないので親はあまり深刻に考えていませんが、


あんこさんをご家族から孤立させたいのでしょうね。

 

>母も私もよくお腹を壊します。


腹痛もテクノロジー犯罪装置で起こすことが出来ます。
腹痛が水のせいなのか、テク犯攻撃のせいなのか、わかりませんが、水が危険であると思わせ、精神的に圧迫したいというのが目的なのでしょう。

くれぐれも、冷静にしていてくださいね。
パニックになると、ご家族を使って加害側はあんこさんを精神病院に入れるようにするかもしれません。
そのようにされた被害者仲間は多いと思います。
精神病院には絶対に行かないでください。
「検査入院だから、なんでもなければすぐに帰れるんだから。なんでもないと医者に言ってもらったら安心でしょう?」などと言われてまんまと罠にはまったのは、私だけではありません。


私自身も水道水の異常に悩まされていますが、ペットボトルの水を買ってきて飲食に使っています。帰宅する途中で取り換えられるのではないかとか、考えないわけではありませんが、できることをしたら、あとは気にしないことにしています。実際、水道水だと小水に泡が出ますが、ペットボトルの水だと泡がでませんので、それで良しとしています。

~~~~~

テクノロジー犯罪の技術はすでにいろいろ公表されていますので、ご自分で何度も読んだり、動画を観たりして、翻弄されないようにしたいですね。

知っていると知っていないでは雲泥の差があります。


技術資料については

「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの技術資料」 に沢山載っています。


また、
バリー・トロワ―博士の「[元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器①] youtu.be/NRoN2Fsci3o
@YouTube


ジェシー・ベントゥラ氏の「脳侵略者」も必見です。
https://vimeo.com/119665215


この動画にはテク犯技術の開発にかかわったロバート・ダンカン博士の告白もあります。


近年は多くの被害者仲間が沢山良いブログを書いてくださり、情報も沢山でています。
周知活動も盛んになっています。
この犯罪を撲滅するには、この犯罪が被害者だけの問題ではないことを周知する必要があり、多くの人の知識になれば、この犯罪の撲滅は時間の問題です。

少しでも多く、できる時にできることを、と、私も心しています。

一緒に、がんばりましょうね! \(^o^)/

|

« すでに1960年には始まっていたマイクロ波悪用使用 | トップページ | ゲノム編集食品について »

コメント

とても参考になることをたくさん書いていただきありがとうございます!
水ですが、シャンプーのすすぎ湯や洗濯のすすぎ水を桶やペットボトルに移して一晩たつと下に藻のような沈殿物が必ず沈んでいます。
被害に遭うまではなかったんです。沈殿物の中に薄い黄色・クリーム色の米粒くらいの何かも混ざっています。お湯が硫黄臭かったり、消毒薬のオキシドールに似たニオイがする時もあります。
硫黄臭は母も確認していますが、それ以外は匂わされているのでしょうか・・?怖いです・・。
一応、素人なりに調べて二酸化硫黄・亜硫酸を疑っていますがネットで調べただけなので違うかもしれません(^^;
水質調査は依頼した会社で厚生労働省の基準に沿ってやっているとの事でしたが行くたびに咳払いや騒音や痛みの照射があり、加害側の会社なのかな?と思うようになってしまいました。痛みは建物の外からも可能なので、そこの会社の人とは限りませんが・・。
問題になるような異常な数値が出なかったのは、水質調査に出す専用の容器を部屋から持ち出したのを盗撮により知り、容器に入れる時は普通の水に戻したのかな?と思っていました。
沈殿物と同じようなものが私の部屋の窓ガラスだけに付着していたり、今までなかったことが続いています。
私もシャンプーの時、一番最初のシャワーの蛇口をひねるところから母にも見てもらい、すすぎが茶色になるのを見てもらった事がありました。
母はヘアカラーの色落ちだと思っているようでしたが、ヘアカラーをして一ヶ月たってもあのようなすすぎの色になってしまうので、いつも使っているヘアカラーの会社に問い合わせたところカラーをして2〜3日は洗髪後タオルに色移りする程度で私のような色落ちは今まで聞いた事がないと言っていましたし、そこの会社のヘアカラーを何年か使っていますが、あのような色のすすぎ湯は今までありませんでした。
髪も色が抜けている部分ものあり、洋服の色褪せも結構あり、亜硫酸かそれに類似する成分が入っているのかなと思ってしまいます。
水に恐怖心を植え付けるためだけで実際は何もないと良いのですが、薬品がすでにセットしてありスイッチのオン・オフのように一回ごとに薬品を出したり止めたりしているのでは?と思ってしまうこともあります。
私の家は3階なのですが、4階の人が2回のメーター部分の扉を開けてすぐ4階に戻っていったのを見たこともあり、スイッチをオンにしたのかなと思ったり・・。
そう思わせるための行動かもしれませんし、私も考えすぎなのかもしれませんが、どうしても何か混入されているという考えを捨てきれません。
なので私も出来るだけ買った水を使っています。

病院についてですが、最初は私に内緒で病院に相談に行ったそうですが本人を連れてきなさいと言われて、何回も心療内科に行ってと言われていました。ずっと断っていたら今は言われなくなりましたが、注意しています。
母は最初の頃は何回か泣いていました。病気ではないから泣かなくていいんだよと言っても理解できずに・・。今も精神的に病んだと思っているのかもしれませんが病院に行ってとは言わず見守っているような感じです。
加害者は私だけでなく母も泣かせ傷つけ悩ませて、自分達は何食わぬ顔で家族や友達と楽しくやってるのかと思うと許せないです。

サニナさんや、9月の勉強会で講師や司会をした方々や他の皆さんのブログにいつも励まされています。勉強になる内容も多く参考になります。
この犯罪を認識して7ヶ月くらいで、まだまだ知識不足なので有り難いです(^^)
全てをこの犯罪と結びつけて考えてしまうのは良くないですが、どうしても水に関しては色々考えてしまいます。←しつこくてスイマセン💧
水以外のことだと「あ、わざと気にするようにこういう音を出しているんだな」とか冷静に考えられる時もあるのですが水のことになると神経質になってしまいます(><)
どうにかせねば・・・。

技術資料も読んで勉強します。
色々なアドバイスをしていただけて感謝です。
そして、一緒に頑張りましょうの言葉が嬉しかったです。
ありがとうございました(#^.^#)
(長くてまとまりがない文章なので読みにくくてすいません💦)


投稿: あんこ | 2019年10月21日 (月) 16時48分

ブログ更新お疲れ様です。
お久し振りです。
以前コメントさせてもらったカイブキです。
ハンドルネームをMOHIBUに変えました。
被害の方が今も大変そうですね。
少しお聞きしたいんですがサニナさんはアパート経営をやってるんでしょうか?
ブログの記事を少し読ませてもらいました。
俺も少しインターネットなどで収入を何とかできないかと思ってたんですが難しいですね。
差し支えなければどれくらい費用がかかるかということなどを教えてもらえないでしょうか。

投稿: MOHIBU | 2019年11月 1日 (金) 20時15分

あんこさん、コメントありがとうございます。

返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。


まず、水の異常に対する不安ですが、私の考えを書いてみますね。

集合住宅の場合、一世帯にだけ薬品を混入することは難しいのではないでしょうか?
屋上にタンクをおいている場合も、下の水道管から吸い上げる場合も、同じ管を使っているでしょうから。

1日経つと水の底に沈殿物のようなものがある、というのは加害者が侵入して入れたか、あるいは家の中の人がマインドコントロールされて水に何かを入れ、記憶を消されたか、のどちらかだと推測します。

私の場合は戸建てですし、引っ越してきて間もなく水道屋がきて工事をし、その後味が悪くなり、匂いもするし、小水に泡がたつので何か入れられているのだと言えますが、集合住宅の場合、1世帯だけに入れるのは難しいと思います。

被害者の家族は意識させられていないだけで、実はテク犯攻撃されていることが多いようです。
私の元夫は、明らかに被害者でしたが、本人は全く気付いていませんでした。

被害者を精神病院へ入れるために、加害側は家族を使います。
私の経験から言えるのですが、異常があっても、不安でも、ご家族にはこれ以上言わないでください。
理解できる場合なら良いのですが、まず、理解できません。
この犯罪は常識では考えられないものだからです。一生懸命に説明すればするほど、家族は心配してしまうのです。

加害者が被害者を痛めつけて笑っているのが悔しいのは当然ですね。
ですが、せっかくの人生を、他人を傷つけることに費やしているなんて、かわいそうだと思いますよ。彼らは自分の魂を毎日毎日汚しているのです。哀れとしか言いようがありません。極限状況にいるならまだいいわけもできますが、加害者の多くはたぶん、自らその道を選択したんでしょうからね。


おっしゃるとおり、今は多くの素晴らしいブログが読める状況にあります。被害者にされたのは不運ですが、最近は有益な情報やブログが多いので、絶望から免れている方も多いのではないでしょうか。

被害初期は不安だらけでしょうけれど、そのうちに心の安定をとりもどせますので、大丈夫です。
そうなるための近道は、被害者仲間と一緒に周知活動をすることです。
少しずつでも、がんばりましょうね(^^♪

今回の最後に、ウォーカーさんの言葉をご紹介します。

「希望は、思考と行動の継続にある。」

投稿: サニナ | 2019年11月 1日 (金) 21時50分

MOHIBUさん、コメントありがとうございます。

ご質問の件ですが、
私はアパート経営はしていません。

葵が古い家を買って、それを貸しているのです。

銀行に貯金していても、ゼロ金利ですし、減っていくばかりです。それで、葵が貯金をはたいて古い家を自分でリフォームして賃貸に出したのです。

情報はもっぱらネットで、
アットホームやスーモで得ました。
コツは、頻繁に見て、安い物件がでたらそれを見に行くことです。
不動産屋は良いのも悪いのもありますので、話を鵜呑みにしないことです。特に集スト被害者は酷い扱いをうけることがあります。

まず、電話で問い合わせる時、不動産屋が嘘をいうことがあります。
たとえば、
「酷い雨漏りがありますよ。」
とか、
「まず買う人はいませんね。」
とか、買う気を失くさせるような内容を言うことがありますが、そういう時こそ直に見に行くことをお勧めします。

不動産屋で、リフォームして売り出している場合、安い物件を売らないようにし、売れないからと、どんどん値下げして、相当安く買い取る、という手を使います。そういう物件は大変お買い得です。

古い家はあちこち汚かったりします、できるだけ業者を頼まず自分で修理すると、安くできます。例えば、壁紙などは糊附のものを買うと簡単にできます。リフォームは楽しいですよ(^^♪

こういうことが好きだと若かった頃に気づいていたら、きっと大工さんになっていたでしょうね。

あ、ごめんなさい。
どれくらい費用が掛かるか、というご質問でしたね。

それはどういう家を買うかによって価格が違ってきます。
また、買うときには購入代金以外にもいろいろかかってきます。それも、業者によってちがってきたりしますので、一概には言えないのです。

情報を気を付けてみてください。
時々ですが、とてもお得な物件がでます。
ネットで検索すると日本中の物件が見られます。
ただ、ネットには載っていない物件はど田舎には沢山あり、嘘みたいな値のこともあり、(特に北海道の雪深い不便なところではきちんとした家でも50万円とか)自治体によっては、移住者に対していろいろな補助を出している所もあります。特に過疎化で悩んでいる自治体ではそうです。

日本は不況が続き、失業者が多くなっています。そんな時は都会に執着せず、ど田舎で半自給自足の暮らしをしたら良いと思いますね。土を耕す暮らしは本当に気持ちの良いものです。

投稿: サニナ | 2019年11月 1日 (金) 22時40分

アドバイスありがとうございます。
最低でも数十万円くらいは必要という事でしょうか。
普通に考えれば十分安いですけど。
フルタイムの仕事でもしてないと厳しいですね。
借金をすれば何とかなりそうですが自分としてはあまりする気にはなれません・・・
田舎の方で電磁波被害も軽くなるなら引越しするのもいいでしょう。

投稿: MOHIBU | 2019年11月 2日 (土) 16時50分

MOHIBUさん、コメントありがとうございます。

そうですね。借金はしないほうが良いと私も思います。
新築の家を30年ローンで買う人が少なくないようですが、いつ何が起きるかわからないのが人生ですので、借金は経済的にも精神的にもまずいと思います。

アットホームを見たらなんと20万円の家が山口県にありました。
ただし、トイレを水洗にするのに、ちょっとネット検索したら80万円とありましたので、安いのにはそれだけの理由がありますね。

ただし、その家は6畳間が6部屋なので、シェアーするなら大分買いやすくなるとは思います。

投稿: サニナ | 2019年11月 8日 (金) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すでに1960年には始まっていたマイクロ波悪用使用 | トップページ | ゲノム編集食品について »