« コメントへの返信(修復不可能な傷) | トップページ

2018年12月 8日 (土)

遠隔操作(物を落とす)

17年位前のことですが、知人に、ご友人の悩みを相談されました。

「最近手に持っている物を急に落とすようになったので、病院へ行ったら、

「筋肉に力が入らなくなる病気で、次第に全身に広がり、2年で死にます。治療法はありません。」

と言われて泣いている、どうしたらいいのかという内容でした。

私がテクノロジー犯罪の現実をはっきり思い知らされたのはそれから2年後でしたが、その頃もすでに自然ではない、人工的な何かが作用していると感じていたため、知人の話を聞いた時、そのことを話したいと思いました。

けれども、はっきりしたことが何もわからない状況だったため、その方の役に立つような事は何も言えませんでした。とても気の毒で、何もできないことが残念だったことを覚えています。

今なら、筋ジストロフィーではないと言われたということから、テク犯による遠隔操作の可能性が高く、今なら、それは犯罪組織によるものかも知れないと言って一緒に闘うこともできたのに、と残念です。

でも、その方だけではなく、全国には沢山の無自覚の被害者がいるようです。

今住んでいる地域でも、家のそばにある木の葉が変なふうに枯れているのが目につきます。

最近、ある被害者仲間から、急に力が抜けて手に持っている物を落としてしまうと聞きました。

その方は集団ストーカー犯罪の被害者ですので、力が抜けるのは、テクノロジー犯罪の遠隔操作によるものだと考えられます。

度々紹介してきたデルガド博士の「心の物理的コントロール」ですが、もちろん、心のありかは脳にあり、脳は体に命令を出す器官ですので、脳の各部分に対して同調する周波数を外から与えれば、脳はそれによって動かされてしまう、という事実があります。

デルガド博士は半世紀も前にそのことを発見し、動物をいろいろ操作して、

「実験に使った動物たちは電動のおもちゃのようだった」

と表現したということです。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 技術資料 「心の物理的コントロール」ホセ・デルガド博士
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech17.html

デルガド博士が実験に成功したのは半世紀も前のことですので、今はどれほど技術が進んでいるのか、想像もできないほどのものになっていることでしょう。

その裏には、数十万人という人体実験の被害者が存在するのです。
(元MI5職員 バリー・トロア博士)


集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は、今、この瞬間も、心身共に人体実験をされています。

特に初期の被害者は、死にたいほどの拷問の日々を生きています。

このような酷い人権侵害を、司法も行政も立法も無視しています。

ですので、私達被害者が声を上げているのです。

遠隔操作の対処法

遠隔操作を防ぐのは難しいのですが、それでも100%無理ということはないようです。

私の場合は、特に食べ物を入れた食器を手に持つ時にはしっかり意識します。お皿は両手で持ちます。自分の動作をしっかり確認しながら動くと加害側はやりにくいようです。

油断している時は派手に物を落とされます。お茶などこぼしても大したことないですが、牛乳をこぼされると困るることがあります。

遠隔操作はいろいろとやられますが、意識しているとある程度効果がありますので、試してみてください。

私は怒りの誘発が酷かった時にはいつもいる居間に6枚、「怒りは加害!」と大書して貼っていました。

物を落とされるなら、

「しっかり両手で持つ!」

などと書くのはいかがでしょうか?

あ、最後になりましたが、テク犯被害者の場合、手の力が抜けるのは遠隔操作であって、体に何も問題はありませんので、その点は気にしないのが良いと思います(^^♪

気を付けたほうが良いのは包丁を持つとき、意識してゆっくり動かすこと、お湯や油を使う時は眼鏡などで目を守ること、やけどをしないように気を付ける事。慌てる時は狙われやすいので時間に余裕を持って意識して動くこと、だと思います。

食器は落としても割れにくく、傷もつきにくい材質の物(ポーセレンでしたか?)が良いと思います。高価なものは盗られますので、持たないのが一番です。

被害初期はわからないことが多いと思いますので、質問等、御遠慮なくどうぞ。

私にわかることは御返事します。


1月5日広島街宣

[目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!]
http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


ーーー引用はじめーーー


来年1月5日(土曜日)
広島街宣!!参加自由!弁士飛び入りOK!


時間は昼12時位から2時間で未定ですが12時か13時からです。

その後懇親会

『集団ストーカー一般説明会、相談会』
18時~20時
広島オフィスセンター
〒732-0805 広島市南区東荒神町3-35
ホームページ:https://www.intelligent-hotel.co.jp/oc/
map.gif
20170131_1803259.jpg
appearance.jpg

―――引用終わりーーー


詳細はリラックスさんのブログへどうぞ。

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


*リラックスさんは大阪や東京でも度々街宣されています。

 情報はリラックスさんのブログへどうぞ。


人権 ブログランキングへ


pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


|

« コメントへの返信(修復不可能な傷) | トップページ

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コメントへの返信(修復不可能な傷) | トップページ