« 悲しんでいるあなたへ | トップページ | 家宅侵入とマインドコントロール »

2018年11月30日 (金)

加害側の家宅侵入

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者仲間が家宅侵入に悩まされているということはよく聞きます。

もしテクノロジー犯罪がなかったとしたら、家宅侵入を防ぐことはあまりむずかしくありませんが、

テクノロジー;高度に発達した科学技術を使っての家宅侵入ですので、私達被害者は悩まされているのです。

家宅侵入するのは普通、泥棒や怨恨による暴力、性的犯罪殺人目的によると思いますが、テクノロジー犯罪の被害者の家には普通では考えられない目的で侵入します。

それは、この犯罪が嫌がらせ犯罪とも呼ばれている通り、

いったい、何のためにこんなことをするの?

というような内容の悪さをしてきます。

たとえば、

私が実際にやられた事柄を書きますと・・・

①引き出しに入れていたパスポートがなくなった。
②知人に話した。
③翌日戻っていた。
④二日後知人から電話が来た。
⑤戻ったことを話した。

この結果、私が不注意な人間であると思われる、ということになります。

①図書館で借りた本を棚に置いた。
②後日読もうとしたらなかった。
③その近辺をくまなく探したが見つからなかった。
④返却日がきたので、図書館に紛失したと話した。
⑤その本の値段分を弁償した。
⑥帰宅すると元の場所に戻っていた。

これで私は図書館にとって問題な人になったわけです。

①気を付けて使っているのに、どうもお金がどんどんなくなるので、出納帳を付け始めた。また、レシート等を一緒に添付した。
②異常がなくなった。
③記帳を忘れると、また現金が無くなった。

加害側は全部をいっぺんに盗るということをしません。
たとえば、現金が9千円あったら3枚位抜き取ります。

被害者が泥棒されたと訴えると、
「そんな泥棒はいませんよ。あなたの思い違いでしょう。」
と言われ、自分の不注意を他人のせいにする人、と思われ、信用をなくします。

この犯罪の特徴は、証拠を残さないようなやり方をする事です。
ですので、通帳や印鑑を盗みません。
現金でも、全部ではなく、一部を頻繁に抜き取ります。


上に書いたのは家宅侵入されてやられたごく一部にすぎません。
食器を悪くされたり(割るのではなく、ひび割れや欠けを作られます。)洋服を破られたり、洗っても漂泊しても落ちない汚れをつけられたり、古いものに取り換えられたり、物の場所をかえられたり、カビを付けられたり、蝶番を悪くされたり、その他、細かい悪さを散々やられます。

幽霊を信じる人に対しては、水を床にこぼして置いたりして怖がらせるという場合もあるようです。
(作家の佐藤愛子さんの別荘にそのような悪さをされたという記述があります。「私の遺言」)

このようなことをする目的は、被害者を精神不安に落とし、加害者の利益を得るためです。
この手法は古くからあり、映画「ガス灯」にも使われているため、この犯罪の名前をガスライティングと言うようになりました。年配の映画ファンには有名なイングリット・バーグマンが被害者を演じています。

この映画で犯人は被害者の財産目当てに被害者を精神病患者にしようとしました。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪組織も同じように、被害者を精神病院へ送り込むのがとりあえずの目的です。でも、それは被害者を精神病院へ送り込み、退院した後、テクノロジー犯罪の目的=人体実験を遠慮なく行うためのものです。
一度精神病患者のレッテルを張られたら、被害者が何を言っても世間は信じないからです。

私は、防犯のためにビデオカメラを使ったことがあります。

でも、ある時は静止したままになり、ある時は消されました。どのようにしても、遠隔から止められてしまうのです。

ビデオカメラだけではありません。電気で動く物は何でも遠隔操作できるようです。

それで、デジタル式ではない、ゼンマイ式の時限鍵が必要なのです。

他の被害者仲間にとっても大変な家宅侵入ですが、私にとっても、とても重要な被害ですので、あまりわかり易く書けていないかも知れません。

それでも、書かないままでいるのはこの犯罪の姿を曖昧にしてしまうと考えられますので、読みずらいとしても、公開しようと思います。

一番の問題は、マインドコントロールです。

マインドコントロールされなければ、私達被害者は、これほどまでに辛い思いをしないで済んだでしょう。

マインドコントロールについては次回、書きますね。

頭が痛くなってしまいました。

分かりづらいのではないかと不安ですが、とりあえずUPします。


1月5日広島街宣

[目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!]
http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


ーーー引用はじめーーー


来年1月5日(土曜日)
広島街宣!!参加自由!弁士飛び入りOK!


時間は昼12時位から2時間で未定ですが12時か13時からです。

その後懇親会

『集団ストーカー一般説明会、相談会』
18時~20時
広島オフィスセンター
〒732-0805 広島市南区東荒神町3-35
ホームページ:https://www.intelligent-hotel.co.jp/oc/
map.gif
20170131_1803259.jpg
appearance.jpg

―――引用終わりーーー


詳細はリラックスさんのブログへどうぞ。

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-357.html


*リラックスさんは大阪や東京でも度々街宣されています。

 情報はリラックスさんのブログへどうぞ。



人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


|

« 悲しんでいるあなたへ | トップページ | 家宅侵入とマインドコントロール »

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

2018/12/03 7:29にコメントくださった方へ
コメントありがとうございます。

>アナログ式ゼンマイ鍵

についての情報をありがとうございますm(__)m
試してみようと思います。
やってみて効果がはっきりしたら記事で報告させていただきますね(^^♪

投稿: サニナ | 2018年12月 3日 (月) 23時06分

2018/12/04 4:53に非公開コメントありがとうございます。

いろいろ検索してみましたが、数秒間の時限鍵しか見つかりませんでした。せっかく教えてくださったのに、残念です。

1時間~24時間くらいのものがあればと思います。
家の中にいても使いたいのです。
そういう時限鍵はないんでしょうか?
引き続き探してみますが、そういう技術を持っている方がいらっしゃるなら、作っていただき、購入したいと思います。
また、よろしくお願い致しますm(__)m

投稿: サニナ | 2018年12月12日 (水) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悲しんでいるあなたへ | トップページ | 家宅侵入とマインドコントロール »