« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月22日 (土)

非公開希望コメントの被害者仲間へ

コメント欄に返信を書き始めましたが、目に入り易いように、記事として公開します。

2018/09/21 19:34に非公開コメントくださった方へ

コメントありがとうございます。

読みながら息がとまりました。
しばらくコメントがなかったので、攻撃が激しくなったのかと心配していたのですが、まさかそんなひどい状態とは思いませんでした。

どんなに辛いかと思うと、何を書いていいのかわかりません。
防御方法が知りたいです。

私に考えられるのは、両手を布でぐるぐる巻きにする事くらいです。
怒りの誘導は強力ですので、抑えるのにありったけの持てる力を総動員しなければならないでしょう。
私は怒りの誘導を頻繁にやられた時に、いつもいる居間の壁に何枚も
「怒りは加害!」
「大声⇒病院」
「怒りは敵の思ウツボ」
と大きく書いた紙を貼りつけました。どこを向いていても目に入るように。

今手が離せないため、少ししてから私の経験をひとつ書きたいと思います。あなたの状況と同じではありませんが、少しでも参考にしていただけたらと思います。

取り急ぎ、UPします。

なかなか時間が取れず、遅くなってしまいました。

以前にも書いた事のある内容ですが、参考になるかも知れませんので書いてみますね。

15年前、私は精神病院に入院させられました。

理由は

「統合失調症で自傷他害の恐れあり」

ということだったようです。

「ようです」というのは、保護入院という名の強制入院は、「自傷他害の恐れあり」が条件だと、後で知ったからで

す。けれどもそれは事実無根でした。

なので、看護助手さんに

「あなたはどうして2か月も入院しているの?いったいどこが悪いの?1週間で退院すると思っていたのに。」

と言われたくらいです。

退院する1週間前にはいろいろな事が起きました。

その一つ、忘れられないのは、悪夢を見せられたその内容です。

薄暗い夕暮れ時、昔風の納屋のような片隅に向かって後ろ向きでしゃがんでいる少年がいました。

私はすさまじい憎しみと殺意でその子の背後1,5メートルに立っていて、右手にはナイフを持っていました。

殺意を抑えるために私は全身全霊を使い、そのため体はギシギシと震えていました。

それがしばらく続いた後、ふっと楽になると同時に目が覚めました。 

全身に汗をかいていました。

文章にすると単純ですが、その夢の間、とても恐ろしい思いをしました。

その少年は見たこともない子で、なぜそんな所に後ろ向きにしゃがんでいたのか、なぜ私がその子に殺したいほ

どの憎しみを抱いていたのか、理由は全くわかりません。ただ単にものすごい憎しみを感じてナイフで刺したいと

思っていたのです。

今はその夢がテクノロジー犯罪加害装置によって挿入された人口夢であり、同時にマインドコントロールされて

ものすごい怒りと憎しみの感情操作をされていたのだとわかります。それだけの科学技術があるとわかってい

るからです。

実際、社会で私はナイフを持って誰かを殺そうとしたことはありません。

普通、人は簡単に誰かを傷つけたり殺したりできるものではないと思います。だから戦争から帰ってきて精神を病

んでしまう方が多いのでしょう。

加害側は私達自覚ある被害者を人体実験に利用しています。

退院をまじかにそのような人口夢を見せてきたのは、たぶん、退院してからの私に対する実験の内容を決めるの

に必要なものだったのだと、私は考えています。

精神病院へ入れるためには耐えがたいほどの痛み攻撃等をしてきます。

私が精神病院へ入れられた頃、全く周知活動をしていませんでした。

もしその頃、幸運にもどなたか街宣をしている方と知り合って一緒に街宣をしていたとしたら、私は入院させら

れずに済んだのではないかと思います。なぜかと言えば、入院しなければならないほど精神を病んでいる人が

原稿を書き、演説をできるはずがないからです。そういう人を精神病院へ無理やり入れるには無理があると思

いますね。

なので、今、私があなたの立場なら、街宣に参加するよう頑張ると思います。

演説はたった数行でも良いのです。

上手にしなくても良いのです。

反って立て板に水のようでない方が良いとさえ思います。

もし不安なら、両手を布でぐるぐる巻きにして外出します。

それが包帯だったら、不便があっても助けてくれる人が現れます。

(私は右脚をやけどして松葉杖をついていた時、次から次へと助けてくれる方が現れました。)

自分のことも娘への攻撃も防ぐことのできない身としては、残念ながらこの程度のことしか書けません。

あなたの参考に少しでもなれたら、嬉しいです。

加害側は私達自覚ある被害者が、攻撃に対してどう対処していくのかを見ているので、何もしないでただ耐え

ているだけなら、やがて自殺誘導され、殺される、と私は考えます。

行動を起こして、現状突破してくださるよう願っています。



人権 ブログランキングへ


pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (1)

T-day 報告

大変遅くなりましたがT-day の報告です。

世界の被害者の活動が報告されています。


T-day 東京
https://ameblo.jp/raquell2012/entry-12401391607.html

T-day ヨーロッパ
https://ameblo.jp/raquell2012/entry-12401674393.html

T-day 活動報告; 「コスモスのブログ」より
https://ameblo.jp/puba33213/entry-12401465651.html


日本でも東京で行われました。

北九州小倉は大変暑く、汗だくの街宣でした。

参加者は6名、うち初参加の方がふたりおられチラシ配布をしてくださいました。

2回目、3回目、となれば演説をしてくださると期待しています。

:

残念だったのは、プラカードを準備しなかったことです。

T-dayのために世界の各地でプラカードを掲げて活動されていたのに、私は準備する考え自体がなかったのです。
これは単に私がうかつだったのか、それとも加害側の操作によるものなのかはわかりません。

どちらにしても、当然のことができなかったので、悔いが残ります。

もっとしっかりしなければ。

私はリーダーとしての素質がないのですが、引っ張って下さる方がいないため、私がやるしかない状況です。

今回街宣に参加してくださった方の中から、リーダーがでてくださらないかと、期待しています。

この犯罪の性格上、いつ誰が倒されるかわからないのですから、本当は、すべての被害者仲間がやる気をだし

てくださると一番良いと思っています。ただの平凡な主婦であった私が街宣をするようになったのですから、誰

でもできると思います。そして、誰が倒れても、次から次へと活動を続けられる状態にしておくのが、最

後に勝利を収める結果になるのではないでしょうか?

:

動画UPできました


コスモスさんは初めての演説でしたが、聞きやすく、理解しやすく、初めてとは思えないしっかりした演説をされました。


コスモスさんの演説


「T-day 連携小倉街宣 コスモスさん 20180829 140715 」

で検索をお願いします。


数年来一緒に街宣をしてくださっている太陽さんは、久しぶりの演説でした。もともとお上手な方で、そのため、

パトカーのお墨付きをいただきました。(^^♪


太陽さんの演説


「 T-day 連携小倉街宣 太陽さん 20180829 」

で検索をお願いします。

なかなかUPできない動画


葵は前日2時間しか睡眠をとれず、体調が悪かったのですが、何とか乗り切りました。

葵の演説

UPでき次第ここにお知らせします。


サニナの演説

16分と長いため、二つに分けようとしていますが、なかなかできないでいます。
でき次第お知らせします。

今回の街宣は特別の意味があり、T-day のために原稿内容をあれやこれやと考え続け、結局決定打が出ず、

心残りの原稿のまま、時間切れとなりました。

私にとって、演説原稿がいつも悩みの種で、毎回街宣の度に新しく原稿を書くのですが、今回は特に満足ので

きない結果となりました。この犯罪の性質上、わかり易い原稿を書くのは私にとって至難の業です。

次回の街宣までにもっと練って良い内容にしたいと願っています。

T-day は世界中のテク犯被害者がこの犯罪の周知撲滅のために連携して行われたイベントです。

以前からヨーロッパでの世界的集会はあったものの、参加者は限られており、誰でも参加できるという状況で

はありませんでしたので、なかなか広がりをみることはできませんでした。(集会自体は大変有意義なものでし

た。)

今年始まったT-day は、これからこの犯罪が終息するまで続けられます。

来年は今年よりもっと、多くの被害者仲間が参加することでしょう。

日本でも、世界各国でも、増々多くの被害者仲間が立ち上がることでしょう。

私はそれを確信しています。

酷く熱かった夏もそろそろ終わり、これからは周知活動のしやすい季節となってきました。

来年のT-day に向けて、ひとりでもできる自転車街宣を再開しようと考えています。

また、今回の街宣でまた街宣しましょうとのご希望がありましたので、小倉街宣をまた行いたいと思います。

アインさんの柏街宣を参考に、2か月に1回できればと思います。

また、博多は人口が多い分被害者仲間も大勢おられると思いますので、博多街宣も行えたらいいいですね。

日々止むことのないテク犯攻撃で、私達被害者は心身ともに自分の思い通りには動けない状態ですが、それでも、

頑張ってくれている仲間がいる、

被害者ではないのに理解しようとしてくださる方々もいる、

自分も頑張らなければ、

という気持ちにさせてくださる皆様に感謝しながら、

今日も生きています。


今は攻撃のきつさに何もできない被害者仲間も(攻撃は体だけではなく、心をも操作され、自分が怠け者なの

だと思わせる攻撃もありますので要注意)何もできないと落ち込まないで、気持ちだけでも持ち続ければ、それ

が被害者仲間全体の力となり、大きく状況を変えて行きます。

「頑張れ!」

「応援しています」

の一言だけでも、周知活動の一つです。それは今、活動できている被害者仲間の力を倍増しているのです。

くれぐれも、今活動できないからといって、落ち込んだり、自己否定しないでくださいね。

また、集ストテク犯の攻撃は、被害が重いとか軽いとか、簡単に決められないものです。

外見からはわかりにくい攻撃もあります。

ただ、一言だけ、助言できるとするならば、一歩踏み出す勇気を持っていただきたいということです。

ただ耐えて死ぬのを待つより、チラシ1枚、誰かに渡す、ポストに入れる、それだけでも自己肯定につながり、そ

こから元気が湧いてくると思います。

私も、ただ耐えていただけの初期は本当に辛かったです。

でも、散々妨害されながらもやっと、「電磁波悪用被害者の会」(現NPOテクノロジー犯罪ネットワーク」に巡り

合い、どんなにほっとしたか、今でも感謝の思いは消えません。

被害者仲間のブログにコメントを書き、

そのうちブログを開設し、

被害者仲間の集会を呼びかけ、

集まり、

その結果被害者の組織を作りましょうという連絡をいただき、

街宣を始めました。

その被害者団体が「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」です。

呼びかけてくださったKFさんにもとても感謝しています。

私達は一人では生きられません。

特に集ストテク犯被害者にとって孤立は致命的です。

それを避けるために、被害者団体に入ることをお勧めします。

被害者団体はいくつもありますが、其々特徴を持っています。ご自分に合った団体を選ぶと良いと思います。

左のリンク集にいくつかありますので、 検索してみてください。

何度も何度もフリーズされたり消されたりしながらやっと、更新することができそうです。

残念ながら動画のURLを貼ることができず、UP自体も二人分しかですが、しつこくやっていればできると思いま

すので、でき次第、公開しますね。


人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »