« 熱攻撃の影響 | トップページ | 外出するのが辛い方へ »

被害届を出せなかった顛末

貸家の壁紙が派手に剥がされた件で5月19日、警察に電話しました。

警官ふたりが来てくださいましたが、素人(私)が貼ったので、プロのようにはいかないと言われ、結局私の作業が下手であったからということで、被害届は出せませんでした。

でも、私が貼ったのはその部屋だけではなく、他に3部屋と洗面所まわりもあり、今住んでいる家の壁紙は3年以上経った今も問題はないのです。
その事を言っても「素人」ということを言われ、どうにもなりませんでした。

では、なぜわざわざ見にきたのでしょうか?電話でも私が貼ったのだと言ってあったのです。

それで思い出したのは、北海道にいた頃の事です。

その夏、あまりに暑かったので娘は食欲がなくなり痩せてきました。

それで涼しい所へ行こうと、北海道へ行ったのです。

けれども、仕事がなく、半年くらいたってもどうにもならなかったので電話で国民健康保険料の減免をお願いしました。でも、できないと言われました。

ところが2日後、何の連絡もなく、突然市役所から二人、職員の訪問がありました。

聞かれるままに現状を話しましたが、それは電話で話したのと同じことでした。

そして、結局は減免できないと言われたのです。

なら、どうしてわざわざ家まで来たのでしょうか?

公務員のやりかたについては、気分を害することはもっともっとありましたが、それは個人の資質や性格の問題だと、以前は思っていました。

けれども、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の自覚ある被害者にされてからは、それだけではないのだと考えるうになりました。

理不尽な嫌がらせを頻繁にされ、家宅侵入や付きまといなどに悩まされる。
職場では仕事のミスを加害者が作って被害者に責任をなすりつけ、退職においやる。
または精神病疾患をでっち上げる、など、ありとあらゆる嫌がらせを仕掛けてきます。

そうして精神的・経済的に追い詰め、精神病院へ入院させる。

それが、集団(組織)ストーカーと言われている犯罪の目的です。
それは、人体実験=テクノロジー犯罪を加害側がすんなり実行するために、被害者を精神病患者に仕立て上げる必要があるためです。
精神病患者のレッテルを張られたら、被害者が何を言っても信じてもらえなくなりますので。

この犯罪の被害者のほとんどは、個人的な原因のない方ばかりです。

まれに、はっきりしている場合もありますが、ほとんどは、些細な、ゴミの出し方を注意したら被害者にされたとかいう類のもので、そんな些細なことでこれほどひどい攻撃をうけるようになるというのは不自然です。

つまり、些細な諍いを加害側が作り上げ、被害者にされた原因だと、被害者に思わせるように仕向けているということでしょう。本当の理由を隠すために。

本当の理由とは、この犯罪は大きな資金と権力のある組織が行っている人体実験で、それはNWO(新奴隷制社会)を構築したいサイコパス共の欲望にほかなりません。



人権 ブログランキングへ

ビオレータ・パラのギターの音、涙が含まれている歌声はビクトル・ハラを思わせます。

Violeta Parra - Run run se fue pal norte

https://youtu.be/cJ9CeICphL8



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


|

« 熱攻撃の影響 | トップページ | 外出するのが辛い方へ »

日々の被害」カテゴリの記事

コメント

公開です。

電話で終わる事をわざわざ言いに来る、まるでカルトのストーカーですね。
あいつら敵対した人の顔を全信者に指名手配して追い回します、必ず待ち伏せして罵る暇人
警察や弁護士になりたがる奴が多くて目的は権力の悪用、皇室周辺すら奴等は手を伸ばしてます。
(俺は皇室に敬意を抱いてますがもう危ないと危惧)サニナさんに嫌がらせしたど阿呆は信者か解りませんが、何者だとしても惨め勝つ哀れな末路が待ってるだろうね。

それから素人だから剥がされるのは仕方ないだ?
それ議員に協力するボランティアに学生がいてペタペタ貼り付けた後に剥がされたら素人が貼るからだ!と逆ギレされたらどう思うか?
ペットや子供、行方不明者を探す家族が必死に見掛けたら連絡して下さい!と貼ったビラも素人なら剥がされても仕方無い?と言える暴論

その警官達に問いたい、貴方が貼り付けたビラを剥がされても文句は言わないよね?え?警官だから素人じゃない?なら今すぐその腕前をYouTubeに公開して下さいと(* ̄ー ̄)

投稿: 夕闇 | 2018年5月23日 (水) 00時52分

夕闇さん、コメントありがとうございます。


>皇室周辺すら奴等は手を伸ばしてます。


私は皇室関係についてはほとんど知識がないのですが、数年前、紀子様が妊娠された時の報道を偶然見て、ちょっと驚いたのです。主治医とご本人しか知らないはずなのに報道されたので、インタビュウに驚いて
「まだ夫にも話していないのに」(話し方はそのままではないかもです)
と仰っていたのを聴いて、テク犯関係の仕業を疑いました。
そういうことがあったので、皇室が力を持っているとは思えないでいます。
実際、具合が悪くても天皇の位を返上することがすぐにはできないという不自由さですしね。

夕闇さんが怒って下さったので、なんだか気分が晴れました(^^♪
共感していただくことの大切さを感じます。
特に私達テク犯被害者は一般に理解されないので、いつも阻害感を味あわされていますので、とても大きい意味がありますよね。いつもありがとうございます。

投稿: サニナ | 2018年6月 4日 (月) 02時21分

2018/06/04 18:17に非公開コメントをくださった方へ

返信が遅れて申し訳ありませんでした。

沢山の情報をありがとうございます。

天皇家に関することは難しいですね。
私がほとんど無知であることをお断りしての感想ですが、福島原発が事故を起こした際、京都に引っ越しもできなかった事実は、私を吃驚させました。天皇家には移動の自由もないんですね。

原発を推進した国と、冷却装置を経費節減のために安全な場所に作らなかった東電に責任があるはずですが、責任の無い天皇家が移動の制約をうけるというのは、おかしなことだと思いました。

当事者の東電清水社長は、事故後家族を海外へ移住させ、自身は数億の退職金を受け取ったとのことですから、呆れました。
日本の検察はなぜ、責任を取らせることができなかったのか、東電はなぜ、社長解任できなかったのか、世界中が驚いたでしょうね。

普通の庶民感覚では到底理解できません。
少なくとも、被災者の方々に申し訳ないと言う気持ちがあったなら、退職金全額、寄付したでしょう。

日本は悪がはびこっている国ですので、集ストテク犯も大手を振ってやりたい放題、ということでしょう。一見平和に見える国・日本は、実は悪に支配されているのだと、いろいろな方達が声を上げてきていますね。

最近知ったのですが、白井聡著「国体論 菊と星条旗」という本がだされたそうです。
読んでみたくなりました。

投稿: サニナ | 2018年6月21日 (木) 22時43分

2018/07/18 7:59に非公開コメントを2回続けてくださった方へ

いつもコメントありがとうございますm(__)m
書いてくださった情報は初耳でした。元々その件に関してはほとんど調べたことがなかったので、大変参考になります。普段関心のないことだからこそ知る必要がありますね。それがもしかしたらテク犯に関係しているかもしれませんし。

これからもいろいろ教えてくださいませ。

投稿: サニナ | 2018年7月31日 (火) 05時02分

2018/08/09 12:15 に非公開希望でコメントくださった方へ
コメントありがとうございます。
返信が遅くなって申し訳ありません。


ご家族のこと、とても心配ですね。お気持ち良くわかります。

テク犯被害者は家族を苦しめられている方が多いですね。
酷い場合は殺されている場合もあり、加害側の冷酷さを思わずにはいられません。

私の両親もそうだったのではないかと疑っています。
マインドコントロールをされている故郷の家族も複数おりますが、そのことに気付いていませんし、話しても常識が邪魔をしてこういう犯罪がある事を理解することができないのです。被害者でなくても理解できる方はまれにおられますが、相当柔軟な考え方のできる方達なのだと思います。

この犯罪の被害者に対する基本方針は「孤立させる」ことのようですので、精神的に孤立させるだけでなく、病気や事故をよそおって家族や友人を離間させてきますね。

自分が被害者であると知ってから15年間たって思うことは、「何もしないでいると加害側になめられる」、ということです。被害初期には孤立していて、ガンガン折り重ねるように攻撃が酷く、何が何だかわからない状況に希望が見いだせず何度も泣きました。ただ耐えるだけの日々はもう御免だと思います。

被害者の会(現NPO)とのつながりができてからやっと、一息つけて、被害者仲間との交流もでき、それからはこの犯罪についての情報も入ってくるようになって希望ももてるようになりました。

この犯罪にはいくつもの組織が関わっていると考えられます。大本は世界的な組織ですので、末端の雇われ組織を一つ二つ潰してもこの犯罪を撲滅することはできないでしょう。
私達被害者はともすると直接攻撃してくるカルトなどを加害組織本体とみてしまいがちで、糾弾している方もおられますし、私自身も初期の頃は知識不足からあるカルトを加害本体だと考えていました。

カルト信者は道理が通じない場合がほとんどですので、相手にしても不毛のように思います。その上、名指しで加害者だと指摘すると、冷酷卑劣なことも平気で仕掛けてきます。何しろ、加害者という前に洗脳されているのですから、上の命令は絶対のようです。

カルト信者は末端加害者であり、同時に被害者でもあります。彼らを糾弾しても得る所はあまりないように思います。

私が「被害者としてこうありたい」と考えるのは、
O周知活動をすること
O被害者仲間と一緒に活動すること
O常識で考えておかしなことをされたら黙っていないこと。

あなたのご家族が泣き寝入りをするほうが良いと考え
られたことは普通の対応だと思います。
ただ、それによって加害者はますますいい気になるでしょうね。

私も以前は泣き寝入り専門でした。
でも、それでは何も解決しない事を思い知らされたのです。立ち向かう気になるまで何年もかかりました。


数年前、ある年配女性と知り合った時、それを教えられました。(テク犯被害者ではありません)

ご主人が亡くなられた時、近所のカルト信者が来て、「入信しろ、信心しないから不幸になったんだ」といろいろ失礼な事を言ったので、その女性は腹が立ってそのカルトの地方の本拠地に行って抗議したそうです。
すると、申し訳なかった、と言われたそうで、その後は全く何も問題がなくなったとのことでした。

その女性は、絶対泣き寝入りなどするものか、という姿勢が見るからに見て取れるようなしっかりした方でした。

その話を聞いて、私は自分の考え方の間違いに気付かされたのです。
「耐えているだけでは益々攻撃されるだけだ」と。
「理不尽なことをされたらだまっていてはいけないんだ」と。


辛い毎日ですが、お互いに希望を捨てずにがんばりましょうね!
あなたのコメントに励まされています。

投稿: サニナ | 2018年8月10日 (金) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熱攻撃の影響 | トップページ | 外出するのが辛い方へ »