« アレン・ネルソンさんのこと | トップページ | 熱攻撃の影響 »

コメントへの返信(熱攻撃について)

私のことを偽被害者と言いたい方からのコメントがありました。

頂いたコメントには全部お答えする方針ですので、コメント欄に書き始めましたが長くなりそうですし、他にも同じように思っている方がおられるかもしれませんし、また、熱攻撃の経験のない方には理解しにくい場合もあると思われますので、改めて書いてみますね。


13日にいただいたウジノさんという方からのコメントを以下にそのまま移します。

ーーー引用はじめーーー

やっぱりサニナのいってることおかしいですね、、、
ホントにテクノロジー犯罪被害者なんですか?
熱被害がどうこう言ってますが夜は娘さんと交代で
ジェル交換?昼間はどうしてるんですか?
3年前エクアドルの飛行が大変だったと言ってますが
ドライアイス機内に持ち込んだんですか?
最低でも19時間半かかりますよ?
んで、現地でホテルついてももうドライアイスありませんよ。現地調達てですか?ご主人様がエクアドルに住んでるんですか?
買い物は1時間以上できませんが観光はできるんですか?

―――引用終わりーーー

では、返信です。

>熱被害がどうこう言ってますが夜は娘さんと交代で
ジェル交換?昼間はどうしてるんですか?


答:就寝中は、葵が眠っている時は私が葵のジェル交換をし、私が眠っている時は葵が私のジェル交換をします。

起きている時には自分で自分のジェル交換をするのは当然です。

>3年前エクアドルの飛行が大変だったと言ってますが
ドライアイス機内に持ち込んだんですか?
最低でも19時間半かかりますよ?


答;ドライアイスは一人当たり2・5キロ持ち込めます。
ただし、インチョン空港で乗り換え、その後オランダまで行き、その後エクアドルまで行ったため、実際にかかった時間は19時間よりずいぶん長くかかりました。

エクアドル行の最も大変だったことは、熱攻撃で頭を熱くされているのに冷やせない状態が続いた事です。
ドライアイスは時間と共に揮発しますので、長時間もちません。その上熱くなったジェルを冷やすため、ますます揮発が進みます。それでオランダに着いた時にはドライアイスは無くなっていました。

オランダの空港で、叩くと中の水分が出て冷たくなる物が売られていたのでそれを買って間に合わせました。ただしドライアイスほどの効果はありませんでしたし、在庫がすくなかったため、充分な数を買えず機内では熱さのあまりもうろうとなりながら、ひたすら我慢をしていました。

その上、もちろん、集スト被害もあったのです。
機内食は冷たく、犬でも食べないのではないかと思われる位の不味さで食べられませんでした。
隣の席の方に聞いたら、食べ物は温かいと言っていました。

普通ならそのままにはしませんが、もうろうとして何もできない状態では抗議することも大変で、ただただ耐えていました。幸い、食べ物を少し空港で買っていたのでそれで間に合わせることができた次第です。

>んで、現地でホテルついてももうドライアイスありませんよ。現地調達てですか?


答:ホテルではドライアイスを売っていません。
ホテルのフロントに頼んでドライアイス屋を探してもらい、ホテルに配達してもらいました。

>ご主人様がエクアドルに住んでるんですか?


答:その時私に夫はいませんでした。

>買い物は1時間以上できませんが観光はできるんですか?


答:外出1時間以内なら凍っているジェルを付けて行けば何とかなります。
1時間以上なら予備の凍っているジェルを保冷袋に入れて持って行きます。
2時間以上なら、ドライアイスを買わなければなりません。

間断なく熱攻撃をされている被害者には観光という概念が欠落しています。
エクアドルに行ったのも、観光ではなく攻撃が軽減されるかも知れないという淡い期待があったためです。
また、物価が安いということも重要でした。

エクアドルの人達は好感が持てましたし、元々私は中南米が好きだったので、被害者でなかったなら今もかの国にいたかも知れません。

けれども、テク犯被害者にとって安住の地はありません。
闘うしかないのです。

それでも外国へ行くことを考えているのは、経済的な理由からです。

2018/05/14 20:00に非公開コメントくださった方へ

ご心配ありがとうございます。
とっても嬉しいです。

偽被害者と言われて気分の悪くならない被害者仲間はいないでしょう。
私も、初めて誤解された時はショックでした。
ただ、その時は悪意のない、ご本人が苦しんでいる本当の被害者仲間だとわかっておりましたので、腹立ちはありませんでした。その方の誤解は技術的な知識不足のためだったので、その資料をメールで送りました。

でも、最近は加害者が被害者になりすまし、本当の被害者を偽物呼ばわりすることが多くなりました。

私はその手に乗らないように気を付けています。


いつもあなたの励ましに感謝しております。
本当に、ありがとうございます!

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク主催のフォーラムが開催されます。


広報チラシ

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/img/2018Forum1.pdf

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのHP

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/


人権 ブログランキングへ

権力に殺された二人の共演を、かわいい人形が実現してくれました。

永遠のふたりです。

LENNON Y VICTOR JARA

https://youtu.be/AUMbb9qbWCk


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


|

« アレン・ネルソンさんのこと | トップページ | 熱攻撃の影響 »

コメント

加害者だといって絡んでくるのは偽被害者のすることです。サニナさんは絶対に加害者でないことは被害者の人ならわかるはずです。サニナさん、これからもがんばってください。応援しています。

投稿: aaa | 2018年5月27日 (日) 20時32分

aaaさん、コメントありがとうございます。

応援とっても嬉しいです!

勇気百倍(^^♪

投稿: サニナ | 2018年6月 4日 (月) 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アレン・ネルソンさんのこと | トップページ | 熱攻撃の影響 »