« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

異常な疲れ

26日、貸家の壁紙貼りに行ってきました。

普段の買い物以外の外出は加害側から邪魔をされることが多いのですが、今回は出かける前から疲れが酷くだるく、葵に
「大変だったら何もしないで帰ってきて。」
と言われたくらいでした。

そもそも加害側によって壁紙を剥がされたのですから、今回の壁紙貼りも本来なら必要のないものです。
その上に、いろいろと邪魔をしてきます。

いつものことなので、もう慣れっこになってはいますが、それでも労力と出費がかさみますので、いい加減にしろという気持ちです。

前回、壁紙を宅配業者さんから受け取っただけで帰宅しましたので、今回は、なんとかしようと思っていました。

そう強く思っていたのでなおさら、でしょうか、あの、異常な疲れと倦怠感は。

今は、やはり、テクノロジー犯罪加害側の感覚操作であったとはっきりしました。
現地に着いてしばらくは動けないでいましたが、結果として壁紙7枚晴れたからです。

本当に具合が悪ければその作業は無理なのです。

特別理由がないのに酷く疲れていたりだるすぎたり、気分が落ち込んだりした時は、テクノロジー犯罪を疑ったほうが良いと改めて思いました。

そういえば、32歳の春から秋にかけての半年間、原因不明の非常な倦怠感に襲われ、寝たり起きたりの状態になったことがあります。

散歩100mで歩けなくなり、(その当時一緒にいた元夫に)おんぶされて帰宅したことを情けなく覚えています。

人間ドッグで調べたら、どこも異常がない、ただ血圧が低いと言われました。

血圧が低いだけで寝たり起きたりの状態になるのは不自然ですし、何も変化がないのに、その状態が半年で終わった、というのもおかしなことでした。


その頃はテクノロジー犯罪の存在を露知らず、

「?・?・?」

のままに生きていました。

今もテクノロジー犯罪の技術は一般的には知られていないですので、当時の私と同じように感じている方が少なからずおられると推測されます。

テクノロジー犯罪は多くの不幸を作りだしています。

一刻も早くテクノロジー犯罪を撲滅しなければなりません。

周知を広めて国会で法規制をしていただけるよう、いろいろな周知活動とともに、選挙でも正しい選択をしたいと思います。

:

「生命力を高める生活~腸内フローラ・酵素・ミトコンドリア~」
というブログでクロスカレントの紹介があります。

『クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖』 ロバート・O・ベッカー 著

http://lifepower.hatenablog.com/entry/2017/10/18/151931

ーーー引用はじめーーー

「電磁波」といってもピンとくる方は、意外と少ないのかもしれません。

実際、日本では家電や情報端末などが放つ人工の「電磁波」による健康被害については、利益最優先の風潮のためか、マスコミによってほとんど報道されていないため、たいして問題視されていない印象を受けます。

しかし人工の「電磁波」の有害性として『クロスカレント』では、

•成長中の細胞への影響。癌細胞の成長促進など。
•ある種の癌発生。
•胎児(肺)の異常発育。
•神経科学物質の変化。これが自殺のように、行動異常を引き起こす。
•生理的周期(リズム)の変容。
•ストレス反応。継続すると免疫システム機能の低下を招く。
•学習能力の低下。

『クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖』(ロバート・O・ベッカー 著 船瀬俊介 訳 p160より)

―――引用終わりーーー

「クロスカレント」の英文版は1804円から売っていますが、翻訳本は144,351円もします。なぜでしょうかね?

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E2%80%95%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%83%BB%E8%A4%87%E5%90%88%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%AE%E6%81%90%E6%80%96-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB-%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/4931207294


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (4)

外出するのが辛い方へ

最近被害者仲間からいただいた情報ですが、参考になると思いますので、共有します。
(意味だけの引用です。)

プレゼントを送りたいから個人情報教えてとニコニコ近づきその後、侮辱とともに実名をネットでばらまく輩がいるそうですので、住所氏名を教えるのはよほど気を付けなければならないと思いますね。 

また、こういうコメントもいただきました。

>外出できない状況に追いやられており


集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の多くは外出もままならない状況に置かれています。

私も、家宅侵入される恐れがあるために、外出時は防御に時間をかけざるをえません。


ただ、もし、付きまといや特有の嫌がらせだけであるのなら、(ハイテクなしなら)それは対処法が少しはあり、ああとは気持ちの持ちようでなんとかなると、私は考えます。そして実践しています。

以下は私の経験から得たものです。
以前にも記事にしましたが、その記事を見つけられないので簡単に書いてみますね。

①付きまといに対しては目線を下方に定めて、まっすぐ前を見ない癖をつける。(安全上下ばかり見ていては危ないので、常に周りを把握できるくらいにしておく。(私は最近、まっすぐ前を見ていますが、人の顔を見ない=目を合わせないので加害者の顔を見ないで済みます。末端加害者は利用されている被害者でもあるので、相手にしてもしかたないという思いがあります。彼らが目に見える以外の悪いことをしてこないなら、無視できます。レジで急に列をつくる程度なら無視できます。)

②仄めかしには反応しないこと。(加害者にとって一番困るのは被害者に無視されることです。私が初めて下方に目を置いていて、突然前を見た時、少し先のほうで加害者ががっかりして横を向く様を見たことがあります。うまく被害者を傷つける事ができなかったと、上司に報告するのが残念だったんでしょうかね?)

③お店での嫌がらせが酷い場合は、店長に手紙を書く、それにチラシを添付する、お店にはできるだけ荷物を持って入らない、他店で買ったの物はきっちり縛ってその上からレシートを貼る、もし、買いたいものに派手な破損があった場合、すぐに店員さんに言う、人の顔はできるだけ見ないようにしてさっさと買い物を済ませ、態度は普通に堂々とする、末端加害者のことは利用されているだけの哀れな存在だと憐みの情をもつようにする、ぶつかってくる店員やわざわざ自分の前にきて掃除を始める店員についてはすぐに名前を聴いて抗議する、常にその心構えでいる、等で、大分買い物が楽になります。

普通の応対をせず、客を侮辱するようなふるまいは普通ならありえないことですので、そういう時には我慢をしない、と思っていると、加害側は鳴りを潜めるようになります。これは私の経験上言える事です。

ただ、感情的になっては効果が薄れますので、できるだけ冷静に苦情を言うことと、相手の名前を書き留める事、そして店長を呼び出すよういうこと、嫌がらせをした店員が拒否するなら他の店員さんに頼むこと、それも拒むなら、嫌がらせを受けた事を具体的に、お店の前で街宣をする、その際店名を出さなくても店の前で演説するなら大きな効果があります。

ただ、これも、こちらが強く決心していれば、あちらは対応を変えてきます。その反応が速いのでびっくりするくらいです。

被害者は何も悪いことをしていないのに、嫌がらせを散々されていますので、もう、我慢はしない、できる抗議はする必要があります。

おとなしくて人前で演説などできない、と思っている方は多いでしょうけれども、それならチラシを配るだけでも効果があります。

実際、数年前までは私自身も人前で何かを言うなど緊張してできないと思っていましたが、やってみると案外できるもので、何回かやっているうちに積極的になってきました。

街宣をする利点は沢山あります。

演説をするには文章を考えます。それは頭の訓練になります。

難しいこの犯罪の説明を、わかり易く聞き取りやすい、効果的な演説にするにはどうしたら良いか、等を考えることは自分の理解の程度を知ることとなります。資料を調べたり、被害者仲間の意見を聞いたりするようになり新たな発見もあります。そして、本当に心をつかむような演説をできる人は少ないと気づき、たとえ自分が下手でもいい、と思えるようになり、気が楽になります。すると余計な緊張はしなくなります。

下手でもいい、文章の棒読みでいい、カッコ悪くてもいい、(普通の人だと思われる事は反って良いこともあります。つまり、普通の人達が被害者にされているのだとわかるからです)、・・・ということで、うまく出来なくても良いのだから、すべての被害者仲間は演説適任者、と言えます。

そして、演説を聴いて意見を言って下さる通行人の方もいらっしゃったりします。

長崎で演説をした際、じっと聞いていた女性が後で私に話しかけてくださいました。

犯罪のことを訪ねた後で、

「この犯罪が他人事ではなく自分の身にも降りかかってくる犯罪なんだと、聴いている人の心をつかむように話しかけるように言わなきゃ、みんな通り過ぎてしまいますよ!」

「眼からウロコ」でした。
その助言をいただけたことを、大変ありがたく感謝しています。
その後私の演説が少しでも上達したとしたら、それはその方のお陰です。


人権 ブログランキングへ

25歳で初めてビクトル・ハラの声を聴いた時、このような歌手がいたのかと驚きました。
その頃はカセットテープしか販売されてなかったので、朝出かける前に聞き、帰宅してすぐに聞き、そのうちにテープが擦り切れ、また買ったものでした。

耕す者への祈り

Quilapayún (con Victor Jara) - Plegaria a un labrador

https://youtu.be/U5PFx6DgwWs



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (0)

被害届を出せなかった顛末

貸家の壁紙が派手に剥がされた件で5月19日、警察に電話しました。

警官ふたりが来てくださいましたが、素人(私)が貼ったので、プロのようにはいかないと言われ、結局私の作業が下手であったからということで、被害届は出せませんでした。

でも、私が貼ったのはその部屋だけではなく、他に3部屋と洗面所まわりもあり、今住んでいる家の壁紙は3年以上経った今も問題はないのです。
その事を言っても「素人」ということを言われ、どうにもなりませんでした。

では、なぜわざわざ見にきたのでしょうか?電話でも私が貼ったのだと言ってあったのです。

それで思い出したのは、北海道にいた頃の事です。

その夏、あまりに暑かったので娘は食欲がなくなり痩せてきました。

それで涼しい所へ行こうと、北海道へ行ったのです。

けれども、仕事がなく、半年くらいたってもどうにもならなかったので電話で国民健康保険料の減免をお願いしました。でも、できないと言われました。

ところが2日後、何の連絡もなく、突然市役所から二人、職員の訪問がありました。

聞かれるままに現状を話しましたが、それは電話で話したのと同じことでした。

そして、結局は減免できないと言われたのです。

なら、どうしてわざわざ家まで来たのでしょうか?

公務員のやりかたについては、気分を害することはもっともっとありましたが、それは個人の資質や性格の問題だと、以前は思っていました。

けれども、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の自覚ある被害者にされてからは、それだけではないのだと考えるうになりました。

理不尽な嫌がらせを頻繁にされ、家宅侵入や付きまといなどに悩まされる。
職場では仕事のミスを加害者が作って被害者に責任をなすりつけ、退職においやる。
または精神病疾患をでっち上げる、など、ありとあらゆる嫌がらせを仕掛けてきます。

そうして精神的・経済的に追い詰め、精神病院へ入院させる。

それが、集団(組織)ストーカーと言われている犯罪の目的です。
それは、人体実験=テクノロジー犯罪を加害側がすんなり実行するために、被害者を精神病患者に仕立て上げる必要があるためです。
精神病患者のレッテルを張られたら、被害者が何を言っても信じてもらえなくなりますので。

この犯罪の被害者のほとんどは、個人的な原因のない方ばかりです。

まれに、はっきりしている場合もありますが、ほとんどは、些細な、ゴミの出し方を注意したら被害者にされたとかいう類のもので、そんな些細なことでこれほどひどい攻撃をうけるようになるというのは不自然です。

つまり、些細な諍いを加害側が作り上げ、被害者にされた原因だと、被害者に思わせるように仕向けているということでしょう。本当の理由を隠すために。

本当の理由とは、この犯罪は大きな資金と権力のある組織が行っている人体実験で、それはNWO(新奴隷制社会)を構築したいサイコパス共の欲望にほかなりません。



人権 ブログランキングへ

ビオレータ・パラのギターの音、涙が含まれている歌声はビクトル・ハラを思わせます。

Violeta Parra - Run run se fue pal norte

https://youtu.be/cJ9CeICphL8



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (4)

熱攻撃の影響

貸家が4月いっぱいで空いたため入居奢募集をしていますが、リフォームをする必要があり、一昨日行ってきました。

今日は壁紙を貼るので12時~14時までの間に宅配がくる予定になっています。
6畳一間なので本当は1日で終わらせたいのですが、以前の経験から難しいと思っています。

宅配を午前中に頼んだとしたら何とかなるかもですが、それはできません。

ドライアイスをアイスクリームやさんで買えるのが午前10時からなのです。

1日がかりの外出にドライアイスなしではいられないのです。

そういうことで、テクノロジー犯罪の被害者にされることがどういうことか、その一端を知っていただけるかと思います。

集団(組織)ストーカー犯罪としては、貸家の一部屋の壁紙を派手に破かれ、リフォームが必要になり、壁紙代と交通費が発生

テクノロジー犯罪としては、ドライアイス代がかかること、普通なら1日で済む作業が2倍、時間も費用もかかること。

など、労力と出費がかさむようにされています。

その上、不動産業者は加害側の嘘により親身になって募集をしてはくれません。

今までいくつもの不動産会社と営業さんと会ってきましたが、ほとんどが、加害側につきました。

なので、今回の募集もあてにはできません。

それで、貸家の近くで配布しようとチラシを作って印刷しようとすると不具合が起こされます。

そんなことで今日は、一昨日の疲れを引きずったままの外出・壁紙貼りとなります。

現地に着く前に警察に被害届をだせるかどうか、やってみます。

邪魔をされたら新たに報告しますね。

先ず今は、やりたくない気持ちに打ち勝つことだけを思って準備しています。

pencil
非公開コメントへの返信は少しお待ちくださいませm(__)m


人権 ブログランキングへ

:


pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (1)

コメントへの返信(熱攻撃について)

私のことを偽被害者と言いたい方からのコメントがありました。

頂いたコメントには全部お答えする方針ですので、コメント欄に書き始めましたが長くなりそうですし、他にも同じように思っている方がおられるかもしれませんし、また、熱攻撃の経験のない方には理解しにくい場合もあると思われますので、改めて書いてみますね。


13日にいただいたウジノさんという方からのコメントを以下にそのまま移します。

ーーー引用はじめーーー

やっぱりサニナのいってることおかしいですね、、、
ホントにテクノロジー犯罪被害者なんですか?
熱被害がどうこう言ってますが夜は娘さんと交代で
ジェル交換?昼間はどうしてるんですか?
3年前エクアドルの飛行が大変だったと言ってますが
ドライアイス機内に持ち込んだんですか?
最低でも19時間半かかりますよ?
んで、現地でホテルついてももうドライアイスありませんよ。現地調達てですか?ご主人様がエクアドルに住んでるんですか?
買い物は1時間以上できませんが観光はできるんですか?

―――引用終わりーーー

では、返信です。

>熱被害がどうこう言ってますが夜は娘さんと交代で
ジェル交換?昼間はどうしてるんですか?


答:就寝中は、葵が眠っている時は私が葵のジェル交換をし、私が眠っている時は葵が私のジェル交換をします。

起きている時には自分で自分のジェル交換をするのは当然です。

>3年前エクアドルの飛行が大変だったと言ってますが
ドライアイス機内に持ち込んだんですか?
最低でも19時間半かかりますよ?


答;ドライアイスは一人当たり2・5キロ持ち込めます。
ただし、インチョン空港で乗り換え、その後オランダまで行き、その後エクアドルまで行ったため、実際にかかった時間は19時間よりずいぶん長くかかりました。

エクアドル行の最も大変だったことは、熱攻撃で頭を熱くされているのに冷やせない状態が続いた事です。
ドライアイスは時間と共に揮発しますので、長時間もちません。その上熱くなったジェルを冷やすため、ますます揮発が進みます。それでオランダに着いた時にはドライアイスは無くなっていました。

オランダの空港で、叩くと中の水分が出て冷たくなる物が売られていたのでそれを買って間に合わせました。ただしドライアイスほどの効果はありませんでしたし、在庫がすくなかったため、充分な数を買えず機内では熱さのあまりもうろうとなりながら、ひたすら我慢をしていました。

その上、もちろん、集スト被害もあったのです。
機内食は冷たく、犬でも食べないのではないかと思われる位の不味さで食べられませんでした。
隣の席の方に聞いたら、食べ物は温かいと言っていました。

普通ならそのままにはしませんが、もうろうとして何もできない状態では抗議することも大変で、ただただ耐えていました。幸い、食べ物を少し空港で買っていたのでそれで間に合わせることができた次第です。

>んで、現地でホテルついてももうドライアイスありませんよ。現地調達てですか?


答:ホテルではドライアイスを売っていません。
ホテルのフロントに頼んでドライアイス屋を探してもらい、ホテルに配達してもらいました。

>ご主人様がエクアドルに住んでるんですか?


答:その時私に夫はいませんでした。

>買い物は1時間以上できませんが観光はできるんですか?


答:外出1時間以内なら凍っているジェルを付けて行けば何とかなります。
1時間以上なら予備の凍っているジェルを保冷袋に入れて持って行きます。
2時間以上なら、ドライアイスを買わなければなりません。

間断なく熱攻撃をされている被害者には観光という概念が欠落しています。
エクアドルに行ったのも、観光ではなく攻撃が軽減されるかも知れないという淡い期待があったためです。
また、物価が安いということも重要でした。

エクアドルの人達は好感が持てましたし、元々私は中南米が好きだったので、被害者でなかったなら今もかの国にいたかも知れません。

けれども、テク犯被害者にとって安住の地はありません。
闘うしかないのです。

それでも外国へ行くことを考えているのは、経済的な理由からです。

2018/05/14 20:00に非公開コメントくださった方へ

ご心配ありがとうございます。
とっても嬉しいです。

偽被害者と言われて気分の悪くならない被害者仲間はいないでしょう。
私も、初めて誤解された時はショックでした。
ただ、その時は悪意のない、ご本人が苦しんでいる本当の被害者仲間だとわかっておりましたので、腹立ちはありませんでした。その方の誤解は技術的な知識不足のためだったので、その資料をメールで送りました。

でも、最近は加害者が被害者になりすまし、本当の被害者を偽物呼ばわりすることが多くなりました。

私はその手に乗らないように気を付けています。


いつもあなたの励ましに感謝しております。
本当に、ありがとうございます!

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク主催のフォーラムが開催されます。


広報チラシ

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/img/2018Forum1.pdf

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのHP

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/


人権 ブログランキングへ

権力に殺された二人の共演を、かわいい人形が実現してくれました。

永遠のふたりです。

LENNON Y VICTOR JARA

https://youtu.be/AUMbb9qbWCk


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (2)

アレン・ネルソンさんのこと

数年前、冊子で知ったアレン・ネルソンさんは、ベトナム戦争で上官からベトナム人は人間ではないと教えられ、洗脳されていたそうですが、戦火のなか、若いベトナム女性が出産するところに出会い、出産を手助けすることになり、ものすごい衝撃を受けたそうです。ベトナム人も人間なんだと。

それがもとで、彼は世界中に反戦を訴えるようになり、日本にも来て講演をして回られました。
彼が世界平和のために心底欲したもの、それは日本の憲法9条でした。


テクノロジー犯罪被害者仲間、大沼安史さん(ジャーナリスト)のブログにアレン・ネルソンさんの記事がありますので、ご紹介します。

〔拡散希望〕◆ ドキュメント、『9条を抱きしめて~元米海兵隊が語る戦争と平和』/ 故・アレン・ネルソンさんは言った。「みなさんとみなさんの子どもたちはこれまで憲法第9条に守られて来ました。今後はみなさんが第9条を守るために立ち上がり声をあげなくてはなりません」/ 「世界平和はここから、この部屋から、わたしたち一人ひとりから始まるのです」

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/5/index.html

スノーデンさんが亡命先に希望されていたエクアドルには9条と同じような憲法があるそうです。
ジャーナリストの伊藤千尋さんが書かれています。

(何年も前、テクノロジー犯罪の周知活動のヒントが欲しくて彼の講演会に行ったことがあります。その時質問の時間があったので、聞いてみましたら、ネットの威力がすごいからそれを利用するのが良いとのお答えでした。ただし、テクノロジー犯罪の存在をご存知なかったようでした。)

:

[佐々木 泰 行政書士日記]

https://blogs.yahoo.co.jp/kitamisyouzan/32888148.html?__ysp=5oay5rOVOeadoSDljZfnsbMg5Zu9

ーーー引用はじめーーー

 ガラパゴス諸島がある南米の国エクアドルは2009年、憲法の力で米軍基地を追い出した。
 97年の大統領選挙に立候補したコレア氏は、「私が当選したら米軍基地をなくす」と公約した。
 …(中略)…
 当選した彼は、新憲法を国民に提案した。その第5条は、こううたう。
 「エクアドルは平和の地である。外国の軍事基地は存在を許されない。エクアドルの軍事基地を他国の軍が使用することも禁じる」

ーーー引用終わりーーー

youtubeに伊藤千尋さんの最近の講演がありましたので貼りますね!


「ht20170506 UPLAN 伊藤千尋「いま、ヤバくないか、日本── 民主国家のはずの日本の土台が崩されて行く・・・──」

https://youtu.be/tJEOau4KPy0


人権 ブログランキングへ

早く本当の春が来ますように。

春の歌 スピッツ
https://youtu.be/94uxNQqmknk


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (5)

まちかど公共掲示板

昨日、ムラサキツユクサさんから[拡散希望]としてコメントが届きました。

それはコメント欄に公開されていますが、ブログにも行っていただきたいので一部を引用させていただきますね。


:

dramátic írony★(組織的つきまとい gang stalking in japan記録)
https://ameblo.jp/murasaki2923/entry-12374652107.html


―――引用はじめーーー


まちかど公共掲示板

?????02.jpghttp://machikado-keijiban.com/

『まちかど公共掲示板』とは、誰でも気軽に利用することが出来る画像投稿掲示板です。

全国47都道府県の各市区町村の主要スポットにバーチャル掲示板を設置していますので、各エリアに関連性の高い地域密着型の宣伝広告を行うことが出来ます。

イベント・催しの告知や店舗・商品の宣伝、求人、人探し、ペット探し、ペットの里親(飼い主)募集など様々な用途にご利用下さい。

ご利用に際しては、掲示板の利用規約・使用方法をよくご確認の上、マナーを守って行って下さい


ここにみんと@さん作のチラシを貼らせて頂きました

PDFファイルをJPGに変換してくれるオンラインサイト

PDFのままだと画像が表示されなかったので私はJPGに変換しました

https://smallpdf.com/jp/pdf-to-jpg

https://pdfcandy.com/jp/pdf-to-jpg.html

私が貼った分は、今日から13日から~14日くらいで自然に削除される設定です

私の地元石川県は全地域に貼りました

日本全国に貼ってみようと努力してみたのですが日本列島

貼ってる最中に、強い電磁波喰らってクラクラでヨロヨロになりました

ですので、他の地域の貼り具合には結構ムラがあります

被害者さんは、是非ともご自分のお住まいの地域の掲示板に貼ってみて下さい。


―――引用終わりーーー


私もやってみようとしましたが、わからない頁がでましたので、まちかど公共掲示板で検索しましたら、次が出てきました。

:
【公式】まちかど公共掲示板

@machikado_bb

:

15年前、テクノロジー犯罪の被害者であることを自覚させられた頃、何も情報が手に入らなかった頃のことを思うと雲泥の差があるなぁ、と思わずにはいられません。

ネット検索も邪魔され続ける中、やっと被害者の会(現NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク)の存在を知り、藁をもつかむ思いで被害者仲間と繋がることができた時、どんなに嬉しかったことでしょうか。

その頃は何がなんだかわからない状態でした。

今は沢山の情報があり、世界的な繋がりもでき、周知活動も沢山の被害者仲間が立ち上がってくださっています。

そして最近は周知活動の種類も増えています。

役場の掲示板や商店、郵便局、駅などにチラシやポスターを貼っていただく活動は、以前は私には考え付かなかったものでした。(ポスティングや街宣が最も効果があると考えていました。今ももちろん大事な周知方法です)

新たな被害者仲間達が辛い状況のなか、精力的に活動を続けてくださっています。
そして、それを写真に撮り、ブログで公開されています。


長年コツコツ精力的に周知活動されているプラムさん
http://ameblo.jp/ryou2009/


新規開拓 みんとさん
https://ameblo.jp/mint0726
(5回やってみましたが、リンクが貼れませんでした。m(__)m


そして今度は、ネット「公共掲示板」です。
そういう手もあったのか!
と、嬉しい驚きでした。

こういう活動は、本当に嬉しく、ありがたいです。

あまりに攻撃が酷くて起き上がるのも辛い状態にされている被害者仲間が沢山おられると思います。
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの登録者数だけでも2000名を超えました。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

被害はそれぞれ異なり、動ける方も動けない方も様々ですが、楽に生きられる被害者仲間はひとりもいないでしょう。特に仕事をしている方は泣き叫びたいほどの辛い思いをされているはずです。

そういう被害者仲間の辛さを思うと加害側に対する憎しみが沸き上がってきます。
どうしてそこまでするか!!!?

けれども、心配するばかりでどうすることもできません。

ツイッターでもメールでも、その方宛てに何かを言ってあげることも私にはできません。(個人的な繋がりは加害側の介入があるため、直接会う以外はできない状態です)

せめてそういう被害者仲間の近くに直接助け合える仲間がいてくださることを願うばかりです。

皆が1秒でも早く本来の生き方ができるように、

皆が幸せになれますように。

これは私達集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の悲願です。


人権 ブログランキングへ

久しぶりのビクトル・ハラです。

軍事独裁ピノチェト政権に、歌とギターで敢然と立ち向かったチリの英雄です。

Victor Jara El derecho de vivir en Paz

https://youtu.be/GssGeCif3fk



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (2)

ファラデーのこと

「ファラデーの籠」と呼ばれている電磁波遮蔽について検索してみました。

ファラデーケイジ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8

―――引用はじめーーー


ファラデーケージ(英語: Faraday cage)とは、導体に囲まれた空間、またはそのような空間を作り出すために用いられる導体製の籠や器そのものを指す。導体に囲まれた内部には電気力線が侵入できないため、外部の電場が遮られ、内部の電位は全て等しくなる。また、内部に電荷を持ち込むと、電荷はファラデーケージの表面に分布しようとするため、ファラデーケージの側に移動する。イングランドの物理学者マイケル・ファラデーが発見した性質であり、ファラデーの籠、ファラデーシールド(Faraday shield)とも呼ばれる.

電界や帯電量などを計測する為に計測器と組み合わせて使用されるほか、電磁波シールドの基本構造でもある。航空機や自動車などの金属製の乗り物に落雷があっても乗客が影響を受けないで済むのは、これらがファラデーケージとして働いて外部の電場を遮っているためだと説明できる

―――引用終わりーーー

私達テクノロジー犯罪被害者にとって、電磁波は大変重要な意味があり、被害者に物理の専門家がいないかあるいは隠されている理由はそこにあるのでしょう。

特に私など、物理も科学もほとんど無知といってよい知識のなさから、防御方法は手探り状態です。
今できている防御は被害者仲間から教えて頂いた知識が元になっています。

もし、熱攻撃の種類がマイクロ波であるとしたら、ファラデーの籠を部屋のぐるりに置けば、防げるということになります。

また、全ての被害者仲間にとって大変重要なマインドコントロールも、解決の道が見えるかも知れません。
ただ、こういうことを考えるのは、私が単に知識がないためかもですが・・・。

テクノロジー犯罪の重要な装置を作ったロバート・ダンカン博士がそれを防御する装置を作っていないか、あるいは存在するのに公表しない(できない?)のはつまり、ファラデーの籠では防御できない可能性もあります。

ただ、この犯罪の主犯たちが攻撃されないための装置を持っていないはずがないと思うのです。そうでなければ、安心していられないですからね。遠隔から心筋梗塞や脳梗塞をおこすことができる装置を防ぐことができなければ、殺されてしまいますから。

ロバート・ダンカン博士がインタビュウに答えて
「遅すぎる」
と言ったのは、防御装置があると言ったら殺すと脅されていたか、あるいは博士はその装置の存在を知らなかったか、のどちらかであると思います。

脳侵略者③

https://vimeo.com/119029616


研究に熱心なあまり倫理観を無くしてしまっている科学者が多い中(だからテクノロジー犯罪がうまれたのです)、ファラデーの生き方は素晴らしいものでした。

マイケル・ファラデー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%BC

ーーー引用はじめーーー

クリミア戦争 (1853–1856) の際に政府から化学兵器を作ってもらえないかという要望がきたとき、倫理的な理由からこれを断わった[42]。彼は机をたたいてこう言ったという。「作ることは容易だ。しかし絶対に手を貸さない!」

―――引用終わりーーー


人権 ブログランキングへ

今回も被害者仲間、Jeanさんの曲です(^^♪

ダブルゴースト

https://youtu.be/AXRO5T4eMkI


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

ブログ紹介(デモ報告とチラシ)

5月5日新宿デモ参加された方の報告がありました。

「ベガのブログ」

デモ報告
https://ameblo.jp/vega521/entry-12373858432.html

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、常識では考えられない類の犯罪ですので、この犯罪をなくすためにはまず、多くの方に知っていただくことがとても重要です。

今までに何人もの被害者仲間が周知チラシを工夫しながら作ってくださいました。
その一部をベガさんがまとめてくださっていますので、参考になさってください。

ダウンロードできるようになっているため、印刷を注文する時に便利です。
コンビニのコピーだと1枚5円で片面だけですので印刷業者の方が安いです。

以前、表カラー、裏白黒で5000枚注文した時1枚あたり2円位でした。
印刷業者や枚数によっても値段は違ってきます。(今は高くなっているかも知れません。)
(業者はネットで検索するとでてきます。)


幾つものチラシをベガさんが紹介されています。

周知チラシ
https://ameblo.jp/vega521/entry-12326491044.html


人権 ブログランキングへ

今回も私の好きな歌です。

スピッツの「空も飛べるはず」

https://youtu.be/h-kQw4JqCHE



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (6)

5月5日新宿デモは無事終了したそうです。

何よりも、無事行われたことを喜んでいます。

企画・計画・実行最後まで実行委員の方々のご苦労は大変だったと思います。

ただでさえ、加害側の攻撃にさらされ、心身共に辛さを抱えながらの作業ですので、大変でないはずがないんですね。
本当に、お疲れ様でした。m(___)m

参加されたすべての被害者仲間に感謝致します。


近いうちに動画など含めた報告が出ると思います。

今回は無事終了したとの報告をUPしてくださったブログのURLを貼らせていただきますね。

組織的嫌がらせ被害者有志の会
https://ameblo.jp/stopshusuto/entry-12373938396.html


人権 ブログランキングへ

:

久しぶりにメキシコの歌をどうぞ(^^♪

十代の頃から大好きだった「ツバメ」です。


https://youtu.be/4DeZNjQ4uvw

:

つばめ


南の国を離れて ツバメはそよ風と共に

今年も我が町を 目指して飛んできた

苦しみ悩みを乗り越えた姿 ああ、ツバメ、ラゴロンドリーナ

涙を風に投げ捨て 雄々しく飛び回れ


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (2)

5月5日、新宿デモのお知らせ

twitterの方では何度もお知らせしてきましたが、ブログでのお知らせをうっかりしていました。

明日こどもの日に新宿で、集団ストーカー犯罪周知撲滅のためのデモが行われます。


ーーーアインさんのブログ⇒「集団ストーカー犯罪ウォッチング」ーーーより引用はじめ

http://sshu369.blog.fc2.com/blog-entry-135.html


◉主催 [組織的嫌がらせ被害者有志の会]

       協賛 ・・・・・集団ストーカー犯罪防犯パトロール(ACP)
     ・・・・・集団ストーカー被害者の会ネットワーク

         ・・・・・テクノロジー情報&勉強会

         ・・・・・横浜ポスティングチーム

         ・・・・・GSCバスターズ        

 


☆デモ実施日  2018年5月5日(土)

☆集合場所   柏木公園(東京都新宿区西新宿7-14)

☆集合時間  13:30   出発時間 14:00


―――引用終わりーーー

奮ってご参加くださるようお願い致します。

攻撃が酷いため、経済的な理由のため、体力的な問題のため、いろいろな事情で参加できない被害者仲間が多いと思います。私自身も参加できません。

参加される方も大変な思いをされながらの参加になると思います。

どうぞお気をつけて、参加できない被害者仲間の分も頑張ってくださいませ。

多人数でのデモはとても目立ちます。

デモの成功を祈っております。



人権 ブログランキングへ

Jeanさんの「SORA」です(^^♪

https://youtu.be/5k7cyYHFQ9U



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »