« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月29日 (日)

コメントへの返信(影の政府)

頂いたコメントへの返信は、管理ページではなく、普通のコメント欄からしています。先程コメントができなくなって(されて)いますので、こちらからコメントします。

もし、コメントをくださる方に同じことが起きた場合は、私のツイッターの方にお知らせくださいませ。

アカウントは

@sanina327

です。

夕闇さんへの返信ができませんでしたので、こちらからさせていただきますね。

夕闇さん、コメントありがとうございます。

頭を圧迫されるのは辛いですよね。
それを避ける方法がわかればいいんですが・・・。

被害者仲間にはとても頭の良い方々がいらっしゃいますが、具体的な情報を公開してくださっていても、加害側が商品をすり替えたりしますので、お金をなくすだけの結果になることもあります。(超音波を防ぐカムルーンシートでやられました。)

欝状態の時には、何もしたくなくなって動くのも大変ですが、だるくても何でもとにかく体を動かすと良いようです。私の場合は洗濯や皿洗い、お風呂のタイルの目地をきれいにする、などが多少効果があります。水を使うのが良いのかも知れません。体を動かした結果、きれいになると気分も良くなりますし、ちょっと打ち勝った感があって気分が良くなります。

体がだるい時には膝の内側を押すと痛みがありますので、そこを指圧すると多少楽になります。

政治のことですが、
「日米合同委員会」というのがあり、米軍幹部と日本の高級官僚が毎月会合をし、日本の方針を決めるのだそうです。

米軍幹部と日本の官僚が進路決める「日米合同委員会」の存在│NEWSポストセブン

https://www.news-postseven.com/archives/20150316_307594.html?PAGE=1#container

「影の政府」と言われているそうで、私は最近まで知りませんでした。政治家は選挙次第ですが、官僚は辞めずにいられますのであちら側としては都合が良いのでしょうね。

そういうことなら政府は実は意思など持っていないのかも知れません。
もし、テク犯組織が関わっていれば益々操り人形ということになります。
自分を客観的に見ることができ、限界を知っていて、つまらないプライドに左右されず、何よりも本当に国民の幸せを考えられる政治家なら望みがありますが、自分を全能だと勘違いしている場合は、もうどうしようもないですね。

選挙が正しく行われるなら、日本にもまだ望みはあると思いますが・・・。


人権 ブログランキングへ

30年以上前に流行った歌ですが、
まぁ、なんと言うか、グループ名もいただけないなら、内容も「ストーカー!」と仰る方も。

でも、そういうことを無視して、単に音として楽しむ分にはヨイかもですね。

The Police - Every breath you take lyrics
https://youtu.be/_wsMEj2ZfW8


::


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (4)

2018年4月25日 (水)

テクノロジー犯罪 熱攻撃の影響

娘の葵も25歳になり、もはやかわいいかわいい保護しなければならない存在ではありません。

普通ならとうに家を出ているはずの年齢ですが、二人ともテクノロジー犯罪の被害者にされていますので、普通の生活ができないようにされています。それで別々に暮らすことはできないのです。

:

被害は多岐に渡りますが、特に私達の場合、熱攻撃が激しいため、外出が本当に面倒です。

14年前から始まった熱攻撃は、始め37・2度くらいでした。

それが次第に熱さが増して、今は何度あるのかわかりませんが(温度計を操作されるため正確な体温が測れません)顔のすぐそばで火が燃えているように感じる事が多くなりました。

そうでない時も常に熱く、保冷しないではいられません。また、保冷しても目が熱く、白内障の症状が増えたり減ったりしています。*注1

*注1: 白内障の症状(黒い小さなごみのような物が見える)が増減するということは、熱によって悪くなった症状を加害側が時々治療していると考えられます。このような書き方しかできないのは私に記憶がないからです。


買い物でスーパーに行く時異常に長くかかることがありますが、 そういう時にやられているのでしょう。記憶を消してしまえば(*注2)こちらには誰がどこでどのように私にかかわったのかわからず、加害側のやりたい放題です。


注2:[「脳から特定の記憶を消去」に成功:タンパク質の操作/マイクロ波等の照射が記憶に影響]
https://wired.jp/2008/11/01/%E3%80%8C%E8%84%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E7%89%B9%E5%AE%9A%E3%81%AE%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%82%92%E6%B6%88%E5%8E%BB%E3%80%8D%E3%81%AB%E6%88%90%E5%8A%9F%EF%BC%9A%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA/

普段は保冷ジェルが凍っているのをつけるなら1時間持つのですが、30分しか持たない時もあります。

それがどう影響してくるかというと、睡眠時の保冷交換のため片方が起きていなければならず自然な生活ができなくなります。(私の睡眠時間はめちゃくちゃで、イスで眠っていることも多いです)

長時間にわたる外出も簡単にできません。

買い物は1時間以内に済ませるようにしています。

もっと時間がかかると思われる時には保冷バッグに凍った保冷ジェルを入れて持って行きます。(最少は180×6で1キロ以上になります)また、それを持ってお店に入る時はレジでバッグのファスナーを開けて中身が店員さんから見えるようにしています。それも普通ならしなくて済むのですが、とにかく疑われるような要素はできるだけなくす必要がテク犯被害者にはあるのです)

2時間程度ならそれでなんとかなりますが、それ以上ならジェルを冷やすためのドライアイスを買わなければならず、ドライアイス屋さんは件数が少ないため、あらかじめ外出途中で買える所にあるかどうか調べておき、買えないようなら前日に配達してもらいます。ドライアイスはお店や地域によって値段が違います(1キロ400~500円位のお店が多いです)配達してもらう場合は5キロ以上で注文できますので、2500円+送料がかかります。
翌日にはドライアイスは少し軽くなってはいますが、たとえば4kになっていたとしても、手で持ち運ぶのは楽ではありません。防御のためのジェルもあるのです。

それでも日帰りできる場合は頑張ればなんとかなります。

それが宿泊するとなると大事です。

葵のスクーリングで2週間ホテルに泊まったことがあります。

毎日10キロのドライアイスが必要でした。つまり、5000円です。その時は送料がかかりませんでした。

2日目の配達時、ドライアイス屋さんはあと何日必要かを訪ねてくれて、10日ですと言ったら1割引きにしてくださいました。けれども、それでも45000円かかったのです。

ちなみに、その時の飛行機での往復時、ドライアイスやジェルの件で税関や航空会社から何も言われませんでした。海外へ行く時だけ難癖をつけられました。

細々と書きましたが、そういう状況ですので、12時間飛行機に乗るとなると、大変なことになります。

飛行機にはドライアイスを一人当たり2・5キロしか持って行けず、水分の入っているジェルは100ml以内の物を10個までと決められています。その上、ジェルは製造会社が100ml以内の表示をしていないものは無効と福岡空港の税関係員に言われました。(公式発表では下線部分の記述はありません)

時々熱攻撃される状態でしたらそこまで面倒ではないでしょうけれど、常に熱攻撃があり、保冷無しではいられない場合は、保冷できない状態は死活問題になります。脳細胞は熱に大変弱い臓器です。

3年前、エクアドルへの飛行が恐ろしいものだったため、 もう二度とああいう思いはしたくない、という思いがいろいろな可能性を閉じさせています。

こういうことは自覚ある被害者だけでなく、この犯罪を知らない人達に対しても都合よく行われているかも知れません。その結果、罪のない人達が悲しい思いをし、不幸に落とされている可能性は多々あると推測しています。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪が社会を悪くしていると考えられるのは、完全犯罪が可能で、それに気が付いていない人がまだ多すぎるためです。

この犯罪の恐ろしさを理解する人が増えれば、とうてい黙ってはいられず、声を上げるでしょう。

その時世界は良くなり始めると思います。

参考: 保冷に使っている物

保冷ジェル入りベルト;180g×53個
保冷枕;13個
二層式保冷枕の薄いほうのジェル;5個
氷枕
保冷棒
保冷枕を包むフェイスタオル:14枚、サラシを縫ったもの:8枚
冷凍庫;104ℓ、冷蔵庫の冷凍部分

ジェルを補修するとき使うシーラー、ポリエチレン袋


人権 ブログランキングへ

Jeanさんの曲には哀愁が漂い、なぜか癒されるのです。
再生回数を増やしたいのでURLをクリックしてyoutubeのほうで聴いてくださいね(^^♪


ダブル・ゴースト

https://youtu.be/AXRO5T4eMkI


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (5)

2018年4月22日 (日)

嬉しい電話

しばらくブログを更新していなかったためか、先日ある被害者仲間から電話をいただきました。

以前にも心配して電話をくださったかたなので、今回も気にかけてくださったのだと思って嬉しかったです。

その方とは何度も一緒に街宣をしたことがあり、気にせずに被害を話し合えるため、ストレスが溜まっていた時だったこともあり本当に嬉しいことでした。

テンダーさん(鹿児島の山中でダイナミックラボを主催している方)のことをお話したら、大変興味を持ってくださって、では一緒に鹿児島に行きましょう!という話になりました。

楽しみにしていましたが、今日、流れてしまいました。

原因は私のほうにあり、娘が山を嫌がって行きたくないと言ったためです。

私が産んだ娘ですが、私達の好みは大分異なっていて、私は山が大好き、娘は家の中で読書をしていれば幸せ、なので、私の(山で自給自足という)夢はこの犯罪がなくならない限り見果てぬ夢で終わるでしょう。

娘はもう大人なのに私一人で行くことができないのはテクノロジー犯罪のためです。

詳しいことについては次回書きますね。

ご心配くださっている方々に安心していただくため、今回はとにかく更新することを第一にしたいと思いますm(___)m

:


人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (2)

2018年4月 4日 (水)

お願い

しばらく更新もコメントへの返信もできないでいますが、倒れてはいません。

今もお腹をやられていて元気が出ませんので、なかなか思うようにはいきませんが、少しずつ書いていきますね。
気を長くしてお待ちくださいませm(___)m

| | コメント (8)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »