« 質問コメントに答えて | トップページ | またもや加害側の介入・離間工作 »

2017年12月 1日 (金)

家を売ります

海外渡航のために下関の家を売る必要がでてきました。

不動産屋さんへ依頼する前に、ブログを読んでくださっている方でご希望があれば買っていただきたいと思います。

築38年ですので新築に比べて相当安くなります。価格は不動産屋さんに聞いてみて、ご希望の方とはご相談の上決めたいと思います。

場所は下関駅から3Km位、バスの便が良いです。バス停から徒歩3分です。

戸建2階建て、4LDK、(和室6畳×2、洋室7.5畳、8畳)、とても小さな庭付き、駐車場無しですが近隣にあります。

急な坂の途中ですので足の弱い方には向きません。

壁はリフォーム済みです。

ご希望があれば、以下の家具を差し上げます。

ガスコンロ3口、冷蔵庫、冷凍庫(4年使用)、二層式洗濯機(3年使用)、照明器具、エアコン(3年使用)、ソファ、折り畳み式ベッド(3年使用)、椅子4脚(年数の書かれていないものは古いです)。

よろしくお願い致しますm(__)m

:

人権 ブログランキングへ

コメントは10月1日22時から公開性に戻しました。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

|

« 質問コメントに答えて | トップページ | またもや加害側の介入・離間工作 »

コメント

お久しぶりです。
以前に広島でお逢いした者です。
海外に移住されるのですか?
それとも一時的な旅行ですか?
いずれにしても、行った先でのストーカーなどには気を付けてください。
おそらく、統一協会かSGIの関係者が関わっていると思いますので。

投稿: twentymaster | 2017年12月 1日 (金) 22時56分

twentymaster さん、コメントありがとうございます。

懐かしいですね~~~(^^♪
お元気でいらっしゃいますか?

広島街宣ではお世話になりましたm(__)m
資格を沢山もっていらっしゃるので、私としては珍しく良く覚えております。

海外へは経済的理由と、日本の政治状況があまりに酷くなってきているので子供を守れなくなると考えてのことです。この先、緊急事態法が成立すれば、いつ戦争になってもおかしくありません。

旅行なら、いいんですけどね。
テク犯被害者にはそんな余裕はありませんよね。
本当に渡航できるかどうか、また加害側に邪魔されるのではないか、そちらの不安の方が大きいです。

投稿: サニナ | 2017年12月 2日 (土) 11時17分

2017/12/02 3:27 非公開希望さん

コメントありがとうございます。

7月10日に渡航しようとした時、コメントへのお返事で書きましたように、旅行ではなく、移住のためです。

本当はこの歳になってどこへも行きたくはないのです。
私の望みは山の中で静かに暮らすこと。日本には元々素晴らしい環境がありました。もし私ひとりなら、どこへも行かず
今でも山の暮らしができるのですが、こどものことを考えると、それはできません。

あなたは放射能汚染についてご心配ではないですか?放射能汚染は日本中を覆っていますし、政治は戦後最悪で危険な状況です。

テク犯被害者でなくても、若い人にとって日本はとても危険な国になっています。緊急事態法が強行採決されたら、もう、日本はおしまいです。

投稿: サニナ | 2017年12月 2日 (土) 11時57分

長く住んだ家を売る決断、さぞかし悩みに悩んだと思いますから尊重します。
今度こそ脱出がうまく行きます様に・・(祈願)

それから脱出先をまだ選び中なら良ければこちらを参考に、なんたら学会が世界各地にどれだけいるか。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121464731
勿論、日本より外国の方がマシと思いますが。
(もう日本はダメだわ、右翼や保守はみーんな内側にいるカルトにダンマリで憂さ晴らし対象みたいに野放しにされてる他カルトばかり叩き誤魔化してる)

投稿: 夕闇 | 2017年12月 2日 (土) 12時26分

夕闇さん、コメントありがとうございます。

貼っていただいたURLへ行ってみました。ありがとうございますm(__)m参考にさせていただきますね(^^♪

投稿: サニナ | 2017年12月 2日 (土) 15時29分

サニナ様へ 今晩は お返事ありがとうございます…私からのコメント内容で何か気分を悪くしてしまう言葉が、もし ありましたら失礼しました…ちゃんとした考えを持っての渡航ですからサニナさんを応援するしか方法はありません…日本にいる間の準備を頑張って下さい、普通ではない被害がありますから大変と思います、頭を冷やすなど防御が面倒で大変ですよね 忘れずに冷やしたりしながら機内で気を付けて!!渡航先での出来事をTwitterやブログで知らせて下さい 心配していますし大丈夫なんだ、と安心もしたいのでお願いします…それでは又…

投稿: NAです | 2017年12月 2日 (土) 23時48分

こんにちは、以前渡航されるときにコメントしましたmomo29と申します。もしかしたらHNが違ってるかも撮れませんが、Twitterもやってます。twitterはmmfukuです。今度は家まで売り払って渡航されるということは、もう日本に戻ることはないということですね。私もすぐにでもこの国を脱出したいですが、母が寝たきりのため決心がつきません。この国本当におかしくなってます。
移住するにもどこへ行けばいいのか決めかねてます。アメリカ在住の被害者さんとメールのやり取りしてますが、日本でこの犯罪に係っていると言われている団体が複数の大学を経営してたり、かなり浸食されてしまってるようですね。サニナさんはどちらに行かれるのですが?国名がダメなら地域だけでも教えて頂けませんか?私も海外移住を視野に入れてるのでねぜひ参考にしたいのです。こちらに書けないなら、メールでも結構です。

投稿: mmfuku | 2017年12月 4日 (月) 12時52分

NAさん、コメントありがとうございます。

大丈夫ですよ(^^♪
気を悪くなどしません。
NAさんが私達のことを心配してくださってのことだとわかっておりますので、ありがたいと思っていますm(__)m

もし渡航できたら、様子をどんどん書いていきますね(^^♪

投稿: サニナ | 2017年12月 5日 (火) 00時20分

mmfukuさん、コメントありがとうございます。

移住先は未だに決まっていないのです。
毎日毎日ネット検索しているのですが、情報は限られていますので、なかなか決定打がありません。

私達の場合、消去法で行くしかなく、はっきりしているのは、アメリカとイギリス、ドイツ、フランス、アフリカ、中南米へは行かないということです。

マレーシアは捨てがたいですが、私達は熱攻撃が大変なので、暑い国はやはり避けた方が良いかと思います。マレーシアにはキャメロンハイランドがあり、涼しく過ごしやすいらしいですが、余裕のある人向けのようです。

日本人被害者でアジアに暮らしている方の情報が欲しいのですが、今のところ皆無です。

海外移住はテク犯被害者の場合簡単ではありませんので、あまりいらっしゃらないんでしょうね。行っても帰ってくる場合がほとんどだと思います。
加害側は私達を日本に閉じ込めておきたいでしょうから、海外へ行くとガンガンやられます。でも、その後はどうかやってみなければわかりません。

ドイツにいらしたモクレンさんはドイツの方がずいぶん楽だと書いておられましたし。(モクレンさんのblogは数年前から止まったままです)

お母様のことを思うと行動が大きく制限されますね。
攻撃の中、介護やら何やら大変だとお察しいたします。

もし、無事に渡航できましたら、ブログとツイッターで様子をお知らせしますね。

今回こそ無事渡航でき、少しでも希望が持てる状態になれるよう願っています。

お互いに、希望を捨てずに行きましょうね!

投稿: サニナ | 2017年12月 5日 (火) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 質問コメントに答えて | トップページ | またもや加害側の介入・離間工作 »