« 街宣報告 | トップページ | 下関街宣音声公開 »

2017年11月 5日 (日)

加害側の罠

(「加害側の罠」は下方にあります)

2017/11/04 13:13, と 2017/11/04 14:53 に非公開希望のコメントくださった方々へ

コメントありがとうございます。

はい。次回お会いできるのを楽しみにしております。
集ストされながらお仕事をされている方も次回参加予定ですので、お二人にとって とても良いことだと思います(^^♪ 

ポスティングは下関ですが、避けたい場所などありましたらお知らせください。
(下関は地元ではありませんので前もって調べておく必要があります。)

:よろしくお願い致しますm(__)m


3日の街宣についてイトトンボさんが書かれていますので、まず、ご覧ください。

イトトンボさんのブログ
https://ameblo.jp/006itotonbo/entry-12325534765.html


ーーー引用はじめーーー


イトトンボ集団ストーカー被害者のブログ

それは、ある日突然にターゲットに対して、集団ストーカーが実行される。ターゲットのすべてを調べあげた後に、実行される。


はじめての街宣・下関


NEW!2017-11-04 16:21:00


昨日、はじめて街宣に行って来ました。
1回目2回目と流れ、3回目は「あるやろう」、と思いながら開始時間の15分前には集合場所に行きました。

ん~?。それらしい人がいない。


街宣が無くても懇親会は、やる、との事だったので日が射してる上の広場で待つ事にしました。


主催者の方のブログにコメントするも音沙汰無し。あるのか無いのか、とうなのか?と思いながら上から下の通路を覗くと、いました~!それらしき人々。


――――引用終わりーーーー

事実と違う部分がありますので、指摘しておきたいと思います。

この犯罪の被害者にされてから、小さなことだからと放置しておいたら良くない結果になることを学びました。

私は普段、明らかに偽被害者だと思っても、他言しないようにしています。
それは、断言できない場合は言うべきではないという考えからですし、もし、断言できたとしても、その人がマインドコントロールされている可能性もあるからです。

6年前に一度ある偽被害者について事実を公表してから、自分が徹底的に主張していく性格ではないことに気が付きました。今でも、自分の主張が正しかったと思いますし、それを証明しようとすればできるだけの根拠があります。けれども、元々の性格か、それとも加害側にマインドコントロールされて面倒になっているのか、はっきりしませんが、実行していません。他のことなどから考え合わせると、多分後者だと思います。

それでも、今回はほかの被害者仲間にも関係していることですのではっきりさせるべきと考えました。

以下はその事についてです。


:イトトンボさんへ

先日はお疲れ様でした。

昨日公開されたブログを拝見しましたら、15分前に現地に行かれたとのこと。
私も15分前には現地におりました。
メガフォンを積んだカートのそばに。

当日イベントをしていたauの責任者の方と話をしていたのです。
お互いに警察の許可書を見せて、挨拶をしていました。

そこで私はイトトンボさんを見かけていません。


皆さんが集まったのは1時を過ぎていましたが、皆さんの集まったのをご覧になったということは、私が15分前にいたのも同じ場所でしたので、本当にご覧になっていたのであれば気が付いたと思いますよ。

また、帰宅してから見ましたら、ブログへのコメントは12時57分でした。

その時刻に私は現場にいましたし、開始時刻前には街宣の準備中ですので、ブログをみることはありません。

どうしてイトトンボさんは、私が現場にいないということにしたかったのでしょうか?

懇親会でご自分の名刺を皆さんに渡して、皆さんの個人情報も受け取られていましたが、名前と住所の手書きは白紙委任状として悪用されることがあります。

私はうっかりしていましたので、見過ごしていましたが、次回、ポスティングの時に皆さんからお渡しした個人情報の書かれた紙をお返しください。

もしそれができないのであれば、イトトンボさんは加害者と言われても仕方ないですよ。
イトトンボさんもご存知なく、あのようになさったのでしたら、なおさら、加害者に悪用される恐れがあるので、ご本人にお返しください。また、捨てたというのは言い訳になりません。本当の被害者であったら被害者仲間の手書きの物を捨てるはずがないからです。

あなたが潔白であることをそうすることで証明してください。
イトトンボさんが感じの良い方ですので、このようなことを書きました。もし、偽被害者だと断定していたら、無視するところです。


なお、郵送はしないでください。紛失ということが無きにしも非ずです。
あくまでも、直接ご本人にお返しくださるようお願いします。

「加害側の罠」

加害側の罠はいろいろありますが、今回は①に関連することを書きます。

①白紙委任状

②離間工作

a. 電話

b, メール 手紙

c. ブログ、ツイッター

d, 偽被害者の工作
 

白紙委任状

白紙委任状に関しては、印鑑証明添付で法的に受任者が書く内容が有効となるようですが、手書きの住所氏名だけでも有効な場合があると聞いたことがあります。

もし加害側が被害者を騙して白紙委任状を取った場合、どう利用するかは、私にはわかりませんが、いずれにしても、気持ちの良いものではありません。

テク犯被害者は、特に、注意したほうが良いですね。



人権 ブログランキングへ

:

今回公開したかった街宣の音声記録ですが、まだ、公開できていませんm(__)m
今日も駄目でしたら、次回更新時に、今回使った街宣原稿を公開したいと思います。



pencil

コメントは10月1日22時から公開性に戻しました。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

|

« 街宣報告 | トップページ | 下関街宣音声公開 »

加害関連情報」カテゴリの記事

コメント

「加害者側の罠」を読んでビックリしてサニナさんに電話しましたが電源がが入ってないか~のメッセージが流れ繋がらないので、自分も個人情報メモを被害者さんから受け取っていたので、自分もお返ししたが良いかと思いS氏とT氏に連絡、S氏とは連絡が取れて次の街宣には動ける限り行きますと話しました。
その後も気持ちのモヤモヤは持続するから疑心暗鬼の中、イトトンボ氏に電話し話をしました。自分でも疑問に思う点が1つあったので聞いたところ「工作員注意」でなくて「偽者注意」と書いてあるとの返事で納得。
それと、街宣当日の件について書きます。
集合時間は13時で絶対に遅れてはいけないと心掛け、エデイオン?駐車場に車を置き歩いて行きましたがサニナさんには気付かずに携帯販売ブース前を素通りし駅の方へ向かい、咳の嫌がらせを受けたが制服が変わっていたので少し喋りました。駅近くまで行きましたがサニナさんは見当たらないので、今日も空振りかと引き返し喫煙所前の店舗入口近くで、被害者が気付けばと集団ストーカーのチラシを違和感のない持ち方で立ちましたが、もう一度捜そうとウロウロするとブースの横にサニナさんを発見!嬉しかったですよ。これが出会いまでの流れです。
今回のことで感じたのは入会の条件は厳しくて良いから信頼出きて、工作員を排除した信頼に値する団体に入っての被害者交流が身を守ることになると感じました。
最後に以前から何回も経験した事ですが、一度疑念が生まれると取り払うのに勇気も要りますし、疑ったり疑われると其処まで無理しての交流は必要ないという気持ちになります。これを書くと「工作員はそれが狙いだから」と言われるのもわかっているのですが。
誤字、脱字や書き込み内容を不快感を与えましたらお許し下さい。2017年11月7日AM820
m(__)m

投稿: 太陽 | 2017年11月 7日 (火) 08時23分

太陽さん、コメントありがとうございます。

私の記事で不安なお気持ちになってしまったようで、申し訳ありませんでした。

ただ、私自身、今まで数回不審なことをされた経験があり、他の方が同じ思いをされないようにとの思いから書いた記事でした。
それについては近いうちに書かなければならないと思っています。

もし、これが被害者同士ではなかったなら、余計なお世話ということになるかも知れませんが、もしそうだったとしても、書かれた情報を盗まれることもあります。

私は長崎での街宣時、新聞記者さんがご自分のお名前と電話番号を書いたメモをくださったのに、帰宅した時にはもうなくなっていた、という経験があります。それには住所がなかったので、悪用される心配はないと思いますが、加害側は簡単にそういうことができます。

先日の街宣の時、そのことについて全く思いだせませんでした。知識としてあったにも拘らず、おもいだせなかったのです。これはテク犯側の操作によるものでしょう。

ですので、これからは、兎に角住所氏名は印刷したものか、それとも、他の方に代筆していただくか、という方法を取るように、皆さんに自覚していただきたいと思います。

イトトンボさんのブログによると、どうも事実認識のずれが大きいため、それについては後ほど記事にするつもりです。


電話の件ですが、街宣の数日前にスマホが充電できないようになり、新しいスマホを買いました。SIMカードが合わないために、まだ電話が通じません。当日はその新しいスマホを持って行ったので、やり方が良く分からず、動画撮影を失敗したのだと思います。

近いうちになんとか使えるように娘がすると思います。

ただ、ご存知のように、加害側の介入が酷いため、私からは電話やメールはしない方針です。ブログのコメント欄でお願いします。非公開希望と始めに書いてくださったら、公開はしませんので。
よろしくお願い致しますm(__)m

投稿: サニナ | 2017年11月 7日 (火) 21時49分

サニナさんコメントありがとうございます!
電話だと簡単に済むことが文字にすると凄い時間と労力が要り不便ですが、元を辿れば加害者側の嫌がらせに起因しているのですね。
書き込みに誤りがありましたから訂正をさせて下さい。
S氏ーA氏へ。それと次回の下関の集まりは街宣でなくてチラシ配布予定で勘違いでした。すみません。
今回の件で街宣を主催するに当たり、本物の被害者の安全を守るために書き込みをされた事、良く理解出来たし非常に共感しました。
サニナさんありがとうございます。
m(__)m

投稿: 太陽 | 2017年11月 8日 (水) 05時47分

太陽さん、コメントありがとうございます。

まっすぐに理解していただけて、嬉しいです(^^♪
太陽さんが街宣に参加してくださると、なんだか安心します。遠方からで、体力的にも楽ではないと思いますが、これからも参加していただけるとありがたいです。

テク犯攻撃が酷くなっているようですが、私の場合ですと、街宣をすることによって、死にたいほどの攻撃がなくなりました。
ある被害者仲間は、心臓を酷く痛めつけられ死ぬ思いをしたそうですが、街宣を何年も続け、3年前にはほとんど攻撃がなくなったとのことです。
個人差があるかもですが、どちらにしても攻撃されるなら、周知活動を少しでも多くする方が、腹の虫の居所が良くなる、と思っています。

もう長くはない命ですので、できることをしていきたいですね。
これからもよろしくお願い致しますm(__)m

投稿: サニナ | 2017年11月 8日 (水) 14時35分

こちらこそ宜しくお願いします。
m(__)m
今回の件で学んだことは、被害者間で疑問に感じたことは、その都度解消する努力をした方が良いのかと思いました。
書き込もうとすると広告画面が出現して妨害します。ここで失礼します。

投稿: 太陽 | 2017年11月 9日 (木) 21時05分

太陽さん、コメントありがとうございます。

本当に、学ぶことは多いですよね。
自分がこの年になっても知らないことが山ほど、というか知っていることはわずかなんだと思い知らされています。
そのせいでしょうか。未だにどこか若い感覚がなくならないのです(笑)

投稿: サニナ | 2017年11月11日 (土) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 街宣報告 | トップページ | 下関街宣音声公開 »