« テクノロジー犯罪について 解説動画 | トップページ | コメントへのお返事にかえて »

植草一秀氏の演説

日本に冤罪は珍しいことではなくなりつつありますが、冤罪に陥れられる人には2種類あると考えられます。

①国家権力にとって都合の悪い人

②普通の人=利用するのに都合の良い人

大学教授だった植草一秀氏は①に当たる方です。

身に覚えのない冤罪をかけられ、職を奪われ、散々な思いをさせられながらも 敢然と立ち、勇気ある発言をし続けている方です。

どうぞ次の動画をご覧になって、どんどん拡散してくださるようお願い致します。

②に当たる人は私達一般庶民です。テクノロジー犯罪被害者も一般庶民でした。それが、加害側の勝手な都合により、人生をめちゃくちゃにされ、自殺者が後を絶たないほどの攻撃を受けています。

また、自覚のないテクノロジー犯罪被害者は自覚ある被害者の何倍存在するか、わかりません。想像以上であると考えられます。その中には末端加害者も含まれています。

どういう人が自覚のない被害者にされているかは、次回記事にしたいと思います。

(なお、コメントをたくさんいただいていますので、質問等への返信はまとめて近いうちに記事にしますので、しばらくお待ちくださいませm(__)m



【植草一秀氏】共謀罪施行に抗議する新宿駅包囲集会



2017/07/11 に公開


2017年7月11日に施行された共謀罪に抗議し廃案を求める”共謀祭”より、経済学者の植草一秀さんが「アベノミクスの破綻」、「自身の冤罪」、又、安倍政権を倒すための、次期国政選挙における投票行動など強く訴えておられました。
主催:一般有志の会


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

pencil

コメントはすべて非公開にしています。
お名前、HN,メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。
直接返信はしませんが、質問などは記事にお返事するように致します。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、記事での反応がない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログを、

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


|

« テクノロジー犯罪について 解説動画 | トップページ | コメントへのお返事にかえて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テクノロジー犯罪について 解説動画 | トップページ | コメントへのお返事にかえて »