« ポーランドのテクノロジー犯罪報道 | トップページ | テクノロジー犯罪組織が被害者を殺さない理由 »

睡眠時間の問題

あからさまなテクノロジー犯罪攻撃を受けていなかった頃は、1日の睡眠時間は7時間が最適でした。
13年前からはそれが崩れてきて、娘にも熱攻撃が始まってからは娘の眠っている間保冷交換するためにずっと起きているようになりました。

そのため、私の睡眠状況はめちゃくちゃで、娘の起きている時、いつでも眠れる時に眠っています。
5時間位続けて眠ると起きた時に大変なので*2~3時間位で起こすように娘には言っていますが、いくら起こしても起きないこともあるそうで、敵側の操作は強力です。

*いつも同じではありませんが、もうろうとして動けない、全身が固くなっている、腰痛で起き上がれない、などが主にあり、いつも決まっているのは頭が相当熱くなっていることです。

起きて必ずする事は目薬を点す(熱で乾いてしまうため)、うがいをする(熱でのどが乾くため)、保冷ジェルを付け替える事です。

このような暮らしがもう13年続いています。

熱攻撃が始まった頃、5年でアルツハイマーになると脅されましたが、今でも普通のことはでき、ブログ記事もかいています。

大学などの研究では
「朝8時までに起きて、規則正しく生活するのが健康に良く、頭の働きにも良い」
のだそうです。

私はできるだけそのようにしたいと考えていました。
けれども、テク犯被害者にされてからはすべて、自分の思うようにはいかず、規則正しい生活などのぞめなくなりました。

何もかも不自由な中でも生きて行かなければならないなら、気にしないほうが良い、と思うようになり、開き直ることにしました。
嫌な気分のままで生きるのではつまらない、と思いました。
それで、できる防御はがんばり、どうしようもないことは気に病まないことに決めました。

「睡眠時間が短くても、夜眠れなくても、熱攻撃でもうろうとさせられても、娘と私は他の人の助けを借りなくてもなんとかやっていられるのだから、それで良し」
ということにしたのです。

人間の適応能力は相当高く、びっくりすることがあります。

例えば、私は遠視と乱視のがちゃ目ですが、昔病院で指示された眼鏡をつけたら、見える物が歪んでいました。けれども数時間経ったらゆがみがなくなっていったのです。つまり、目が自動修正したということです。

私はその時、体の適応能力に大変吃驚したのでした。

なので私は

「睡眠時間がめちゃくちゃであっても、大丈夫!」

と思っているのです。

癌が見つかっても

「暖かくして規則正しい生活をして、ゆったり過ごす」

なら大変なことにはならない、と阿保徹先生は言われました。


また、加害側に殺すと脅されたことが私もありますが、それは単なる脅しであって、本当に殺したりはしません。
それは、自覚させられる被害者は人体実験用に利用されているので、長年の実験を無駄にするような殺人を加害側がするはずがないからです。

殺しが目的なら、加害側は簡単にできるのに、生きながらえさせている、それどころか、時には危険から守ることさえする、ということを見てもそれは明らかです。(それについては以前書いたことがありますが、見つからないので次回書ければと思います。)


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


かわいらしく元気いっぱいだった頃のマイケル・ジャクソンです(^^♪




ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。
この犯罪を理解するには「ウォーカーのブログ」を特にお薦めします。

「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


|

« ポーランドのテクノロジー犯罪報道 | トップページ | テクノロジー犯罪組織が被害者を殺さない理由 »

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

睡眠関連は本当に困りますよね。
俺の場合は、趣味に没頭しすぎてよく寝不足になりますが最近は遠隔操作の実感あるせいで自分の趣味すら疑ってしまいます。
変な話、楽しみながら寝不足になるならまだしも趣味すら操られてたなら台無し。

そのせいで趣味にすら不信感を抱きました、俺は本当にこれが好きなのか?金を注ぐ価値あるのか?時間を費やすに値するのか?と・・只そう考えさせ趣味すら捨てさせる為の策略かも知れないからややこしい。
熱攻撃の変わりにこちらはひたすら喉や鼻をやられ大変な日々を強いられるからきつい。

投稿: 夕闇の放浪者 | 2017年7月30日 (日) 07時51分

集団ストーカー被害者です。8年目できついです。
サニナさんのブログに元気をもらっています。勇気と才能のあるサニナさんを尊敬しています。本当に睡眠は大切だと思います。サニナさんにはずっとお元気かつお幸せでいていただきたいと願っています。心を落ち着かせるためには「瞑想」も良いらしいですが、TVによると「今の自分と呼吸」だけに意識を向けるのだそうです。ロンダ・バーンさんの「ザ・シークレット」というDVDや本をお勧めします。自分自身をできるだけ(良い気分)にさせて元気や幸運を引き寄せるというものです。頑張って下さいね。

投稿: mon | 2017年7月30日 (日) 15時42分

この人体実験の話は被害者の方達がよく話されてますがいったい彼等のどのセクションが取り組んでいるんですかね?

私の場合は人体実験も感じますが殺しも仕掛けて来るので全く油断出来ない状態です。

病院は絶好の殺害場所もしくは仕込み場所ですしターゲットには保険金も掛けるらしくまさにやりたい放題、悪魔の諸行です。

注意しようにも防げないですし、いったいどうしたらいいんですかね?

投稿: 風 | 2017年7月30日 (日) 21時00分

サニナさん、コメントが届いてるかわからなくて変な確認のコメントを送ってると思います、すみません。
被害者はみんな加害者側にとっては金蔓みたいなもんなのかなと思ってます。
被害者がいるかぎり、加害者側には予算とかみたいなかたちでお金がまわる、被害者がいてなりたつビジネスですからね。
金儲けのための生け贄ですよね、本当に腹が立つ。
生かさず殺さず、死なれたらまた代わりを探さなきゃならないし
社会的には殺されてるようなもんですけど。

投稿: SS | 2017年7月31日 (月) 09時26分

夕闇の放浪者様、コメントありがとうございます。


>俺は本当にこれが好きなのか?金を注ぐ価値あるのか?時間を費やすに値するのか?と・・只そう考えさせ趣味すら捨てさせる為の策略かも知れないからややこしい。


本当にややこしいですよね。
マインドコントールはこちらの気づかないうちにやられますので困ります。

私は、良いことなら自分の考え、悪いことなら加害側の操作と判断しています。

のどや鼻への攻撃が電磁波ならネオジウムが効きます。前からではない場合は首の右後と左後ろにもつけます。

鼻の粘膜を切られて鼻血が止まらない時には切られた部分を鼻の上から強めに押します。しばらくすると止まります。攻撃なら上を向いても止まりませんので。

投稿: サニナ | 2017年7月31日 (月) 14時02分

mon様、コメントありがとうございます。

私のブログが少しでもお役に立っているのなら嬉しいです。
私には残念ながらこれといった才能はありませんし、小心者ですので、できればひっそりと暮らしていたいのです。
ところが加害側はそれを許しませんね。本当にいい加減にしてほしいです。

私達テク犯被害者には人権がありまえん。
本来あるべき自由を取り戻すために、皆で周知活動を頑張らなければですね。


投稿: サニナ | 2017年7月31日 (月) 14時12分

風様、コメントありがとうございます。

確実な証拠がないため断言はできないのですが、人体実験を請け負っているのは日本ではカルトだと考えています。元締めはNWO=新奴隷制社会を目指している連中でしょう。

国の機関が関わっているかも知れないですが、断言できない現状です。


>注意しようにも防げないですし、いったいどうしたらいいんですかね?


やはり法律でテク犯組織をしばるしかないでしょう。敵は個人では買えないハイテク機器を持っているのですから。

法律は国会で作りますので、国会議員を説得する必要があります。そのための周知活動と署名集めです。

投稿: サニナ | 2017年7月31日 (月) 14時25分

SS様、コメントありがとうございます。


>社会的には殺されてるようなもんですけど


実感ですね。

でも、元気を出さなければなりませんので、
気晴らしをしながら希望を持ち続けましょうね!

投稿: サニナ | 2017年7月31日 (月) 14時31分

7月30日にコメントくださった非公開希望様、ありがとうございます。

愚痴ることで気分が少しでも良くなるなら、いつでもどうぞ(^^♪ 私は愚痴肯定派です。ついでに溜息も、悪い気分を吐き出す自衛本能だと思っています。


コメントを読みながら、あるtweetを思い出しました。

ある兄弟が政治について話していた時、何でも悪いことは在日のせいだと言う兄が弟の発言を気に入らず、
「お前は在日だ!」
と叫んだのだそうです。

これって、オカシイですね。


テク犯被害者は右も左もないのですから。

自殺衝動はキツイですね。
どうぞ気をしっかりもって、なにか活動してください。自分を肯定できるような、自分を好きになれるような何かをするのが効果的だと思います。

基本的に、被害者は善人だと思います。だから標的にされている。なぜなら、NWO=新奴隷制社会を目指してるテク犯組織のボス達は、善人が嫌いだからです。


投稿: サニナ | 2017年7月31日 (月) 15時17分

現在の被害者の方々の情勢をどう感じられていますか?
そろそろ一つの転機にさしかかっているのではないかという声もチラホラ聞きます。今まで役にたっていたことは引き続き続け残りは次のステージに変わるのではないでしょうか。

それにまつわる事で一つだけ自己紹介させてください。
今まで街宣などをしてこなかった理由の中で一番大きなものは健康状態がとても悪いことです。この状態で参加をしても周りに迷惑をかけてしまうだけになって次回からの参加を退いてくださいと言われてしまうでしょう。
やらない方がいい人もいるんですよ。
残りの話はまたいつかさせていただきます。

国会議員の話ですが彼等は立場上、集団ストーカーをする側に属しているので政治家に働きかけて法案をというのは期待外れに終わる気がします。解決するにはまずそれをやっていた事を認めなければならないですし、それを認めるという事は政治家の方も反人道的な犯罪に加担していたと認めなければならなくなります。そうなると誰も認めないでしょう。つまりこれから先も取り組まないと思います。しかし周知活動自体は世間を対象にしているので価値も意味もあると思います。

お上が信じられない頼りにならない、逆に食われないように気をつけなければならないとなったら、恐らく集ストの被害者も国民もこれからは国も社会も他人も信用しない出来ない頼れない頼らない、極めて小我的で狭い人間関係や世界観の生き方に変わっていくんじゃないかと思います。だから集ストの解決の仕方もそうなるのでは?

話変わります。サニナさんが海外へ出るのを妨害されたことについてですが、それは多分ただ妨害したかっんだと思います。深い意味があるとしたらサニナさんを恐れるが故に手元に置いてしっかり監視しておきたかったんじゃないでしょうか?

あと、マレーシアは今はレートがとても下っていて有利に両替できますが基本的に意外と高いですよ。生活は安く仕上がりません。次回またチャレンジされるなら更に安い国にした方がいいと思います。

あと、よろしかったらそのうち中南米へ行った時のお話をお聞かせ下さい。知らない世界に興味があるんです。

投稿: 風 | 2017年8月 1日 (火) 03時29分

風様、コメントありがとうございます。

私はテク犯被害情勢について把握していません。
そういうことでしたら沢山の会員を擁しているNPOテク犯と、活動の活発な被害者団体に聴く方が良いと思います。

もし、私の意見を、ということでしたら、私には特別に言うべきことがありません。ただ、自分にできることをしているだけの、平凡な被害者です。

このブログを立ち上げたのも、(被害初期に被害者ブログをいくつか訪問して、大変励まされ、感謝の結果、ある程度落ち着いた後、恩返しのような気持ちで、)被害者仲間の役に立ちたいと願ってのことでした。

私には物事を俯瞰して見る才能があるとは思っていません。私などよりずっと能力のある被害者仲間が何人もおられますので、その方達にお聞きになって下さいね。

周知活動は大変大事ですが、だからといって、いろいろな理由で動けない被害者仲間を悪く思うことはありません。攻撃の酷さは被害者によって違います。周知活動に参加できなくても、ご自分を責める必要はなく、自殺しないでいただきたいだけです。テク犯被害者は生きているだけでもすごいことです。「今日も生きた。自分はすごい!」と言い聞かせてください。

これからゴミ捨てと買い物にでますので、またあとで続きを書きますね。ご存知のように、外出は簡単ではありませんので、今日書けるかどうかはわかりませんが、きっと、書きますので、お待ちください。

投稿: サニナ | 2017年8月 1日 (火) 07時49分

風様、続きを書きますね。

(外出できなかったため、思いのほか早く書いています)


>今まで街宣などをしてこなかった理由の中で一番大きなものは健康状態がとても悪いことです。この状態で参加をしても周りに迷惑をかけてしまうだけになって次回からの参加を退いてくださいと言われてしまうでしょう。


這って行くような体調の悪さなら、街宣参加は到底無理ですよね。でも、そこまで酷くない場合は参加をお勧めします。迷惑をかけると、心配しないで良いと、私は思っています。実際、体調が悪いまま参加している被害者仲間は多いのです。私自身も、街宣参加日に体調が良かったことはありませんでした。非常に疲れて居たり(テク犯攻撃以外に理由なく)、腰痛が酷く、普通に歩けなかったり、下痢で弱っていたり、その他いろいろ、必ず何かはありました。その上、娘が一緒の時には常に気を配っていなければならず、街宣が終わる頃には疲れ切ってしまい、帰宅するのがようようでした。

そのような状態で街宣をするのが当たり前と思っていました。なぜなら、加害側が妨害してくるのは当然だからです。敵はこの犯罪の事実を周知されたくないからです。こういう犯罪があると皆さんが知ったら、少なくとも集ストはできなくなるでしょう。なので、体調を悪くしたり、サイレンや右翼街宣車で脅してきたりは頻繁でした。

逆に、そういう脅しがない場合は、偽被害者が被害者同士の分断に成功していたときです。

>国会議員の話ですが彼等は立場上、集団ストーカーをする側に属しているので政治家に働きかけて法案をというのは期待外れに終わる気がします。


国会議員がすべて悪いとは思えません。
たとえば、具体的にお名前や党名を書くのは控えますが、東大卒なのに大企業へ行かず、庶民のための理想社会を実現するために薄給で頑張っている方々も存在します。

その事実を知らない方が多すぎると思いますが、ある意味無理のないことでもあります。それは、テレビや新聞などを牛耳っているのは大企業とその味方をしている議員であり、党であるので、うまく国民を洗脳しているのです。

議員のすべてが悪いのではなく、力を持っている政党の議員が、さらに言えば行政府である政府が消費税を上げたりして私達庶民を苦しめているのです。
また、多くの被害者仲間が訴えているように、警察はテク犯被害者の味方ではありません。警察のトップは首相であることをご存知ない方も多いのではないでしょうか?テク犯ひがいしゃでも、安倍首相を大好きな方がいらっしゃいますし、安倍首相のお気に入りの青山繁晴議員を尊敬すると表明している被害者仲間もいらっしゃいますので。

>お上が信じられない頼りにならない、逆に食われないように気をつけなければならないとなったら、恐らく集ストの被害者も国民もこれからは国も社会も他人も信用しない出来ない頼れない頼らない、極めて小我的で狭い人間関係や世界観の生き方に変わっていくんじゃないかと思います。だから集ストの解決の仕方もそうなるのでは?


そうなるのが加害側=NWOの望みでしょうね。
世界中の庶民が反目し合い、憎しみ合い、殺し合うことが敵の望みですので、私達庶民は、特にテク犯被害者は、人間信頼を基本に置く必要があると考えます。

>サニナさんが海外へ出るのを妨害されたことについてですが、それは多分ただ妨害したかっんだと思います。深い意味があるとしたらサニナさんを恐れるが故に手元に置いてしっかり監視しておきたかったんじゃないでしょうか?


本当のところは加害側の命令系統でないとわかりませんが、私ごときを加害側が恐れるとは考えられません。たとえば、この犯罪の真相に迫っているブログを公開されている被害者仲間や、街宣を定期的にしっかり行っている仲間なら加害側の脅威となっているでしょうけれど、今では街宣もできない状態の私ですので。

でも、敵に恐れられるような活動をできたらどんなにいいでしょうね!


中南米に興味がおありなんですね!
キューバとエクアドルに行ったことがあります。社会体制が気が違えば攻撃もなくなるかと思っていましたが、外れました。エクアドルはスノーデン氏が行きたいと言及されていましたので、さぞ良いところなんだろうと勝手に思い込んでいた浅はかな選択でした。

その当時の様子を書ければ書きたいのですが、辛い思いでが多く書くことができません。

テク犯を撲滅できたら、きっと行きたい地域です。その時には多くの友達と、学びを得られると思います。生きているうちにその日を迎えたいと切に願っています。

投稿: サニナ | 2017年8月 1日 (火) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポーランドのテクノロジー犯罪報道 | トップページ | テクノロジー犯罪組織が被害者を殺さない理由 »