« 日本では報道しないですが・・・ | トップページ | 睡眠時間の問題 »

ポーランドのテクノロジー犯罪報道

前回ご紹介した テクノロジー犯罪の世界会議 COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015 BERLIN, 1-2 OCTOBER 2015  にポーランドから被害者仲間が参加されていたとのことですが、ポーランドでは国防大臣が電磁波兵器について言及しています。

世界会議に出席されたnewchamさんのブログです。

http://ameblo.jp/newcham/theme2-10096152963.html


「電磁波」と聞いただけでキ印扱いする人もいる日本がどれほど遅れているか、ということですね。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク が何年もの間各省庁へ訴え続けても無しの礫であった日本との違いを思わずにはいられません。

私達日本のテクノロジー犯罪被害者は、まず、電磁波の存在から啓蒙しなければならない情けない現状なのです。


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

|

« 日本では報道しないですが・・・ | トップページ | 睡眠時間の問題 »

報道(集団ストーカー・テクノロジー犯罪)」カテゴリの記事

コメント

海外は本当に進んでますね、日本は遅れる所か後退してて情けなく感じる。
最近、日本は凄い!日本人は凄い!番組増えててそう言うのに喜ぶ人達を見ると住んでる世界が違いすぎると疎外感を感じます。

そりゃ日本や日本人に凄い所あると思うが、酔いしれるのもいかんだろと。
極悪いじめ問題やブラック企業とか深刻で未だに少年法とか放置されまくりだしそれらを片付けてから宴会した方が・・
話を戻し、テクノロジー被害は俺と同じカルト被害者すら否定する人いて頭痛い状況だから何とか存在を認めさせなきゃいけません、奴等は必死に火消しをしてるがもう止められないはず。

何かきっかけがあればいいんですがね、一般人がこれ電磁波?とか耳鳴りを知る切っ掛けが・・今すぐ国はテクノロジー犯罪の存在を認めないとオウムサリン事件みたいな大事件が起きる可能性だってあるのに(溜め息)

投稿: 夕闇の放浪者 | 2017年7月29日 (土) 08時23分

7月29日に非公開希望コメントくださった方へ、コメントありがとうございます。

テク犯被害が相当きつい状況ですね。
お気持ち良くわかります。
私は最も辛い攻撃については書けないでいますので、非公開希望にされたお気持ちも、その辛さも良くわかるのです。

私達テク犯被害者は人間関係を徹底的に壊され、マインドコントロールもされ、悪人にでっちあげられます。
マインドコントロールに抗うことは大変難しく、加害側は無敵のように思えます。ですので、絶望して自殺する被害者仲間が後を絶ちません。

でも、不完全な人間が作った装置も完全ではありえず、悪はやがて滅びる宿命にあります。それは、歴史を振り返れば明らかですね。

お互いに、大変な状況に置かれていますが、ご心配されているような工作や、あなたのお名前で変なコメントがきたり、何かあったとしても、私はあなたを信じます。マインドコントロールは被害者の責任ではありません。どうぞご心配なさらないで下さい。逆に加害側は、私の名前であなたを傷つけるかも知れませんが、それは私ではない事を分かっていただけると信じます。

また、コメントくださいね。
間違って公開にしないように、今回いただいたコメントは消しましたので、ご安心ください。

最後に、この事実をあなたへ。

ナチスによって強制収容所に入れられた人達のなかで生き残ったのは体力のある人でも学歴のある人でもなく、希望を失わなかった人だったそうです。

たとえどのような姿にされようと、生きることが私達の勝利です。そう思いませんか?
いつか悪魔は消えていきます。その時に一緒に笑ってやりましょう!

投稿: サニナ | 2017年7月29日 (土) 12時55分

夕闇の風来坊様、コメントありがとうございます。


>最近、日本は凄い!日本人は凄い!番組増えててそう言うのに喜ぶ人達を見ると住んでる世界が違いすぎると


そういう番組が増えたということは、日本が落ち目になってきたためなのだと思います。経済大国だと言われていた頃にはそんな番組はなかったように思います。自分で自分を褒めるなんて、恥かしいですよね。


>何かきっかけがあればいいんですがね、一般人がこれ電磁波?とか耳鳴りを知る切っ掛けが・


ニック・ベギーチ博士が骨伝道で声が聴こえる装置で他の人に聞かせている動画を見たことがあります。自分で体験すると、信じることが簡単ですね。そういう装置を作れる方が被害者仲間にはいらっしゃると思うんですが・・。

その装置をまず、友人や家族に試してみて、効果があれば街宣の時に実演のような形でやってみるのも良いと思います。興味のある人はきっと出て来ると思います。
また、議員さんに訴える時にも効果がありそうですね。

技術的な内容のブログを書いておられる被害者仲間にこれからコメントを送ってみます。
結果が分かり次第ここか記事に書こうと思います。


投稿: サニナ | 2017年7月29日 (土) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本では報道しないですが・・・ | トップページ | 睡眠時間の問題 »