« 渡航断念後 何が起こったか | トップページ | 日本では報道しないですが・・・ »

テクノロジー犯罪 嫌がらせの一つの形

テクノロジー犯罪攻撃の一つとして、時々あるのですが、食べている時に聴きたくない情報を聞かされて、もう食べ続けることができなくなる、という被害です。

たった今、起きた事です。
私は空腹になったのでご飯と豆腐を食べ始めました。すると、娘が話しかけてきました。初めは何でもない内容だと思って聞いていましたが、それが、動物の死に関係する話でした。

それで私はもう食べられなくなって、娘に話をもうしないよう言い、お茶でうがいをして、これを書くことにしました。
娘は私が嫌がって聞きたくないと言ったのに、さらに続けましたので、また、言わなければなりませんでした。
「私がそういう話を食事中に聞きたくないって知っているでしょう?」

娘はまるで初めて聴いたかのような顔をしていました。

これがテクノロジー犯罪のひとつです。

何がおきたかと言いますと、

①私は過去に何度も、食事中に悲しい話やかわいそうな話は聞きたくない、と娘に言ってありました。
②娘は人の嫌がることを故意にするような性格ではありません。
③それでも、ちょうど私が食べ始めた時を見計らったかのような感じで聴きたくない話をしてきました。

①と②の前提があるにもかかわらず③の結果が出て来るというのは不自然なのです。

テクノロジー犯罪組織は被害者同士をいがみ合わせる仕掛けをよくしてきます。
今回の娘の行動は、ハイテク装置を使って遠隔操作をされた結果と考えられます。
絶対とは言えないのは、まれには偶然がある可能性があるからですが、今までに何度も似たような事があったので、まず、加害側の仕掛けたことに間違いないでしょう。

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04
tech17.html


娘は、私が犬や猫が大好きなのをよく知っています。
なので、私の気分を治そうと、かわいい猫の動画を見せにきましたが、私はそれを断りました。見ても、先ほど聞いたかわいそうなネズミのことをありありと想像してしまった残像が邪魔をするからです。

私は、田舎育ちのためか、子供の頃麦畑で見たかわいい、かわいい野ネズミのつぶらな目がはっきりと脳裏にやきついているのです。なので、ねずみであっても、かわいそうな事故の様子を聞きたくないのです。

加害側は私の気分を害することに成功しました。

ただし、娘と私を仲たがいさせることはできません。

脳の遠隔操作について知らない方は、以上の内容を読まれて

「何を言っているんだか?」

という感じではないでしょうか?

そういう方には特に次のことを知っていただきたいのです。

ホセ・デルガド博士が猫とチンパンジーを使って実験した電磁波による遠隔操作です。

博士はこの実験で、動物を遠隔から操作できる事を実証しました。

それは半世紀も前のことでした。

どうしてマスコミも学校もそういう重要なことを教えないのか、不思議ですね。


http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech17.html

7月23日15時55分


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。
個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えも公開もできませんので、ご承知おきください。

妨害により表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。

左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


|

« 渡航断念後 何が起こったか | トップページ | 日本では報道しないですが・・・ »

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

眠れないのでコメント

娘さん、間違いなく遠隔操作されてますね。
俺も何回も似た様な事ありますよ、楽しい話題を語れないんです。
ギリギリ皮肉路線、どうしてダメなのか?とかダメな企業の話題とか。
最近は必死に話題を考えてますが、奴等のせいで夢も希望も奪われた月日を生きている俺は楽しい話題が浮かばないんです。
地獄の中にいて、楽しみを見付けるのは至難の技ですからね。

正確に言うと、こうしたい、欲しい、望みはあるが経済的に本当に苦しくて私物の買い物すら無理・・
なので虚しい絵空事になります。
奇跡的に面白いラジオ番組で話が弾みのんびりしてたら嘲笑や罵声がラッシュアワーして楽しい事の後に嫌な思いをしたら、楽しい事が台無しにされ楽しい自体が嫌いになる心理に・・

と言うかこのコメント書いてたら上から嘲笑が、思考盗聴かくそったれ夜中もお構いなしか自動送信してる様だが・・切れて壁を叩かせるのが狙いか。

消したいならさっさとやれってんだ、あいつらは被害者が自殺するまで、むしろ邪魔してでも長く長く苦しめて楽しみ喜ぶ異常者だ。

投稿: 夕闇の放浪者 | 2017年7月25日 (火) 02時31分

すみません、ミスってコメントのパスワード入力時に戻るして慌てて再度入力しましたがコメント空白かも知れません。

もし俺の最初のコメントが空白ならミスとお考え下さいm(__)m
暑さでミスしやすくなってるわ、熱中症に気を付けて下さいね。

投稿: 夕闇の放浪者 | 2017年7月25日 (火) 02時33分

夕闇の放浪者様、コメントありがとうございます。

今は眠っていらっしゃるでしょうか?
1時間半前にコメント欄を見た時には表示されていませんでしたので、加害側は私に返事を書かせたくなかったんでしょうね。


>地獄の中にいて、楽しみを見付けるのは至難の技ですからね。


本当に、そう思います。

テク犯被害者にとっては、現生が地獄です。見えない檻の中に閉じ込められて、拷問される毎日です。自覚ある被害者にとって少しの慰めは、いろいろな問題が、自分の責任ではなく加害側の犯罪の結果であることを知っているという点です。

これは重要なことで、知らないで絶望して自殺してしまう自覚のないテク犯被害者は多いかも知れません。

そういう方達のためにも、私達自覚あるテク犯被害者はがんばらなければと思います。

周知活動は様々な形で妨害されていますが、
「全ては変化する」
のです。
加害側はやがて潰れる宿命にあります。

投稿: サニナ | 2017年7月25日 (火) 05時12分

どうも、初めましてサニナさん、SSといいます。
私は宮崎県で被害にあってます。
私もプライバシーも無いし職場でも家でも電磁波その他攻撃されて毎日さんざんな思いをしています。
皆さんも大変ですよね、本当に同情しますよ。
これからも応援しています。

投稿: SS | 2017年7月25日 (火) 11時01分

SS様、コメントありがとうございます。

宮崎県ですと、集ストよりもテク犯の方が酷いんでしょうかね? 被害者にされて生きるのは辛いですよね。

でも、いつかはこの犯罪も終わる時がきます。
永遠に続く悪の組織は在り得ません。(自然に逆らうことだからです。)
その時を早めるのは私達の周知活動にかかっています。
持てる力を出して、がんばりましょう!

投稿: サニナ | 2017年7月25日 (火) 11時54分

集団ストーカーの被害者です。15年くらい続いています。地域の「被害者の会」にメールを送ったのですが、現在は活動をしていないようです。今も活動を続けておられる貴サイトに連絡してみました。

投稿: kimidori | 2017年7月25日 (火) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渡航断念後 何が起こったか | トップページ | 日本では報道しないですが・・・ »