« テクノロジー犯罪によると思われる事件 | トップページ | テクノロジー犯罪関連、訴えの難しさ »

テクノロジー犯罪によると思われる事件②

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


前回は、制服を脱ぎ飛び降りた車掌さんの事件をとりあげました。

今の世の中には変な事件が多発していますが、そのうちのどの程度の割合かはわかりませんが、テクノロジ^-犯罪によるものと考えられる事件は、想像以上に多いのではないかと思われます。

テクノロジー犯罪の自覚ある被害者の場合は、何かおかしなことがあれば、それはテクノロジー犯罪によるものかどうか、おおよそわかるのですが、自覚のない被害者の場合、ご本人も、もちろん、周りの人も、事故であるとか、病気であるとかいう結論を出してしまいます。それは、現在の科学技術の恐ろしいほどの進歩を知らないからです。

私の知っているある弁護士さんは、お元気な35歳、ある裁判を担当ていました。大変正義感のある方で、冤罪をかけられた方も支援する方々も頼りにしていた弁護士さんです。大変期待していましたし、ご本人も自信があったようです。

いよいよ裁判が近づいたある日、その弁護士さんは脳梗塞で急死されました。皆、驚きました。お元気な方だったからです。どうして?どうして?と、納得できない死でした。

すでにその時は私はテクノロジー犯罪の被害者の自覚がありましたので、弁護士さんは殺されたのだとわかりました。
けれども、それを言うことはできませんでした。なぜなら、私にはそれを信じていただけるとは思えなかったからです。今なら言えるでしょう。でも、その当時は被害初期で、技術資料も本も、私にはなく、この犯罪について無知状態でした。

12年たった今、説明するのは可能です。テクノロジー犯罪装置を開発したロバート・ダンカン博士の証言動画もあるくらいです。ですので、じっくり時間をかければ理解できる方もおられるでしょう。理解できるかどうかはその方の思考の柔軟さによると思います。

12年前は、被害妄想とか統合失調症と言われるのがオチだったのです。

2年前に心筋梗塞で亡くなられた金子勇氏の死についても、テクノロジー装置で殺された疑いがぬぐえません。

大変頭の良い、しかも金銭欲のない方だったようですので、彼を亡き者にしたかった悪魔がいたであろうことは想像できます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90%E5%8B%87_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC)


pencil上のURLにリンクを貼ろうとしたらできず、5回目には「リンクが貼れない事を書き、それだけ敵は知られたくないのだと書こう、と思いながら同じようにやってみたら、リンクが貼れました。こういうことは時々あります。


ここまでお読みになって、「そんなバカな」と思われる方は現在の医療について思いを巡らせてください。


ーーー引用はじめーーー


尿路結石 レーザー破砕術が登場 「体外衝撃波」と使い分け

http://qq.kumanichi.com/medical/2010/01/post-993.php

 働き盛りの男性に多い尿路結石。男性の7人に1人(女性は15人に1人)が一生の間に1回は経験するという。熊本泌尿器科病院(熊本市新町4丁目)の鍋倉康文院長は「大きな結石は30年ほど前まで外科手術しか治療法がなかったが、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、軟性尿管鏡とレーザーを使った経尿道的破砕術(f-TUL)などの登場で、体に優しい治療が可能になりました」


ーーー引用終わりーーー


もし、衝撃波やレーザーを結石ではなく、心臓に向けたら、心臓に穴が空きます。そして、死にます。
脳梗塞も同じようにできます。

科学技術は日本の常識では考えられないほどの進歩をとげています。

次に、恐ろしい技術を開発したロバート・ダンカン博士の証言をご覧ください。



陰謀論 脳侵略者③ from Sunflower on Vimeo.

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


strong>周知活動情報


budfuran”さん主催

☽ 9月29日(木) 東京・渋谷街宣

集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪周知撲滅!

集合11:15  開始11:30             

場所 : JR渋谷駅(西口)ハチ公前

http://canon888.blog.fc2.com/blog-entry-247.html …

budanasuiさん主催

第10回anasui街宣

日時 10/9(日)13:00~

場所 新宿駅南口

http://usagi45.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

budpatentcomさん主催

第13回勉強会 マインド・コントロール


10月29日、土曜日、午後2時から午後4時(9月17日に日時追加)


マインド・コントロールにより他人を操るしくみの解説であり、

他人を操って、集団ストーカーを起こしたり、

交通事故を誘発するしくみになります。

http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14459597.html

pencilここにご紹介した活動以外にも各地で周知活動が行われていると思います。どうぞお知らせくださいm(__)m


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。けれども、表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。
左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えできませんし、この犯罪の、いろいろな点での断定が難しいことから、せっかくコメントをくださっても公開できませんので、ご承知おきください。

|

« テクノロジー犯罪によると思われる事件 | トップページ | テクノロジー犯罪関連、訴えの難しさ »

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

サニナさま、Twitterでのツイート読みました。鍵つきでフォローすみません。自分のTwitterは鍵をつける前、Twitterでの多数の仄めかしで鍵付きに変えました。なおブログのほうは更新の度に被害激化で更新を止めてます。

投稿: ステファノ | 2016年9月28日 (水) 04時08分

ステファノ様、コメントありがとうございます。

先ほどtwitterフォローさせていただきました。
攻撃が酷いようで大変ですが、ともにがんばりましょう!

投稿: サニナ | 2016年9月30日 (金) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テクノロジー犯罪によると思われる事件 | トップページ | テクノロジー犯罪関連、訴えの難しさ »