« テクノロジー犯罪関連、訴えの難しさ | トップページ | 3日に一度は »

離間工作に乗らないために

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

テクノロジー犯罪の被害者はあらゆる方法で痛めつけれらています。

集団(組織)ストーカーによって誹謗中傷、まとわりつき、嫌がらせ、家宅侵入、窃盗、器物損壊、万引きのでっち上げ、など、その他これでもかというほど、生きて行くのが嫌になるほどの攻撃を受けます。

犯人たちは、直接知っている者ばかりではなく、まったく見も知らない人の場合も多く、外国に行っても同じようなことをされるため、この犯罪が個人的な恨みではなく、世界的に行われている組織犯罪であることがわかります。

被害者は、何が何だか訳が分からなくなって、中には自分がおかしくなったのかと、精神科を尋ねる人もおられます。それをしない場合は、加害側はあらゆる手を使って被害者を精神病院へ入れようとします。例えば、家族を誘導して」加害側に協力させます。加害組織の息のかかった病院へ、保護入院という名の強制入院をさせます。

さあ、これで、テクノロジー犯罪を大っぴらにできる下地ができました。

精神病院へ一度でも入院したとなると、世間は被害者の言うことなど、信用しません。
それで、加害組織はやりたい放題できるという訳です。


テクノロジー犯罪は、そのようにして被害者を追い詰めます。
そして、被害者同士が助け合ったり、団結して犯罪に立ち向かわないように、離間工作を頻繁に仕掛けてきます。

たとえば、この犯罪さえなかったらとても良い友達になれたに違いない、と思える被害者同士でさえ、嫌いにさせることが可能です。

方法はいろいろあり、
①メールやブログ、TL,手紙等を改ざんする
②電話で被害者になりすまして相手を傷つける
③マインドコントロールで誘導する。
④ブレインジャックで信頼を失わせる。

などありますが、特にやっかいなのは③と④です。これは防ぐのが不可能に近いと思われますが、対処法がないわけではありません。(読み進めてください。)
①と②は、近くに住んでいてお互いに行き来ができる状況だと、直接会って確認できますので、たいていはそれができない被害者向けにやられています。

テク犯被害者で、偽被害者呼ばわりされたことのない方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

ご自身が酷い攻撃を受けながらも、一生懸命頑張って周知活動をされている方でも、「偽物」、と、複数の被害者仲間から言われたことがあると、数人の方から聞いています。

普通に考えれば酷い被害を受けている被害者であるのは明らかなのに、ある被害者仲間には偽被害者に見えるようなのです。それは、マインドコントロールされているためでしょう。やっかいなのは、決めつける人達には、自分がマインドコントロールされているのがわからない事です。

マインドコントロールは、操作されても被害者には痛くもかゆくもないため、自分でそう考えた結果なのだと思いこんでいます。そして、自分は正しいのだと信じて疑いません。マインドコントロールの技術があると知らない人にとっては、100%加害側の思惑通りになります。知識がある人であっても、加害側の誘導に乗せられる場合が多いのではないでしょうか。

そう思うのは、私自身が何度も経験があるからです。それに気が付けるのは、娘も被害者で、お互いに遠慮なく指摘できる間柄であるためでしょう。

孤立している場合、または、孤立していなくても遠慮なく指摘し合える人がいない場合は気づくことが難しいと思います。

テクノロジー犯罪は「何でもあり」の犯罪なので、私達被害者はそのところをしっかり認識して、すべてを疑う=自分の考えも、マインドコントロールの結果である可能性がある事を考慮に入れる必要があると考えます。

そういう自覚ができた時に初めて、被害者仲間を理由もなく糾弾することがなくなり、不必要な傷をつけることもなくなるでしょう。

また、
「集団(組織)ストーカー犯罪は存在するけれど、テクノロジー犯罪などというものはない」と言う被害者仲間もおられますが、この犯罪が何のために行われているかを理解すれば、自覚がなくてもわかってくることだと思います。

加害組織が何の得もないのに、これほど大掛かりな嫌がらせをするとは考えられません。
大きな利権が生まれているので、こういう変な犯罪が存在できるのです。

戦争が、武器商人や金融商人の欲得のために始められるのと同じように、集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪は、大きな利益があるから存在するのです。

人類の99%を奴隷にする(家畜化する)NWO=新奴隷制社会、を構築するために、被害者は人体実験されています。

そのことを加害側は世間に知られないようにするために、私達被害者を精神病院へ送り込むことに必死になるのです。1度でも精神病院へ入院させれば、あとはやりたい放題できるのですから、これほど都合の良いことはありません。

テクノロジー犯罪の技術的な理解のために

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのHPよりご紹介させていtだきます。


技術資料


遠隔操作については

「心の物理的コントロール」

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech17.html

*人体実験については

「MKULTRAの犠牲者の証言」

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/kathudou/gijutsushiryou/tech16_mkultra/tech16.html


その他、いろいろな本や資料が出ていますので、参考になさってください。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

周知活動情報

budアインさん

2016年09月25日 千葉県柏街宣報告!

http://sshu369.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

budfranさん

9月29日(木)渋谷街宣を終えて。

http://canon888.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

budリラックスさん

10月!目覚めよ日本!国家権力犯罪街灯演説!告知!

10月3日(月曜日) 12時~15時まで
        金沢駅東口ホテル日航ポルテ金沢横
10月4日(火曜日) 16時~19時まで
        金沢市武蔵エムザ前

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

budanasuiさん主催

第10回anasui街宣

日時 10/9(日)13:00~

場所 新宿駅南口

http://usagi45.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

budpatentcomさん主催

第13回勉強会 マインド・コントロール


10月29日、土曜日、午後2時から午後4時(9月17日に日時追加)


マインド・コントロールにより他人を操るしくみの解説であり、

他人を操って、集団ストーカーを起こしたり、

交通事故を誘発するしくみになります。

http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14459597.html

pencilここにご紹介した活動以外にも各地で周知活動が行われていると思います。どうぞお知らせくださいm(__)m



ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。けれども、表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。
左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えできませんし、この犯罪の、いろいろな点での断定が難しいことから、せっかくコメントをくださっても公開できませんので、ご承知おきください。


|

« テクノロジー犯罪関連、訴えの難しさ | トップページ | 3日に一度は »

被害者仲間」カテゴリの記事

コメント

これは冗談抜きに深刻です。
俺は常に遠隔操作されており今じゃ自分自身の人格すら奴等に都合よく作られた捏造品の様に感じる。

自殺衝動を日夜植え付けられ、そのストレスからか身内に対してまで八つ当たり脳内?罵声が浮かびますがその対象を無理矢理自分自身に変えてます。
奴等の好きにはさせたくなく身内を罵る位なら自分が被った方がマシです、どうせ俺は忌み嫌われてる奴何で(しかも濡れ衣ばかり着せられてるし)

生きるだけでやっとなのに、やらなきゃいけない事が出来ずどうしようもありません。
本気で自由が欲しいです、脳内の自由が無い何て地獄としか言えない。

投稿: 夕闇の放浪者 | 2017年4月15日 (土) 07時11分

夕闇の放浪者様、コメントありがとうございます。

返信が遅れて申し訳ありません。

とても辛い状態ですね。
被害がすっかり同じではありませんが、私もいろいろやられていて、自分の性格が果たして本来のものなのかどうかわからない部分があります。そういう時には、自分を育ててくれた両親のことを思い出すことにしています。
ごく普通の人達で、善人であった、特に倫理的にまっすぐであった父親の影響を強く受けていたことを思い出すと、変な考え方や感じ方をする時には加害側の介入だとわかります。

夕闇の放浪者さんも、

>身内を罵る位なら自分が被った方がマシです


と思っていらっしゃるのですから、やはり愛されて育ったのだと思います。

それは特に私達テク犯被害者にとって大変大きな意味を持ちます。自分の考えを見極める時の基準となります。

ですので、どうぞ自信をもってください。

自殺誘導に関しては、「これ」という決定的な対応策がわかりませんが、将来に希望を持てることが重要であると思います。
私も時々死んだ方がマシだという思いに襲われますが、それでも、テク犯は撲滅できると信じているため、何とかなっています。私には子供がいるため、子供をこんな世界に一人残してはいけないという思いが強いのです。

この犯罪撲滅のためには周知活動が大変重要です。
私はその事に気付いて街宣活動を始めてから次第に元気になっていきました。行動することが良い結果を産みます。

私の被害のひとつに感情操作があり、しばらく前までは怒りの誘導・増幅が酷かったのですが、居間に5か所、「怒りは加害!!と紙に大書して貼り付けてからは沈静化しました。今もそのまま貼ってあります。

目に見えるものの影響は大きいんですね。頭で理解していても、テク犯による加害は防ぐことがむずかしいです。私はこの犯罪がなくなるまで、この方法をとって行くと思います。

何か参考になるといいんですが。。。

元気をだしてくださいね!
私達テク犯は、生きているだけで英雄です。
それほど過酷な攻撃をうけているんですから、ボロボロになっても、酷い誤解をされても、生きているだけで、立派ですよ!今も生きているご自分を褒めてあげてください。

できれば街宣に御参加ください。

投稿: サニナ | 2017年4月18日 (火) 03時36分

サニナさん、励ましの言葉本当に有難うございます。

街宣に関してですが、申し訳ないが俺は遠出すら厳しい状況なので難しいです。もし余裕ができたら、考えてみます。

投稿: 夕闇の放浪者 | 2017年4月18日 (火) 06時21分

夕闇の放浪者様、コメントありがとうございます。

街宣に参加できなくても気になさらないで下さい。
被害はそれぞれですので、できる事をしていけば良いと思います。
私自身もなかなか思うようにはいかないのが現状です。特に、経済的にむずかしいため、今年はまだ一度も街宣できていません。それで、できる時にはポスティングやチラシの手渡しをしています。(警察に道路使用許可を申請するのに手数料と交通費がかかります。許可が出ると受け取りに行き、街宣当日も交通費がかかります。合計、手数料と3度の交通費がかかるため、わずかな年金暮らしの身としてはなかなか難しい状況です。

九州地方は街宣を率先してやってくださる方がまだいらっしゃいませんので、歳をくっている私がしなければならないとは思いますが、現実は厳しいですね。

でも、少しでも前に進みたいと願っています。

お互いに、頑張りましょうね!

投稿: サニナ | 2017年4月18日 (火) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テクノロジー犯罪関連、訴えの難しさ | トップページ | 3日に一度は »