« もんじゅの廃炉をめぐって | トップページ | テクノロジー犯罪によると思われる事件② »

テクノロジー犯罪によると思われる事件

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

近年は不可解な事件がずいぶん起こるようになりましたが、次の事件もおかしなものです。


ーーー引用はじめーーー


車掌はなぜ制服を脱ぎ飛び降りたのか

http://bylines.news.yahoo.co.jp/usuimafumi/20160921-00062432/

碓井真史 | 新潟青陵大学大学院 臨床心理学研究科 教授(社会心理学) 2016年9月21日 20時10分配信


■制服制帽を脱ぎ飛び降りた車掌

報道によると、人身事故のせいでダイヤが乱れていた近鉄奈良線東花園駅で、対応に当たっていた車掌と乗客が口論となり、突然車掌が制服制帽を脱ぎ捨て線路内に降りて高架線から飛び降り怪我をする事故がありました(<近鉄>ダイヤ乱れ客と口論の車掌 地上に落ち骨折 東大阪:毎日新聞 9月21日)。


ーーー引用終わりーーー


明らかにおかしな行動を公の場でする人については「ストレス」と言ったり、精神病を疑ったりすることが多いと思いますが、人の精神状態とはまったく関係なく行われている犯罪がテクノロジー犯罪です。


世界の最先端技術を使っている犯罪で、社会への影響が重大であるのに日本のマスコミは報道せず、まだまだ一般に知られていません。そのため、自覚ある被害者だけでなく、その何倍も存在すると思われる自覚のない被害者が、昨日も今日も明日も、悲惨な不幸に見舞われています。

テクノロジー犯罪が実在することを、まず一人でも多くの方が知って、拡散してくださいますようお願い致しますm(__)m

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達

ーーー引用はじめーーー

AIで人間の知能を書き換え

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所・脳情報研究所の柴田和久研究員と川人光男所長らは人工知能(AI)技術で人の顔の好みを変える技術を開発した...

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00399196


ーーー引用終わりーーー


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

strong>周知活動情報


budアインさん

主催:集団ストーカー被害者の会ネットワーク

場所: JR柏駅周辺

日時: 9月25日(日) 13:00〜
   (基本は雨天決行ですが、雨等が酷い場合は当日午前中までに告知します)

集合:12:45 =JR柏駅東口改札前(ビックカメラがある方です)
   のぼりorメガホン集合目印


http://sshu369.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

:

budfuran”さん主催

☽ 9月29日(木) 東京・渋谷街宣

集団(組織)ストーカー・テクノロジー犯罪周知撲滅!

集合11:15  開始11:30             

場所 : JR渋谷駅(西口)ハチ公前

http://canon888.blog.fc2.com/blog-entry-247.html …

budanasuiさん主催

第10回anasui街宣

日時 10/9(日)13:00~

場所 新宿駅南口

http://usagi45.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

budpatentcomさん主催

第13回勉強会 マインド・コントロール


10月29日、土曜日、午後2時から午後4時(9月17日に日時追加)


マインド・コントロールにより他人を操るしくみの解説であり、

他人を操って、集団ストーカーを起こしたり、

交通事故を誘発するしくみになります。


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencilコメントをくださっても、加害側の妨害により表示されないことがあります。
いただいたコメントには、遅くなることがあっても返信しています。けれども、表示されないコメントにはどうしようもありませんので、申し訳ありませんが、そういう場合はほかの被害者仲間のブログにコメントしてくださるようお願い致します。被害者ブログは沢山あり、有益なものも多数ありますので、是非、訪問なさってください。
左のリンク集にはそのいくつかが貼ってあります。一番下が初期から貼ってあるものです。

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
また、テクノロジー犯罪については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料
街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、
デモ関連は「ACP」を、
テクノロジーについて知りたい方は「テクノロジー&勉強会」を、
創価学会関連は「back in the race~」を、
精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、
ご覧ください。

このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

個人名を出して加害者であるというコメントにはお答えできませんし、この犯罪の、いろいろな点での断定が難しいことから、せっかくコメントをくださっても公開できませんので、ご承知おきください。

|

« もんじゅの廃炉をめぐって | トップページ | テクノロジー犯罪によると思われる事件② »

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もんじゅの廃炉をめぐって | トップページ | テクノロジー犯罪によると思われる事件② »