« 第16回下関街宣報告 | トップページ | 第17回下関街宣報告 »

2015年3月28日 (土)

第17回下関街宣のお知らせ/デタラメな精神病診断

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

明日は第17回下関街宣を行います。

福岡県には九州地方で一番多く被害者がいらっしゃいますね。
明日は是非奮って、ご参加ください。
行動しなければ、この犯罪はなくなりません。
一緒に頑張りましょう


第17回下関街宣

日時:3月29日13時~15時   
場所:下関駅そば シーモール前の歩道
集合場所: 下関駅改札階段下りた所

雨天決行
のぼり旗が目印

よろしくお願い致します。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


今までにもたびたび引用させていただいているミランダさんのブログですが、今回も「う~ん!」とうなづける内容です。http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/blog-entry-530.html
―――引用はじめーーー

精神科医をターゲットにした実験があります。

心は実験できるか―20世紀心理学実験物語
心は実験できるか

心理学者デイビッド・ローゼンハン氏によって行われた
精神疾患の診断の有効性についての実験。

1973年、雑誌サイエンスに掲載されたそうでが、
精神医療の診断のいい加減さが分かります。

元々幻聴などないニセ患者が入院時に幻聴がなくなったと申告しても
それを信じず平均19日間も入院させ、服薬を条件に退院させています。

ローゼンハン実験 - Wikipedia

引用開始

概要
この実験は2部で構成される。

1:精神疾患の診断を受けていない疑似患者
(3名の女性、5名の男性)は幻聴があるふりをして、
アメリカ合衆国内5州に位置する12の精神病院の入院許可を得る。

全疑似患者は精神疾患があると診断される。
入院時、疑似患者は幻聴は無くなったと病院に伝える。

全疑似患者は病院によって、精神疾患
(8名中7名は、統合失調症の回復期であると診断を受ける)が
あることを認めること、抗精神病薬の服用を条件に退院許可を出す。 

疑似患者の平均入院期間は19日間。

2:これに反応した医療機関は、
ローゼンハンが送り込む疑似患者を特定すると伝える。

 ローゼンハンはこの提案に同意し、
医療機関は新しい患者193名のうち、41名を疑似患者の可能性があり、
精神科医1名と職員1名により、19名を疑似患者と疑いをかけた。

しかしながらローゼンハンは1人も疑似患者を送り込んでいなかった。

この調査研究によって、「精神病院施設内において
正気と狂気を区別することは不可能であること」そして、
「精神病院内において人間のラベリング(決めつけ、偏見)、
及び人間性を損なう危険性が存在すること」を結論とした。

引用終了


―――引用おわりーーー


近年作られた新たな精神病名に、「統合失調症」というのがあります。
これは、誰でもなにかしらひとつは症状に当てはまる定義がされているインチキな病気です。

本来持っているそれぞれの性格は違って当たり前なのに、静かすぎても朗らかで笑いんぼであっても統合失調症であると診断できるインチキさです。
そのうえ、統合失調症患者は自分が病気であると認めたがらない、それもこの病気の特徴である、ということになっています。

精神医療で利益を得ている製薬会社にとっては大変都合の良い病気です。
悪徳病院はこれで大儲けしていますが、製薬会社も同じです。

精神病を治すはずの薬は実は大変危険な毒で、それをまじめに飲んでいると元々は健康な人でも具合が悪くなり、心身ともにボロボロになり、取り返しのつかない状態にされます。最悪の場合は自殺、他害ということもおこっています。

イタリアでは精神病の入院施設はありません。
多くの人々の努力で、施設を廃止したのです。

アメリカでは、最長7日間しか入院させません。

日本では、際限なく、入ったが最後、死ぬまで出られない方もいらっしゃいます。
そして、病院内での自殺は「病死」ということにされます。

今も多くの、本当は健康である方が、騙されたり丸め込まれたりして、保護という名の強制入院をされています。
日本の精神医療がどんなにj酷いものであるか知る為に、内海聡先生の本をお読みください。

「精神科医は今日もやりたい放題」 内海聡著 三五館


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

歳のせいなのか、もともとそうなのか、わたしはこういう素朴な音楽が好きです。
若かった頃にはカンツォーネのような情熱的な歌が好きでしたが。



ラテンミュージック ブログランキングへ

|

« 第16回下関街宣報告 | トップページ | 第17回下関街宣報告 »

周知活動情報」カテゴリの記事

コメント

サニナさん
熱攻撃でお困りと聞きました
キーワードは導電塗料です
家の中、髪の毛はカラーリングした時、服、下着全て塗られてるから電磁波を感じます
電磁波の設置後、飛距離を延ばすために導電塗料を塗る
導電塗料さえ塗られていれば、どこに居ても感じるんです
黒や茶色の汚れはありませんか?
私は髪の毛と足の内側の爪に塗られてました
家の中は塗料だらけです
冷蔵庫には虹色のものが塗られてました
その塗料を取り除くか隠せば感じません
髪は隠すか、濡らすかです
静電気は湿気に弱いので
後、電動歯ブラシは使えますよ
電磁波が強く出るんです
これで攻撃を防げます
お試しあれ

投稿: マヌカハニー | 2015年3月30日 (月) 22時36分

マヌカハニー様、コメントありがとうございます。

誘電塗料というのが私にはわかりません。
よろしかったら詳しく教えてください。

熱攻撃は家の中だけではなく、外でもやられていますので、塗料というのは考えませんでした。

投稿: サニナ | 2015年4月14日 (火) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第16回下関街宣報告 | トップページ | 第17回下関街宣報告 »