« この犯罪に対する被害者の認識 | トップページ | 第8回小倉街宣報告 »

2015年2月12日 (木)

15日(日)は第8回小倉街宣です

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

第8回小倉街宣のお知らせ


集団ストーカー被害者の会ネットワーク 福岡県被害者の会主催
第8回小倉街宣

日時:2月15日(日)13時~

集合。街宣場所;小倉駅南口ペデストリアンデッキ

集合時刻:12時半


雨天決行

のぼり旗が目印


小倉街宣は去年12月以来です。
道路使用許可の条件が県によって違いますので、下関は1回の許可で長くできますが、小倉は短いため連続2回街宣するのがせいぜいです。小倉のほうが人口が多いため、もっと頻繁にしたいところですが、なかなか難しいですね。

福岡県では博多が一番人口が多く、曜日に関係なくいつも沢山の人出がありますので、できれば博多で街宣したいのですが、わたしの住まいから遠いため、道路使用許可を得るにも簡単ではありません。

加害側からの攻撃は毎日休みなく続けられています。
葵もわたしも熱攻撃はもう10年以上になりました。
熱攻撃のため、目も白内障になっています。歳から言って、私が白内障というのはあり得ることですが、葵は小学生の時、眼科医に白内障と診断されました。

最近は熱攻撃される被害者仲間が多くなり、その方達のことも心配です。葵と私は、眠る時間をずらしてお互いに保冷交換をしていますが、一人暮らしの方や、ご家族の理解のない方は保冷が大変であると思います。

こういう時には、被害者同士で共同生活をすることが良いのではないかと考えたりします。
被害者同士が共同生活するのは被害者でない人の場合よりも相当難しい部分があると思いますが、お互いを尊重し、何事も話し合って問題を解決しようという気持ちがあれば、孤立を防ぎ、助け合っていけるのではないでしょうか。

いろいろな種類の攻撃に、疲れ果てることもしばしばですが、なんといっても疲れるのは、被害者同士の考え方の違いを糾弾される場合で、それに乗じて加害側がメール改ざんなどをしてくれば、もう、離間工作は簡単にできてしまいます。

わたしは個人的なメールはできるだけ控えるようにしていますが、精神的に大変な状態にある被害者仲間からのメールには返信しないわけにはいかず、最後にはぱったりと返信がなくなる、ということがあります。そういう時には加害側のメール改ざんがされたのかと心配になります。

加害側の手口を知っている私自身でさえ、過去に、騙されたことがありました。
まして、そういうことを知らない被害者仲間は、改ざんされたメールを私自身の言葉として受け取ってしまうでしょう。
メールでも電話の声でも、加害側は本人のように装うことが可能です。

何か不審なことや気分を害されたと感じる時にはじかに会って確認する必要があると思います。
そうでなければ、ずっと離間されたままになりますし、孤立してしまうかも知れません。

何があってもやはり、最後に行きつくのは、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を撲滅する以外にない、ということです。

途切れのない攻撃に疲れ果てている方こそ、周知活動にご参加ください。
街宣は大変良い周知手段であるだけでなく、孤立を免れ、被害者仲間との交流で元気になれます。

集会だけの場合は、将来に希望を持つことが難しいように思います。現実を変えたいのでしたら、街宣に、是非、ご参加ください。

特に関東地方では街宣が頻繁に行われています。
多少の困難があっても、勇気を出してご参加ください。
街宣に参加している方も、いろいろな被害に苦しめられています。弱る気持ちを振り切って参加されているのです。

頑張って、一緒に街宣しましょう


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

「政府は必ず嘘をつく」ジャーナリスト・堤未果さんが真相を明らかに


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


前回の逸話:当時フォーク・クルセイダーズがイムジン河を歌ったところ、放送禁止にされたため、彼らは立腹してイムジン河を反対側から歌ったのだそうです。それが、「悲しくてやりきれない」という歌になり、大ヒットとなりました。

DIAMANTES / 勝利のうた



ラテンミュージック ブログランキングへ

|

« この犯罪に対する被害者の認識 | トップページ | 第8回小倉街宣報告 »

周知活動情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この犯罪に対する被害者の認識 | トップページ | 第8回小倉街宣報告 »