« 帰還兵達の叫び | トップページ | 韓国メディア労組の健全さ »

2014年10月22日 (水)

23日小倉街宣中止のお知らせ

集団ストーカー・テクノロジー犯罪撲滅のための周知活動2014年10月〜はこちらをご覧ください。
http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-9c4f.html

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


大変申し訳ないのですが、今月23日(明日)の小倉街宣は中止させていただきます。
参加予定してくださっている方、情報拡散してくださった方へ、
大変申し訳ありませんm(__)m

そのいきさつを以下に描きます。

:

13日、2キロのダンベルがテーブルから落ち、左足の親指に落ちました。
爪自体は白くなって指からは離れているのですが、剥がれないままついていて、根元の部分が腫れ、良くなったり悪くなったりを繰り返し、8日経った昨日、やっと小倉北警察に道路使用許可申請に行ってきました。

23日分はもう、申請を出すには遅すぎるので、(許可が出るまで1周間かかります)23日の街宣は許可がなくてもできる内容にしたいと伝えましたら、どんな形態でも許可は必要だと言われました。

ほかの県では署名をしないなら許可はいらないと言われていましたし、実際に、チラシやティッシュを配っている人達は許可などとってはいません。私は、長崎にいた時に、何度も街宣をしましたが、警察から何か言われたことはありませんでしたし、実際、同じ場所で街宣していた人達に聞いて回ったことがありますが、どの団体も許可を取っていませんでした。

小倉警察は大変厳しいですね。

わたしが小倉や下関街宣で許可を取っているのは、通行量が多いため、仕方ないと考えてのことです。
また、許可を取っていると、加害側からいちゃもんをつけられる恐れがないので問題もおこりにくい、ということもあります。


道路使用許可を申請するときに申請料金がかかります。
小倉警察では2400円です。(県によって違います)

警察がどうして使用料を取るのか、わたしにはわかりません。
その説明もきいたことがありません。

許可を得なくても街宣をして良いと私は考えておりますが、それをしないのは、ほかの参加者にご迷惑がかかると申し訳ないからです。

けれども、本来なら、通行の邪魔にさえならなければ許可などいらない筈です。

日本国憲法のものとでは、言論の自由が認められているからです。

けれども、特定秘密保護法が12月10日に施行されたら、許可はとる必要がでてくるでしょう。
そうでなければ、いつ逮捕されるかわからないからです。

逮捕されてもその「理由は秘密です。」
裁判になっても、「それは秘密です。」
どこに入れられているか聞きに行っても「秘密です。」

ということになりかねません。

特にわたし達、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の中には、パトカー、救急車、消防車、自衛隊のヘリコプターなどから付きまとわれる方が多く、そういう動画もネット上に複数あげられています。

そのことから、国がこの犯罪にかかわっているという見方もあります。
また、組織自体ではなく、組織の中の加害者が勝手に車両などを使っているという見方もあります。

もし後者なら、相当加害者数が多いと考えざるを得ません。
また、新人や階級の低い人では勝手に車両や、まして、ヘリを頻繁に飛ばすことなどできないでしょうから、地位の高い人が加害者である可能性が高い、ということになります。

戦前の治安維持法よりも悪いと言う方もいるほどの、特定秘密保護法は、すべての国民の自由を縛る悪法です。それがいよいよ12月10日に施行されることになります。

今月19日にスーパー台風がくると大宣伝し(実際には大したことのないものでした)、マスコミは大事な情報を流しませんでした。
大事な情報とは、特定秘密保護法の閣議決定です。
そうして、国民を騙しながら、悪法は実施されそうになっています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

10月25日には、特定秘密保護法反対のデモが行われます。


https://www.youtube.com/watch?v=t95SCp97Myg&feature=youtu.be



ラテンミュージック ブログランキングへ

|

« 帰還兵達の叫び | トップページ | 韓国メディア労組の健全さ »

人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰還兵達の叫び | トップページ | 韓国メディア労組の健全さ »