« 「ごめんね」は魔法の言葉 | トップページ | 被害動画のご紹介/ピート・シーガー »

小倉街宣報告

先ほどほとんど書き上げた文章を消されました。

マウスがカーソルを動かせないように遠隔操作されているため、いつものように操作できなかったということもありますが、わたしがすぐに公開したかったため、邪魔をしてきたと思われます。

加害側は、単にじゃまをして気分を害したい、という感じの時もありますが、それは重要ではありません。
重要なのは、被害者仲間のためになると思われる記事の時には邪魔の仕方が徹底しています。

左眉のあたりが痛く、長時間は書けませんので、簡単に書きたいと思います。


小倉街宣は、予定通り行われました。

小倉駅には人出が多く、快晴で、良い街宣日和となりました。

はじめから参加予定のミランダさん、葵、サニナと、地元から初参加の鯛釣草さんの4人で行いました。

演説はミランダさん4回、葵2回、サニナ2回。

チラシは300枚配布しましたが、時間があったので、もっと持っていくべきだったと思いました。

次回からは増やしたいと思います。

遠路参加してくださったミランダさん、ありがとうございました。

初参加ながら積極的にチラシ配布してくださった鯛釣草さん、ありがとうございました。
次回、23日もよろしくお願い致します。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。



チラシに添付した資料

今回、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を理解していただくための資料の紹介を印刷してチラシに添付しました。それをワードからコピペしようとしましたができなくされていますので、後ほどやってみます。

添付資料コピペできました♪9月16日)


添付資料↓

テクノロジー犯罪(高度に発達した科学技術を使用した犯罪)が実在することを知るための本と資料
「電子洗脳」ニック・ベギーチ博士著 成甲書房
「大量監視社会」山本節子著、築地書館
心の物理的コントロールhttp://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech17.html

集団ストーカー犯罪が実在することを知るための本
「証拠調査士は見た」 平塚 俊樹 著 宝島社

人間には悪魔に魂を売り渡したような人が、人類の1%いることを知るための本
「エコノミックヒットマン」ジョン・パーキンス著、東洋経済新報社
「プルトニウム人体実験」広瀬隆翻訳・解説、小学館

高度なテクノロジー装置を使っていた、元MI5職員:バリー・トラウアー氏の証言;元英諜報部員が語るマイクロ波戦闘  Barrie Trower on Microwave warfare)
https://www.youtube.com/watch?v=hpfblQN2a-E

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者による本
「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集Ⅰ、Ⅱ」内山治樹編、講談社出版センター

ーーー資料終わりーーー


わたしの知識は限られていますので、この犯罪を理解するための本や資料をご存じの方がいらっしゃいましたら是非、お知らせください。もっと充実させていきたいと思います。
よろしくお願い致します。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。

次回小倉街宣のお知らせ
日時:9月23日(祝日)、午後12時半集合、13時開始

場所:小倉駅南口、目印はのぼり旗

*雨天決行
*街宣の後懇親会があります。懇親会だけの参加はご遠慮ください。

福岡県には多くの被害者仲間がいらっしゃると聞いています。
是非、たくさんのご参加をお待ちしています。


:゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。


長州5さん、鯛釣草さんへのご連絡

前回の下関街宣に参加された長州5さん、昨日参加された鯛釣草さん、私の考えの足りなさから、ご迷惑をおかけすると申し訳ありませんので、住所を書いていただいたメモはお返ししたいと思います。お渡しした私のメモもお返しくださるようお願い致します。
よろしくお願い致しますm(__)m

|

« 「ごめんね」は魔法の言葉 | トップページ | 被害動画のご紹介/ピート・シーガー »

コメント

久しぶりに訪問させて頂きました。
精力的に活動なさっている内容を嬉しく、そして羨ましく拝見しました。

私も長い鬱から脱却し、先日ブログを更新しました。
今後、T禅のペースで書き続けられるのかと、少々の不安がありますが、とりあえず再始動へ踏み出しました。

時間のある時にでもご訪問頂ければ幸いです。

投稿: ミセスまるこ | 2014年9月17日 (水) 13時21分

ミセスまるこ様、コメントありがとうございます。

本当に久しぶりです。
お元気になられて良かったですね。

今までの出来事をどうぞブログにお書きになってください。
期待しております。

投稿: サニナ | 2014年9月19日 (金) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ごめんね」は魔法の言葉 | トップページ | 被害動画のご紹介/ピート・シーガー »