« 小倉街宣のお知らせ | トップページ | 反日の本質とその先にあるもの »

2014年9月24日 (水)

被害初期の方へ

集団ストーカー・テクノロジー犯罪撲滅のための周知活動情報9月~」はこちらをご覧ください。
http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-879b.html


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

昨日、小倉で街頭宣伝をして改めて実感しました。

年々集団ストーカー・テクノロジー犯罪は増え続け、被害者にされたばかりの方は訳が分からず相当辛い思いをされています。

この犯罪について、言いたいことはいろいろありますが、昨日初めてお会いした被害初期の方に、特に読んでいただきたくて、今、書いています。

また、同じように辛い思いをされている見知らぬ被害初期の方にも読んでいただきたくて、書いています。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、常識では考えられない犯罪です。

いったい何のために、誰が、何の因果関係で自分を被害者にしたのか、全くわからない状態でいらっしゃると思います。会ったこともない人も加害側にたくさんいて、彼らの目的がわかりません。知っている人であっても、いったい自分の何が気に入らなくて嫌がらせをしているのか、わかりません。
稀には、いざこざがあって、その報復なのかと思える場合もあるようですが、被害者のほとんどは思い当たる節がなく、そのことがますます被害者を混乱させます。

ただの嫌がらせではないことがはっきりしているのは、会ったこともない人がたくさん、加害者として嫌がらせをしてくることからわかります。

被害初期はほとんどの方が孤立無援の状況におりますので、不安は相当なものとなり、先が見えないためにパニックに陥りますが、この犯罪について全容がわかってくると、落ち着くことができます。

まず、第一にすべきことは、1日も早く被害者仲間に出会うことです。
街頭宣伝を継続して行っている人に直接会ってください。
そして、この犯罪がどういうものか、知ってください。

同時に、ご家族はまず、この犯罪を理解しません。これは頭の良し悪しには関係なく、日本の常識が、この犯罪を認めないからです。科学技術が信じられないほどに進歩しているということを、テレビや新聞その他でも報道しませんので、科学技術に関する日本の常識は50年以上遅れているのです。

ご家族に理解していただくために一生懸命にご自分の状態を訴えれば訴えるほど、ご家族はあなたを異常だと思うようになります。そして、精神病院へいられれてしまいます。
頭の良しあしや愛情のあるなしに関係なく、そうされてしまいます。
いえ、愛情があればなおさら、心配して精神病院へ入れるでしょう。多くの人は、精神病院がどのようなところか、知らないのです。

精神病院へ入れられたが最後、あなたは精神病患者のレッテルを張られ、何をいっても、被害妄想、統合失調症ということで、信じてもらえなくなります。それがこの犯罪組織のやり方です。そのようにして、被害者をいつまでも被害者として利用し続けます。

脳科学の発達が、今までどのようにして発展してきたか…動物実験だけでは人間の脳についての解明は無理があります。人間の脳を知るには人間の脳を調べてきたのです。
被害者の脳を調べるためですから、心身共に健康な人を選びます。ですので、被害者は精神病患者ではありません。

今では人間の脳は相当解明が進んでいるということです。
ですので、もはや実験の段階は過ぎているのかもしれませんが、私はまだ続いていると考えています。脳の働きというよりは、心理的な実験としてですが。

この考え方が正しいかどうかは証明できませんが、そのように考えると、この犯罪の目的が納得いくのです。

そして、こんなことができるのは、大きな資金を持っている組織であり、NWOl構築のためにわたし達被害者を利用しているのだと考えるとますます納得がいきます。

加害組織は1%の極悪人達であり、末端加害者も実は、利用されている被害者であるということを知れば、被害感も軽減されます。

まず、人間には悪魔に魂を売り渡した極悪人がいるということを、認識しましょう。
人間には本当に悪い人はいないと多くの方が思っていますが、事実はそうではありません。

こういう犯罪を思いつく人間は、普通の人間ではないのだということを、しっかり認識してください。


以上をまとめますと


被害初期の方が気をつけることは

1ご家族に異常を訴えない事
2ご家族の前で防御をしないこと


被害初期の方がやるべきことは

1継続して街宣している人に街宣場所で会うこと、
2街宣に参加すること
3孤立しない事
4犯罪について知識を得ること
5加害側はあなたが頑張っている限りあなたを殺しません。脳も体も簡単に壊れません。少しでも元気でいる状態を作る為に、できるだけ楽しいことをして、楽な状態に置いてください。外に出たら、斜め下を向いて歩いてください。人の顔を見る必要はありません。挨拶をされたら挨拶を返せばよいのです。その際、顔を見なくてもよいのです。


この犯罪の被害者にされると世の中が真っ暗になってしまい、どうしていいかわからず、途方にくれます。

でも、ここでふんばってください。

わたし達は99%の側にいるのです。
自覚のない被害者は相当数存在しています。
大きく言えば、わたし達の踏ん張りが、人類の未来にも関わってくるということを、だんだんに、知ることができれば、勇気もわいてきます。

まずは、心の平安を取り戻してください。

わたしはあなたの涙の意味を理解しています。
わたしも11年前は同じ涙を流していました。

被害者の会に入って、周知活動を被害者仲間と一緒にするようになって初めて、元気になれたのです。
一緒に、頑張りましょう

もうお互いに知り合っているのですから、いつでもあなたが必要な時には会いましょう。
ご連絡ください。


ラテンミュージック ブログランキングへ


|

« 小倉街宣のお知らせ | トップページ | 反日の本質とその先にあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小倉街宣のお知らせ | トップページ | 反日の本質とその先にあるもの »