« 憲法学者「集団的自衛権」閣議決定に抗議 「撤回」求める声明 | トップページ | 連帯の難しさ »

2014年8月29日 (金)

理研、「嫌な記憶」を消す実験に成功

「集団ストーカー・テクノロジー犯罪撲滅のための周知活動情報8月~」はこちらをご覧ください。
http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-8d7c.html


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

理研、「嫌な記憶」を消す実験に成功

2014年08月28日20:31


http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54929476.html


―――引用はじめーーー

理化学研究所(埼玉県和光市)が「嫌な記憶」を消して、「楽しい記憶」に書き換える

実験に成功したと発表しています。

画像:【マウス(イメージ)】
マウス
https://www.flickr.com/photos/sarahakabmg/4841983154/


28日に報じられたもので、理研-MIT神経回路遺伝学研究センター長を務める利根川進博士(日本人初の

ノーベル医学生理学賞受賞者)らの研究チームが、イギリスの科学誌『ネイチャー』電子版(27日付)に発表

したもの。

マウスは「海馬」と呼ばれる脳の特定領域に出来事を記憶すると考えられています。

研究チームによる実験では、小さな箱に入れたマウスに微弱ながら不快な電気ショックを与え、


「小部屋は怖い」

という感情を、海馬の神経細胞群に記憶させました。

箱から出したマウスの神経細胞群に光をあてて活性化させると、マウスはこの「嫌な記憶」を思い出し、恐怖

で身をすくめる反応を示しました。

ところが、光をあてながら1時間ほどメスのマウスと一緒に過ごさせ、楽しい経験をさせると、今度は「嫌な記

憶」が「楽しい記憶」に書き換えられ、ふたたび小部屋に入れても恐怖反応を示さなくなったとのこと。

―――引用終わりーーー


画期的!と言える実験ですね。

荒川博士がもっともっと、このような実験を成功・発表してくださることを願っています。

死ぬほど辛いうつ病の場合、記憶を消去することで人生が楽しめるようになるなら、それは大変良いことだと思います。

記憶を消去するということは、事実は存在していても、本人にとっては、存在しない、ということなのです。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者であるわたしは、何度も記憶の消去をされたことがあり、実感としてわかっています。

わたしがそう言い切れるのは、娘の葵と住んでいるため、お互いが指摘しあうことができるためです。

たとえば、

exexexexex


わたし「買い物に行くはずなのに、どうして準備しないの?」

葵「今日は行かないって言ったでしょう?」

わたし「え?聞いてないよ。」

葵「さっき言ったでしょう?おなかを痛くされているから行けないって。」

わたし「全然覚えてない。」

葵「ノートを見て。さっき自分で書いたでしょう?お腹が攻撃されて買い物に行けないって。」

驚いてノートを見ると,わたしの字で記録してあります。

わたし「ほんとだ。記憶を消されるってこういうことなんだね。実際にはあったことが、何にもないことになっちゃうんだね。」

exexexexex

という感じです。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は、こういうことを頻繁にやられているかもしれません。
五感に加えて、記憶も、自分の感覚や脳の働きを確実視できない状態にされるのが被害者です。
そのため、記録は大変重要になってきます。

「ハイテクにはロウテク」が効いてきます。
実際に、PCやデジカメやヴォイスレコーダーなどは遠隔から消去されたり入れ替えられたりしますので、手書きの日記やメモのほうが安全なのです。それさえも完全とは言えませんが、ないよりはあったほうがずっと、良い結果を生みます。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者なら、多くの方が経験しているのではないでしょうか。

すでに半世紀以上前に、次のような実験が、ホセ・デルガド博士によって行われ、その後発表されているのです。

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech17.html


デルガド博士の研究を、そのまま放置していたとは考えられません。
米国政府は、この研究を極秘で進めていった、と考えられますし、それを指摘する人は多いのです。

「MKULTRAの犠牲者の証言」
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/kathudou/gijutsushiryou/tech16_mkultra/tech16.html

米国の数ある人体実験の一つ、MKウルトラは映画にもなっています。

メル・ギブソン主演「陰謀のセオリー」、他

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

メキシコの音楽は明るくきれいな感じがします。
アルパの軽やかな音を、「近所のおじさん」という感じの方が奏でているのもいいですね。

メキシコ民謡 アルパで弾き語り
https://www.youtube.com/watch?v=Oz3EEp9gGLA



ラテンミュージック ブログランキングへ

|

« 憲法学者「集団的自衛権」閣議決定に抗議 「撤回」求める声明 | トップページ | 連帯の難しさ »

加害関連情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。『心の平穏を脅かす行為』というブログを書いてました。
現在、引越しを繰り返し故郷を離れ、身寄りのない土地で孤立化されています。

投稿: K | 2014年8月30日 (土) 18時38分

K様、コメントありがとうございます。

引っ越しを繰り返すのは大変ですね。
わたしも何度も引っ越しました。

被害者にとって孤立は大変危険です。どうぞ、近くの被害者仲間と連絡をとって周知活動にご参加ください。そうすることでご自分の身を守ることができるようになります。

被害者団体はいくつかありますので、ご自分に合った団体に加入されると良いと思います。被害者団体の情報は周知活動情報に載っています。
http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-879b.html

投稿: サニナ | 2014年9月 8日 (月) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憲法学者「集団的自衛権」閣議決定に抗議 「撤回」求める声明 | トップページ | 連帯の難しさ »