« 子供の命は誰が守りますか?/ビクトル・ハラ③ | トップページ | 人口地震?/サルサ »

今すぐ移住を!/アタウアルパ・ユパンキ

pencil集団ストーカー・テクノロジー犯罪撲滅のための周知活動情報はこちらをご覧ください。
http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-6ac2.html


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

まず、次のニュースをご覧ください。

NHKニュース
2014年(平成26年)7月17日[木曜日]

農林水産物輸出で国に要望


http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20140716/5615881.html

―――引用始めーーー

福島県の担当者からも「原発事故で、日本からの農産物の輸入をストップしている国も多い。
福島県の厳しい検査態勢を実際に見てもらうことが、効果的だと思うので、政府としても働きかけて欲しい」という要望が出るなど政府に輸出先の国への働きかけの強化を求める意見が相次ぎました。

―――引用終わりーーー

「福島県の厳しい検査態勢を実際に見てもらうことが、効果的だと思う」

検査結果が安全と出たとしたら、計測器が壊れているか、改ざんしかありえませんね。

日本人でも、分かっている人は食べないものを、どうして外国まで持って行って売りますか?

ツイート

―――引用始めーーー

安倍晋三 @AbeShinzo · 22 時間

東日本大震災の被災地、宮城県の七ヶ浜町、東松島市を訪れました。 ノリ作りの拠点が本格的に再建。 キャベツなどを栽培している農業生産法人では、震災前より生産性が向上。 震災前よりも元気になろう。そんな意欲に溢れていました。... http://fb.me/1cMZR4GQ3

―――引用終わりーーー

福島原発から今も放射能が漏れているのに、

「震災前よりも元気になろう。」

などということはあり得ないでしょう?!

安倍首相、キャベツの箱詰めパフォーマンスなどしていないで、やるべきことをやってください!

わたしは関東地方で産まれ、育ちました。

でも、ずっと東北地方に憧れがありました。

若かった頃、福島県との県境の山奥で働いていた事もあります。

その地域の人々の素朴な感じが好きでした。

方言も好きでした。

民謡も好きでした。

風景も美しく、林の中の弧を描いている舗装されていない道を歩くのも、好きでした。

そんな懐かしい村が放射能で汚染されてしまったのは、悲しくてなりません。

土地の人達の悔しさを思うと、心穏やかではいられません。

政府と東電は、どうしてそんな人たちを騙し続けるのか、すぐにも他の土地を提供して移住していただくのが、一番必要なことなのに、「復興」などと、怪しげな言葉でごまかして、汚染地域の人達をモルモットにしているのです。

汚染地域に今も住んでいらっしゃる方は、できるだけ早くその地を離れてください。

特に農業で生計を立てている方は、土地に対する愛着がとても強く、先祖代々の土地から離れがたいことは、良くわかります。私自身、農家の出ですので。

けれども、すでに放射能に汚染されてしまっているのですから、できるだけ早く、汚染された土地から離れてください。

日本はせまいとはいっても、実は都会でなければ、結構あまっている土地があるのです。

限界集落は日本中に*沢山あって、そういう所に移住すれば、大歓迎されることでしょう。

特に、子供は大事にされます。

北海道の、名前は忘れましたが、猿払に近い村に2日ばかり行った事があります。

そこでは、子供の数が少なくて、移住してくる家族に村として子供一人に付き3万円の補助を出していました。

母子家庭でお子さん3人のお母さんに会いました。月に9万円の補助があり、そのお母さんはパートで働き、充分やっていけるとのことでした。

そこは冬、雪深い所ですが、自然に恵まれた村でした。牧場経営の家が多かったように思います。

わたしは震災後茨城県から九州に移住しましたが、それまでの北への憧れは消え、九州に来て良かったと思っています。

気候は温暖で、冬でも手袋が必要ないくらいです。夏はもちろん暑いですが、あまりじとじとしていない気がします。
住んでいる所が海のそばで小高い山を背にしているという地形にもよるとは思いますが、南だから暑い、とはいいきれないこともあるんですね。

何にしても、農業をするには良い所です。

小さな町や村では住宅も安いのです。
不動産情報には載っていない空家もあります。

特に被災者に対して補助制度を設けている市町村は沢山あると思われますので、まず、問い合わせてみるのはいかがでしょうか?わたしは最初の1年間だけでしたが、住宅を無償で貸していただきました。光熱費の半額補助もありました。

原発事故からすでに3年4カ月経ってしまいましたが、今移住するのとしないのとではお子さんの人生に大きな違いが出てきます。
これからは夏休みに入り、学校関係も引っ越しがしやすい時期です。
今のうちに是非、移住準備をしてください。

*限界集落の実態調査


ーーーウィキペディアより引用始めーーー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%90%E7%95%8C%E9%9B%86%E8%90%BD#.E9.99.90.E7.95.8C.E9.9B.86.E8.90.BD.E3.81.AE.E5.AE.9F.E6.85.8B.E8.AA.BF.E6.9F.BB


旧・国土庁が1999年(平成11年)に行った調査においては、やがて消え去る集落の数は日本全体で約2,000集落以上であるとしていた。近年、下記の2つの調査結果が発表されている。
農林水産省の調査(2005年度)

農林水産省が農村開発企画委員会に委託した「限界集落における集落機能の実態等に関する調査」(2006年[平成18年]3月)によれば、「無住化危惧集落」という概念で整理し、その数を全国で1,403集落と推定している。なお、この調査はセンサスに基づく農業集落を対象としている[2]。
国土交通省の集落状況調査(2006年)

国土交通省の「過疎地域等における集落の状況に関するアンケート調査」(調査基準:2006年[平成18年]4月、2007年[平成19年]1月中間報告、2008年[平成20年]8月17日最終報告)がある。この調査は、過疎地域を抱える全国775市町村に対して、そこに所属する62,273集落の状況を尋ねたものである[3][4][5]。

その要点は以下のとおり。

高齢者(65歳以上)が半数以上を占める集落が7,878集落 (12.7%) ある。
機能維持が困難となっている集落が2,917集落 (4.7%) ある。
10年以内に消滅の可能性のある集落が423集落、「いずれ消滅」する可能性のある集落が2,220集落、合わせて2,643集落ある。
この「10年以内」と「いずれ」を合わせた数は1999年(平成11年)の調査と比較して284増加している。

―――引用終わりーーー

福島原発があれほど酷い事故を起こし、多くの人を苦しめ、自殺された方も多くいらっしゃるのに、そして終息もしていないのに、我利我利亡者どもは新たに原発を稼働させようともくろんでいます。いったい、その人たちは人間の頭と心を持ち合わせているんでしょうか?!


川内原発:田中規制委員長「安全だとは私は言わない」
http://mainichi.jp/select/news/20140717k0000m040063000c.html

毎日新聞 2014年07月16日 20時18分(最終更新 07月16日 21時13分)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°

Atahualpa Yupanqui - El carrero

https://www.youtube.com/watch?v=FDsXiCNIzqE&list=RDHCOLNXB0cLW1k&index=5


ラテンミュージック ブログランキングへ


|

« 子供の命は誰が守りますか?/ビクトル・ハラ③ | トップページ | 人口地震?/サルサ »

原発関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子供の命は誰が守りますか?/ビクトル・ハラ③ | トップページ | 人口地震?/サルサ »