« ガザ発/元自衛官の訴え/ビクトル・ハラ | トップページ | エコノミック ヒットマン/アタウアルパ・ユパンキ »

2014年7月22日 (火)

世界中の人たちとの連帯を/We Shall Overcome.

集団ストーカー・テクノロジー犯罪撲滅のための周知活動情報はこちらをご覧ください。
http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-6ac2.html


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


世界中の人たちとの連帯を


最近ツィッターを始めました。
沢山の情報が入ってきて吃驚しています。

今、ガザが大変な状況になっていますが、ユダヤ人のすべてがイスラエルのガザ攻撃に賛成しているのではないという事が次の動画でわかります。
それと同時に、イスラエル人の中にも国のやり方に反対して、ガザに入り、パレスティナ人を応援している人達もいます。
世界中の99パーセントのわたし達は皆、仲間です。人種も思想も、宗教も、乗り越えて、この事実に気がつけば、平和を勝ち取ることができるでしょう。

:

ーーーツィッターから引用初めーーー

フィフィ ‏@FIFI_Egypt 33分

動画:イスラエルはイスラエルに抗議するユダヤ人にでさえ、これほど執拗に暴行し、その声を力で封じ込めます。パレスチナ人に如何程の暴力が加えられているか想像がつくでしょう。
http://youtu.be/PMwyuEk9u_I

―――引用終わりーーー

この映像は世界中に流されているでしょう。
ユダヤ系アメリカ人のこの若者は、多くの人達に勇気を与えてくれました。
イスラエル人の中にも、ガザに応援に入っている人達がいます。

ガザのパレスチナ人はそこにいるというだけで、イスラエル政府によって毎日殺されています。


理不尽に攻撃されているという点では、わたし達も同じです。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者にとって、理不尽に攻撃されている事に対する怒りは相当深いものがあります。攻撃の内容も、死んだほうがましだと思えるようなものもあり、生きているだけで精一杯の被害者も多いのです。
それゆえ、世界に起こっている出来事を見る余裕などほとんどないという方が多いのではないでしょうか。

わたしもずっとそうでした。
けれども、この犯罪について知れば知るほど、これは世界の多くの出来事と繋がっているのではないかと思うようになりました。ただ見かけが違うだけなのだと今は考えています。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の自覚ある被害者は数が少ないので、なかなか声が世間に届かない現状があります。
また、加害側の工作によって、被害者は統合失調症という事にされてしまう場合が少なくありません。
それでなおさら、被害者の声は届かないのです。
精神病患者の烙印を押されてしまうと、何を言っても「被害妄想」にされてしまうからです。

でも、冷静に考えてみますと、世の中で起きている多くの不幸は、1%にも満たない権力者達が起こしているということから、集団ストーカー・テクノロジー犯罪もその一つなのではないか、と考えられるのです。

今では多くの人たちの知るところとなった911のでっち上げ、東北大震災の人工地震、薬害問題、イラク戦争、アフガン侵略、そしてイスラエルのガザ爆撃、無差別殺人。
そして日本にある54基もの原発ーーーそのうちのいくつかを爆撃すれば、日本は壊滅状態になります。

そういう危ないものを作り、さらに他国に輸出までしようとしている安倍連立内閣

集団的自衛権を容認し、戦争への道を走っている現実、

そういうことは一見別々の事のように思ってしまいますが、実は全ておおもとが繋がっている、人々の不幸を作り出して平気で笑っている1%の権力者達がいる、ということがわかれば、99パーセントの人達が手をつないでいくことによって、平和な世界が築けるでしょう。

なので、中国や韓国との領土問題で中国人や韓国人を敵視するのは(1%の)敵の思うつぼだと気がついてください。中国にも韓国にも、良い人はいっぱいいます。悪い人はわたし達の頭の上で手をつなぎ、わたし達を反目させ、憎むように仕向け、戦争を起こそうとしているのです。1%の敵は、決して戦争に行って死にません。わたし達の子供たちが戦争に行かされ、殺し、殺されるのです。

何のために?

1%の邪悪な人間の欲のために、です。

わたしはこの事をずっと、書きたかったのです。
でも、被害者仲間にはいろいろな考えがあって外国人を加害者と思っていたり、憎んでいたりする場合もあるため、連帯を壊すのではないかと恐れ、あまり言わないようにしてきました。

でも、このままでは、被害者は孤立したままで、この犯罪の撲滅は程遠いと思うのです。
集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪は人類の未来に関わる大きな犯罪です。
どんなに危ない犯罪であるか、それを多くの方に理解していただかない限り、人類の未来は相当暗いものになるでしょう。

この犯罪の被害者は、人類に警鐘を鳴らす使命があると思って、大きい視野で活動できたら、と思います。

最近わたしが犯罪被害以外の記事を多く出しているのはそういう考えがあるためなのです。

世界中の人たちと手を取り合って、前進していきましょう

明日は、今日偶然見つけた動画をご紹介します。
世界がどんな人達によって牛耳られているのか、その人たちの手先となって働いた人の証言です。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°



Pete Seeger - We shall overcome


https://www.youtube.com/watch?v=QhnPVP23rzo

この歌は多くの歌手が歌っています。
歌詞も旋律も少しずつ違ったりしますが、この人の歌は、

わたし達はいつかは平和に生きると
心の底から信じている

というのがいいですね。

落ち込んだ時この歌を歌うと励まされます。



ラテンミュージック ブログランキングへ

|

« ガザ発/元自衛官の訴え/ビクトル・ハラ | トップページ | エコノミック ヒットマン/アタウアルパ・ユパンキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガザ発/元自衛官の訴え/ビクトル・ハラ | トップページ | エコノミック ヒットマン/アタウアルパ・ユパンキ »