« 被害初期の1例/ビクトル・ハラ② | トップページ | アンカリングの実例/シクーリの歌 »

2014年7月 9日 (水)

体内へのチップ埋め込み

集団ストーカー・テクノロジー犯罪撲滅のための周知活動情報はこちらをご覧ください。
http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-6ac2.html


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

体内へのチップ埋め込み


娘の葵が歯科医にチップを歯に入れられたのは中学2年の頃でした。

それが分かったのは、詰め物がとれてチップが肉眼でも見えたからです。

今なら、しっかり写真にとっておくのですが、その頃はまだ証拠をとる事がどんなに大事なのか、あまりわかっていなかったので、証拠はなくなりました。チップを保存しようとした時には、すでに歯磨きをした後でした。チップは流しの排水管から流れて行ってしまったのでした。

ただ、個人的な証拠はなくても、すでにその技術の存在はは公表されています。

被害者の自覚のない方の歯にもチップが入れられているかも知れません。

WIRED/2002年6月21日記事
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech13.html

チップといえば、こんな記事がありました。


遠隔操作で16年使用可能

2014年07月08日 11時07分20秒
ビル・ゲイツ財団出資の企業が遠隔操作で16年使用可能な避妊チップを開発
http://gigazine.net/news/20140708-bill-gates-contraceptive-chip/


ーーー引用始め---


2014年07月08日 11時07分20秒
ビル・ゲイツ財団出資の企業が遠隔操作で16年使用可能な避妊チップを開発


By Dragunsk Usf

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は世界最大の慈善基金団体であり、これまでにも次世代コンドームや装着補助器具の開発などに資金援助してきました。そのゲイツ財団が資金援助した企業の1つ「MicroCHIPS」は、ユーザーがリモートコントロールすることで最大16年間使用できる避妊チップの開発に成功しました。

Remote-Controlled Contraceptive | MIT Technology Review
http://www.technologyreview.com/news/528121/a-contraceptive-implant-with-remote-control/

アメリカのマサチューセッツ州にあるバイオテクノロジー企業のMicroCHIPSが開発に成功したのは、大きさが20×20×7mmの極小デバイスで、使用者の臀部(でんぶ)・上腕部・腹部の皮膚下に埋め込んで使用します。デバイスには幅1.5cmの小さな容器が埋め込まれていて、その容器に緊急避妊薬にも使用されるレボノルゲストレルという黄体ホルモン剤が注入されています。小さな容器はフタの部分に密閉性の高いチタンと白金が使用されており、デバイスに搭載されたバッテリーからフタの部分に電流が流れ、フタが一時的に溶けて容器内のレボノルゲストレルが少量ずつ体内に吸収される仕組みです。

By Jodi Groesbeck

使用者が妊娠を希望するときにはリモートでデバイスの電源をOFFにするだけで、電源をONにすれば再び使用可能です。デバイスの使用可能期間は16年で、世界中のどこを探しても5年以上使用できる避妊薬およびデバイスは存在しないとのこと。

MicroCHIPSが開発した避妊デバイスのアイデアは、Microsoftのビル・ゲイツ氏から着想したもの。ゲイツ氏がMITにあるロバート・ランガー氏の研究所を訪れたときのこと、ゲイツ氏が「使用者がリモートコントロールでスイッチを操作できて、しかも長い間使用できる避妊用デバイスは実現可能ですか?」とランガー氏に聞いたことが始まりです。ゲイツ氏の質問にランガー氏は「以前に開発したマイクロチップの技術を使えば実現可能かもしれない」と考え、MicroCHIPSと共同で開発がスタートしました。

By TEDXBigApple 2012

デバイスを皮下に埋め込むという避妊方法は日本ではあまり聞き慣れませんが、海外では腕の内側などにホルモン剤を含んだ細長いプラスチック製の容器を埋め込む「避妊インプラント」が広く普及しており、デバイスを皮下に埋め込むことに抵抗はなさそうです。

なお、今回明らかになった避妊用デバイスは2015年に予備臨床検査が行われ、MicroCHIPSは2018年までの市場投入を目指しています。


―――引用終わりーーー


なんだか、気持ち悪いですね。

でも、これは現実に起こっている事です。

日本ではどうして報道されてこなかったのでしょうか?

報道されては困る勢力が存在しているという事なのでしょう。

その勢力は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪組織と関係しているかもしれません。

それは、先日集団的自衛権容認と特定秘密保護法に反対して焼身自殺を図った方の報道が、大変小さくしかされなかったことを連想させます。

犯罪人ではないのに、本人の承諾なしにマイクロチップを体内に入れられている人がすでに多く存在している事を、どうぞ皆様、多くの方にお話しください。そして、できればご自身で調べていただきたいのです。本もいくつも出版されていますし、ネットで検索しても沢山、出てきます。

よろしくお願い致しますm(__)m


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°

今日はちょっと音楽はお休みです。

押しかけ猫

犬が好きな野良猫が家族になりましたよMy new family
https://www.youtube.com/watch?v=wDuIlfPypBY


ラテンミュージック ブログランキングへ

|

« 被害初期の1例/ビクトル・ハラ② | トップページ | アンカリングの実例/シクーリの歌 »

加害関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被害初期の1例/ビクトル・ハラ② | トップページ | アンカリングの実例/シクーリの歌 »