« 本の紹介 | トップページ | 新たな離間工作の理由 »

2012年8月30日 (木)

危険なACTA

危険な法案が明日(31日)、可決されようとしています。

ーーー転載始めーーー

「集団ストーカー現象について考える」


問責決議通過でもACTA成立は自走
竹島や尖閣諸島問題、野田首相への問責決議で、世論、大手メディアは盛り上がりを示しているが、ネット活動、言論の自由、人権にとり、非常に危険な法案が通過しようとしている。

ACTAの問題は政権がひた隠しに通過を図る重要な闇法案の一つである。ACTA、Anti-Counterfeiting Trade Agreementとは、模倣品・海賊版拡散防止条約であるが、この名称はその本質の誤解を誘導する。
元来、ACATAは国際的に知的財産を守り、登録商標の模造を防ぐ為の法案である。
社会には多くの模倣品や海賊版の製品が溢れ返り、その国際的な知的所有権、著作権、オリジナリティを保護し、製品や作品が価値を保ち、高い品質を維持する事を保証する為の国際的な著作権法を調整する事に依り、可能にする。

しかしながら、その大義とは裏腹に、我々の日常的なネット活動には大きな支障を発生させ、「ネットの核兵器」とも呼ばれており、甚大な人権侵害の状況に導く可能性がある。
ネット上を通過するあらゆるデータである、コンテンツ、情報、意見は検閲され、制限の対象となる。
具体的には以下の内容が実施される事になる。

・ インターネットサービスプロパイダ(ISP)への監視義務、強制
・ 著作権侵害が疑われるウェブサイトの強制シャットダウン
 - ISPから捜査当局への情報提供
 - 国境での情報端末機器の内容検閲、捜査
 - 3回侵害行為をすると接続を遮断するスリーストライク法
 その他
 - アクセスコントロール回避対策には刑事罰適用の方向
・仮処分に関して:、権利者の言い分の正当性を審理せずに「申し立て」だけで仮処分可能
 ・敗訴者が勝訴者の訴訟時弁護費用を負担
 ・ジェネリック医薬品の取り締まり

以上の状況からして、表現の自由や通信の秘密等の基本的人権を脅かす可能性が非常に高く、危険な社会状況を作り込まれる。インターネットは検閲され、自由な活動が著しく制限される事から、ネットの中立性も失われる。
インターネット上の情報である個々のデータパケットは常に監視され、オンライン状態でのユーザーの活動は監視が徹底される。そして、有無を言わさずのインターネット切断等の罰則が有効となる。
従って、言論の自由は阻害され、全くその本来の機能、性質が失われる。集団ストーカーのターゲット被害者には恒常的に行われる様な個人の監視が格段に強化され、合法化の衣を纏い、同じ状況が今後は全ての国民に対して、展開でき、違反すれば非常に厳格な処罰の対象となる。

(省略)


参議院で野田政権は問責議案を突きつけられ、事実上の国会の機能は停止したが、衆議院の外務委員会でACTAは採決に掛けられる事が、衆議院の理事懇談会で決定した。野党側議員は出席しないと見られる事から、8月31日にも審議されずに可決される見通しである。

有志の方々は是非、至急、この法案成立への反対意見を[外務委員会]に突き付けて頂きたい。
衆院外務委員会メンバーの事務所にはメールではなく、電話かFaxにより、ACTAに抗議の声を伝える事が効果が望める。


ーーー転載終わりーーー

kingfisherさんのブログには、ACTAの外務委員名簿がありますので、是非、ご覧ください。
ACTAは大変危険な法案ですので、電話やファクスで反対の声を届けましょう!特に、地元の議員さんには効果があります。

|

« 本の紹介 | トップページ | 新たな離間工作の理由 »

コメント

自分も被害にあっています。サニナさんははいつごろから(ハイテク、ローテク)
の被害がでましたか?

自分もネットで、ホームページブログを改ざんされるのですが(見ているページ)
>(最近メールの改ざん)サニナさんはどのよにされるのですか?

最近 仄めかしなどの被害があるのですが、サニナさんは
(テクノロジー犯罪被害ネットワーク 会員に所属していますか?)
(会員はどのようなことをしているか、知っていますか)

以前にdenebuさんをとりあげていましたが知っていますか?
(声が解るのはお会いしてたりするんですか)


質問ばかりですいませんm(_ _)m


投稿: ta | 2012年9月 1日 (土) 14時42分

ta様

コメントありがとうございます。

申し訳ありませんが、ご質問に丁寧に答える余裕がありません。私の過去記事に被害内容やその他、書いてありますのでご覧ください。

投稿: サニナ | 2012年9月 2日 (日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本の紹介 | トップページ | 新たな離間工作の理由 »