« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

危ないホームページ~被害初期の方へ

『集団ストーカー」で検索しますと、企業の宣伝の後、すぐにでてくるホームページがあります。
大変わかりやすく、見やすく、安心感をあたえるホームページです。
被害者にされたばかりの方が読まれたら、10人のうち9人は、良い内容だと思われるでしょう。

けれども、非常に危険だということをお知らせします。

それは、「独りで悩まず専門家や公的機関に相談」するようにと勧めているからです。
一見、良いことのように思われます。普通の犯罪でしたら、それで良いでしょう。
けれども、集団ストーカー犯罪・ハイテク犯罪に限っては、それは大変危険です。

実際、起こったことをご紹介します。

ブログ「常識では考えられない状況」の管理人さん、野原の草花さんは、集団ストーカー被害を警察に電話して話したところ、「署にきてください。」といわれました。「電話でいいです。」と断りましたが、強く勧められたため、行って被害を話したところ、精神病院に入れられてしまいました。
現在も、飲まなくてよい薬を飲まされた後遺症に苦しまされています。

私自身も、市民相談課へ行きましたが、そこでは加害者と、加害協力者が待っていました。
行っても無駄ですし、返って危ないことになりかねません。

*また、被害者の自覚がある場合は、周りから病院へ行けといくら言われても、精神病院へは行かないでください。
*「検査入院」や「異常がないと医者に行ってもらえば安心でしょ?」などという言葉に騙されないようにしてください。そのまま2~3カ月は入院させられ、薬漬けにされます。

*精神病院のひどさ、医師の悪辣さを知るには、次のブログをご覧ください。

『精神科医の犯罪を問う」

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55


『相談・通報機関』として、アメリカの FBI や CIA を勧めているというのもおかしなことです。
このH・Pの巧妙なところは、加害組織の偽物ブログと一緒に本当の被害者団体をも紹介している点です。



被害者にされたばかりの時にはとても辛く、不安でいっぱいになります。
けれども、できるだけたくさんの被害者ブログを読んでください。そうすれば、偽物を判別できるようになると思います。

わたしは、『集団ストーカー被害者の会ネットワーク』に所属しています。
それは、この団体が本気でこの犯罪を撲滅するために活動している被害者の団体だからです。この団体が作られてから1年以上経ちますが、活動は徐々に広がり、内容も充実してきました。周知効果も出てきています。



被害者団体のご紹介

「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」

http://gsti.web.fc2.com/


また、議員さんへの働きかけを活発にしていらっしゃる髭さん主催の被害者団体はこちらです。

「組織ストーカー電磁波犯罪被害の会」

http://tanago381.blog137.fc2.com/blog-entry-68.html#comment64

第4回定例会

日時 24年2月5日(日)PM13:00~17:00

法務局東京都人権プラザ3F大会議室

参加資料費 500円

この犯罪の被害者にされたらのがれることはほぼ不可能です。加害組織はどこまでも被害者を追ってきます。(外国に行っても同じです)つまり、この犯罪は世界的規模で行われているのです。
けれども、悲観する必要はありません。
被害者仲間はどんどん立ち上がり、この犯罪に法規制をかけるため闘っています。
孤立していると、どうにもなりません。
悪辣な犯罪を撲滅するために、いっしょに闘いましょう!

:
*URLをクリックしてもページがが出てこない場合はコメント欄をご覧ください。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (4)

2012年1月28日 (土)

第3回長崎街宣報告

福岡街宣部隊として去年から始めた長崎街宣は、長崎被害者の会主催となり、昨日で3回目となりました。
今回も、被害者仲間の皆さんのお陰で良い街宣となりました。

参加者は、てんとう虫さん、蝶結びさん、ガブラスさん、初参加のまりさんとAさん、葵とわたしの7名でした。


今回、以前からお会いしたかったA(長崎の被害者です)さんは、1番乗りで、待っていてくださいました。目があったとたんお互いにすぐにわかり、嬉しい出会いとなりました。

この日は驚いたことに雪が降っていて(南国の長崎で雪が降るなんて!)、これでは予定していた場所での街宣は難しいかと思いましたが、Aさんのご提案で、場所をかえることになりました。アーケード街は屋根があり、よく、その場所で街宣や何かをやっているのを見かけるということでした。

今回の参加者7名全員が集まってから移動を始めるときにはちょうど雪がやんできて、わたし達を応援してくれているようでした。

浜の街のアーケード商店街は人通りが多く、街宣には大変良いところです。
そこでのぼり旗2本を立て、一人がマイクを持ち、一人が撮影し、3人が署名を集め、2人がフライヤーをくばりました。

長崎は、歴史のある、文化の香りのする街です。そして、人々も親切で、やさしい人情があります。観光の街でもありますが、スレた感じがないのはどういうことなのかと考えてみると。。。古くから異文化が入ってきた歴史があり、外国文化を受け入れる柔軟性、それを改良して活かす知恵、よそ者を排斥しない、ともに生きていくやさしさがあるのだと感じます。

結果、署名集めは、29筆、フライヤーは約100枚うけとっていただけました。
そして、(大事なことをうっかりしていましたので)参加者全員も署名して、合計36筆になりました。
心配していたマイクも問題なく、無事、街宣を終えました。

その後、記念撮影をして、バイキングのお店にみんなで行き、情報交換等楽しいひと時をすごしました。

その後名残を惜しみながら、解散しました。

参加された皆さまへ

雪の降る寒い中、遠路参加された皆さま、ほんとうに、ありがとうございました。
お陰さまで無事、街宣を終えることができました。

今回の街宣では、署名に協力してくださる方の反応が早かった印象があります。それだけ、周知活動の効果が出てきているのを実感しました。引き続き、頑張って行きましょう!
次回もよろしくお願いいたします。

お詫び

実は3時から議員さんとの面会の予定でしたが、わたしの手違いで実現できませんでした。
街宣は初め26日の予定でしたので、議員さんに26日の午後3時面会ということになっていたのです。その後、参加者の仕事の御都合で25日に変更したのをうっかり議員さんにお知らせするのを忘れていました。気がついたとき、問い合わせをしましたが、すでに遅かったという次第です。
皆様に大変申し訳ないことをしました。議員さんにも参加された被害者仲間の皆さんにも、お詫びいたします。


:

*お知らせ*

◆ 「大阪被害者の会」は「関西被害者の会」に名称編成を変えて活動を開始します。
関西被害者の会 第一回大阪街宣

日時:1月29日(日) 13:00~
場所:JR大阪駅周辺
集合:午後12:30 JR大阪駅中央口、のぼり旗が目印です。

詳細は「関西被害者の会 1・29 大阪街宣」を御参照下さい。

http://1710122.blog137.fc2.com/blog-entry-120.html


◆ 山陰被害者の会と広島県被害者の会は合同で
2月12日(日)に第1回岡山街宣を行います。

街宣場所:岡山駅東口ビックカメラ前
集合場所:現地   
集合時間につきましては、
決まり次第告知致しますので、お待ちください。

詳細は次のブログをご覧ください。

『さくらんぼの実る頃~テクノロジー犯罪被害者の日記」

http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/


『広島県呉市 集団ストーカー被害記録」

http://pumillagreen.blog91.fc2.com/


被害者仲間の皆様、奮ってご参加ください。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

A(長崎の被害者です)さんの投稿

A(長崎の被害者です)より サニナさんへお願い!!

被害者の皆さんの参考になればと思います。ご覧になって下さい!

脳から知覚映像を読み出す ~ヒトの脳活動パターンから見ている画像を再構成
~ | ATR – Dni
http://www.cns.atr.jp/dni/research/visual-image-reconstruction/


以下が 今日 お話した、BMIの器械についてオウム真理教が 研究していた
と言う当時の報道の映像です。


悪夢の独房修行 PSIの正体 オウム帝国終焉 苫米地英人 オウム総括7/10 –
YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=SByIQG-s-no&feature=related


:*何度試してみても、URLが出てきません。
申し訳ありません。コメント欄で試してみます。


| | コメント (1)

2012年1月21日 (土)

ブログの紹介

あることを調べていて、面白い記事を見つけました。
常にあらゆる意味で自由を奪われている集スト・ハイテク犯罪被害者のわたし達としては、読む価値のあるものと思います。
芸術関連の記事が多く書かれていますが、全天皇の御墓訪問などびっくりするほどの好奇心と行動力です。わたしはまだ、少ししか読んでいませんが、これから楽しみに読もうと思っているブログです。


文芸ジャンキー

http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/peace9.html

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

第3回長崎街宣のお知らせ

今年初の長崎街宣します。
皆様、奮ってご参加ください。

日時: 1月25日(水) 午前11時~
集合場所: 長崎駅改札口

メガフォンとのぼり旗はわたしが持参しますので、プラカードを用意できる方はお持ちください。
議員さんとの面会が3時から30分程度あります。資料など用意できる方はお願いいたします。


初めて参加される方は、このコメント欄にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

*A(長崎の被害者です)様、今度こそ、お会いしましょう!

:::::

≪ お知らせ ≫

大阪街宣

関西被害者の会では、1月29日(日)に大阪街宣を行います。

詳細はこちらをご覧ください。

関西被害者の会 1・29 大阪街宣

http://1710122.blog137.fc2.com/blog-entry-120.html
こちらもよろしくお願いいたします。


岡山街宣

山陰被害者の会と広島県被害者の会は合同で
2月12日(日)に 岡山街宣を行います。

街宣場所:岡山駅東口ビックカメラ前
集合場所:現地 


詳細はのちほどこちらにUPされます。

「さくらんぼの実る頃」
  
http://www.freeml.com/bl/8853095/70077/
近隣の被害者仲間の皆様、是非、ご参加ください。
よろしくお願いいたします。

新宿街宣

1月29日13時 アルタ前

詳細はこちらをご覧ください。

「創価学会員の集団ストーカー・嫌がらせ・付きまとい・つきまとい」

http://2247st.blog24.fc2.com/blog-entry-412.htmlよろしくお願いいたします。

***********************************************

皆様にお知らせいたします。

たった今、URLをクリックしましたら、本来のURLとは違うブログが出てきました。
これは、普通ならあり得ないことです。

この記事を書いたのは、1月17日ですので、21日の記事はまだ書かれていませんでした。そればかりか、21日に貼ったURLの存在すら知らなかったのです。

つまりこれは、加害側が細工をしたということだと思います。

今まで気がつかずにいたために、嫌な思いをされた方がいらっしゃると思います..
大変申し訳ありませんでした。


このページはこのままにしておき、改めてURLを貼りますので、下記をご覧ください。

≪ お知らせ ≫

大阪街宣

関西被害者の会では、1月29日(日)に大阪街宣を行います。

詳細はこちらをご覧ください。

関西被害者の会 1・29 大阪街宣


http://1710122.blog137.fc2.com/blog-entry-120.html

ずっとフリーズされていました、
後ほど、きちんとします。

1月23日

| | コメント (1)

2012年1月10日 (火)

署名の影響力

新年あけましておめでとうございます。
(遅すぎて松の内ではもはやありませんが)
本年もよろしくお願いいたします。m(__)m

実は新年の始めには何か楽しい記事を書きたいと思っていたのですが、なかなか見つからず、今日という日になってしまいました。
コメントを下さった方にレスしておりましたら、ストックホルム・アピールのことを思い出しました。
これは、役に立つ事実と思いますので、是非、ご覧ください。


ーーーーー以下コピペですーーーーー

「哲野イサクの地方見聞録」
http://www.inaco.co.jp/isaac/
より

http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/stockholm_appeal_for_peace.html

(2010.8.19)
【関連資料】核兵器廃絶


<参考資料> ストックホルム・アピール
(Stockholm Appeal for Peace)について

 1949年から1950年にかけてポーランド・ワルシャワで成立した世界平和評議会(World Peace Council-WPC)が1950年に出した「核兵器廃絶」アピール。1949年8月にはソ連が核実験に成功、アメリカに次ぐ核兵器保有国になっていた。また1950年6月に勃発した朝鮮戦争では、国連軍(事実上のアメリカ軍)総司令官、ダグラス・マッカーサーが核兵器使用を強硬に主張し、中国と北朝鮮の国境に投下すべしと云う議論が公然と行われていた。(のちトルーマン政権はマッカーサーを罷免、核兵器使用は見送られた。)

 こうした核兵器を巡る騒然とした状況の中で、世界平和評議会は、1950年3月ストックホルム・アピールを発表し世界の人々に核兵器不使用を訴えた。以下が内容。

・ われわれは、人民の大量殺戮と恫喝の道具である原子兵器が違法であると宣告することを要求する。
・ われわれは、この手段を法的に執行するため、原子兵器の厳格な国際管理を要求する。
・ われわれは、一体全体いかなる国に対してであれ、最初に原子兵器を使用するいかなる政府もヒューマニティに対する犯罪を犯すものであり、戦争犯罪人として扱われるべきだと、信ずる。
・ われわれは、世界中の善意の男性そして女性にこのアピールに署名するように求める。
(1950年3月19日)
( なお、英語訳文は以下。
・ We demand the outlawing of atomic weapons as instruments of intimidation and mass murder of peoples.
・ We demand strict international control to enforce this measure.
・ We believe than any other government which first uses atomic weapons against any other country whatsoever will be committing a crime against humanity and should be dealt with as a war criminal.
・ We call on all men and women of goodwill throughout the world to sign the appeal.
私はこの英語訳文を国際民主法律家協会-International Association of Democratic Lawyersのサイトのページから引用した。
<http://www.iadllaw.org/en/node/438>)

 当時平和評議会の議長は、フランス共産党員でノーベル賞物理学受賞者のフレデリック・ジュリオ・キュリーだった。彼が呼びかけ人代表となった。他に著名な呼びかけ人には、ジェルジェ・アマード(ブラジルの小説家)、ルイ・アラゴン(フランスの詩人)、マルク・シャガール(ロシアの画家)、モーリス・シュバリエ(フランスのボードビリアン)、フランク・マーシャル・デイビス(アメリカのジャーナリスト、詩人)、デューク・エリントン(アメリカのジャズ・ピアニスト)、リオネル・ジョスパン(フランスの社会党政治家、後首相)、トーマス・マン(ドイツの小説家)、イブ・モンタン(フランスの歌手)、パブロ・ネルーダ(チリの詩人)、ノエル・ノエル(フランスの映画俳優)、ジェラール・フィリップ(フランスの映画俳優)、パブロ・ピカソ(スペインの画家)、ジャック・プレヴェール(フランスの民衆詩人。シャンソン“枯葉”の詩は彼が書いた。)、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(ソ連の作曲家)、シモーヌ・シニョーレ(フランスの映画女優)など、学者・文化人・芸術家がズラリと並んだ。アメリカのフランク・マーシャル・デイビスは、このためアメリカのFBIに「反米活動」の容疑で思想行動調査をうけており、このFBI報告書が現在インターネットで読める。
(<http://www.usasurvival.org/docs/Frank_Marshall_Davis_4.pdf>)

 WPCはこのアピールにもあるように、世界で署名活動を開始し、2億7347万566人の署名を集めた。中でもソ連は総成人口のほぼ全員が署名したとされる。(以上英語Wikipedia<http://en.wikipedia.org/wiki/Stockholm_Appeal>などによる。)「ヒロシマ・ナガサキ」の記憶も生々しい1950年時点で、ソ連社会の市民たちがいかに「アメリカの核兵器使用」に恐怖を感じていたかを推測できる。
(日本語のサイト<http://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3
%82%AF%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%
82%A2%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%AB>は署名数を5億以上としているが、これは2009年末の累計のようである。)

 なお前出の国際民主法律家協会は、2010年6月18日・19日両日パリで、「ストックホルム・アピール60周年祝賀国際会議 1950-2010」を開催し、最終日採択した「宣言」で次のように述べている。

『 1950年のストックホルム・アピールは次の3つの原理を公式にのべた。(1)核兵器の全面禁止、(2)全面禁止を実地に移すための管理機構の設立、(3)あらゆる国の核の先制使用を自制すること、またこのことはヒューマニティに対する犯罪であることの要求。

ヒューマニティに対する犯罪であった「ヒロシマ・ナガサキ」の恐怖は、ストックホルム・アピールの時点では、まだ人々の記憶になまなましかった。その結果ストックホルム・アピールは数億人の署名を集めた。この圧倒的な支持は、アメリカが朝鮮戦争で核兵器を使用することを抑止したのである。』

 アメリカのトルーマン政権がマッカーサーを罷免してまで、核兵器の使用を思いとどまったことに対する「ストックホルム・アピール」の影響は、それはわからない。しかし、もしこうした世界世論の声に逆らって、アメリカが朝鮮戦争で核兵器を使用していたら、それはアメリカの政治的自殺行為だったことは確実だろう。

 この宣言は次のように続ける。

『 アメリカは2010年核態勢見直しで、核先制使用ルールを排除することに失敗した。同時に、アメリカは非核攻撃や非核軍事能力への対応として、核兵器を使用する選択を留保した。この戦略はストックホルム・アピールに違反するものである。

アメリカとイスラエルは、彼らの核兵器でイランや朝鮮民主主義人民共和国を一突きしようとまだがちゃがちゃやっている。これらの種類の脅威は国際法に照らして不法である。』

 またこの宣言は、

『 核兵器不拡散条約が要求する、忠実な核軍縮交渉をするかわりに、アメリカとロシアは、その保有する核兵器の数量を制限する交渉を2国間で進めてしまった。この戦略は明らかに、現存する彼らの核兵器の貯蔵を正当化するものであり、それらは依然として「ヒロシマ」の数千倍の破壊力を有している。依然として核兵器は世界全体を脅かしている。ストックホルム・アピールの有効な実施は、2国間ではなしに、世界全体で行われるべきである。』

 と述べ、ブッシュ政権時代と表面打って変わったように見えるオバマ政権に全くごまかされていない。それも極めて単純な真理を並べた、ストックホルム・アピールの立場から世界を眺めているからだろう。

なお世界平和評議会(World Peace Council)そのものは、国連の重要なNGOの1つとして健在であり、「反帝国主義」「非同盟主義」を旗印に現在も活躍している。
(以下世界平和評議会のサイト<www.wpc-in.org>を参照の事。なお、日本のグーグルやヤフーでは、時にこのサイトにアクセスが禁止されていることがあるので注意して欲しい。)


ーーーーー以上コピペでしたーーーーー


署名ではまどろっこしいと思われている方に是非、知っていただきたい事実です。

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »