« 馬毛島の危機 | トップページ | これで「加害者」と疑われることはなくなった »

2011年7月15日 (金)

長崎街宣報告

街宣報告をすでにUPしていたと思いこんでいましたら、「下書き」のままでした。

いつもながら、やることの遅い私ですが、確かに長崎街宣をしたのだということを報告しなければならないと思います。集スト犯罪・ハイテク犯罪を訴える街宣は、長崎でも初めてのことですので報告の意義は大きいと思われます。

7月9日、長崎駅に集まりました。
山口県から蝶結びさん、福岡県からてんとう虫さんとガブラスさん、長崎県から葵と私の5人でした。
カンカン照りの中、駅近くの歩道脇での街宣でした。

今回は、masurao2631さんの事件の署名活動を中心にしました。
一人がマイクを持ち、3人が署名活動をし、1人がデジカメで撮影です。
皆さんとても積極的で、マイクも署名も、しり込みする仲間はひとりもおりませんでした。これは、第1回の博多街宣の時からの常です。皆、ほとんど初めての街宣、署名活動、撮影、であったのにもかかわらず、不思議なほど、尻ごみする仲間がいなかった、というのは、特筆すべきことと思います。

街宣部隊の中心、てんとう虫さんは、福岡被害者の会を立ち上げてくださった被害者仲間です。
落ち着いた、しっかりとぶれない思考と行動力で、皆をここまで引っ張ってくださいました。
てんとう虫さんのブログをもう一度紹介いたします。


「集団ストーカー被害~私の場合~」
http://tentoumusi5.blog15.fc2.com/blog-entry-27.html

集スト攻撃に立ち向かい、勝利した記事をぜひ、お読みください!
(アクセス数が1,000にもなったそうです。加害組織にとって衝撃が大きかったということですね。)

また、職場でひどい集スト攻撃と連日の残業にもめげずに遠路参加してくださった蝶結びさん、やはり、職場で集ストとハイテクによる脅しにさらされ、それに負けずに頑張っておられるガブルスさん、人前で目立つことをしたくないのにマイクを持った葵、仲間の皆様、ほんとうに、お疲れ様でした。

8月の街宣は、再度、福岡です。
また、よろしくお願いいたします。

|

« 馬毛島の危機 | トップページ | これで「加害者」と疑われることはなくなった »

コメント

サニナ様

街宣、お疲れ様です。
葵さんも頑張られたんですね。すごい~。
わたしは外向けの活動を何もできていないので、頑張っている方たちにいつも
申し訳なく思っています。
皆様、本当にありがとうございます。

福岡のBUTAさんのブログにukiyonoitoさんの情報がありました。
今月中に直接会われるそうです。
とても心配していたので、ご無事で本当によかったです。
BUTAさんのブログにコメントしたのですが、反映されませんでした。
もし、ネットワークでお話される機会がありましたら、どうかよろしくお伝え下さい。

最近、被害者ブログへのサイバーテロがものすごくひどくなってますね。
わたしはブログを書いていませんが、お気に入りに入れてあった被害者ブログをフォルダーごと消されてしまいました。
これで2度目です。
被害者同士の連携を邪魔する動きが活発ですが、負けずにどんどんつながっていきましょうね。

福岡での街宣、暑いので熱中症にならないように気をつけて下さいね。

投稿: あんず | 2011年7月15日 (金) 22時35分

あんず様、

コメントありがとうございます。

外向けの活動ができなくても、あんずさんのようにコメントやメール、電話等で励ましてくださるのも活動のうちと思っております。

わたしたち被害者はいろいろな状況におかれていますので、「それぞれできることをやっていく」、ということで良いのではないでしょうか。

あんずさんからの連絡にいつも感謝しております。
優しい声の抑揚には癒しがあります。

投稿: サニナ | 2011年7月17日 (日) 07時45分

サニナさま
初めましてm(_ _)m 
私は てんとう虫さんのブログに辿り着いてお尋ねしたところ 近くにサニナさんがいらしゃると紹介して頂きました。
私は ストーカー行為が何度も遭った後、ブレイン・マシーン(市販の意思伝達装置の進化型)のターゲットにされ苦しめられ 孤立するしかない状態でなされるがままに人体実験されています。私の思考だけでなく、脳に描かれる五感の総てが このブレイン・マシーンに依って加害者側に読み取られ伝わり 防衛省の兵器開発の部署に集約報告されているのだと 加害者側の会話から聞かされ続けております。そこには全国の同じような兵器開発の為のモルモットである私のような人たちの五感情報(生体情報)が集められ カウンターでその情報内容結果で機密費からのお金が支払われるのだとか・・・
私の聞いたりしたことだけでなく見たことも 脳がそれを電気信号として脳磁図(MRI検査って病院でしますがご存知でしょうか?脳のMRI画像のことです。)を その五感のそれぞれにおいて特徴を持って描くので 加害者側はそれをコンピュータで分析し IC(集積回路)チップに記憶してより詳細に読み取っています。またその読み取りから被害者がどんな脳磁図を描いた時に身体がどう動くのかさえそれで分かるから 被害者を操り動かす。
私は 今 ここまでやられてしまっています。
同じ長崎にいらっしゃるということで お会いしていろいろお話できればとは思うのですが、サニナさんのお話を読んでみると ブレイン・マシーンに照準を合わせられているように思えなくて 全く同じ状況ではなさそうで お会いして反対に私の視覚からサニナさんの情報が加害者側に伝わって迷惑をかけるのではと心配になっています。
てんとう虫さんが さっそくサニナさんにも連絡をしておいたからと言っては下さったのですが 私の状況でも良いのかどうか了解を頂かないとと思い 私の詳細をお知らせしました。
私としては 同じ状況の方とお話がしたいです。 

投稿: A(長崎の被害者です) | 2011年7月21日 (木) 21時15分

A(長崎の被害者)様、

はじめまして。コメントありがとうございます。
19日にてんとう虫さんに連絡をいただいてから、Aさんからのコメントを楽しみにしておりました。

長崎県にお住まいなのですね。長崎にも何人も被害者仲間はいらっしゃると思っておりましたが、今まで巡り合えませんでした。

御心配されている件については、問題ありません。
私は勿論、ハイテク犯罪のすべてを理解しているわけではありませんが、私達集スト・ハイテク犯罪被害者は皆、基本的には同じ人体実験をされていると考えております。実験の細部と自覚のさせられ方は異なっていますが、人体実験とデータ集め、それを補完するための集スト、ということです。
ですので、ハイテク犯罪だけ受けているという方はいらっしゃるかも知れませんが、集スト犯罪だけということは考えられません。加害組織が、何の利益もないのに集ストだけをし続けるとは考えられないからです。
ハイテク被害者はすべて、心身ともに遠隔操作されていると、私は考えております。

ナチスはかつて、ユダヤ人を根絶やしにするために収容所に入れ、死ぬまでの間に人体実験をしました。
ハイテク犯罪組織は、私たち被害者をできるだけ長く被検体として利用し、利用し、死ぬまで利用し尽くして闇に葬る、というやり方で、莫大な利益を得ていると思われます。

この悪辣無比な犯罪組織の息の根を止めない限り、私たち被害者でけでなく、人類の平安はありえません。
ともにがんばりましょう!
道は険しくとも、必ずその日はきます。悪が永遠に繁栄することはありえないからです。

8月には福岡で街宣があります。是非、ご参加ください。

投稿: サニナ | 2011年7月22日 (金) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬毛島の危機 | トップページ | これで「加害者」と疑われることはなくなった »