« 飛びぬけて嬉しかったこと | トップページ | KEN様へ »

2011年5月27日 (金)

新潟県の女性被害者様の被害

コメント欄に投稿してくださった新潟の女性被害者様の御許しをいただきましたので、記事として紹介いたします。

::

新潟県の女性被害者です。

こちらは、抜けるような青空になることが最近多いです。
そちらは、なお綺麗な空を見ることが出来ることと思います。

サニナさんも、ジェルの取替えに気を付けなければならない状況のようですね。
わたしの方も新潟は、20度前後のことが多いのですが、うっかりしていると、
首に巻いているジェルは38度近くになっているように、ジェルは熱くなっています。

就寝中

就寝中も、身体攻撃や、音声送信があります。
身体攻撃は、頭には、木槌でたたかれるような痛みや、電磁波のビームや針で刺す
ような痛みがあります。

目も朝起きると、赤く充血して出血していたり、液体を吹きかけられてべたついてい
たりします。
身体は、熱攻撃で、足の裏から頭のてっ辺まで熱させられています。
朝起き掛けには横になって両足を曲げて寝ていますので、足の膝関節の周囲の筋肉を
硬くさせられて動けなくされています。
なので、電気あんかを布団の中に入れておいて、固くなった膝関節の周囲を暖めて筋肉
をほぎぐします。

でも布団の中で体は、熱攻撃で熱くされているので、弱にしておいた電気あんかまで、
すごく熱くなっていて怖いです。

起床後

食事の支度や、片付けをしているときは、両足の裏に熱攻撃で、床に両足をつけていられません。
片足づつ床につけたり床から足を上げたりしながら作業をしています。
そして歩くときには、足の裏をビームで痛くして、歩くことを妨害しています。
立ったまま作業をしている時には、足の甲の小指側や足の指の爪に、針を刺すような痛みの攻撃
をされます。
調味料やほか、ペットボトルなどを持っている時にはたぶん、容器を押すのかと思いますが、
床に落とされます。
特にティッシュペーパーなどは、こちらも、力を入れていない状況なので、よく床に下ろされます。

食事中

足の甲は熱攻撃で真っ赤に腫上がっていますし、上肢や下肢は、むくみでやっと
据われるくらいですが、せいぜい30分ぐらいしか座っていられません。
座って食事をするのですが、10分位すると足の裏にビームで痛くしたり熱攻撃で、
我慢できないほど熱くされて食べ終わるまで、座っていられません。

ときどき食事の内容が気に入らないみたいで、食べる前に、足の裏の筋肉を攣らせて痛くて
座っていられなくされます。
食事をさせないようにされます。

食器を洗っている時、食器を濯いでいるとき、食べ物を食器に盛り付けているとき、
食事をするときには、液体を際下なく降りかけられています。
いくら取り替えても、また再度液体を振り掛けられますので、食べないでいられないので
食器の中身を良く見ないようにして口の中に入れています。

その液体も苦味はないときと、苦いときがあります。
注射のような臭いがする時もあります。
そして液体は、24時間間断なく、鼻から入れられています。
それを口から吐き出すために、ティッシュペーパーで拭き取っています。
なので、ティッシュペーパーは、一日一箱半ぐらい使います。

公的機関に行っている時でも液体は鼻から口の中に入れられています。
失礼だと思ったのですが、ティッシュペーパーで、口の中の液体を拭き取って、
見ていただきました。

これは、浴室で身体を洗っている最中、衣服を着けているとき、いつでもどこでも
粘々した液体を吹きかけられています。
特に身体を洗っている時には、液体のほか、熱攻撃、ビームによる痛みの攻撃
なので、痛みのため、トイレに行けなく、6時間も我慢をしたのですが、用を足した
あとは、すごい痛みで、二度と、身体を洗えない心理にさせられてしまいます。

家事をしている時
足への攻撃は、熱攻撃によるものと、足の裏にビームの痛みを加えるものと、針で刺した
ような痛みを加えられます。
屈むようなときには腰に痛みを加えて、曲げた腰を伸ばせないようにされます。
そして、段差のあるところにしゃがみこんで、物を取り上げようとする時などは、
前に押し落とされようとされます。
そして、片足に立つような姿勢の時には、身体を揺らして邪魔をします。

最近では、音声送信で、さかんに、「殺してやる!」と、一日に何度も言われています。
加害者は、2,30代の女性2人、年配のプログラマー1人、若い男性3人位、4,5才の幼児、
これに、依頼者の家族3人で、攻撃をしています。
依頼者の家族は、主にプログラマーを指示をしているみたいです。

長くなりましたので、いったん、これで、中断いたします。

::

つまり、もっと被害があるということなのです。

この方とは時々電話で話をさせていただいておりますが、とても気遣いをされる、奥ゆかしい方なのです。こんな女性を攻撃して喜んでいる加害者達は、いったいどんな神経をしているのでしょうか?

|

« 飛びぬけて嬉しかったこと | トップページ | KEN様へ »

コメント

新潟県の女性被害者です。

五月晴れに、感動したばかりなのに、もう全国的に梅雨に入ったとの情報に吃驚しています。

先回に続いて、バージョン2になります。
外出している時

警察に相談に伺っているときでも、足への熱攻撃や音声送信(主に自分たちの会話を内容を
聞き取れないように肝心のことは聞こえないようにされています)があります。
これは、市への相談のときも同じく足への熱攻撃、および音声送信があります。
それに加えて、顔への熱攻撃で、顔は真っ赤になっています。

外出中は、自転車走行になるのですが、走行中に、右足の膝に痛みを加えたり、走行の
邪魔をします。自転車なので、危険な行為を仕掛けてきます。
目に、粘々した液体をかけて、前方の視界を見えずらくされたり、ビームを照射されたり
しています。

買い物は、スーパーへ行くのですが、買い物最中では、手に液体を吹きかけられたり、
足の甲に針で刺されたような痛みを加えたり、足の裏の力のかかるところに、強いビームを加えて
痛みで歩けなくされています。
そして気がつかないうちに、手の指先にレーザーで切り傷を作られ、血が滲んでいたりします。
遠隔装置で、加害を行っているのかと思っていましたが、最近では、私の周囲に、加害者が、
付きまとっていて、加害行為をやっているのではと思い、度々周囲を見渡しています。

5月の中旬ころ、スーパーの中で、FM 新潟のパーソナリティが、ステッカーの配布に、
来られたので私も行列の後ろに加わりました。
私の前後に男性が携帯電話で、ゲームをしていたみたいでしたので、怖かったのですが、被害は
ありませんでした。
人が混雑している所では、狙いずらいようだといわれていますが、そうみたいです。
本人を特定は出来ていても、やりずらいのでしょうか。


本屋さんに行った時ですが、会計で、お金を支払うときに気がついたのですが、指先から血が出血
していました。
商品に血が付いていなかったので、良かったのですが、それからは、バックの中にバンソウコを
入れておきます。
バンソウコをバックに用意したとたんに、それまで、何本の指にも、傷をつけられて、血がでたり、
血が滲んだりして、バンソウコを張っていたのですが、傷をつけられずに、バンソウコを
はらずにすんでいます。

私の場合、私の身体を加害者の装置の使い方のレベルを上げるために、加害行為が行われてい
るようなところも感じられます。
なので、今は指の出血はなく、手の指にはバンソウコは、張られていませんが、また、間をおいて
反復練習のために、手の指の傷の攻撃は行われると思います。
反復練習ではないかと思われるのは、すべての攻撃について考えられます。

わたしは2年前から身体攻撃が始まりましたが、女性2人は、装置の使い方は初めてのようで、
トレーナーに、昼夜をとわずに、つきっきりで、教わっているみたいでした。
わたしの方も攻撃からの防御を行いますので、そのたびに、装置のプログラムを変えて、攻撃を
仕掛けてきます。まるで、いたちごっこみたいで、攻撃の弱まることがありません。

今は若い男の子も参加して、攻撃をしてきます。
この子の達も、装置の使い方を私を攻撃することで、慣れてきているみたいです。
私の就寝時に寝床に入って眠っているときは、動かないので、練習の絶好時だみたいで、
朝目覚めたときには、体中が痛くて、やっと歩いています。
4・5歳くらいの幼い声も聞こえますが、トレーナーにプログラムを設定してもらえば、
簡単に、装置を使えるみたいで、加害をおこなっています。

私の身体は、加害者の育成に使わられている面もあるみたいです。
最終的な目的は、プログラムのなかに、決定しているのでしょうが。
なので、アルゴリズムの勉強をもしてみようと思っています。

長くなりましたので、一旦ここで中断いたします。
コメント欄を使わせていただき、有難うございました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 新潟県の女性被害者 | 2011年5月31日 (火) 12時53分

新潟県の女性被害者様、

コメントありがとうございます。
先日のコメントに引き続き、今回も記事にしたいのですが、よろしいいでしょうか?

お返事があり次第UPさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿: サニナ | 2011年6月 1日 (水) 04時00分

サニナ様

新潟県の女性被害者です。

>長くなりましたので、一旦ここで中断いたします。

と記述されているようですので、、
また、次のバージョンがあるのかもしれませんので、バージョンが記述して
ある、コメントは、基本的に、サニナ様の記事に支障がありませんでしたら、
いつでも記事のUPに、お使いになってください。嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

投稿: 新潟県の女性被害者 | 2011年6月 3日 (金) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛びぬけて嬉しかったこと | トップページ | KEN様へ »