« 返信メールをつぶす加害組織 | トップページ | 宅配人に要注意 »

2011年5月17日 (火)

うんざりする日々

集団ストーカー犯罪・ハイテク犯罪に法規制をかけるため、去年の秋から街宣を中心に活動を活発に続けてきた被害者の会ネットワークであるが、ここにきて、加害組織の分断工作が相当ひどくなってきた。

he氏と so氏は互いに相手を非難し、一歩も引かない。

火をつけたのはso氏であるけれど、he氏はそれに食いつき、so氏ばかりかネットワーク主催者のKF氏までをも血祭りにあげる始末。異常としか思えない。

いったい両氏はネットワークをなんだと考えているのだろう。
自分の主義主張を言い張り、ネットワークを潰すつもりか!

そもそもこのワットワークは、あらゆる違いを乗り越えて、被害者であるという1点で協力し助け合い、この冷酷・卑劣な犯罪をやめさせるために作られたものである。
主催者はKF氏。

http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-aa8e.html

KF氏の呼びかけにより、私は「茨城県被害者の会」を立ち上げた。

http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-c948.html

(少ししてからまた書きます。)

|

« 返信メールをつぶす加害組織 | トップページ | 宅配人に要注意 »

コメント

どの会にもスパイはつきものです。
本物を見抜かれる方は見抜けます。
とりあえずは様子見の状況でしょう。
動くのを待つか、中から工作するのかのいずれかですが、ほとんどが分断作戦です。
最終的には本物の被害者が残ります。

投稿: KA | 2011年5月17日 (火) 20時48分

>どの会にもスパイはつきものです。
>本物を見抜かれる方は見抜けます。
>とりあえずは様子見の状況でしょう。
>動くのを待つか、中から工作するのかのいずれかです。
>ほとんどが分断作戦です。
>最終的には本物の被害者が残ります。

↑ おっしゃるとおりです。
観察力、見る目を養うしかないでしょう。

KF氏を良く観察したり、お話を聞けばわかるはずです。
KF氏の被害など、詳しく聞いてみてください。

投稿: 大和撫子 | 2011年5月18日 (水) 14時01分

追加コメント

観察のポイントは相手の目、表情を良くみることです。
ちょっとした行動も見逃さないようにしてください。

具体的な被害をあげられない人や、みんなの言っている通りなどとあいまいな話は信じないほうが良いですよ。

洞察力、判断力、決断力。
特に、判断と決断を他人にゆだねないでください。
自分で考えることです。

投稿: 大和撫子  | 2011年5月18日 (水) 16時37分

はじめまして。
サニナさんのブログを拝見して、頑張る勇気を頂いています。
大変な所を通って来られて、慣れない土地での生活でご心労をお察し致します。

私も、8年前から本格的に被害がはじまりました。
以前からも摩訶不思議な事ばかり起きていました。

1年前からハイテク攻撃が酷くなり、いろんな被害を受けていますが、一番辛いのは、孤立にさせられ外部からの接点が持てない事です。郵便物の未着、PCを使えば破壊、携帯での送受信も不能になる時もありますが、唯一使えます。

ヒューマンコントロールで、やりたい事もできなくされ、
感情操作と思考操作で辛い日々です。

卑劣で理不尽な被害に屈しず生きてきましたが、限界を超えてきました。

玄関を一歩出ただけで目と足に攻撃してきます。無視して歩くと転倒して何度も、怪我をしました。倒れている私の周りには、ニヤつく加害者が囲んできます。
まさに生き地獄です。
段々と酷くなってきたので、一歩も外に出られない状態です。

今も攻撃を受けて、頭痛と手が痺れてきたので…
途中ですが…。

サニナさんと繋がりが持てると嬉しいのですが。

よろしくお願いします。

投稿: 栞. | 2011年5月19日 (木) 11時04分

皆様、コメントありがとうございます。


KA様、
ご助言ありがとうございます。


大和撫子様、
はじめまして。

目や顔の表情はハイテクでどのようにも操作できます。私自身がそれをやられて、様々なつらい思いをしてきました。それは今も続いています。

この悪辣な犯罪を終わらせるために日夜頑張っておられるKF氏に対して疑いを持たせるようなコメントをくださったあなたは、いったい何者でしょう?
私は判断を他人に委ねたりしません。
その人が何を言っているか、よりも、何をやっているか、で判断しています。
あなたがもし本当の被害者なら、今まで何をしてこられましたか?そして、今は何をしておられますか?


栞様、
はじめまして。よろしくお願いいたします。

とても辛い状況ですね。
思いっきりコンクリートの地面に倒されて、痛みを我慢しながら立ち上がろうとすると、そばにはいじ悪くにやついている加害者がじっと私を見ている。。。ということは何度もありました。とても腹立たしく、悲しい気持ちになりました。
見知らぬ人がそういう表情でそういうことをするというのは、その加害者は洗脳されているということで、カルト宗教の言うがまま、ということですから、その人は利用されているだけの、ある意味被害者でもあるのでしょう。こちらが悔しがると喜びますから、できるだけ無表情で、加害者を無視することが一番良いように思います。

もし、お住まいが近くでしたらお会いしましょう。
私は近いうちに福岡へ行く予定があります。

投稿: サニナ | 2011年5月19日 (木) 15時48分

有り難うございます。サニナさんとの繋がりが出来ました(涙)

私だけではないのですね。何度も怪我をしてその度、腹立たしく悲しくなったか、わかりません。

5ヶ月前から、音声操作で、自殺に見せかけて……。すぐそばまで迫っていると言う。男女の声が毎朝送信してきます。
それを無視して外出したら、肋骨を強打してしまい、それ以来、外出できないように、しむけられています。

サニナさんに、お会い出来たら、本当に嬉しいのですが、残念ながら愛知県に住んでいます。

投稿: 栞. | 2011年5月19日 (木) 16時53分

栞様、

私は、被害者仲間の皆様と共に活動するようになってから具体的な希望がもてるようになりました。それまでは,ただただ我慢をするだけの辛い毎日でした。

栞様もぜひ、私たちと一緒に戦ってください。私などよりももっと頼りになる方が大阪におられます。


「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」
 http://gsti.web.fc2.com/


「大阪集団ストーカー被害者の会」
が作られつつあります。

会員のbridgegate様のブログは
http://bridgegate.blog79.fc2.com/
です。

最近会員になられたばかりの方ですが、行動的な、大変頼もしい方と伺っております。

是非、コンタクトをとってみてください。

投稿: サニナ | 2011年5月19日 (木) 17時43分

栞様、

今、このURLをクリックしてみましたら、ブログがでてきませんでした。邪魔をされていると思います。

さきほどブログ名を書き忘れましたので書きますね。

「語るべき真実~集団ストーカーの側面」
http://bridgegate.blog79.fc2.com/

ブログ名で検索しましたら、すぐに出てきました。

よろしくお願いいたします。

投稿: サニナ | 2011年5月19日 (木) 17時56分

サニナ様

今、サニナ様のメールが届きました。
先程から、体調が悪くなりしんどいので、きっと邪魔をしていますね。

敏速に対応して頂き有り難うございます。

連絡を取りたいと思います。

ハイテク攻撃が激化してからは、列車内での、集スト攻撃が半端じゃないので…、サニナ様にお会い出来ないのが残念でなりません。
全く理不尽で卑劣な被害ですね。

投稿: 栞. | 2011年5月19日 (木) 21時36分

サニナさま

ご自分にできない理由ばかりを探さないほうが良いですよ。
甘えすぎにもほどがあります。

いったいおいくつですか?


それではいつまでたっても、彼らにいいように利用されるだけの存在です。
下手したら、詐欺の片棒を担がされますよ。

やり方を支持した人間よりも、罪が重いのが実行者。
いわゆる実行犯となります。


投稿: 大和撫子 | 2011年5月20日 (金) 03時28分

サニナは現在、思考停止状態。

偽被害者相手に傷のなめあいに満足してる
中学生レベル。
今、相手にしてもムダ。

投稿: hana | 2011年5月20日 (金) 08時32分

お元気そうで、安心しました。


のコメントで<やり方を支持した人間よりも、罪が重いのが実行者。
いわゆる実行犯となります。>

のフレーズが、変だと思いましたので、県警にお電話をしてお聞きしました。
この場合は、「支持した人間と実行犯は共犯になる」そうです。
このコメントは、法的に間違えた解釈ですし、ブログの管理者のかたは、以前から、ハイテクによる身体被害とストーカーにあっておられると言うお話をしましたら、「詳しいことは解らないので、このコメントをコピーするか、保存をして所轄の警察に、相談をすれば、事件になるかもしれません」とのアドバイスをいただきました。

投稿: 新潟県の女性被害者 | 2011年5月20日 (金) 12時12分

法律に関してもご自分で調べることをお奨めします。
今はいくらでもネットで調べる事ができます。

共犯者は自己責任になる部分も大きいと思います。

他人に依存しがちな人間は利用されやすい。
孤立させやすい。
孤立から救った人間を警戒心無く信じやすい。

その後は池田教を崇拝する学会員と同じ状態になるようですね。

投稿: 大和撫子 | 2011年5月20日 (金) 15時46分

初めまして。
ブログいつも拝読させていただきております。

この被害者団体に分断工作、被害者同士に離間工作はつきものですね。私自身も、疑心暗鬼感情増幅狙いの為に、被害者仲間とのメールの送受信の一切を妨害されておりまし、PCの変換のおかしさや不調、携帯の破損等、言い始めれば妨害にはキリがありません。

加害者が必死に疑心暗鬼を煽ろうとしても、「このままでは選択肢が一つしかない」という程追いつめられた辛い時を乗り越えさせてくれた大切な被害者仲間です。疑うはずがありません。

ただ、こういった被害者の良心や人を信じる気持ちを踏まえて加害者の戦法はいつも巧みですが、サニナ様には精一杯の洞察力を働かせて、絶対に被害者の会は死守してください。最後には必ず「正義」が勝つのですから。

集ストなど全く相手にはしませんが、電磁波攻撃も酷くなる一方ですし、危険行為の寸止め事故誘発も毎日です。
どう考えても人間のすることでない事が平然と出来る輩と対峙することは容易ではありませんが、冷静さを失わず前を向いて進んでまいりましょう。
お嬢様共々、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

いつの日かお会いできることを楽しみに。。。

投稿: なつ | 2011年5月20日 (金) 17時13分

栞様、

コメントありがとうございます。

5月19日、21時36分付のコメントに、

>今、サニナ様のメールが届きました。


とありますが、私は栞様にメールを一度も送信しておりません。どうしたことでしょうか?

投稿: サニナ | 2011年5月21日 (土) 16時50分

大和撫子様、hana様、

コメントありがとうございます。
お二人は加害者ではないような気がします。
ただ、知らないうちに加害者の操作に乗せられてしまったのかも知れませんね。

もし、お二人が本当の被害者仲間でしたら、何かの衝突が被害者同士であったとしても、この悪辣な犯罪を止めさせるために、協力し合えるとよいのにと願っております。

被害者は皆、マインドコントロールされていると、私は思っています。ただ、少なくとも、被害者仲間の足を引っ張ることはしたくない、と思います。


投稿: サニナ | 2011年5月21日 (土) 17時14分

新潟県の女性被害者様、

コメントありがとうございます。

おひさしぶりですね~!
お元気でいらっしゃいましたでしょうか?

県警に問い合わせてくださったのですね。ありがとうございます!
ブログやっと再開したばかりですが、また、よろしくお願いいたします。

投稿: サニナ | 2011年5月21日 (土) 17時22分

なつ様、

はじめまして。でも、初めてのような気がしないほど
親身な、心のこもったコメントをありがとうございます。

今日、ネットワーク主催者のKF氏の御決断により、問題のお二人は退会となりました。

もし、本当の被害者であったとしても、この犯罪を終わらせることよりも自分の主義主張をあくまでも押し通そうとする方や、仲間の非難ばかりするような方は、本当の被害者のようには思われません。
このお二人が本当の被害者であるかどうかは、これからの言動ではっきりしてくると思います。

なつ様も苦しい状況におかれておいでですが、この犯罪を一刻も早く終わらせるために、共に戦ってまいりましょう!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: | 2011年5月21日 (土) 18時13分

なつ様、

失礼いたしました。
↑はサニナでした。

投稿: サニナ | 2011年5月21日 (土) 18時15分

サニナさま

有り難うございました。

理解しがたい事ばかり、おきています。

投稿: 栞. | 2011年5月22日 (日) 01時02分

こんにちは。

先日の分断工作については、ひとまず収束したようでよかったですね!

。。。そのように思っておりましたら、今度は予想通り私自身の方に降りかかってきております(笑)

これも常套手段ではありますが、本当に分り易いですね。

本当の被害者同士、特に絶対に連携をとって欲しくないと思われる人物同士には、前もってそれを予想しそれなりの気の利いた工作員が必ず配備されています。

それを打破するのは「お互い」がそれに気付き、跳ね除けなくてはいけませんが、何しろ加害者サイドの戦術が巧みで。。。

どうしてこうやって被害者同士が繋がることは難しいのでしょう。残念でなりません。

投稿: なつ | 2011年5月30日 (月) 11時34分

なつ様、

コメントありがとうございます。

心中お察しいたします。
ほんとうに、被害者同士がお互いにハイテク・マインドコントロールの恐ろしさをわかっていないと、加害側の罠にはまってしまいます。

今まで、沢山の被害者仲間がそれをやられて、つらい思いをしてきました。今もそれはあちこちでおこっていることです。
私たち被害者は、それを乗り越えない限り、この犯罪を終わらせることは難しいかも知れません。
ただ、あらゆる思想・信条・環境・背景・性格の人達が被害者とされておりますので、すべての被害者仲間とうまくやれるとは思えません。ですので、日々の活動は気の合う仲間と一緒にやっていければ良いのではないでしょうか? あとは、お互い欠点のある人間同士、許しあうことが大事になってくると思います。

とはいえ、強力にマインドコントロールされている人には何を言っても無駄、と感じることもあります。そんな時は無理に説得せずに、しばらく距離を置くようにしています。

加害側の離間工作を防ぐために、会話の記録を取っておくことは有効かと思います。お互いがそれをすれば、記憶の差し替えや消去をされた時に役に立ちます。

ハイテク犯罪本家のアメリカでは解決に向けて動きが活発になってきているようです。日本でも、以前に比べると大分変化してきています。
大変な毎日ですが、お互いに希望を持って進んで行きましょう!これからもよろしくお願いいたします。


投稿: サニナ | 2011年5月30日 (月) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 返信メールをつぶす加害組織 | トップページ | 宅配人に要注意 »