« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

被害報告2011年5月29日

嵐が南のほうを通って行ったので、今日は風雨が強かった。
けれども、予想していたほどではなかったので、気が抜けた。
東北大震災があまりにひどかったので、それに比べれば、ほんの少し、という感じだった。

悪いことが起きても、その中にほんの少し良いことを見つけることがある。
私たち集団ストーカー・ハイテク犯罪被害者は、常に異常な日々を強いられ、命をけずられているので、多少の災害があってもパニックにならない。
あの大震災時、船のように揺れていた家の中で、娘も私も「キャッ」とも言わずにテーブルの下にもぐりこんだのには我ながら驚いた。。。つまり、ハイテク被害がそれほど過酷であるということなのだろう。

少し前から、理由もなく鬱々としている。
理由がない時はハイテクにやられているのだと思う。
これをもっと強くされたら、自殺したくなるのだろう。

今日は膝をあまり痛くされなかった。最近では珍しい。
頭の圧迫感あり。特に左こめかみから耳のあたり。
左右の外反母趾が痛む。これは何年も続いている。今ではだいぶ変形している。

熱攻撃はいつも変わらず。

| | コメント (6)

KEN様へ

茨城県の被害者仲間、KEN様、至急ご連絡ください。

しばらく前から連絡しておりますが、通じていないようです。
メールは届きませんし、電話をかけても、受信音楽がなるだけで、会話ができないままです。とても心配しております。

KF様か私のどちらでも結構ですので、どうぞご連絡ください。
とても心配しております。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (5)

2011年5月27日 (金)

新潟県の女性被害者様の被害

コメント欄に投稿してくださった新潟の女性被害者様の御許しをいただきましたので、記事として紹介いたします。

::

新潟県の女性被害者です。

こちらは、抜けるような青空になることが最近多いです。
そちらは、なお綺麗な空を見ることが出来ることと思います。

サニナさんも、ジェルの取替えに気を付けなければならない状況のようですね。
わたしの方も新潟は、20度前後のことが多いのですが、うっかりしていると、
首に巻いているジェルは38度近くになっているように、ジェルは熱くなっています。

就寝中

就寝中も、身体攻撃や、音声送信があります。
身体攻撃は、頭には、木槌でたたかれるような痛みや、電磁波のビームや針で刺す
ような痛みがあります。

目も朝起きると、赤く充血して出血していたり、液体を吹きかけられてべたついてい
たりします。
身体は、熱攻撃で、足の裏から頭のてっ辺まで熱させられています。
朝起き掛けには横になって両足を曲げて寝ていますので、足の膝関節の周囲の筋肉を
硬くさせられて動けなくされています。
なので、電気あんかを布団の中に入れておいて、固くなった膝関節の周囲を暖めて筋肉
をほぎぐします。

でも布団の中で体は、熱攻撃で熱くされているので、弱にしておいた電気あんかまで、
すごく熱くなっていて怖いです。

起床後

食事の支度や、片付けをしているときは、両足の裏に熱攻撃で、床に両足をつけていられません。
片足づつ床につけたり床から足を上げたりしながら作業をしています。
そして歩くときには、足の裏をビームで痛くして、歩くことを妨害しています。
立ったまま作業をしている時には、足の甲の小指側や足の指の爪に、針を刺すような痛みの攻撃
をされます。
調味料やほか、ペットボトルなどを持っている時にはたぶん、容器を押すのかと思いますが、
床に落とされます。
特にティッシュペーパーなどは、こちらも、力を入れていない状況なので、よく床に下ろされます。

食事中

足の甲は熱攻撃で真っ赤に腫上がっていますし、上肢や下肢は、むくみでやっと
据われるくらいですが、せいぜい30分ぐらいしか座っていられません。
座って食事をするのですが、10分位すると足の裏にビームで痛くしたり熱攻撃で、
我慢できないほど熱くされて食べ終わるまで、座っていられません。

ときどき食事の内容が気に入らないみたいで、食べる前に、足の裏の筋肉を攣らせて痛くて
座っていられなくされます。
食事をさせないようにされます。

食器を洗っている時、食器を濯いでいるとき、食べ物を食器に盛り付けているとき、
食事をするときには、液体を際下なく降りかけられています。
いくら取り替えても、また再度液体を振り掛けられますので、食べないでいられないので
食器の中身を良く見ないようにして口の中に入れています。

その液体も苦味はないときと、苦いときがあります。
注射のような臭いがする時もあります。
そして液体は、24時間間断なく、鼻から入れられています。
それを口から吐き出すために、ティッシュペーパーで拭き取っています。
なので、ティッシュペーパーは、一日一箱半ぐらい使います。

公的機関に行っている時でも液体は鼻から口の中に入れられています。
失礼だと思ったのですが、ティッシュペーパーで、口の中の液体を拭き取って、
見ていただきました。

これは、浴室で身体を洗っている最中、衣服を着けているとき、いつでもどこでも
粘々した液体を吹きかけられています。
特に身体を洗っている時には、液体のほか、熱攻撃、ビームによる痛みの攻撃
なので、痛みのため、トイレに行けなく、6時間も我慢をしたのですが、用を足した
あとは、すごい痛みで、二度と、身体を洗えない心理にさせられてしまいます。

家事をしている時
足への攻撃は、熱攻撃によるものと、足の裏にビームの痛みを加えるものと、針で刺した
ような痛みを加えられます。
屈むようなときには腰に痛みを加えて、曲げた腰を伸ばせないようにされます。
そして、段差のあるところにしゃがみこんで、物を取り上げようとする時などは、
前に押し落とされようとされます。
そして、片足に立つような姿勢の時には、身体を揺らして邪魔をします。

最近では、音声送信で、さかんに、「殺してやる!」と、一日に何度も言われています。
加害者は、2,30代の女性2人、年配のプログラマー1人、若い男性3人位、4,5才の幼児、
これに、依頼者の家族3人で、攻撃をしています。
依頼者の家族は、主にプログラマーを指示をしているみたいです。

長くなりましたので、いったん、これで、中断いたします。

::

つまり、もっと被害があるということなのです。

この方とは時々電話で話をさせていただいておりますが、とても気遣いをされる、奥ゆかしい方なのです。こんな女性を攻撃して喜んでいる加害者達は、いったいどんな神経をしているのでしょうか?

| | コメント (3)

2011年5月25日 (水)

飛びぬけて嬉しかったこと

6月、下関で街宣を予定している。

そのことで昨日被害者仲間とメールをやり取りしていたら、娘がぼそりと

「わたしも街宣する」

と言った。

| | コメント (2)

2011年5月23日 (月)

被害日記 2011年5月23日

pm2:33~3:05頃  
ある被害者から電話。久し振りで近況を話し合う。私の携帯の電源が切れそうになったので、5分後にまた、ということでいったん切る。(その方からは無料で通話できるとのこと)

保冷ベルト交換。
携帯のバッテリーを替える。

3:12~3:57
先ほどの方から電話。以前私が書いた、ある記事を削除してほしいとたのまれた。削除したくはなかったけれど、時がたった今でも気になっているのだとわかったので、今日中に削除すると答えた。
電話を切った後の今考えると、彼女の電話の目的はそのことだったはずなのに、その後もしばらくの間話し続け、またもや私が嘘を言っていたようなことを言い出したので、さすがに今度ばかりは我慢ならなくなった。私が以前、彼女のめちゃくちゃなコメントにいちいち反論しなかったのは、私が事実を書いた結果彼女が傷つき、孤立するのは気の毒だと思ったことと、マインドコントロールされている可能性があるためだった。

今日、その方は、私が我慢できなくなるまでそのことを延々と話し続けた。よっぽど電話を切りたかったけれど、あちらからかかってきた電話であるし、なんとか我慢をしようと、こちらからはきらなかった。
けれども、不毛な話し合いはしないに限る。難癖をつけてくる人に対しては、たとえ被害者であっても、早々に止めておくべきだ。

その方は、自分が傷ついていることを分かってほしいと言ったけれど、難癖をつけられ続けている私が傷つかないとでも思っているのだろうか?

MLの不毛な論争が終わり、ほっと一息ついたのもつかの間、加害組織は今度はこんなことを仕掛けてきた。あちらは「私はかわいそうな人」意識を増幅され、こちらは怒りを増幅されたというわけだ。

その方の電話番号を着信拒否に設定した。
どんな方の電話番号も、着信拒否にしたことは今までに一度もない。

| | コメント (12)

被害日記 2011年5月22日

毎日の被害等を大学ノートに書きつけようとしてきましたが、なかなか書けないことが多いことと、防御の意味もこめて、ここに書くことにしました。これはあくまで私自身のためですので、読んでくださる方にとっては飽きてしまう繰り返しになることと思います。「被害日記」としますので、読み飛ばしていただくとよいかと思います。よろしくお願いいたします。

被害日記

am
10:00頃  近所のAちゃんとお母さんがおうちで採れた玉ねぎを沢山持ってきてくださる。A
       ちゃんもハイテク被害者と思われるが、自覚がない。 

pm
1:30頃  佐川急便宅配。今日来ることが分かっていたので、前もってドアはチェーンのみに
       して開けて、スコップで固定しておいた。(チェーンを一昨日のレシートで蔽い、ビ                  ニールひもで抑え封印とした。携帯電話で写真を撮り、印刷して日記帳に貼り付
       け、日付を書いた。。        
               配達の中身はPCのキイボードとマウスと分かっていたので、サインをして、ドアの                   外においていただいた。チェーンを外さずに、隙間から入れようとしたけれど、
       できなかったので、カッターナイフで箱のシールを切り、中身を取り入れた。箱は
       折りたたんで中に入れた。
       こうすると、ドアを開けずにすむし、天気の良い日は、空気の入れ替えができて
       気分も良い。他の窓は全部開かないようにしているので、これはだいぶ気分が
       良い。

       このときの配達人は青と白の縞のシャツを着ていた。アマゾンは佐川急便でくる
       と後で聞いたが、このときの配達人は加害者ではなかったのだろう。わたしのや
       り方に戸惑ったように見えた。

       けれども、昨日の配達人はうすい灰色の前開きシャツだった。アマゾンからの配                 達だったのに。そして表情が普通の配達人のようではなかったので、携帯の動画
       を調べたら異常が見つかった。(昨日の記事を参照)

3:35   たぶん3回目の腹痛・下痢 (思い当たる理由なし)(先ほどからMLを開いていた) 

3:45   一昨日買ったばかりの磁石(鳥追い用のドーナツ型)が二つ重ねて割られている
             のに気がついた。朝の段階では割られていなかったと思う。
      侵入されたと思っていなかった。娘か私が操作されてやったことか?
      加害組織はこのように、被害者が不安になるようなことを仕掛けてくる。けれどもし
      ょっちゅうあることなのでじきに忘れてしまう。 

9;00頃  とても眠くなったので、「11時に起こして」と言って横になる。(台所の床の上に毛                  布)珍しく気分良い寝入り。ここは初めて試したが、木の床は気持ちが良い。この
             頃はhutonndenemutteinai.

             hennkanndekinakusareta.

        

| | コメント (3)

2011年5月21日 (土)

宅配人に要注意

宅配人の中には加害者もいるだろうと思ってはいたけれど、今日まであまり気にしていなかった。携帯の動画に一部始終を納めていたつもりでいたから。

ドアを開ける前から携帯の動画をつけ、
用事を済ませてドアを閉めて鍵をかけ、
テープなり、薄紙なりで封印をし、
写真を撮る、
それを印刷し、
日記帳に貼り、テープで留め、その上からペンで日付と時刻を書く。

ということを毎回していた。

撮った動画は確認したりしなかったりだったけれども、今日の宅配人の表情がどうも気にかかったので、動画を気をつけて見てみた。
すると、ありえない音がはいっていて、同時にその部分は急激に場面が動きすぎていた。

また、午後2時くらいと思っていたらすでに3時すぎていた。

そういう時は侵入された疑いがある。

時間が早く経ちすぎていると感じる時、恐らく侵入されていると思う。

昨日午後、娘が急に叫んだ。
急いで台所に行ってみると、右足を抱えて転んでいた。
あるはずのない画鋲を足の裏で踏んだのだ。

この家には先月入った時から画鋲は一つもなかったし、買ってきた覚えもない。その上、昨日は雑巾がけをしている。画鋲があれば気がついたはずだ。それなのに、娘は普通に歩いていたのに床にあった画鋲を踏んだのだ。

昨日はお昼ごろ、宅配人が来て娘が応対した。

娘が画鋲を踏んだのはそのあとだった。

加害組織はハイテクを使って犯罪を犯す。
特に、記憶を消す装置は、奴らにとってなくてはならないものだ。
悪事を働いても被害者の記憶を消したら何も分からない。

はらわたが煮えくりかえる。

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

うんざりする日々

集団ストーカー犯罪・ハイテク犯罪に法規制をかけるため、去年の秋から街宣を中心に活動を活発に続けてきた被害者の会ネットワークであるが、ここにきて、加害組織の分断工作が相当ひどくなってきた。

he氏と so氏は互いに相手を非難し、一歩も引かない。

火をつけたのはso氏であるけれど、he氏はそれに食いつき、so氏ばかりかネットワーク主催者のKF氏までをも血祭りにあげる始末。異常としか思えない。

いったい両氏はネットワークをなんだと考えているのだろう。
自分の主義主張を言い張り、ネットワークを潰すつもりか!

そもそもこのワットワークは、あらゆる違いを乗り越えて、被害者であるという1点で協力し助け合い、この冷酷・卑劣な犯罪をやめさせるために作られたものである。
主催者はKF氏。

http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-aa8e.html

KF氏の呼びかけにより、私は「茨城県被害者の会」を立ち上げた。

http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-c948.html

(少ししてからまた書きます。)

| | コメント (22)

返信メールをつぶす加害組織

被害者仲間のmoiwa2010さんから記事に対するコメントを、MLのほうでいただいた。それに対する返信を書いたのに、送信済みメールをクリックしても何も出てこない。それで、このままではいかないと、記事にすることにした。

メールが届かなかったことは以前にも数回ある。
何カ月も前、被害者仲間のプラムさんが風邪をひかれたとのことで、心配になってメールした。少しでも早くお元気になっていただきたくて、ニンニクとショウガでつくるジュースのレシピを書き、「お返事はいりません」と付け足した。数日後、プラムさんはお元気になられ、また街宣活動などで頑張っておられる。私はプラムさんのブログにコメントをしたりもしたけれど、レスや返信をいただくことは全くなくなった。律儀なプラムさんのこと、被害者仲間からのメールを無視するということは考えられない。加害組織が邪魔をしていると、私は認識している。

最近、メールのやり取りに邪魔が入ることが多くなった。それで気持も行き違いがあったり誤解が生じたりすることもある。なので、おかしいと思ったらすぐにほかの方法で確認する必要があると思うようになった。

(この記事は、5月6日1時6分に下書きしたのがそのままになっていたものです。)

| | コメント (1)

2011年5月14日 (土)

新しいハイテク攻撃

3月15日、茨城を離れてからめまぐるしい日々が過ぎました。
その間いろいろあったけれど、加害組織の卑劣さに辟易しながらも、本来の人の優しさに感動した場面もいくつもあり、何よりも被害者仲間の助けとつながりが、どんなに私を支えてくれていたかを再認識した日々でもありました。

それらを一度に書くことはできませんが、思い出すたびに書いてゆこうと思います。

今日は昨日のことを少し。。。

朝、9時36分のバスに乗るために私たちは駈けていた。
そのバスに乗らなければ、娘の歯科の10時の予約が守れない。
「運転手さんに少し待ってもらって!」
と、娘を先に行かせた。
この犯罪組織に太らされた重みのために、わたしは以前のように走ることができない。
それでも懸命に走って行くと、次から次にオジサンたちが向こうからやってくる。明らかに私を意識していた。私と、これまでの間に挨拶を交わしたかどうかさえはっきりしない人たちだったけれど、少なくともあちらは私を知っているはずなのではっきりと
「おはようございます!」
と言いながら走った。

ここは過疎の島であるので、人々はもともと素朴で親切、また、加害組織に丸め込まれて協力しての嫌がらせではあるけれど、悪いことをしている意識のない人たちなので、私のあいさつにはどの人も硬い表情ながら
「おはようございます。」
と返してくれた。

バス停に近づいた時、ありえないことが起こった。
バス停がないのだ。何度見ても、バス停の部分が完全になくなっていて、不自然な切れ目もなかった。不安感が襲ってきた。どうしちゃったんだろう?どうしてバス停がなくなっちゃったんだろう?

・・・・・

突然、バスが目に入って、私は慌てて駆け寄った。
先にバスに乗っていた娘はと一緒に運転手さんにお礼を言って、坐った。
「母さん歩いているんだもの。。。」
「バスが見えなかったのよ。」
「えー?」
「バス停がなくなっちゃたの。」
娘はそれでわかったのだと思う。自身も被害者である娘は、ハイテクにより、常識では考えられなことが起こることを知っているから。

| | コメント (4)

2011年5月 4日 (水)

再開します

皆様ご無沙汰いたしました。
ご心配くださりありがとうございました。おかげさまで、娘も私も無事でおります。

しばらくPC を使えなかったため、少し情報不足になってしまいました。
やっとネットが使えるようになったのもつかの間、何らかの原因でまた使えなくなりましたので今は携帯で書いています。
今日は色々書きたかったのですが、携帯では限度があります。
次回から長崎の様子を書いていきたいと思います。

またよろしくお願いいたします。

| | コメント (5)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »