« 被害者仲間のブログの紹介(続) | トップページ | 小街宣をします »

悲しいお知らせと、最悪の結果にならないための一考

またまた被害者仲間がハイテクでマインドコントロールされ、悲惨な事になりました。

2月9日の「オリュウの独り言」ーー母親を殺害 集団ストーカー被害者ーーをご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/live200/archives/1411378.html

コメントしようとしましたが、コメント欄がみつかりませんでしたので、ここに書くことにしました。

この犯罪のハイテク関連は、防御がとても難しく、磁石と水、アルミで被害を軽減する事くらいしかできませんが(本当は他にもあるかもしれません)、上のブログの記事の②と③については、打つ手がないわけではありません。
以下、参考になればと思い、書いてみます。

②について;

経済的に行き詰った時には、「生活保護」を受けてください。保護を受けるなんて恥ずかしいと思う方が多いと思いますが、恥ずかしがる必要はどこにもありません。わたし達は怠けて働かないのではなく、働きたいのに働けなくされているのですから、その結果、生きていけなくなったら「生活保護を受ける権利」があるのです。これは、憲法25条*で保障されています。

住民票登録してある自治体(市町村)に行って生活保護申請をします。その際、個人的な事を根掘り葉掘り聞かれますが、それはこらえてください。生活保護を受けなければ生きてゆけない証拠を持参して下さい。(残高のない、あるいは非常に少ない預金通帳等)

一人で行くのが辛い方は、被害者仲間か、どなたか親身になってくれる方と一緒に行かれると良いと思います。
一番有力なのは、議員さんと一緒に行くことです。
直接知り合いである必要はありません。どの政党でも、無所属でもよいですから、とにかく、窮状を見て見ぬふりのできない議員さんを探して一緒に行ってもらってください。(ただし、公明党だけはやめておいた方が賢明です。無駄ですから)

議員というのは、私たち市民、国民のために存在するものです。ですので、何も遠慮する必要はありません。本当に良い政治をしようとしている、あるいは実行している議員さんは、決して、困っている人を見殺しにはしません。

私は、個人的にはどの政党の議員さんが親身になってくれるかを知っていますが、それはここには公表しません。わたし達被害者の思想信条・政党支持については様々で、その違いにより、せっかく繋がりかけた連帯が分断される可能性が大きいからです。わたし達は被害者であるという1点だけで連帯・協力する事が大切であると考えるからです。

③について;

風評被害は始末に負えないものです。
噂し合う人達は直接言ってきませんので、対応のしようがないのです。

もし、お子さんが学校で酷いいじめや誹謗中傷されて辛い状態になったら、いつまでも頑張らせずに、さっさと非登校にしましょう。自殺するまで頑張らせてはなりません。学校がすべてではないこと、勉強の道は他にもある事、友達は学校以外でもできる事を話してあげてください。
学校にも加害者達は何人もいます。子どももいますが教師もいます。
そんな所に行かせるのは酷です。

加害者達は私達被害者の行くところはどこにでも付きまとい、悪評をばら撒きます。例えば、万引き犯であるとか、商品を破損する常習犯であるとか、(他にもあると思いますが、そのくらいしか思いつきません)デッチあげます。

私は今までいくつか試してみました(店長に手紙を書くとか、直接話すとか、レジでバッグの中を確認してもらうとか)が、最も効果的なのは、胸と背中にプラカードを下げて歩く事です。
このプラカードには

「集団ストーカー、
テクノロジー犯罪に
法規制を!!」

と大きくマーカーで書いてあります。

これは驚くほど効果があります。
まず、加害者達はそばに寄ってこない。変なほのめかしをしてこない。
お店の人の目につくので、悪い事をしていない事を見てもらえる。
周知活動になる。

昨日は、大型ドラッグストアのカOOに行ってきましたが、店員さん達はニコニコと親切でした。

そして、40代の女性から声を掛けられました。
その方は私のプラカードに書いてある「ストーカー」の文字を見て話しかけてきたのです。近所の男性達が彼女を見るたびにニヤニヤするので気持ち悪いし、怖いとのことでした。この方が私達と同じ被害者であるかどうかは今のところはっきりしませんが、どちらにしても、話を聞いてあげるだけでも、ほんの少しはお役にたてると思っています。

私自身、一人で外出する時はプラカードはずっと付けるつもりです。精神的にとても楽です。

性格的に目立つ事は恥ずかしくても、慣れれば苦にならなくなります。「犯罪者」の疑いの目で見られるより、「変わった人」に見られる方がよっぽど楽です。

被害者仲間の皆様、
是非、試してみてください!

*プラカードを下げて歩く事は、タンポポの種さんののぼりを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

*義務教育の場合、テストだけでも受けに登校する手もあります。良い点を取っていれば担任の先生も強い事を言ってきません。

また、高校の場合は高校卒業認定試験(大験)に合格すると、大学受験できます。

大学の場合、通信制もあります。

また、各種資格試験に合格している被害者仲間もおられます。

::

*日本国憲法第25条:

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

::

お詫び

憲法25条を24条と間違えて書いておりました。申し訳ありませんでした。(2月15日)

|

« 被害者仲間のブログの紹介(続) | トップページ | 小街宣をします »

コメント

返信して下さいましてありがとうございます。気持ちがかなり楽になります。又、無理なお願いをしてしまった事をお詫びします。近々、茨城街宣を行う予定しているんですね。絶対に行くつもりです。その時はおばさんですがよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

投稿: ラジエル | 2011年2月10日 (木) 18時56分

悲しい出来事で、悔しくてたまりません。
私は、お名前とテクノロジー犯罪の調査のレポートを拝見した事があるだけなのですが、
あそこまで科学的に被害について証明しようとされた方ですから、
本当に、まさか・・・という思いでした。
今回の出来事はこの被害の危険性、そのままだと思います。

投稿: ミランダ | 2011年2月11日 (金) 00時36分

ラジエル様、

コメントありがとうございます。

茨城街宣に来てくださるとのこと、とても嬉しいです!

近いうちに日程を記事にUPしますので、よろしくお願いいたします。

わたしもおばさんです。気にせずいきましょう!

投稿: サニナ | 2011年2月11日 (金) 08時13分

ミランダ様、

コメントありがとうございます。

ほんとうに、やりきれない思いでおります。
どんなに辛い気持ちでおられることか、想像を絶します。

わたし達ハイテク被害者にとって最も大きい不安は、ハイテクによって操られ、何をさせられるか分からない点にあると思います。

加害者に何かをされて記憶を消されるということはよくありますが、何かをさせられて記憶を消されることもあるのではないかと思います。
わたしはそれが怖いので、常にビデオカメラか携帯電話で動画を撮っています。

このような最悪の事態に陥らないために、情報交換・助け合いが必要と思われます。

犯罪者にさせられてしまったこの方に、わたし達の励ましがなくてはなりませんね。一緒に考えていきましょう。

投稿: サニナ | 2011年2月11日 (金) 08時52分

サニナ様
被害者間の連帯は大切だと感じていましたが、
さらにそう感じるようになりました。
孤立してしまえば、加害者のやりたい放題ですし。

仰る通り、何をさせられるか分からないこの被害は、
本人にどうにかできるものでもありません。
人間への強制介入ですから。
早く被害としての確立を目指したいです。

私事ですが、2月から被害ブログを始めました。
こちらのブログをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

投稿: ミランダ | 2011年2月15日 (火) 08時17分

ミランダ様、

コメントありがとうございます。

ブログをはいけんしました。
きれいで読みやすいブログですね。いろいろな意味で、とても良い影響があると思います。

先ほどから頭痛が酷くなってあまり考えることができません。すでに1度レスを消されています。

わたしのブログをリンクしてくださるとのこと、ありがとうございます。わたしもミランダさんのブログを紹介させていただきます。(固定リンクは、邪魔されて出来ない状態です。でもまた、やってみます。)

めげずに行きたいと思います。
共に、がんばりましょう!

投稿: サニナ | 2011年2月15日 (火) 09時26分

ありがとうございます。
リンクさせていただきました。

私も昨日の日中は、ほとんど思考低下させられて、
時間だけが無駄に過ぎてしまったように思います。

頭が働かないというのは、本当にどうしようもない状態ですね。
そんな中でお返事ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します!


投稿: ミランダ | 2011年2月16日 (水) 00時49分

サニナさん、ご無沙汰しております。

ブログへのお気遣いのコメントありがとうございました、返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
ようやくバイトが決まりましたので一息というところです(加害は相変わらずですが)

しかし、いつまた失職するかわからない状況ですので、サニナさんの記事参考させていただきます、ありがとうございました。

投稿: cresn | 2011年2月16日 (水) 01時39分

ミランダ様、

コメントありがとうございます。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

ほんとうに、腹の立つ大変な状況ですが、この犯罪はいつまでも続きません。必ず、皆で自由になれる日が来ます。その日まで、共にめげずにがんばりましょう!

投稿: サニナ | 2011年2月16日 (水) 07時55分

cresn様、

コメントありがとうございます。

よかったですね!
めげずに頑張った甲斐がありましたね!!

ただ、加害組織は冷酷・執拗ですので、くれぐれも無理をなさらないでください。

一日の仕事が終わったら、毎回、ご自分を褒めてあげてください。そして、小さな御褒美を御自分にあげてください。cresnさんがお元気でいらっしゃる事は、わたし達被害者仲間への励ましにもなります。

くれぐれも、無理をし過ぎないようにしてくださいね。

投稿: サニナ | 2011年2月16日 (水) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被害者仲間のブログの紹介(続) | トップページ | 小街宣をします »