« 有益な転載記事 | トップページ | 嬉しいニュース »

2010年10月18日 (月)

無自覚な被害者だった頃

12年くらい前、娘が保育園に通っていた頃、アパートの1階に住んでいた。

ワンルームの作りだったので、2階の音はとてもよく聞こえた。2階の住人は毎日夜中の12時になると洗濯機をまわした。非常識な人だとは思ったけれどもあまり気にならなかったので、そのままにしていた。歩くのもドン!ドンッ!というふうでそれは迷惑だったけれども、まぁいいか、一日中続いているわけでもないのだし、と思っていた。ある日、いつもより長く続いていて、さすがに2階に注意しようと思ったら、その途端音が止んだ。

その頃、ドアーの外側で誰かと話していたら、突然ゴミが降ってきた。見上げると、2階の住人が私の真上でカーペットをたたいていた。30位に見える男は、
「あっ、すみませ~ん。」
とニコニコ言った。
「あ、いいえ。大丈夫ですから。お気になさらないでください。」

鈍感な私はそれでも、2階の住人の悪意に気付かなかった。
私達は普通に談笑していたので、2階の住人が私達に気付かなかったはずはない。それでも私は、その男の悪意に思い至らなかった。なぜなら、私はその時初めて2階の住人の顔をみたのだから。

ぜんぜん私が気がつかなかったからか、その後、外に干しておいた洗濯物に何か付けられるようになった。知らずに着ると皮膚がかゆくなった。さすがにその時は誰か悪意のある人がいるのだと認識せざるを得なかった。

そうしているうちに近所の人たちが私によそよそしくなった。保育園の保母さんも、なんだか感じが変わってきた。私には何が何だか分からなかった。

母子家庭でパート収入しかなかったので、育成補助を都から支給されていたが、それが何者かによって止められた。その訳を聞いても、担当氏は答えなかった。

ある夕方、近所の小さい子たちがドアーをたたいた。すぐ近くでどこかのネコが死にそうだという。できるだけ近所の人と問題をおこしたくなかったので、
「お母さんに言った?」
「うん、言ったけど、ほっておけって。でも、死んじゃうよ!」

急いで行ってみると道のわきに見た事のないネコが苦しんでいた。首にゴムを巻きつけられて吐いていた。ゴムを外そうとするともっと食い込むので、娘に先の丸いハサミを持ってこさせて切った。お尻に突き刺さっていた割りばしも、少しずつ外した。そうしてネコはやっと、息ができるようになった。

子どもたちは動物の事を良く知っている。そのネコは誰のでもないと言ったので、自分のアパートに連れて行った。娘がアトピーだったので、なるべく動物は部屋の中に入れたくなかったが、見殺しにはできなかった。

獣医さんに電話して、連れて行った方がいいかどうか聞いてみたが、暖かくしてそっとしておいたら大丈夫とのことだった。段ボールの箱にセーターを入れ、使い捨てカイロを挟み、その上にネコを置いた。ネコは安心したように安らかな様子でじっと横たわっていた。息も静かにしていたし、ぬるま湯も少し飲めたので、ひとまず安心して、上からもう1枚セーターをかけてそっとしておいた。

早朝、いつもより早く目が覚めた。
ネコは安らかに眠っているように見えた。
けれどもずっと、動かなかった。

私達はまもなく、東京を離れた。

|

« 有益な転載記事 | トップページ | 嬉しいニュース »

コメント

ええ話だ(;д;)

投稿: シン | 2010年10月18日 (月) 13時53分

もう見ました ありがとう

投稿: 猫パーーーンチ!! | 2010年10月18日 (月) 15時30分

シン様、猫パーーーンチ!!様、

コメントありがとうございます。

投稿: サニナ | 2010年10月20日 (水) 04時47分

サニナ様

こんにちは。
おかげんいかがですか。
こちらは、相変わらずの猛攻撃が続いています。
夜になると、呼吸が苦しくなったり揺れたり震えたりでおとといも寝られませんでした。

誘導、操作も激しいので、急に思い立ったことや執拗に意識が向うことには注意しています。

振り返ってみると、わたしもずいぶん以前から被害に合っていたように思います。
人による嫌がらせの歴史はうんと古いように聞いていますが、電磁波を使った加害行為もわたしたちが思っている以上に昔からあったのかもしれませんね。

身体的攻撃がひどくて思考能力が低下しているので、思いはあるのに文章になりません。
文脈がおかしくなっているかもしれませんが、ごめんなさい。

日々、サバイバルですが、今日もこうしてちゃんと生きていますのでご安心下さいね。

そのネコちゃん、かわいそうでしたね・・

投稿: あんず | 2010年10月20日 (水) 12時40分

ここに"質問"という名前の汚物が出入りしてますけど、あれは確かに加害者だと思います。

加害者のクセにいくつも被害者になりすましたブログを作っています。

話しかけた反応はもちろん第三者や被害者のものではなく妙な返事が返ってきます。

加害者と思うなら証拠を出すべきだとクダ巻いて居座り続けたりとか。

加害者って社会的地位が低くていつも人間関係に難があるキチガイばかりが集められていて、質問とやらはその一人です。

相手にされませんように。

投稿: ストロbeリー | 2010年10月20日 (水) 21時42分

あんず様、

コメントありがとうございます。

攻撃が酷くて思うように文章がかけない、というのは良く分かります。私も、いろいろなやり方で書きにくくされています。

あんずさんの文章は分かり易く、変なところはありませんので、ご安心ください。
お互いにハイテク被害者同士、気にしないでやりとりし
ましょう。

思考能力の低下は、防ぎようがありませんね。何しろ、間断なく頭をやられています。
それでも私たちは、胸をはって、行きましょう。
私達に、恥じるところはありません。
たとえどんな状態になろうと、人生の勝者は私達被害者です。

投稿: サニナ | 2010年10月22日 (金) 11時51分

ストロbeリー様、

コメントありがとうございます。

「質問」氏が加害者であるというのはまちがいないですね。まだ中学生の被害者仲間を卑怯な手で攻撃する輩です。
ご助言ありがとうございました。

投稿: サニナ | 2010年10月22日 (金) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有益な転載記事 | トップページ | 嬉しいニュース »