« シンポジウム「科学裁判を考える」(続) | トップページ | ブログの紹介 »

2010年9月 3日 (金)

被害者仲間の危機

昨日、「第一回茨城県近県被害者の集い」で知り合ったKさんから電話があった。

Kさんは加害者から音声送信で、
「精神病院に入れて薬漬けにして植物状態にする。両親も同じにする。」
と言われているとのことだった。

Kさんは以前精神病院に入れられた時も前もって知らされていたとのことで、今回もただの脅しとは思えない。それで、できるだけ多くの被害者仲間に知らせた方が良い、それが証拠になるかもしれないからと伝えた。奴らは証拠を嫌うので、行動に移せなくなる可能性がある。

KさんはNPOの会員なので、石橋理事長に連絡することを提案した。私はKingfisherさんに電話した。

kingfisherさんはすでにKさんから連絡を受けていて心配しておられた。そして、夕方、スカイプでKさんの御両親に資料を使って説明してくださるとのことだった。私もその時Kさん宅で一緒に御両親に説明できたらもっと良いという御提案だった。

何とか協力したいと思っていたが、子どもの歯の治療・抜歯に時間がかかった。5時過ぎ、駅に向かって歩いていた途中、Kさんから電話をいただいた。Kingfisherさんがすでにスカイプで実行してくださったとのことで、御両親はある程度分かってくださったとのことだった。Kさんはほっとなさっていたと思う。

:::

いつもながら、kingfisherさんには頭が下がります。
被害者仲間のために労を惜しまず積極的に行動して下さいました。
感謝です。

今回、どんなに被害者仲間同士の連携が大切かということを実感しました。加害側がこれで諦めるとは思えませんので、これからもますます協力・連携が大事になって来ると思われます。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« シンポジウム「科学裁判を考える」(続) | トップページ | ブログの紹介 »

コメント

サニナさん

昨日はご連絡ありがとうございました。
今回、kさんの件を記事にされた事は良かったと思います。

昨日、Skypeで、kさんより、ご両親も外出から戻られたとのを連絡を受け、ご両親を交えた会議形式で、話をさせて頂きました。

サニナさんのご訪問予定を待った方が良かったのかも知れませんが、お子様の状態をお聞きしていましたので、余り、ご負担をお掛けできるものかとの懸念も有りました。
そして、kさんのご両親の状態を知るだけでもと思い、話を進めました。

ご指摘のように、今回だけで解決という訳では無く、ご両親の疑問も完全に溶けたわけでは有りませんので、コンスタントなケアが必要と思います。
お近くの被害者のご支援は何よりも重要と思います。

被害者のネットワーク、ケア、社会への個別犯罪実態の周知、メンタルな部分での救済により、状況は大きく好転すると思います。

今後も連絡を密に取り、被害の周知、撲滅して行きましょう。

此方も、事の次第は記事にしたいと思います。

投稿: kingfisher | 2010年9月 3日 (金) 13時51分

サニナさん、kingfisherさん、大変ありがとうございました。

両親への説得、説明は以前よりだいぶ進んだと思います。

僕の被害の大きなポイントが脳内音声なのですが、その点をこれから説得、説明していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 木村 | 2010年9月 3日 (金) 15時43分

kingfisher様、

コメントありがとうございます。
ほんとうに、昨日はありがとうございました。
Kingfisherさんの速やかな対応がなかったら、今頃どうなっていたかもわかりません。それを思うと胃が縮まる思いです。

また、娘の事もご配慮くださりありがとうございました。実際、昨日は抜歯した後他の歯の治療も長く、終わった時には疲れ切っていましたので、Kさんのお宅に伺うのは難しかったのです。その時には娘を家に置いて改めて外出するしかないと考えておりました。

けれども、駅に向かう途中でKさんから連絡があり、Kingfisherさんがすでにご両親を説得して下さったという事で、胸をなでおろしたことでした。
ほんとうに、ありがとうございました。
ほっとしたあまり、約束の電話を忘れてしまいました事を、お詫びいたします。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿: サニナ | 2010年9月 3日 (金) 21時03分

木村様、

コメントありがとうございます。
昨日はお疲れさまでした。
大変な状況の中、落ち着いて良く頑張られたと思います。
これからも、いつでもお電話ください。また、電話でもメールでも、発信する時は毎回、記録を取ると良いかと思います。私の方でも記録をしてますので、加害側から混乱させられるのを防げるかと思います。

大変な毎日ですが、お互いに頑張りましょう。

投稿: サニナ | 2010年9月 3日 (金) 21時15分

サニナさん、kingfisherさんお二人の優しさと行動力はいつも素晴らしいです。
木村さん、被害者皆で頑張りましょうね。

投稿: みやし | 2010年9月 4日 (土) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シンポジウム「科学裁判を考える」(続) | トップページ | ブログの紹介 »