« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

新しい防禦は

一昨日から新しい防御を試している。

居間の窓の敷居に直径2㎝位のステンレス製の棒を載せ、それを強力接着剤でくっつけて、窓は10㎝くらいしか開かないようにしてあった。
けれども、どうもその棒を台所用の強力バサミで離されて、窓から侵入されていたのではないかと思ったので、その棒を離されないためにベニヤ板を2枚窓に釘打ちした。10㎝の開口部分は板を付けず、鍵の部分は切り取って手で鍵を操作できるようにした。そうすると、たとえ娘か私が加害者に操作されて鍵を開けても窓が10㎝開くだけで、侵入されることはない。と私は思った。

たぶん侵入はされていないだろうと思う。その窓に限って言えば。

ただ、今日、娘が就寝前、時間がずいぶん早く過ぎた、1時間がなくなってしまったように思う、と言っていたので(私は椅子で眠っていたのでわからない)何か操作されたのだろうと思う。それはほかの所から侵入されたのかも知れないし、窓を開けさせられて、変な操作をされてビデオで撮られたのかも知れない。それとも、そのように思わせて、私の神経をまいらせる魂胆か。

疑えばきりがないほど、この古い家は侵入しやすいと思う。操作さえされなければ侵入されることはないのに。・・・天井も、床も、扉も、窓も、全て防御はしているけれど、脳の操作をされたらひとたまりもない。

:::

green さんのブログです。

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

日々の被害3

今日は昨日紹介しました本に書かれてある内容を書こうとしていたのですが、昨夜侵入されて、メガネを盗られ(あるいは隠され)、メガネなしに書くと目が痛くなりますので、後日改めて書こうと思います。

侵入されたとはっきり言えるのは、昨日きれいに拭き掃除したトイレのタンクと便座の間に黒く細かい粒があったからです。今まで何度もありました。加害者達のことを非常に冷酷だと思うのはこういうときです。

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

日々の被害2

私たち親子の、不安な毎日の原因となっているハイテク攻撃は、さまざまな不幸を作り上げる。

第1に、身体への攻撃を受けることによる病気や怪我。

第2に、精神の操作による様々な障害。

第3に、人間関係の破壊。

第4に、その結果としての経済的な行き詰まり。

第5に、生きる意欲の消失、自暴自棄、他人への憎しみの喚起。自殺願望。

ほとんどのハイテク被害者仲間同様、私たち親子も集団ストーカーの嫌がらせも受けている。だからこそ、これが統合失調症ではなくハイテク攻撃だと分かるのだ。

では、誰が何のためにこんな攻撃をするのだろう?

私をいっそう悩ましたのは訳の分からない痛みだけではなかった。
自分はこんなに辛い思いをしなければならないほど、悪い事をしたことがあるのだろうか?それも不特定多数に見える多くの人達が次から次へと、ニヤニヤしながら同じ動作を繰り返して痛みを与え続けながら通りすぎる。(いくら考えても、思い当たるふしがなかった。)それを訴えても、友人知人の誰一人として分かってくれない、精神科で診てもらいなさいと言われる。

けれども、
集団ストーカーの誰一人として私の知り合いはいなかった事、その人数が非常に多い事、年齢が小さな子からお年寄りまで、幅広いこと、そして、どこに行っても付きまとわれた事。そういう事で、これは個人的な恨みとかは関係ない、全く別のものであると思うようになった。

組織として加害者達は動いている、全年齢にわたっている、中には憎しみをこめて攻撃してくるのもいる、海外でも攻撃してくる…その結果、Sという宗教団体かも知れないと思うようになった。これは多くの被害者仲間が表明していることだ。ただ、それだけではこの攻撃の説明がつかない。S宗教が、何の利益にもならない事をする筈がない。お布施を強要する宗教団体として知っている人は多いと思う。私の子供のころから、お葬式の香典まで洗いざらい持って行ってしまうという事で有名だったから。

ある時、小学館発行、アルバカーキートリビューン編、広瀬隆 訳・解説「プルトニウム人体実験」を図書館で見つけて読んだ。吃驚してしまった。

:::

今、急に胸が苦しくなり、書けません。後でここに続けて書こうと思います。

:::

長くなるので改めて、今日28日分に記します。(3月28日、am4::38)

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

日々の被害

私達親子にとって我慢のならない被害は、侵入されて何をされているのかわからないことだ。

何しろ加害者は、何をやっても被害者の記憶を消してしまえるので、気楽に悪事を働ける。

次に腹の立つことは、熱攻撃で、常に休みなく頭を熱くされていることだ。保冷ベルトは手放せず、頭のぐるりに巻いているので頭でっかちになり、「異星人」と自己紹介したいほどだ。
外出時もそのままだが、娘は若いので、保冷ベルトをひとつだけ付けて帽子で隠している。耳も熱いのだが、我慢している。

それで、遠出ができない。旅行が大好きなのに。

娘の髪は長いので、私が三つ編みに結っている。
娘の頭の形が変化しているのに時々気付く。普通のできもののように見えるふくらみはしょっちゅう、不思議なのは硬い小さい楕円形のふくらみで、1日前はなかったものが、突然できている。そしてそれは、少しずつ小さくなっていく。
額には縦に線がはいったように凹凸がある。

脳に対する攻撃は、何とか防ぎたいと、できる努力はしてきたけれども、それでも、いろいろやられている。
娘の創作意欲の減退は、その結果だと思う。

娘は幼い頃からお話の即興が淀みなくできた。日に何度でもできたのだ。小学生になって、後、お話を毎日書くようになった。書かずにはいられないようだった。
小さな頃から、本を読むことは空気を吸う事と同じだった。「本がなければ生きてゆけない。」---その当然の結果の想像力の豊かさであったと思う。

それが今では、私が「創作しないの?」と聞くようになってしまった。

頭部への間断ない電磁波攻撃で、娘の前頭葉はどうなってしまうのだろう?

:::

green さんのブログです。

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストカー」の告発

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

役に立つ情報

今、ラジオ深夜便を聞いていたら、「ゆる体操」考案者の高岡英夫さんが話されました。

「ゆる体操」については、実際にやってみないと良く分からない気がしますが、それと関連した情報がありましたので、紹介します。

O 階段は上るときに使うと良い。(上るときに脚に筋肉が付く、下る時
  には付かない。)

O 利き手でないほうの手を使う。
   脳にも体にも運動させるため、例えば、トイレに入るたびに掃除を
   する。お風呂に入るたびに風呂場を磨く、といった運動はとても良
   い。(家族に喜ばれるというおまけもつく)

O 入浴時、後頭部をお風呂のヘリにもたせかけて首の上まで湯につ
   ける。体を緩めるのにとても良い。

以上、番組の途中から聞いたのでこれで全部ではないかも知れませんが、興味のある方はネットで調べてみる価値があると思います。

green さんのブログです。

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発

| | コメント (0)

2010年3月23日 (火)

デッチあげられたケンカ

先日書こうと思っていて書けなかった事を記します。

:::

去年3月、娘の父親が保健所に頼んで私を精神病院に入院させようとした時、東京の姉に許可をとっていたという事を、保健所の方から聞きいた。
私は突然の保健所所員の訪問に驚いたし、姉が許可した事にも暗澹とした気持になった。姉とは電話で少し前にも話をしていたので、まさかそんな許可を出すとは思っていなかった。またしても、加害組織の誘導だ。姉に対しても、娘の父親に対しても。

私は、以前姉に精神病院に入れられた事は恨みに思っていない。けれども、今回は違う。姉は私がどんな様子なのか、今回は確認もしていないのだ。それを、私に電話さえせずに、元夫の言葉をうのみにして入院許可をした。(彼女は幸せな結婚をしているので、幼い子供を抱えていながら離婚せざるを得なかった私の気持ちを理解できない。)(元夫の近くに居住することになったのも、そうしないと退院させないと病院長に言われたからだ)

そういうことだったので、私は、姉にはしばらく連絡もしなかった。(腹が立っているうちは、話をしないほうが良いと思ったので)

しばらくして、何かほかの件で姉と電話で話していた時、何かの事で疑問に思った事があり、(録音しておいたテープを盗られてしまったので内容ははっきりしない)聞いたら、珍しく
「言いたくない」
と言われたので、
「どうして?」
と聞くと
「だって、ケンカしたじゃない!」
と言われた。

私はとても、びっくりした。
私は姉とケンカした事は今までなかった。7歳も離れている姉とケンカになることはなかった。姉は姉である事をしっかり自覚している人で、幼いころから母親に
「弟や妹のお手本になれ。」
と言われ続け、全く、そのような人になった。特別秀でているのではないが、落ち着いて、中庸のある、真面目な妻・母になった。仕事もずっと続けてきた。
独身の頃は、年に2回帰郷するたびに、自分では食べない美味しいお菓子を沢山おみやげにしてくれた。そんな姉を大好きだったし、姉の幸せを私は喜んでいた。
そして、入院前には3度も続けて泊めてもらってもいた。その事で義兄にも迷惑をかけてしまったので、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

どうして姉とケンカなどできるだろうか?

今、思い出した。
その電話で、私の入院中、姉が私の衣類を送ってくれた時、いつもは必ず入れてくれる手紙がなかった事を不思議に思っていたけれども、どうしてなのかその時聞いたのだった。

それで
「だってケンカしたじゃない!」
との答えだったのだ。

私は吃驚してしまった。

今ならその仕掛けが分かる。
加害者がボイスチェンジャーで私のふりして姉に電話をして、酷い事を言ったのだ。

その時点ですでに5年近くたっていたにもかかわらず、姉を感情的にするほど、加害者は酷い事を言ったのだ。

そのことは、姉も被害者である事を私に思い至らせた。
姉は長い事、原因不明の足の冷えに悩まされてきたことを。

:::

green さんのブログです。

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

昨日午前中、南の掃き出し窓に付けられていたカビを漂白剤できれいにした。
以前、この窓から侵入されていたので、鍵を接着剤で固定し、カーテンを釘で打ち付けておいた。
そのカーテンも窓に貼っておいた紙も、取り払い、ベニヤ板を釘打ちした。
半分くらい住んだところで電話が来た。娘の父親からで、釘打ちの音がうるさいという。

両手を痛くされている。少し前からみぞおちも気持ち悪くされているので、少ししてからまた書こうと思う。

| | コメント (4)

2010年3月18日 (木)

電話の録音を邪魔される

昨夜、東京の姉から電話があった。

この姉は昔堅気の 常識をわきまえた人である。妹や弟の幸せを他のどの近親者より考えている。誕生日には何か送ってきてくれるし、手紙もこまめにくれる。(私はなかなか書かない)

昨日は、美味しい魚の味噌漬けを見つけたので送るという内容だった。電話に出た私の声が明るいと言ってとても喜んでいた。(私は電話に出る時はたいてい、明るく大きめの声をだす。姉は私が精神病患者なので暗い毎日を送っていると思っている。暗いには違いないが、その理由を彼女は理解しない)

前回くれた手紙の封筒や便箋が手書きの絵のように見えたので聞いてみたら、姉の手作りとの事、私が喜んだら姉も嬉しそうだった。

姉との電話はたいていい感じで終わる。姉は私の事を心配しているし、私はその事を分かって感謝している。
この姉は、6年近く前、もう一人の姉と一緒に私を精神病院に入れた人ではあるけれど、恨みには思っていない。彼女達は、妹の事が心配で、そのようにしただけなのだ。加害者達に脅され(このままだと取り返しのつかない事になってしまうとか言われたのに違いない)、妹のためになると思って(加害)医師の言うなりになったのだ。

電話をきった後、いつものように録音ボタンを押した。けれども、「録音しました」の表示がでない。もう2回繰り返したが駄目だった。3分の1は空きがある筈だったが、消えている。それで仕方なしに諦めたのだが、後で見てみると、その時は3分の1空きの表示がでていた。結局、今回も、録音保存できなかった。
私は、姉と普通の姉妹の関係であるという証拠を残したい、そのために電話での会話を残したいのだ。姉がまた私を病院に入れないためには、必要な事だ。けれども加害組織はそれをさせない。

去年3月、娘の父親が保健所に頼んで私を精神病院に入院させようとした。その際、姉に電話で許可をとっている。姉は娘の父親の言う事をうのみにして許可したのだ。私は2度とそのような思いはしたくない。

姉が私を嫌いになるように、加害組織はある事をデッチあげた。
その事を次回書こうと思う。先ほどから、額が痛くなってもう書けない。

:::

green さんのブログです。

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

子どもをいじめる加害者

最近では珍しく、娘は1時前にベッドに入った。
就寝時の防御セットに、全部で25分位かかる。

氷枕2つ、二層式の保冷枕6つ、二層式のやわらかいほうを7つ、1層のをひとつ、保冷ベルト用のもの10本、天然ゴムシート1枚、アルミシート(大)1枚、(中長)5枚、(小)4枚、ポリシート90㎝×180㎝1枚、90㎝四方1枚、工業用扇風機1台。温ノン(保冷用枕を電子レンジで4分20秒温めたもの1つ(おなかの上に置く)、湯たんぽ1つ。

就寝時、娘は自分で途中までセットしないと落ち着いて眠れないーー加害者に操作されていると思うーーなので時間がかかる。就寝時刻の20分後に、私はセットしなおす。肩と氷枕の間が空いているといびきをかくからだ。「ゴオーッ、ゴオーッ」といういびきは、16歳の女の子のものとは思えない。隙間をうめるととたんにいびきはなくなる。このいびきが脳のどの部分の攻撃の結果でるのかわからない。けれども、とにかく隙間をつくらないようにすると いびきをかかないし口から泡も出ない。大事なことだと思っている。
今まで何度も、娘にこの事を言ってきた。だから初めから私がセットしたほうが良いと。けれども娘は、自分でやらないと眠れないのだという。それでしかたなしに 20分後(その前だと目覚める)にセットしなおす。その時額の保冷枕は少し暖かくなっていることもある(セットする時は必ず熱くされる)。

いつもなら、就寝後20分にセットしなおす時 娘は良く眠っている。今日は偽の歯痛を起こされ、目覚めた。最近では珍しく、1時前にベッドにはいったからだろう。
どういうわけか、加害者は娘の就寝時間を遅くしたいようだ。遅く寝れば遅く起きる事になる。すると私の睡眠時間がとりにくくなる。すると注意力散漫になり、加害者の思うようになるから、ということだろうか。。。

:::

green さんのブログをリンク集に貼ろうとしましたが、できませんでしたので、できるまで、記事の欄に書こうと思います。まだご存じなかった方は、どうぞ訪問なさってください。

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

消されたリンク

今、スパムコメントを消してそれを確認していたら、被害者リンク集に greenさんのブログ {創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発} が載っていない事に気がついた。
びっくりして、green さんのブログのリンク集を見てみたら ブックマークに以前載せてくださっていた私のブログ名も消えていた。

tomato さんのブログで親切な助言をいただいた時から、
green さんには注目していた。
最近は green さんを加害者にデッチあげようとするコメントが続き、煩いのでその加害者のIPアドレス受付拒否とした。それでも、ほかのIPアドレスを使ってくるので、同一加害者と思われるIPアドレスを全て公開した。その後、変なコメントはなくなった。

ところが、昨日付でスパムコメントがきていた。見ると、IPアドレスは違っていたものの、コメントは「加害者のIPアドレス」3月6日付のコメント欄にあったのだ。たぶん加害者のものだろう。

そのIPアドレスは: 61.196.63.51 

 

:::

green さんへ、

たった今、そちらのブログにコメントを送りました。(3月13日の記事)
リンクについてですが、もし、届かなければ、後でここに同じものを載せます。

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

ハイテク攻撃で殺された人

ご本人はハイテク被害の事をご存じないまま殺された方、お二人についてお知らせしたいと思います。

一人目の方は、弁護士さんで、「葛飾ビラ配布弾圧事件」の主任弁護をされていた方です。
「葛飾ビラ配布弾圧事件」というのは、

2004年12月23日午後2時過ぎ、オートロックでないマンションのドアポストに、荒川さんがビラを静かに届けていたところ、ある住民が「共産党のビラを配っている」と110番通報。亀有警察の刑事課長や公安部警察官が急行し逮捕。翌夕、家宅捜索。お正月をはさんで23日間も勾留され、起訴されたものです。配布したのは、葛飾区議団だより、東京都議団ニュース、区民アンケートと返信用封筒の4種類で、区内全域で配布され、区民に届けられたものでした。(以上、「ビラ配布の自由を守る会」より転載)
O弁護士は30歳台でお元気で精力的に仕事をこなし、周りの方達から頼りにされていた方でした。
私はこの方の講演を聞いた事がありますが、素朴で誠実で和やかな印象をうけました。お話は分かりやすく、真剣でした。
この弁護士さんが、急逝されました。脳梗塞とのことでした。誰も予期しない、突然のことでした。
裁判は地裁で勝訴、高裁で敗訴、最高裁で、大事な局面にはいっていました。こんな時、O弁護士は急逝されたのです。
もう一人の方は、30年近く前の事なので、お名前もおぼえておりませんが、ある集まりに誘われていった時初めて会った方です。その方は初対面なのに、若かった私に有益な助言をしてくださいました。それは今でも役に立っています。穏やかな、温かい感じの方でした。
一週間後、その方が心臓麻痺で亡くなられたと聞いた時、とても驚いた事を今でも覚えています。その事を話して下さった方も、とても信じられないという事でした。「お元気で、何も問題がなかったのに、どうしてなんだろう?」と。
こういった方は沢山おられるのではないかと推測しています。
加害組織は、有能で庶民の味方をする方達をハイテクで殺し、他方では、わざわざハイテク攻撃であると知らせて精神病患者に仕立て上げて、私たちに人体実験を行っています。
こういう事を思い知らされる度に、やはり、できるだけ多くの方に、この事実を認識していただくしかないと思います。

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

加害組織の行き方

昨日、記事を書いた後、気晴らしのためパソコンでテレビドラマを見た。一時的な気晴らしにはなった。
娘が起きてくる前に、せめて普通の顔をしていたい。朝から暗い顔を見せたくない。

娘は朝、オリゴ糖をいれたヨーグルトを食べ(便通を良くするため)、入浴する。頭を酷く熱くされるので、入浴して、潜水したりしている。お風呂の中では辛さがまぎれるようだ。(私は全身熱くされているので入浴はできない。ここ数年、シャワーばかりだ。湯温は37度に設定している。夏はそれでも熱いので水と混ぜて使う。)娘は頭だけ熱くされているので、その感覚は私には実感として分かりにくい。(睡眠中は全身熱い)

髪が長いので乾かすのに時間がかかる。
午後は亡くなったおじいちゃんの焼香に行く。

家の出入りに、防御のため時間がかかるので、毎日は外出したくない。けれども四十九日が来るまでは毎日焼香に行かなくてはならない。とにかく、必要最低限の事はせざるをえない。それは、娘が普通の事が出来る普通の人間だと認識してもらわないと、父親が娘を精神病院に入れてしまう可能性があるからだ。

娘と私には、家族が一番の障壁になっている。

昨日はその後、食糧の買い物に行った。いつものNスーパーだ。しばらく前から、レジに列が並ぶという事はほとんどなかったのに(後ろには急に並ぶ事が多い)、昨日は、レジに向かって歩き始めたら、続々と並び続ける途中だった。入店時はレジは空いていたのだから、明らかに加害者達だろう。これは最近では珍しい事だった。昨日も携帯動画をONにしていたのだから。

昨日早朝、鬱々とした状態で記事を書いたので、加害組織はもっと私を追い込もうとしたのかも知れない。

もし、このハイテク犯罪の解決が遅れたら、私たち被害者の多くが殺されてしまうだろう。ハイテク被害を知らない人達*には病気や事故を装って、知っている私たちには病気や事故や精神病患者として。

けれども、集団ストーカーでない、個人的な嫌がらせ無言電話でも、100回とか1000回とか、とにかくその都度記録をしておくと、それが嫌がらせの証拠になって、犯人が逮捕された事件もある。なので、私たちハイテク被害者が皆、記録して、公表するのはとても大事であると思う。

:::

被害ブログのあちこちで呼びかけを見かけるようになりましたが、同感です。

被害者仲間の皆様、ブログを立ち上げて公表してください。被害者ブログがひとつ増えるごとに、この犯罪の解決は早まると思います。
加害者達があちこちのブログにしゃしゃり出て、嫌がらせを続けたり、被害者仲間の孤立や混乱を企んでいますが、それを跳ね返すためにも多くの被害者仲間の声が大事と思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ハイテク被害について知らないまま殺された方について、後日書きたいと思います。

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

時々・・・

時々、もう生きていたくないと思う気持ちを持てあます。
こんなふうに生きなくてはならないなら、死んだほうがまし、と思う。

私には死への憧れはない。生を全うして死んだら、後は神様の懐に抱かれたいと願っている。

自殺は神様を否定する事だから、できない。

だから、どうしても生きていたくない時は、戦乱の地に行けば良いと思う。その時、持てるものを全て現地の子供たちにあげれば、爆弾で死ぬことになっても、少しは満足して終わる事ができる。そして、弱い私を神様は許して下さると思う。

けれども、私はそれができない。
私には、守らなければならない娘がいて、日々、攻撃に苦しまされている。この子を残して自分だけ楽になる事はできないのだ。この子はまだ16歳で、恋もしていない。攻撃のために、青春を楽しむ事ができない。
それでも救われるのは、この子は生きる意志がしっかりしていて、決して私を責めないことだ。
こんな娘を残して、私は死ねない。

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

不思議な黒い線

いつもは使わない箪笥の引き出しの中を整理しようと、ひとつひっくり返したら、いろいろ出てきた。

O、ICレコーダーの保証書・・・・・買って3カ月位で壊され、1年保証があったので直しに行こうとしたが、この引き出しに入れておいた保証書がなくなっていた。それが、1年過ぎた今、もどっている。
O、 ICレコーダー用のキャリングケース・・・・・買って2週間位でなくなった。入っていた箱だけある。
O、すり替えられた何の役にも立たないケーブル
O、ペンのキャップ・・・・・以前なくなったもの
O、片方だけの靴下7ケ、レッグウォーマー1本・・・・・新しい靴下は何回も盗られた。盗られて、少したったころ汚くなったり穴があいたりしている靴下が戻っていたりする。

O、2008年9月12日、ある病院で測った血圧の結果3枚

am9:47・・最高血圧・・137、最低血圧・・89、脈拍数104

am9:56・・・同上・・・・・144、同上・・・・・86、同上・・・94

am9:57・・・同上・・・・・・97、同上・・・・・54、同上・・・75

3枚とも同じ計測機で測ったもの。

ハイテク被害者は、どこでも正確な結果が得られない。

銀行のキャッシュカードも、作ってあまり経たない頃使えなくなった。再発行に1500円かかると言われ、また同じ事が繰り返されると思い、カードは使わないことにした。
銀行の窓口を利用すると加害者が増えたが、携帯電話の動画をONにして(床に向けて)いると急に少なくなった。

先日、銀行のテレビに朝青竜の引退の場面が映っていたので、丁度良いと思って(ファンではなくてもそういう画面を撮るのは不自然ではないので)動画撮影した。銀行のテレビはいつ見ても映りが悪く、時々横線が入ったりしていた。この日はただ映りが悪いだけだったが、今時こんなテレビを置いている事自体珍しい事なので、撮ってみたのだ。
ところが、帰宅して再生してみて驚いた。黒く太い縦線が2本、(上が右に30度位かしいでいる)くっきりと写っていた。肉眼では全く見えなかったものだ。これはいったい何なのだろう?

    

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

左耳の違和感

時々、被害者仲間のブログを読めなくなる時がある。
ブログの管理人さんの被害があまりに酷いと、読めなくなってしまうのだ。そういう事が、周期のようにときどきやってくる。仕方がないので、数日間、訪問しないでおく。

左耳の違和感が強いと、考える事がむずかしくなる。

毎日、書きたい事は沢山あるのに、その何分の一も書けない。今被っている被害だけでなく、過去の被害も、オペレーターが吹き込んでくるので、あれもこれもといった状態だ。けれども、実際に書けるのはほんの少し。

左耳の違和感が続いていて今日はもう書けない。これに対する防御ができないでいる。

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

この頃の被害の一部の変化

数日前から、こめかみから額にかけて痛い時間が長く続くことがおおくなった。逆に、我慢できないほどの首から上の熱さはなくなった。間断ない頭への熱攻撃が続いてはいるものの、一定以上の高熱を与え続ける事の実験結果は既に出たのだろう。

この頃、左耳への違和感が強くなった。圧力(?)が強まると、プチッと音がする。海馬が攻撃されているのだろうか?

目の下に薄く黒ずみができるようになった。顔全体もたるんできた。気がついたらそうなっていたので、攻撃の結果と思い、市販の小さな磁石を貼ってみた。(目は常に攻撃されているので、まぶたと目じりには頻繁に貼るようにしていた。)
半日後、鏡を見ると目の下の黒ずみはほぼ消えていた。口の両脇の筋肉はあまり変わらなかった。筋肉の大きさに比べて磁石がちいさすぎたのかもしれない。

何のきっかけも根拠もなく鼻血が突然でることがあるので、しばらく前から小さな磁石を3ケ重ねて、右の小鼻上方に付けている。そうすると鼻血が出なくなった。

顔の老化現象も、鼻血も、身体内部に原因がないことがこれではっきりした。私は、顔に付ける磁石を全て、逆方向に向けてつけているのだから。

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

アクセス数の特徴

私のつたない記事でも読んでくださる方は毎日数十名おられて、励みになっている。ブログ記入する前、訪問数とアクセス数を見る事が多い。

先日、3月2日、訪問数が110、アクセス数が272、合計392になっていたので吃驚した。
それで、調べてみたら、被害者仲間の方々からのコメントがあった時は訪問アクセス合計100を超え、記事のみでも1月21日の「人体実験」は、合計123、1月24日の「役に立つかもしれない情報3」は合計148あった。3月2日の2月26日の合計165は、他のブログから転載させていただいたものでまさに、「とても役に立つ情報」だったと思う。

その日は 被害者仲間の beshi さんからコメントをいただいている。その後、加害者からいくつもコメントがあり、 beshi さんや安さんを加害者呼ばわりするので その加害者のIPアドレスをを投稿規制した。それでもしつこいので、IPアドレスを公表した。

加害者からのコメントがある時はいつもアクセス数が多い。

結果、訪問アクセス数のとても多い時は、加害者がその数を増やしているのだと思う。それによって、加害者の興味のありどころもわかる。

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

加害者のIPアドレス

加害者が被害者のふりをして他の被害者仲間のブログにも出没しています。

参考の為に、IPアドレスを以下に記します。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ターヤ・・・・・・・・・・・・・・・・・・219.108.157.53
                  219.108.157. 56

プキチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・219.108.157.53
                  
ターヤ、プキチ・・・・・・・・・・・・219.108.157.60
ターヤとプキチ・・・・・・・・・・・・同上
ターヤ&プキチ・・・・・・・・・・・・同上

ターヤ、プキチ、通りすがり・・・219.108.157.54

アホが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・219.108.157.55

安心しなさい・・・・・・・・・・・・・・219.108.157.57

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

この、沢山の偽名を持つ加害者は、あちこちに出没していますので、被害者仲間の皆様、お気を付け下さい。

この輩は「私のブログもあります」と書いているのですが、見つける事ができませんでした。もし、見つけた方がおられましたら、お知らせください。

「真実の目」の beshi さんと「偽りの日本:・・・・」の安さんのことを加害者などと言っている事自体が、この輩の正体をあばいています。お二人がいわれのない攻撃にとても苦しんでおられる事は、ブログを読めばすぐに判る事です。

| | コメント (2)

2010年3月 4日 (木)

飲食物の不安

しばらく前から水道水が渋かったり、泡がすぐに消えなかったりで心配になり、近くのスーパーで3.8リットルの容器を買い、「純水」を入れて来るようになった。

一回目には何も異常がなかった。けれども2回目以降の水は小さな泡が少しの間とどまるようになった。

果物も買った時は良いのだけれど、家に帰ってきて食べようとすると苦かったり変な味がしたりする。調味料も変だ。コチュジャンもマスタードも水っぽい。みそがかき回されている。野菜も、買った時はなにも付いていなかったのに、いざ調理しようとするとナメクジがついている。また、黒っぽく腐れ始めている。腐れが一部であっても、野菜は生きているので全体がまずくなってしまう。

加工品も同じだ。納豆は身体にとても良いので頻繁に買ってくるが、やはり水っぽくなっている。

侵入されたらもちろん危ないが、買い物をして帰る途中で工作されているようにも思う。

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

「ターヤ、プキチ、通りすがり」のIP 投稿規制をした

またまた加害者からコメントがあった。

コメントを読んでいると、胸が少しドキドキしてきた。私の気持ちは呆れていただけなので、ドキドキするはずもなく加害者の仕業と分かった。

今回も被害者仲間の住所と御名前を書いてきたのでそのままにしておくことはできず、コメント欄から削除し、ここに移した。
それにしてもあまりにしつこいのでうるさいし、こんなことにつきあう暇もないのでIP規制をした。

IP規制の手続きをし始めたら、ストーブがE4(原因不明の停止)になった。また続けようとしたら、突然目覚ましが鳴り出した。(目覚ましは何カ月もセットしないでいる。セットしてもならなかったり、設定以外の時刻に鳴ったりしたので使っていない。)呆れて苦笑したら、今度は眠っている娘が「うーん」と言った。

:::

ちなみに、¥マークは加害者のコメント引用に使っています。

また、コメント欄にあった文章はこの加害者のほかのコメントと同じような書き方でしたが、ここにコピーしてUPしたら、以下のように隙間がなくなっていました。(一回目はジャンクが沢山貼られてUP できませんでした。)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

投稿: ターヤプキチ通りすがり | 2010年3月 2日 (火) 20時17分

の後の」コメント

http://ameba.jp/kupunosis http://ameba.jp/aaa4545 これが私にとりつくOOOOOOO]に住む現役思考盗聴創価学会員、人材グループ創価班、広宣部、OOOOのブログです OOOOは水面下の思考盗聴やマッチポンプで、都合の悪い者をコントロールしようとし、自分の言いなりになるよう仕向け、大人しく従順になった上にアグラをかいて座るキチガイなんですコンプレックスの塊で、自分のウソを額面通り受け取らない人間を恐れ憎み、普通では考えられない嫌がらせをする常にキチガイは、自分のウソを受け入れる人間を探し、作ろうとする自分のウソを信じる他人との人間関係の中にしか生きられないからコイツらのウソとは『自分は強い、普通の明るい人間だ』とか、本来持ってない『普通さ』を繕うことその作られたウソや、打算的に動くこと、臆病なことなど、知られたくないことを知られることを恐れるだからコイツらは水面下で攻撃しておいて水面上で仲間のようなツラをするサニナさんコイツが被害者を自称し、そのウソを額面通り受け取る人間との人間関係に生きようとする本当の自分は惨めで弱いから、強く能力もある人間に飾り立てる必要があるんですこれを『自己愛性人格障害』と言います私はコイツらのその人を害してコントロールし、自分に従順にさせる行為を憎んでるんです被害者を自称してるのはコイツで、私はそのウソを突き止めようとしてるんですサニナさんの名前を語って被害者ヅラをすることそのものにコイツの精神的利益があるんです思考盗聴で私が『サニナ』と名乗るコメントが、額面通りサニナさんと思えばコイツは喜ぶ分かりますか?だからサニナさんの直接的加害者とは微妙に心理的に違ってるかもしれませんが、大元にいる人間の心理は似通ってます自分の否定されることを病的に恐れ憎んでいる攻撃の向こうにあるコイツらの弱さ、臆病さを真っ直ぐ見つめて吊し上げることそれがコイツらには効くんです全ての加害者がそうでは有りませんが、陰湿な嫌がらせをするキチガイは似通ってます犬と同じ、脅えているんです以下は私のブログですまだ加害者と疑っているならブログでもサニナさんに呼びかけてみます http://ameba.jp/kill-the-phychopath
投稿: 通りすがり | 20103 3 () 0117

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

| | コメント (2)

2010年3月 2日 (火)

「人は愛するに足り、真心は信ずるに足る」という本

今ラジオで、ジャーナリストの内橋克人さんが本の紹介をされていた。私の尊敬してやまない中村哲先生へのインタビュウを載せたノンフィクションとのこと。

中村哲先生は、「ペシャワール会」の現地代表で、25年間、アフガニスタンの山間地帯で医療活動をされてきた。他国から侵略され続けている(以前はソ連、今回はアメリカ)この国に根をおろし、温暖化の影響を受けた干ばつのため、砂漠化した村々に井戸を掘り、用水路をつくり、医師でありながら大がかりな土木工事もやり・・・・そして、資金集めのため、帰国して講演までする、常に全力投球の方だ。

一昨年の6月、講演を聞きに行った。娘は哲先生が大好きで、大感激だった。哲先生は朴訥な、小柄な方で、清らかなオーラに包まれていた。

:::

去年の8月、現地ボランティアの伊藤和也さんが拉致され、殺害されたことを覚えておられる方は多いと思います。その後、哲先生は全ての日本人スタッフを帰国させました。ご自身は現地に残り、今も奮闘されています。

アフガニスタンでは無実の人々が、アメリカの自作自演のテロによる罪のなすりつけをされ、8年以上も攻撃され、殺され続けています。

殺された人々、殺される恐怖の中にいる人々、食べ物のない子供達、やせ細っていくわが子を抱きながら何もしてやれないお母さん達、アメリカ兵にレイプされる娘達、かばおうとして殺される家族、・・・・・私には他人事には思えません。この人たちと私たちは、形は違っても、権力者により人生を踏みにじられている被害者です。

「ペシャワール会」をネットで検索してみてください。そしてできれば会員になっていただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

:::

:::

「ターヤとプキチ」なる自称被害者から、またコメントがきました(2月27日の記事の下)。

この輩を被害者と思える被害者仲間はおられないと思います。けれど加害者がどんなふうに私たちを混乱させるか参考になると考えて、削除せずにおきます。

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »