« 被害者仲間の動画公表 | トップページ | 被害者仲間のブログ »

2010年2月 2日 (火)

新しい侵入防御を考える

夜、時間がいつの間にかなくなっていると感じる事が、よくある。
今夜も(実際には2月1日の夜)そうだった。(今は午前3時50分)
(そして、「侵入してやったぞ」と言わんばかりのいやらしいコメントが、2時50分ごろ「人体実験」の所にきていた。私の動きを見て、3時頃にはPCを開くと分かっていてのコメントだ。)

そういう時は侵入されている疑いを否めない。
今までいろいろ工夫してみたけれども、侵入された。あとは、玄関を残して、すべての窓に板を打ち付けるしかないと思う。そして玄関には、出入りするたびに板を打ちつける。何しろ、敵は私たちを操り、眠らせ、記憶を消去できるのだから、自分たちでも開けられない状態にするしかない。
(先日買っておいた釘のパックが2つとも無くなっている事で、その方法が有効だという思いを強くした。)
とても面倒で、腹の立つことだが、選択の余地がない。

|

« 被害者仲間の動画公表 | トップページ | 被害者仲間のブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい侵入防御を考える:

« 被害者仲間の動画公表 | トップページ | 被害者仲間のブログ »